2007年02月24日

A列車で行こう〜ニューヨークの空港アクセス

A Train 2 ATrain2 JFK2 LGA2

A列車に乗って、ハーレムに行こう、、、。

という、ビリー・ストレイホーン作曲、デューク・エリントン・オーケストラのテーマ曲になっていたA列車で行こう−Take the "A" Train。今回は、その最近の画像をお届けしましょう、、、というわけです。

Michael Breckerのメモリアルに出席するために、ニューヨークに行ってきました。まずは着陸進入前に通り過ぎるときに撮ったニューヨーク・J.F.ケネディ国際空港ラガーディア空港の映像です。

いずれも、画像をクリックするとより大きく鮮明な映像を見ていただけます。

A列車は、ハーレムに行く反対側、マンハッタンを下っていくと、ブルックリンを抜けて、JFK方面へ向かっています。

JFKからマンハッタンに出るのに、今だとタクシーはチップ込みで60ドルを超えて、四捨五入したらもう1万円!! いつもは、Jamaicaから地下鉄E線に乗るのですが、今回は、宿の位置から言って、Long Island RailroadでPenn Stationでもよかったんだけど、今回は、やはりデューク・エリントンの名曲「Take the'A' Train〜A列車で行こう」ということで、Howard BeachからA線で、Penn Stationまで出ました。

ニューヨーク地下鉄(MTA)の地図

A列車って、よく知らないころは、蒸気機関車のイメージかと思っていました。吹奏楽用の譜面には、ご丁寧に蒸気機関車の始動音がイントロになっているものもありました。しかも、いかにもアメリカの電車かと思っていると、実は日本のメーカー製のもあったりするんですよね。

音と見かけ上のギャップとしては、ステンレスの光沢と軽快な感じが音と合わないかも。デューク・エリントンの頃はスチールですよね。茶色かな。そのうち、京浜急行みたいにドレミファ・インバーター、しかもブルーノートスケールなんて時代が来るんだろうか(いやない)。ちなみに、東京におけるA線とは、都営地下鉄浅草線ですね。

2007年7月までのMTA Metrocardに10ドルもチャージしてしまい、余らせたので、もったいないからまたニューヨークに行かなくては(^_^;。こないだのシンガポールは、カードのデポジット回収忘れた;_;。

昔は、JFKからHoward Beachまで無料シャトルバスだったんですが、Air Trainができて、なぜだか5ドルとられるようになってしまった。CO2出しまくりの自家用車、レンタカーのみなさんはどうして駐車場まで無料で乗れるんだろう。

帰りは、Port Authority Bas Terminalからバスで、ラガーディア空港に出ました。Grand Central、Penn Stationからも乗れます。いずれも乗り場がわかりにくいので、早めに行かないとあせります。片道12ドル、往復21ドル。ラガーディアも地下鉄で行けるようになるといいのですけど。

さて、載せたジャケットは、どうやらデューク・エリントンのオリジナルレコーディングらしいです。

ちなみに、映画地下鉄に乗ってというのがあって、よくできた映画でしたけど、ストーリーが若干納得がいかないところがあって、誰にでもはお勧めしないかなあ。ネタばれは避けますが、要注意とは言っておきますね。浅田次郎原作、出演は堤真一、岡本綾、大沢たかお、常盤貴子です。

映画スウィングガールズは、タイトルバックでの山形鉄道の線路の映像とともに流れる、ミッキー吉野さん作曲Take A Train Rideは大好きな曲です。スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサートでは、ホーンが入って、ちょっとPat Metheny Group風の音になっていました。

Take the 地下鉄(メトロ)に乗って THXプレミアム・エディション スウィングガールズ スペシャル・エディション スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート

Posted by jazzworld at 11:17│Comments(0)TrackBack(0)ジャズ | ニューヨーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jazzworld/50885236