2010年02月19日

3/4-5 Yellow Jackets 3/5 Bob Mintzer Clinic

ライフ・サイクル トゥエンティ・ファイヴ(DVD付) オールド・スクール:ニュー・レッスンズ
The Yellow Jackets来日間近ですね。コットンクラブで3月4日〜5日。昨年はMike Sternつきでしたけど。今気づいたのですが、石森楽器で、3月5日「Bob Mintzer Clinic」もありますね。たぶんサックス以上にアンサンブルねたと思われます。

The Yellow Jackets
2010年3月4日(木)、5日(金) 19:00 21:30
コットンクラブ (東京駅前)
Russell Ferrante(key), Bob Mintzer(sax), Jimmy Haslip(b), Will Kennedy(ds)
最近の録音は、Life Cycle / featuring Mike SternTwenty-five (DVD付)

ボブ・ミンツァー 公開レッスン
Bob Mintzer Clinic

2010年3月5日(金) 12:00〜15:00
聴講無料 要予約 石森楽器
JR中央線大久保駅、JR山手線新大久保駅  続きを読む

Posted by jazzworld at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月04日

9/4-6 東京JAZZ / 9/5 NHK-FMで放送

今日から、東京国際フォーラムで東京JAZZ。ホールAでの有料公演だけでなく、無料ライブもいろいろあるので、時間がありましたら。NHK-FMでの中継もあります。

東京JAZZ
2009年9月4日(金)〜6日(日)
東京国際フォーラム


特集 東京JAZZ 2009
9月5日(土) 後0:15〜後11:00 NHK-FM

神保彰  featuringエイブラハム・ラボリエル、オトマロ・ルイーズ
and very special guest リー・リトナー
ジョン・スコフィールド and the Piety Street Band
東京スカパラダイスオーケストラ
ジョージ・クリントン & PARLIAMENT / FUNKADELIC
メロディ・ガルドー
上原ひろみ
L'Image  (マイク・マイニエリ、スティーヴ・ガッド、トニーレヴィン、
 ウォーレン・バーンハート、デビット・スピノザ)  
Posted by jazzworld at 01:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月07日

Sonny Rollins

Sonny, Please ロード・ショー VOL.1 サキソフォン・コロッサス ソロ・ピアノ=ソロ・ソルト

塩谷哲さんの番組SHISEIDO MIDNIGHT FACESがJ-WAVEのインターネットラジオBrandnew Jで7月1日から始まっています。
7月6日に取り上げられたソニー・ロリンズのCDです。

Sonny, Please
SONNY,PLEASE
STAIRWAY TO THE STARS
REMEMBERING TOMMY
Sonny Rollins(ts), Clifton Anderson(tb) Bob Cranshaw(b), Bobby Broom(g) Steve Jordan(ds), Dinizulu(perc)

新譜は、過去のライブの名演を集めたRoad Shows VOL.1です。  
Posted by jazzworld at 01:14Comments(2)TrackBack(0)

2009年05月24日

5/23 鈴木よしひさ フュージョン狂の詩 Vol.2 調布GINZ

Better Days レプリカ・コレクション-6 TO CHI KA(紙ジャケット仕様) 夜の彷徨(さまよい) MINT JAMS ライト・アズ・ア・フェザー

市川のNo Name Horsesを見て、本八幡から都営新宿線→京王本線で調布まで。線路はひとつでしたが、遠かった、第1部は間に合いませんでした。でも、渡辺香津美 / To Chi KaのSayonaraが聴けて満足でした。いやー、Tony Levin→岡田次郎さんフレットレスベースのテーマ泣けました。鈴木よしひささんは、ジャズ以外にも、ゲーム音楽分野で高い評価を得ていたり、ディズニーアニメスティッチ!の音楽監督でもあります。

スペシャル企画!「フュージョン狂の詩 Vol.2」
2009年5月23日 19:45 調布GINZ
鈴木よしひさ(g, g-synth)、渡辺剛(p, keyb)、岡田次郎(b)、藤井摂(ds)
東京都調布市小島町 2-25-8 フジヨシ小島ビルB1 042-489-1991

第2部
1. Room 335 (Larry Carlton) 夜の彷徨
フォークブラジル風だそうで
2. Domino Line (Casiopea) MINT JAMSとか
3. Hey Jude (John Lennon - Paul MaCartony)
Jaco Pastrius/Teen Townっぽい導入から
4. Sayonara (渡辺香津美) TO CHI KA
5. P. O. S. U. (Pick OneSelf Up) (鈴木よしひさ)

アンコール
6. Happy Birthday
7. Fly over the Horizon (Azymuth) Light as a Feather
  NHK-FM Crossover Elevenのオープニングテーマ  続きを読む
Posted by jazzworld at 01:08Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月10日

第51回 グラミー賞受賞作品

ランディ・イン・ブラジル ラヴァリー~恋人のように~ モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル50周年記念オールスターズ The New Crystal Silence Monday Night Live At The Village Vanguard Song for Chico Peace Time

第51回グラミー賞の結果が発表になりました。2007年10月〜2008年9月分が対象になっています。まずは、ジャズ部門から。また、ジャック・ディジョネットがニューエイジで受賞しています。

51th Annual Grammy Award Winner List

Best Contemporary Jazz Album
Randy In Brasil / Randy Brecker [MAMA Records]

Best Jazz Vocal Album
Loverly / Cassandra Wilson [Blue Note]

Best Jazz Instrumental Solo
Be-Bop / Terence Blanchard, soloist
Live At The 2007 Monterey Jazz Festival / Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars [Monterey Jazz Festival Records]

Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
The New Crystal Silence / Chick Corea & Gary Burton [Concord Records]

Best Large Jazz Ensemble Album
Monday Night Live At The Village Vanguard / The Vanguard Jazz Orchestra [Planet Arts Recordings]

Best Latin Jazz Album
Song for Chico / Arturo O'Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra [Zoho]

Best New Age Album
Peace Time / Jack DeJohnette [Golden Beams/Kindred Rhythm]


総合部門では下記の通りです。Robert Plant & Alison Krauss が6部門受賞です。

Record Of The Year
Please Read The Letter / Robert Plant & Alison Krauss
Raising Sand / Robert Plant & Alison Krauss[Rounder]

Album Of The Year
Raising Sand / Robert Plant & Alison Krauss [Rounder]

Song Of The Year
Viva La Vida / Cold Play[Capitol Records; Publishers: Universal Music-MGB Songs]

Best New Artist
Adele (公式ホームページ、アルバム19)

あと、気になったところでは、来日していたベルナルド・ハイティンク指揮シカゴ交響楽団。

Best Orchestral Performance
Bernard Haitink, conductor (Chicago Symphony Orchestra)
Shostakovich: Symphony No. 4 [CSO Resound]

レイジング・サンド 美しき生命 【通常盤】 19 Shostakovich: Symphony No. 4 [Includes DVD]  
Posted by jazzworld at 00:41Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月13日

11/17 [FM] MARICA CLUB 塩谷哲

Batucada~Jazz’n Bossa~ Funk Tango

塩谷哲さんが、InterFMにゲスト出演します。

MARICA CLUB
DJ: 平賀マリカ (ジャズ・ヴォーカリスト)
ゲスト:塩谷哲
2008年10月17日(月)23:00-23:30 Inter FM

平賀さんの最新アルバムは、Batucada~Jazz’n Bossa~ですが、ニューヨーク録音、アレンジ、キーボードがGil Goldstein。Paquito D'Riveraさんも参加されていますね。

  
Posted by jazzworld at 00:22Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月13日

横濱ジャズプロムナード〜井上陽介 Z's Special

6ab9ee26.jpg ピース Straight Ahead

連休の中日、10月12日(日)は、横濱ジャズプロムナードに行ってきました。1日券を買ってたくさんある会場(しかもそこそこ離れている)を自由にまわるというジャズフェスティバルです。初めて参加しましたけど、さすが横浜とジャズ、とてもよいイベントでした。

さて、その中でよかったもののひとつが、ベースの井上陽介さんの「Z's Special」です。実は裏番組が、最近気に入っている関西出身ピアニストの「西山瞳トリオ」で、どっちにするかず〜っと迷っていたのですが、幸か不幸か西山さんライブはあまりの人気で満席+待ち行列で入れなくて。陽介さんも満席になりましたが、誰かが帰ったら入れるという順番待ちでなんとか入れました。いずれの会場も1920年前後の建物かと思いますが、こういう空間で聴くジャズいいですね。

Z's Special
2008年10月12日(日) 17:30〜18:30 横浜開港記念館

井上陽介(b)、太田剣(as)、納谷嘉彦(p)、大坂昌彦(ds)

1. ?
2. My One And Only Love (高速でした)
3. Cry Me A River
4. ?
5. L-O-V-E

納谷さん、ゲストの太田さんをはじめ、バンド全体がすばらしく、楽しいライブでしたが、特にすばらしかったのが、陽介さんのベースと大坂さんのドラムのインタープレイから生み出される音。。。というか、ぼけ&つっこみのような、会話のようなやりとり。

井上陽介さん&大坂昌彦さんと言えば、「あしたの喜多善男」のサントラを録音され、番組でも「コットンクラブ」を舞台に登場した、小曽根真さんのトリオがそうでしたね。機会があったら、小曽根さんを含めた3人でのインタープレイ(&ぼけ&つっこみ)、さらに聴いてみたくなりました。ぼけ&つっこみと言っては失礼ですが、それだけ音の引き出しが凄い!ということになりますね。

井上陽介さんのトークも楽しいですし、もちろん音の存在感も。12月23日の塩谷哲さんSaltish Nightに、J-Popsのミュージシャンと一緒に、井上さんがゲスト出演ですが、これは十分に闘え!?ますね。お楽しみに!  
Posted by jazzworld at 00:16Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月17日

[FM] 9/21 meg with 守屋純子セクステット

セッション2008
2008年9月21日(日) 22:00-55 NHK-FM
2008年9月26日(金) 10:00-55 NHK-FM
meg with 守屋純子セクステット
meg(vo) 守屋純子(p) 高瀬裕(b) 安藤正則(ds)
三木俊雄(ts) 近藤和彦(as) 奥村晶(tp)

Night And Day
Cheek To Cheek
The Nearness of You
You'd be so nice to come home to
Lupin the Third
Christmas Rose
Little Green Bag
A Night In Tunisia
  
Posted by jazzworld at 00:21Comments(3)TrackBack(0)

2008年09月09日

Gil Goldstein and Friends / Disney Meets Jazz

ディズニー・ミーツ・ジャズ 〜トリビュート・トゥ・ウォルト・ディズニー Under Rousseau's Moon タイム・リメンバード 〜ビル・エヴァンスに捧ぐ

こんにちは。私の好きなディズニージャズアルバムですが、意外にも今までご紹介していなかったようですので、ここいらで。

GIL GOLDSTEIN AND FRIENDS
DISNEY MEETS JAZZ - TRIBUTE TO WALT DISNEY


Gil Goldstein (p, Victoria accordion, elp, celeste, synth)
John Patitucci (b) Billy Kilson (ds) Randy Brecker (tp)
David Sanborn (as) Herbie Mann (fl) Pat Martino (g)

1. Zip-A-Dee-Doo-Dah
2. When You Wish Upon A Star
3. Alice In Wonderland
4. Beauty And The Beast
5. Disney's Main Street Electrical Parade
6. Some Day My Prince Will Come
7. A Whole New World
8. Whistling Medley
9. Dance Of The Sugar Plum Fairy
10.You've Got A Friend In Me
11.Turkey In The Straw
12.A Dream Is A Wish Your Heart Makes

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
2001年9月19日 2,854円 AVCW-12238


Gil Goldstein (p,keyb) John Patitucci (b) Billy Kilson (ds)
のトリオがメインになっていて、このトリオの音がすごくいいんですよ。そして、以下のようにゲストが参加しています。

Randy Brecker (tp)
1. Zip-A-Dee-Doo-Dah

David Sanborn (as)
2. When You Wish Upon A Star

Herbie Mann (fl, afl)
4. Beauty And The Beast
8. Whistling Medley

Pat Martino (g)
6. Some Day My Prince Will Come
12.A Dream Is A Wish Your Heart Makes

編曲としては、やはり、Gil Goldsteinだけあって、つぼを押さえていて、スタンダードとしてすでに有名になっている3曲、When You Wish Upon A Star、Some Day My Prince Will Come、Alice in Wonderland では期待を裏切らないシンプルな構成で楽しませてくれます。
Zip-A-Dee-Doo-Dahも割とシンプルですが、Randy Brecker のソロが気持ちいいです。
スタンダードではないものでは、独自の凝った編曲で、5. Disney's Main Street Electrical Paradeはなかなかはまります。ぜひお勧めします。

Gil Goldstein は、リーダー作というより、Pat Metheny, Michael Brecker, 矢野顕子などさまざまなミュージシャンのサポート、プロデュースが多数ありますが、最近のリーダーアルバムとしては、Under Rousseau's Moonがお勧めです。

あと、まだ聴いていないのですが、ピアノトリオでのタイム・リメンバード 〜ビル・エヴァンスに捧ぐ。アコーディオンでのWaltz for Debby聴いてみたいです。  
Posted by jazzworld at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月14日

[TV] 7/14,17 上原ひろみ&ロン・カーター

ビヨンド・スタンダード(初回限定盤)(DVD付) デュエット(初回限定盤)(DVD付) タイム・コントロール

英語でしゃべらナイト
2008年7月14日(月) 23:00-23:30 NHK総合
2008年7月17日(木) 深夜26:45-03:15 NHK総合

インタビュー:上原ひろみ&ロン・カーター



  
Posted by jazzworld at 21:48Comments(0)TrackBack(0)

2008年06月15日

6/16-21 Mike Stern with Randy Brecker at Blue Note Tokyo

フー・レット・ザ・キャッツ・アウト? ジーズ・タイムス サム・スカンク・ファンク

ついうっかりしていましたが、今週のブルーノート東京は、6月にMike Sternです。今回は、Randy Brecker と一緒です。

MIKE STERN BAND
ブルーノート東京
2008年6月16日(月)〜21日(土) 19:00 21:30
Mike Stern(g) Randy Brecker(tp)
Dave Weckl(ds) Chris Minh Doky(b)
¥8,400(税込)

曲目リストを見ると、1部、2部で、1曲しかダブりがない!!うれしい悲鳴で、お金が許す方は、同日の1部2部連続がお勧めです。。どこかの日に某ピアニスト参加は!?

山野楽器で、ランディー・ブレッカー・セミナーがあります!と気づいたら「満員です」。  
Posted by jazzworld at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月27日

Live at Rocco / Peter Erskine, Alan Pasqua and Dave Carpenter

Live at Rocco Badlands Standards

久しぶりに聴いてみました。
Live at Rocco
Peter Erskine(ds) Alan Pasqua(p) David Carpenter(b)
1999年10月21〜22日 「Rocco」で収録。

Alan Pasquaのオリジナル曲がとてもいいです。1曲目 To Love Again から引き込まれる感じです。Peter ErskineとDave Carpenterの曲に加えて、John Taylorの曲も1曲入っています。Peter Erskineの繊細なドラミングに、Alan PasquaとDave Carpenterとの見事なインタープレイ。Roccoは、街の中のジャズクラブではなく、ロサンゼルス郊外のベルエアの森の中にあったジャズクラブでありレストランでした。洗練されながら居心地のいい空間で、このライブ盤もそんな空間で友人や常連のお客さんとのリラックスした雰囲気で生まれたんだろうなと思います。残念ながらRoccoという形では、今はなくなってしまいました。最近も、ロサンゼルスのJazz Bakeryあたりに出演しています。

その後、BadlandsStandardsの2枚がリリースされているようです。I Hear a Rhapsody などスタンダード集もよいですが、どっちかというとオリジナル曲が楽しみな感じもあります。  
Posted by jazzworld at 00:44Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月26日

5/26 新澤健一郎トリオ with Niklas Winter at Cotton Club

c06949f5.jpg Nude Energy E

コットンクラブの新澤健一郎さん&Niklas Winterのライブに行ってきました。Beautopia発売記念です。フィンランドのギタリストである、Niklas Winterの曲から演奏されました。

2008年5月26日(月) 19:00
Cotton Club
KENICHIRO SHINZAWA TRIO
with special guest NIKLAS WINTER
 
新澤健一郎(p), Niklas Winter(g),
鳥越啓介(b), 大槻 "カルタ" 英宣(ds)

1. Everything You Need is Here
2. ?
3. The Arc
4. Magnetic
5. If You Wait Long Enough
6. Kronos
7. ?

8. Bach-Logy Shift (KALTA)

気持ちよく密度の濃い演奏で、8曲もたっぷり楽しむことができました。

アンコールでは、「二クラスの曲は全部やってしまいました」ということで、KALTAさんの曲を1曲、なお、このトリオに大田剣(as)さん、鈴木よしひさ(g)さんが加わったグループのCDVertical-Engineが、2008年6月18日に発売になります。  
Posted by jazzworld at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月20日

5/26 新澤健一郎 with ニクラス・ウインター at コットンクラブ

c06949f5.jpg Nude Energy E

東京駅前のコットンクラブで新澤健一郎さんのライブがあります。フィンランドのギタリスト、ニクラス・ウインターとの共演で、CDBeautopia発売記念です。

2008年5月26日(月) 19:00 21:30
Cotton Club
KENICHIRO SHINZAWA TRIO
with special guest NIKLAS WINTER
 
新澤健一郎(p), Niklas Winter(g),
鳥越啓介(b), 大槻 "カルタ" 英宣(ds)
自由席/テーブル席 : ¥2,100

新澤さんの音は、中川英二郎さんとのデュオや、エリック・ミヤシロEMバンド、大槻さんのVertical Engineなどで、聴いてきましたけど、ほんとうにいい音を持ったすばらしいピアニストです。背景としては結構ECMは聴いているとみました。

この顔ぶれで2,100円は驚異ですね。ぜひ聴きに行って下さい。  
Posted by jazzworld at 01:23Comments(0)TrackBack(0)

5/21 秀景満 at コットンクラブ

cde11313.jpg

東京駅前のコットンクラブで秀景満のライブがあります。最新盤はGardenです。

秀景満
コットンクラブ
2008年5月21日(水) 
19:00 21:30
村井秀清(p), 須藤満(b), 平井景(ds)
自由席/テーブル席 : ¥3,675  
Posted by jazzworld at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月19日

Brad Mehldau Trio at Village Vanguard 2006

Live The Art of the Trio, Vol. 2: Live at the Village Vanguard The Art of the Trio, Vol. 4: Back at the Vanguard

2006年10月のBrad MehldauのニューヨークVillage Vanguardでのライブ盤Liveが発売になりました。

ラリー・グラナディア(b)とジェフ・バラード(ds)というすばらしい組み合わせです。同じ顔ぶれでは、時期的には、山中千尋/ラッハ・ドッホ・マールMetheny Mehldauと重なります。楽屋には、メセニーが来ていました。

2006年10月15日は、私もVillage Vanguaredに行っていました。自分がそこにいたVillage Vanguardライブ盤というのも嬉しいですね。メルドーは他にもVillage Vanguardでのライブ盤Live at the Village VanguardBack at the Vanguardを残していて、好きなのかもしれませんね。確かに、店のつくりとして、ミュージシャンの集中力と、良質なお客さんの反応が最高にバランスしたいいハコだと思います。70年の歴史がありますが、音楽の世界遺産として、残していきたいですね。

ラッハ・ドッホ・マール(初回限定盤)(DVD付) Metheny Mehldau  
Posted by jazzworld at 21:26Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月17日

[TV] 5/17 小沼ようすけ〜ジョージ・ベンソン

Beautiful Day 3,2&1 ブリージン メローなロスの週末(ライヴ)

ミューズの晩餐 My song,My life
ジャズギタリスト 小沼ようすけ

2008年5月17日(土) 22:55〜23:20 テレビ東京系

「My song, My life」は、小沼ようすけ(g)の原点となったジョージ・ベンソンBreezin'からAffirmation。番組司会の川井郁子(vn)との共演で送ります。

最新CD、Beautiful Dayの中でも唯一のカヴァー曲として演奏されていて、しかもロサンゼルスで、Breezin'を録音したスタジオとエンジニアで録音したそうです。
小沼ようすけ (Electric Guitar, Acoustic Guitar, Gut Guitar, Electric Sitar)
リンカーン・ゴーインズ (Electric Bass, Acoustic Bass)
スティーヴ・フェローン (Drums) アル・シュミット (Record engineer)
「生活の一部であるサーフィンを通じて、自然との対話から生みだした映像感溢れるナチュラルな音のメッセージ。 」だそうです。

The Violin Muse~The Best of Ikuko Kawai(初回限定盤)(DVD付) ラ・ジャポネーズ(La Japonaise)  
Posted by jazzworld at 00:31Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月16日

8/29-31 東京JAZZ at 東京国際フォーラム

クローサー ビヨンド・スタンダード(初回限定盤)(DVD付) X

東京JAZZ 2008
2008年8月29日〜31日 東京国際フォーラム (東京・有楽町)

5月17日(土)より前売券発売開始です!

8月29日(金) 19:00 MASTERS' GALA
日野皓正クインテット
ロン・カーター・カルテット
デヴィッド・サンボーン

8月30日(土) 13:00 GREAT AMERICAN STANDARDS
上原ひろみ & 熊谷和徳
ザ・グレイト・ジャズ・トリオ by ハンク・ジョーンズ
(ジョージ・ムラーツ b、ビリー・キルソン ds)


8月30日(土) 19:00 DRAMATIC NIGHT
上原ひろみ〜HIROMI'S SONICBLOOM
リシャール・ガリアーノ & ザ・タンガリア・カルテット
ミシェル・カミロ・トリオ

8月31日(日) 13:00 TOKYO JAZZ meets BLUE NOTE TOKYO
サム・ムーア 他

8月31日(日) 19:00 SUPER PLAYERS
フォープレイ(ボブ・ジェームス、ネーザン・イースト、ラリー・カールトン、ハーヴィー・メイソン)
東京JAZZ SUPER JAM
  
Posted by jazzworld at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

[FM] 5/17 矢野沙織(ネタばれ)

Little Tiny 矢野沙織 BEST~ジャズ回帰~(DVD付) Groovin’High ジャコ・パストリアスの肖像+2

セッション2008
矢野沙織カルテット
2008年5月18日(日)
 22:00-55 NHK-FM

矢野沙織(サックス)金子雄太(オルガン)
細野よしひこ(ギター) 小松伸之(ドラムス)

Teen Town
My Baby Shot Me Down
Split Kick
Pardon Lucy
K.C. Blues
I & I
In The Mood
Open Mind

矢野さんが中学生のときに、ジャズを始めたきっかけが、Donna Lee なんですが、Charlier Pakerじゃなくて、Jaco Pastriusだったんですよね。というわけで、いきなりTeen Town から。塩谷哲トリオもWheelin’ Ahead!の中で演奏しています。ついでに、紀尾井ホールだったかな塩谷さんが小曽根さんにステージに引っ張り出されて、Donna Leeを初見で弾いていましたね。

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ VOL.2 Heavy Weather バースデイ・コンサート Wheelin’ Ahead!  
Posted by jazzworld at 00:08Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月13日

Gary Burton Quartet Revisited Tour in Europe 2008

Like Minds デイ・トリップ Ring Gary Burton & Keith Jarrett

Gary Burton Quartet Revisited Tour in Europe 2008
Gary Burton(vib) Pat Metheny(g) Steve Swallow(b) Antonio Sanchez??(ds)

July 13 North Sea Festival, Rotterdam, Neitherland
July 15 Veneto, Italy
July 16 Milano, Italy
July 17 Perugia, Italy
July 18 Pescara, Italy
July 19 Roma, Italy
July 20 Benevento, Italy
July 22 Bologna, Italy
July 23 Torino, Italy
July 24 Genova, Italy
July 25 Nice, France
July 27 London, UK
July 28 Poole, UK  
Posted by jazzworld at 23:00Comments(4)TrackBack(0)

2008年05月09日

[FM] 5/11 国府弘子トリオ〜セッション2008 (ネタばれ)

国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々) e6fea6f0.jpg スプリング・セレクション

国府弘子さんがセッション2008に登場します。Hola!からの曲が多く取り上げられています。

セッション2008
国府弘子スペシャルトリオ

2008年5月11日(日) 22:00-22:55 NHK-FM
2008年5月16日(金) 10:00-10:55 NHK-FM
国府 弘子(ピアノ)
八尋 洋一(ベース)
岩瀬 立飛 (ドラムス)

オラ!
グラナダの夕暮れ〜
ジプシーバロック
夕焼け小焼け
お猿の籠や
ふるさと

スペイン  
Posted by jazzworld at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月07日

[TV] 私が子供だったころ〜近藤等則

わたしが子供だったころ
トランペッター・近藤等則

2008年5月7日(水)22:00-44 NHK-BShi
再放送:5月9日(金)、5月11日(日)

ジャズトランペッター近藤等則さんの今治市での少年時代を振り返ります。

  
Posted by jazzworld at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月04日

[TV] 5/5 ディビッド・マシューズ〜英語でしゃべらナイト

バッハ2000 イン・ザ・ムード~プレイズ・グレン・ミラー~ スペイン 英語でしゃべらナイトTRAVEL 英語で京都を案内できますか? (AC MOOK―NHK英語でしゃべらナイト別冊シリーズ)

6月にマンハッタン・ジャズ・オーケストラで来日予定のディビッド・マシューズのテレビ出演です。

英語でしゃべらナイト
2008年5月5日 23:00- NHK総合

グラミー賞受賞MJQの名アレンジャー、デビッド・マシューズが、日本在住23年のスロベニア人写真家と新宿出会い旅。マシューズの愛するニッポンのマンハッタン?新宿をフォトセッションしながら、TOKYOの魅力を語り合う。(NHKホームページより引用)

収録風景はこちら。  
Posted by jazzworld at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月05日

[TV] 国府弘子 今日からあなたもジャズピアニスト

NHK教育の「趣味悠々」で、国府弘子さんが、ジャズピアノ入門の番組を始めました。

国府弘子の
今日からあなたもジャズピアニスト
放 送 毎週水曜日 22:00-25
再放送 翌週水曜日 12:30-55
NHK教育

第1回 スイングってゴキゲン!
〜ジャズのリズムにのってみよう〜 放送4月 2日(水) 再放送4月 9日(水)
第2回 ジャズってつまり、自分流
〜メロディーを自由に奏でよう!〜 放送4月 9日(水) 再放送4月16日(水)
第3回 今日の気分をブギウギで
〜アドリブ演奏入門〜 放送4月16日(水) 再放送4月23日(水)
第4回 合言葉は「ブルーノート」
〜ブルースをカッコよく〜 放送4月23日(水) 再放送4月30日(水)
第5回 自分で見つける、イケてる響き
〜リハーモナイズに挑戦!〜 放送4月30日(水) 再送送5月 7日(水)
第6回 スタンダードを両手で弾こう
〜名曲で学ぶ、左手のコツ〜 放送5月 7日(水) 再放送5月14日(水)
第7回 「枯葉」でアドリブに挑戦!
〜いろいろなアイデアを知ろう〜 放送5月14日(水) 再放送5月21日(水)
第8回 「テキーラ」でホットに!
〜ラテンジャズを弾いてみよう〜 放送5月21日(水) 再放送5月28日(水)
第9回 ジャズピアニストは料理人!
〜「サマータイム」を味付けしよう〜 放送5月28日(水) 再放送6月 4日(水)


テキスト国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々)も発売中です。

  
Posted by jazzworld at 00:10Comments(5)TrackBack(0)

2008年03月27日

4/4-8, 22 コットンクラブ〜Tiffany、田中邦和、森下滋、金子雄大

The Nearness of You(紙ジャケット仕様) あしたの喜多善男 Straight Ahead

東京駅前のジャズクラブコットンクラブのお得なライブです。入場料は安くても、すばらしいミュージシャンの演奏ですので、この機会にぜひどうぞ。

4月4日(金) 4月5日(土)
TIFFANY 19:00- 21:30-
Tiffany(vo), 秋田慎治(p), 井上陽介(b),
Jimmie Smith(ds), Raymond McMorrin(sax)
自由席 ¥2,625

4月7日(月), 4月22日(火) 18:30- 20:00-
A Touch of Music in Marunouchi Vol.3
田中邦和(sax) & 森下滋(p)
自由席 ¥1,050 入替なし

4月8日(火) 18:30- 20:00-
A Touch of Music in Marunouchi Vol.3
金子雄太(org)
自由席 ¥1,050 入替なし

コットンクラブでティファニーのグループを見るというのは、小曽根真さんが音楽を担当された あしたの喜多善男第1話の再現のようなのも面白いですね。出演したカルテットのうち、Tiffanyさんの他に井上陽介(b)さんも参加されています。ピアノが秋田慎治さんなのも楽しみです。  
Posted by jazzworld at 00:47Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月14日

Yoshi's San Francisco Open

以前から、サンフランシスコ・ベイエリアのオークランドにあったYoshi'sですが、今年、サンフランシスコにもオープンしました。すばらしいライブを聴かせてくれていたYoshi'sですが、さすがにちょっと遠いと思うことがありました。これからは気軽に行けそうです。もともとは、日本人3人が始めたスシバーが原点なんですね。

スケジュールなどは、下記のリンクからご覧下さい。

Yoshi's Jazz Club San Francisco
1330 Fillmore Street
San Francisco, CA 94115

Yoshi's Jazz Club - Jack London Square
510 Embarcadero West
Oakland, CA 94607
(510) 238-9200

じゃ、両方のバランスはと考えると、一回ミュージシャンを呼んで、連続する日程で両方で演奏するようです。  
Posted by jazzworld at 23:56Comments(2)TrackBack(0)

2008年03月07日

[FM] 3/16, 21 井上陽介 Z's 〜セッション2008 (ネタばれ)

Straight Ahead ピース あしたの喜多善男

ベースの井上陽介さんが2006年に結成されたグループZ'sのライブが放送されます。

セッション2008
Z's

2008年3月16日(日) 22:00-55 NHK-FM
2008年3月21日(金) 10:00-55 NHK-FM
井上 陽介(b) 納谷 嘉彦(p)
多田 誠司(sax,fl) 大坂 昌彦(ds)

Blue Z's
My One And Only Love
Better Get Hit In Your Soul
Cry Me A River
Alice In Wonder Land
Go Straight Ahead

Straight Aheadピースの曲などから演奏されます。また、井上さんと大坂さんは、小曽根真さんとのトリオ+αで、あしたの喜多善男 オリジナル・サウンドトラックを録音されています。テレビにも出演されていましたね。  
Posted by jazzworld at 01:01Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月04日

3/4 塩谷哲ピアノソロ at 白寿ホール

白寿ホール ピアノ

白寿ホールでのピアノソロシリーズ、6回のうち3回目です。なんともう折り返しですね。

日焼けで皮が剥けかけでもどかしいピアニスト、鰻の小骨がのどにささったままでもどかしいピアニストときて、今回は「テーマがないのがテーマ」だそうです。全般にほどよい緊張感と脱力感が混じった心地よい演奏でした。

塩谷哲ピアノソロ
白寿ホール
2008年3月4日(火) 19:00


Do You Still Care?
Side by Side (We Go)
〜Waltz for Debby (Bill Evans)
Enharmonie
La Pluie (雨)
即興演奏
Nighthawk
Bluesette (Toots Thielemans)
Stalla by Starlight (Victor Young)
あこがれのリオデジャネイロ

Forest


またまた、セットリストから脱線シリーズですが、「Stella by Starlight」は素敵なスタンダードの1曲ですが、なんでも「The Uninvited / 呪いの家」という、幽霊映画のテーマだそうです。。。へー。で、マイルス・ディビスが「1958 マイルス」「マイ・ファニー・バレンタイン」で取り上げて、メジャーなスタンダードになりました。

前の記事の「Ladies in Mercedes」のコードですが、2小節目が「C7」か「C△7」か、迷ってしまって、恥ずかしながら教えて頂いてわかりました。前のコード譜を修正しておきましたので、ご参照下さい。  
Posted by jazzworld at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月01日

4/18 牛山玲名 Moh Moh Live at 原宿ペニーレーン

Moh Moh Live

バイオリンの牛山玲名さんのライブです。素敵なオリジナル曲と、玲名さんのすばらしいソロのフレージングが楽しみです。どんな曲演奏するんでしょう?今回は澁谷一丁目カルテットではなくて、木幡さんを含むジャズ編成のバンドですね。

MOH-MOH LIVE
2008年4月18日(金) ←金曜日です!!チラシが間違っています!!

19:00start(18:00open)
場所:原宿ペニーレイン
予約2500円+1drink
当日3000円+1drink
出演:
牛山玲名(Violin)
木幡光邦(Guitar)
佐藤雄大(Keyboard)
柳原旭 (Bass)
高林カツミ(Percussion)  
Posted by jazzworld at 00:25Comments(1)TrackBack(0)

2008年02月24日

山中千尋 After Hours

94628871.jpg

2月27日に山中千尋さんの新譜アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュが発売されます。2007年12月23日に亡くなったオスカー・ピーターソンへ捧げられたものですが、当初、ベスト盤を想定していたものが、急遽ニューヨークで録り下ろしたそうです。以前もご紹介しましたが、ジャケット写真が上がってきましたので、もういちどご紹介します。と思ったら、さらに参加ミュージシャン名があがってきて、曲順も変わっていたので、さらにご紹介します。

Yoshi Waki こと、脇 義典さんは、バークリー音楽院卒業後ずっとニューヨークで活躍されているベーシストです。ジャズ研の後輩で、田中邦和(ts)さんと同じくらい、羽毛田耕士(tp)さんのちょっと上です。ニューヨークでライブを見る機会がありましたが、ほんとうによく歌うベースのライン〜ソロを弾くので大好きです。

山中千尋
アフター・アワーズ~
オスカー・ピーターソンへのオマージュ

山中千尋(p)、Avi Rothbard(g)、脇 義典(b)
2007年12月、ニューヨークにて録音

All of Me
There will Never Be Another You
Confirmation
You'd Be So Nice to Come Home to
Sioux City Sue New
All the Things You Are
Over the Rainbow
Everything Happens to Me

UNIVERSAL CLASSICS UCCJ-2065
2,300円

曲の解説はこちら

今後の国内でのライブ予定です。

3月6〜7日(木・金) ビルボードライブ大阪
3月9日(日) ビルボードライブ福岡
3月21〜22日(金、土) 東京 JZ Brat
6月6日(金) 高崎市文化会館
6月7日(土) 福島県国見町 観月台文化センター
6月8日(日) 山形 レキシントン新庄

アビス ラッハ・ドッホ・マール(初回限定盤)(DVD付)  
Posted by jazzworld at 00:05Comments(0)TrackBack(0)