2014年07月30日

7/30 Thomas Enhco Piano Solo

Thomas Enhco Piano Solo
Cotton Club Tokyo
2014. 7.30.wed 6:30pm 9:00pm

トーマス・エンコは、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンにルネ・マルタンさんが連れてきたフランスの気鋭の若手ジャズピアニスト。LFJでトリオとソロを聴きましたけど素晴らしい演奏でした。コットンクラブの気持ちのよい空間で5,000円とお手頃なので、ぜひ。
JAZZ TOKYOにラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのレポートを書いていて、ボキャブラリ不足のため内容がないようですが、トーマス・エンコ・トリオ&ソロのレポートも書きました。一緒にマルタ・アルゲリッチ&ギドン・クレーメル組の楽しそうな写真もありますので、そっちも見てやってください。
  

Posted by jazzworld at 02:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月06日

John McLaughlin & Larry Coryell / Do You Hear the Voices that You Left Behind


John McLaughlin & Larry Coryell
"Do You Hear the Voices that You Left Behind"
Dedicated to John Coltrane Live
Stephaniensaal in Graz, Austria on March 21st, 1979
田舎から生まれて初めて行った東京のジャズクラブ、六本木ピットイン、そのときKazumi Band 〜渡辺香津美(g)、清水靖晃(ts)、笹路正徳(p, keyb)、高水健司(b)、 山木 秀夫 (ds)がフォービートでやっていた無茶苦茶かっこいい曲。

オリジナル録音は「John McLaughlin / Electric Guitarist」で、Chick Corea (p, Mini Moog), Stanley Clarke (b), Jack DeJohnette(ds)。

先日、モーションブルー横浜のジャズ回帰プロジェクト〜渡辺香津美(g)、笹路正徳(p, keyb)、 井上 陽介(b)、 山木 秀夫(ds)で、Kazumi Bandの「Kang-Hoo」をやったら客席が盛り上がっていたので、こういう系のフォービートはお好きだった方が多いのかも。  
Posted by jazzworld at 20:26Comments(0)TrackBack(0)