2012年09月19日

9/19 小曽根真トリオ ブルーノート東京

小曽根真トリオ ブルーノート東京小曽根真トリオ ポスターマイ・ウィッチズ・ブルーリブ・アンド・レット・リブ~ラヴ・フォー・ジャパン
小曽根真さんのピアノトリオ、ツアー最終日、ブルーノート東京へ聴きに行きました。このトリオ本当に素晴らしかった。最高のライブでした。小曽根さんがピアノトリオでツアーをされるのは久しぶりです。さまざまなプロジェクトもすばらしいのですが、やはり小曽根さんにとってピアノトリオは最もベーシックで、最も力が発揮されるフォーマットだと思います。そして、小曽根さんにChristian McBride(b)とJeff Tain Watts(ds)、最高の組み合わせです。昨晩4時までカラオケで歌い続けたのもなんのその、本当に楽しそう表情で、でもテクニック的に物凄いことを平気で次から次へ、生み出される音はどこまでも心地よくて、本当にすばらしい自由なインタープレイを聴かせてくれました。

MAKOTO OZONE TRIO aturing CHRISTIAN McBRIDE & JEFF "TAIN" WATTS
小曽根真(p) Christian McBride(b) Jeff "Tain" Watts(ds)

2012年9月19日(水)セットリスト
1st Set 19:00
1. Bouncing in My New Shoes
2. Gotta Get It!!
3. Dream
4. My Witch's Blue
5. Listen to the Heros Cry (Christian McBride)
6. Take the Tain Train
7. Satin Doll

2nd Set 21:30
1. Bouncing in My New Shoes
2. Nova Alvorada
3. Gotta Get It!!
4. Longing for the Past
5. My Witch's Blue
6. Happy Birthday, Mayumi.
6. Take the Tain Train
7. Gold Days (Jeff Tain Watts)
8. That's All

公演動画はこちら
(いきなり音が出ます)

今後もこのトリオでの活動を続けるそうですので楽しみです。

朗読劇「Love Letter」を終えたばかりの三谷幸喜さん&神野三鈴さん、蒼井優さん、青木さやかさん、浅丘ルリ子さん、小松真弓さんなどもいらっしゃってました。ちなみに、今日以外だと、塩谷哲さん、アンドレ・プレヴィンさん!もいらしていたそうです。まったく余談ですが、アンドレ・プレヴィンさんにインタビューに同席したことがあって、「ジャズを演奏されることは、クラシックの指揮に役に立ちますか?」と伺ったら「まったく役に立っていない」と、否定するではなく、完全に分けているようでした。今でも、ベースとのデュオやピアノトリオでジャズの演奏も続けていらっしゃいます。

Posted by jazzworld at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jazzworld/51999008