2013年06月09日

6/8 しおのやいだ Shionoyaida

しおのやいだ〜Acoustis Live2013年6月8日(土) 18:00
塩谷哲(p)、矢井田瞳(vo,g)、井上陽介(b)、
藤堂昌彦(Vn)、結城貴弘(Vc)

塩谷
Morning Bliss (塩谷哲)
塩谷+井上 
Patio (塩谷哲)
塩谷+井上+藤堂+結城
Tango Fugata (Astor Piazzolla)
全員
I'm Here Saying Nothing (矢井田瞳)
初恋 (矢井田瞳)
よれたハートにアイロンを (矢井田瞳)
My Sweet Darlin' (矢井田瞳)

塩谷+矢井田
窓 (作詞 岩崎宏美 作曲 塩谷哲)
塩谷+矢井田+結城
キャンドル (矢井田瞳)
もぎたての憂鬱 (矢井田瞳)
塩谷+矢井田+井上
Fast Car (Tracy Chapman)
全員
硝子の少年 (山下達郎)
間違いだらけのダイアリー (矢井田瞳)

全員
Happy Birthday, Salt!
HIKA:Re (矢井田瞳)
塩谷+矢井田
星の夜 (作詞 吉田美奈子 作曲 塩谷哲)  

Posted by jazzworld at 12:46Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月02日

6/2 大友良英 サウンドトラックス「あまちゃん」他

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 大友良英サウンドトラック Vol.0 「胡桃の部屋」大友良英サウンドトラックスVol.1
大友良英 サウンドトラックス
2013年6月2日(日)20:00 新宿ピットイン

大友良英(G)佐藤秀徳(Tp)今込治(Tb)大口俊輔(Acc)近藤達郎(Key、Harmonica, Cl)江藤直子(P)かわいしのぶ(B)芳垣安洋(Ds) Sachiko M.(Vo on 2-10)

行ってきました。あまりまとまっていないですが、忘れないうちにメモ書きです。
これまでも「サウンドトラックス」ということで、大友さんの映画やドラマの音楽を取り上げてきましたが、今回は、異常な人気が出てしまったNHK 朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の劇伴参加メンバーを中心に。6月19日には、連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックも発売になります。すでに250曲を作りその中から選曲しましたが、参加したミュージシャンを全員入れることに苦労して、そのためデモバージョンも収められているそうです。

セットリストを載せましたが、今後、「大友良英 with あまちゃんビッグバンド」によるコンサートもありますので、ネタばれされたくない方は見ないで頂いて。しかしあまちゃんコンサートは先行受付ですでに7倍以上の競争率になっているらしく。今回、ピットインは半数以上が立ち見という状態ではありましたが、それでも入場できて、あまちゃんの音楽を聴けたのもとてもラッキーでした。

第1部
1. あまちゃんのオープニングテーマ ロングバージョン
2. あまちゃん でこぼこ道
3. テーマ変奏曲 M47
4. 朝のテーマ
5. 残念なブルース

6. 胡桃の部屋 「胡桃の部屋」大友良英サウンドトラックスVol.1
7. その街のこども 大友良英サウンドトラック Vol.0

第2部
1. Blue
2. スタントウーマン

3. 星めぐりの歌 (作曲 宮沢賢治)
4. アキのテーマ
5. 大変だあ
6. 地味で変で微妙(ジミヘン大吉)
7. アイドル狂想曲
8. 海
9. 灯台

10. あまちゃんのオープニングテーマ ロングバージョン
11.潮騒のメモリー (作詞 宮藤官九郎、作曲 Sachiko M. / 大友良英)
Sachiko M.(vo)

オープニングから潔くあまちゃん オープニングテーマ/ロングバージョン。朝から元気が出ると大人気の曲。スカもちゃんちきもちんどんもごちゃまぜになりながら、楽しく、リズムもかっこいい。もちろん譜面に忠実に演奏する系ではなくて、ミュージシャンの自由度に任されている部分は大きく、でもジャズのイディオムは安易に出てしまわないように、それに応えられるミュージシャンが集まってのライブです。なお、今後予定の、「大友良英 with あまちゃんビッグバンド」は14人編成です。

宮城出身の宮藤官九郎さん脚本、福島出身の大友良英さん音楽で東北を舞台にNHK朝の連続テレビ小説をやることは2011年には決まっていたそうで、2012年8月末、プロジェクトFUKUSHIMAが終わってから久慈市に取材にいったそう。なにせウニがむちゃくちゃ美味しく15個も食べたそうです。。。。

「胡桃の部屋」は、だめなお父さんと背の高い娘の話。関西の震災から10年後を「その街のこども」はオリジナルは、阿部芙蓉美さんのボーカルが印象的ですが、今回はインストでトロンボーンがテーマを。サモ・ハン・キンポー出演のカンフー映画で音楽をやるのは、大友さんの夢だったが、「スタントウーマン」として早く実を結ぶが、サモ・ハン・キンポーは抜けることになり、早めに死んでしまうことになり、香港版ではカンフーで締めくくるが、日本版は謎のエンディングに。。。最初はそれぞれの楽器がばらばらとサウンドコラージュ風に、やがてバラードとしてまとまっていきます。

久慈市は、日本一スナックが多く、男は遠洋漁業や出稼ぎに、女はスナックで働き、離婚率がすごく高い。これはもうブルースだろうということで、ブルース進行の曲「残念なブルース」。「灯台」は、男っぽくと思って作ったら、ちばん男っぽい、天野春子=小泉今日子さんのテーマに。

アンコールでは、「あまちゃんのオープニングテーマ」をもう1回。そして今日はあまり期待できないと思っていた「潮騒のメモリー」。アンコール2曲目で、なんと、作曲者のあの!Sachiko M.が歌ってもいいということで自ら熱唱。これは小泉今日子さん登場以上のサプライズ!あの、Sachiko M.さんの「潮騒のメモリー」本当によかったです。ぜひまた聴きたいです。と本人にも伝えました。

何か、お座敷列車に乗っちゃったような興奮と高揚感でした。

今後、あまちゃんの音楽が聴ける予定。。

大友良英 with あまちゃんスペシャルビッグバンド
アンサンブルズ・パレード・プレ・コンサート
6月18日(火) 18:45
アサヒビール本社ビル1Fロビー 
受付終了

あまちゃん サウンドトラック レコ発LIVE
日時/会場:7月2日(火) 東京・パルコ劇場
開場/開演:18:00/19:00
出演:大友良英 & あまちゃんスペシャル・ビッグバンド
じぇじぇじぇ、ピットインが終わってから申し込もうと思ったら、先行予約が2日23時までだったのか〜。

このほか、8月15日、福島市、プロジェクトFUKUSHIMAに来ると聴けるらしく、これがもっとも確実らしいです。みなさま、ぜひ福島へ!  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)Yoshihide Otomo 

2013年06月01日

5/23 Pat Metheny Unity Band at Blue Note Tokyo

ユニティ・バンド タップ
パット・メセニー・ユニティ・バンド、ブルーノート東京公演、5月23日第1部に行ってきました。
セットリスト記憶をたどりつつまとめましたが、どうでしょう?今回の来日で前半に行かれた方教えて下さい。
後半用に床に置かれたリストを見たら、後半にはJamesやThe Batもやってたみたいですね。

Pat Metheny Unity Band
Blue Note Tokyo
2013年5月23日 19:00
Pat Metheny(g, g-synth, Orchestrion) Chris Potter(ts, ss, bcl)
Ben Williams(b) Antonio Sanchez(ds)

1. Picaso Guitar Solo
2. Come and See
3. Roofdogs
4. New Year
5. This Belongs to You ?? フルアコ&ts
6. Police People ?? フルアコ&ts
7. Two Folk Songs, Part 1
8. Signals (Orchestrion Sketch)

9. The Good Life

アンコールは、Live Under the Sky 1988で、Ernie Watts(sax), Charlie Haden(b), Paul Wartico(ds)でやっていた曲です。全般によい演奏でしたけど、あのメンツだったら、変にPAでサウンドをいじらないで、Chrisたちの音がもっと出るといいですね。たぶん、ギターとサックスのサウンドを溶け合わせるためにChrisの音をかなり調整したようです。アルバム同様、もっとストレートにぶつかる演奏がよいかなと思いました。
  
Posted by jazzworld at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

5/19 塩谷哲&Super Salt Band at Blue Note Tokyo

アロー・オブ・タイム LIVE!LIVE!LIVE!(初回生産限定盤) THE 12-YEAR EXPERIMENT
塩谷哲さんのソロデビュー20周年を記念して、またArrow of Timeの発売記念ライブでもあるのですが、ブルーノート東京にSuper Salt Bandを聴きに行きました。

「JAZZ TOKYO」にライブレポートをまとめました。のでぜひご覧になってください。
「Arrow of Time」のアルバム紹介はこちら。「」
及川公生さんによるアルバムの録音評はこちらです

塩谷哲 & Super Salt Band
2013年5月19日(日) 20:00
ブルーノート東京

塩谷哲(p) 田中義人(g) 松原秀樹(b)
山木秀夫(ds) 大儀見元(perc)

Superstition (Stevie Wonder)
Beauty and Brilliance
Magma in Your Eyes
Entropy
Join the Angels
Arrow of Time

Patio
あこがれのリオデジャネイロ  
Posted by jazzworld at 01:47Comments(0)TrackBack(0)