2015年02月22日

1/23-24 Eberhard Weber 75th Birthday Concert at Stuttgart



エバーハルト・ウェーバー 75歳祝賀コンサート
75 Jahre Eberhard Weber: The Great Jubilee Concert
2015年1月23日〜24日 20:00 Theaterhaus, Stuttgart, Germany
コンサートへの動画リンク&レポートです。ぜひご覧ください。

SWR Big Band conducted by Helge Sunde and Michael Gibbs
Eberhard Weber (composer, vib, b), Jan Garbarek (ss),
Gary Burton (vib), Paul McCandless (ss, English Horn),
Pat Metheny (g), Scott Colley (b), Danny Gotlieb (ds)
Concept and production: Martin Muhleis

ECM初期からそのサウンドを特徴付けてきたベーシスト、エバーハルト・ウェーバーの75歳祝賀コンサートがシュツットガルトで開催されました。授賞式〜第一部の公式動画を記事中のリンクから見ることができます。第二部が、パットが、エバーハルトの過去のベースソロから再構成し作曲し、SWRビッグバンドが演奏した"Inspired" です。パット・メセニーが作曲したビッグバンドの演奏を聴けるだけで特別で贅沢ですよね。詳細は記事をご覧ください。写真はアリアンナ 多恵 チマロスティ(Arianna Tae Cimarosti)です。

1月24日に行かれたTomoyuki Ohsawaさんのレポートはこちら。  

Posted by jazzworld at 21:24Comments(1)TrackBack(0)

My Song (Keith Jarrett) by Richard Stolzman


My Song (Keith Jarrett)
Richard Stoltzman - Clarinet
Bill Douglas - Piano
Eddie Gomez - Bass
Recorded at Bear Tracks Studio, Suffern, New York
from "Innervoices" (RCA, 1989)

マイ・ソング

ビロンギング


  
Posted by jazzworld at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

5/2-4 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭 2015 『PASSIONS』


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭 2015
『PASSIONS(パシオン)』
2015年5月2日(土)〜4日(月) 東京国際フォーラム
第11回となる今年のテーマは、過去10回の作曲家へのフォーカスを離れて、1月のナントと共通となる『PASSIONS(パシオン)』。作曲家たちの音楽創作の原動力となってきた魂の奥底から放たれる強い感情〜パシオンに<祈りのパシオン>、<恋のパシオン>、<いのちのパシオン>の3つの切り口から迫り、中世から現代までのさまざまな音楽の中にパシオンを感じる旅に出る。特に<祈りのパシオン>では、キリスト教においてPassion=受難であることが大きな鍵となる。
ECM New Series関連では、アルヴォ・ペルト<ヨハネ受難曲>他をヤーン=エイク・トゥルヴェ指揮ヴォックス・クラマンティスが演奏することが注目される。児玉桃は、ピアノソロでシューマンとメンデルスゾーン、児玉桃&児玉麻里でメシアン<アーメンの幻影>を、児玉桃、イド・バル=シャイ、ルイス=フェルナンド・ペレスのピアノ、ロベルト・フォレス・ヴェセス指揮オーヴェルニュ室内管弦楽団でバッハ<2台のピアノのための協奏曲>を演奏する。
チケットの一般発売開始は3月14日。「熱狂の日フレンズ」(無料)を対象に先行販売も行う。詳細は、 http://www.lfj.jp  
Posted by jazzworld at 21:24Comments(0)TrackBack(0)

1/13 Charlie Haden Memorial at Town Hall, New York

チャーリー・ヘイデン “A Memorial and Celebration of His Life”
Charlie Haden “A Memorial and Celebration of His Life”
2015年1月13日 19:00 The Town Hall, New York
CharlieHadenProgram
Charles Edward Haden (August 6, 1937 – July 11, 2014)

Michael Rodriguez (tp)
Going Home
Opening Remarks by Ruth Cameron Haden
Pat Metheny (g)
Charlie Haden Medley -
Our Spanish Love Song
Waltz for Ruth
First Song
Putter Smith - Charlie’s early 60’s L.A.
Lee Konitz (as), Brad Mehldau (p)
Blues
Henry Butler (p, vo)
Deep River
Denardo Coleman – Remarks
Joshua Redman (ts), Kenny Barron (p), Scott Colley (b), Jack DeJohnette (ds)
Blues for Pat
Dr. Maurice Jackson, Associate Professor History at Georgetown University & Chair of the DC Commission on African American Affairs - Remarks
Ravi Coltrane (ts), Geri Allen (p), Brabdee Younger (Harp)
For Turiya
Fred Ansis, Family friend – Remarks
Haden Triplet and Josh Haden (vo), Bill Friesell (g), Mark Fain (b)
Voice from on High
Oh, Shanandoah
Gonzalo Rubalcaba (p)
Improvisation
Richard Lewis – Video
Jean Philippe Alfard, Managing Director, Universal Music Publishing, France – Remarks
Quartet West – Alan Broadbent (p), Ernie Watts (ts), Scott Colley (b), Rodney Green (ds)
Hello My Lovely
First Song
Liberation Music Orchestra
Carla Bley (p), Steve Swallow (b), Matt Wilson (ds),
Steve Cardenas (g), Tony Malaby (ts), Chris Cheek (ts), Loren Stillman (as),
Michael Rodriguez (tp), Senece Black (tp), Curtis Fowlkes (tb),
Vincent Chancey (french horn), Joe Daley (tuba)
Amazing Grace
Silence
We Shall Overcome
Closing remarks by Ruth Cameron Haden

※ 当日配布されたプログラムに加筆したが、実際と異なる可能性があることをご了承いただきたい。
kanno0Redman5293  
Posted by jazzworld at 21:10Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月10日

2/10 Steps Ahead at Blue Note Tokyo



Steps Ahead at Blue Note Tokyo

Mike Mainieri(vib), Eliane Elias(p) 

Marc Johnson(b), Peter Erskine(ds), Bob Sheppard(ts, ss)

Feb 10 (Tue) 19:00
1 Bawling to Bud (Eliane Elias – Everything I Love / Holding Together)
2 Pools (Don Grolnick – Steps Ahead)
3 Islands (Mike Mainieri – Steps Ahead)
4 Something I Said (Peter Erskine - Magnetic)
5 B is for Butterfly (Eliane Elias – Swept Away)
6 Time is Now (Eliane Elias – Three Americas)

7. Union Pacific (Marc Johnson – The Sound of Summer Running)

Feb 10 (Tue) 21:30
1. Bawling to Bud (Eliane Elias – Everything I Love / Holding Together)
2. Pools (Don Grolnick – Steps Ahead)
3. Copland (Mike Mainieri – Holding Together)
4. B is for Butterfly (Eliane Elias – Swept Away)
5. Ruby
6. Young and Fine (Joe Zawinul – Smokin’ in the Pit)
7. Time is Now (Eliane Elias – Three Americas)

8. Union Pacific (Marc Johnson – The Sound of Summer Running)
  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)