2010年02月18日

[Radio] 2/19 塩谷哲&村冶佳織〜その他番組予定

ポートレイツ(限定盤)(DVD付)

塩谷哲 SHISEIDO MIDNIGHT FACES
Brandnew J
2010年2月19日(金) 24:00〜27:00
ゲスト 村治佳織(g)

最新CD&DVDは、
村冶佳織 / Portraits(初回限定盤DVDつき)

番組出演予定です。
MITSUBISHI JISHO Classy Cafe
毎月最終日曜日 19:00〜19:54 J-WAVE
情報エンタメLIVE ジャーナる!
2月21日(日)22:00〜23:15 フジテレビ系
Asience Spirit of Asia
2月28日(日)18:00〜18:54 J-WAVE
J-MELO
3月20日(土)深夜27:10〜3:30 NHK総合  

Posted by jazzworld at 23:59Comments(1)TrackBack(0)

2009年07月12日

[TV] 7/12 辻井伸之、佐渡裕

debut ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)

題名のない音楽会
辻井伸之、佐渡裕
2009年7月12日(日) 09:00-30

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

CDとしては、いまのところ、debutラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)が発売されています。  
Posted by jazzworld at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月01日

[TV] 6/3 小澤征爾 わたしが子どもだったころ

BS20周年関連企画
わたしが子どもだったころ スペシャル
指揮者 小澤征爾
2009年6月3日(水)
22:00-22:59 NHK-BShi

詳細はまた。NHK総合でも日曜24:10からあるらしいです。。。  続きを読む
Posted by jazzworld at 00:01Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月10日

第51回 グラミー賞受賞作品

ランディ・イン・ブラジル ラヴァリー~恋人のように~ モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル50周年記念オールスターズ The New Crystal Silence Monday Night Live At The Village Vanguard Song for Chico Peace Time

第51回グラミー賞の結果が発表になりました。2007年10月〜2008年9月分が対象になっています。まずは、ジャズ部門から。また、ジャック・ディジョネットがニューエイジで受賞しています。

51th Annual Grammy Award Winner List

Best Contemporary Jazz Album
Randy In Brasil / Randy Brecker [MAMA Records]

Best Jazz Vocal Album
Loverly / Cassandra Wilson [Blue Note]

Best Jazz Instrumental Solo
Be-Bop / Terence Blanchard, soloist
Live At The 2007 Monterey Jazz Festival / Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars [Monterey Jazz Festival Records]

Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
The New Crystal Silence / Chick Corea & Gary Burton [Concord Records]

Best Large Jazz Ensemble Album
Monday Night Live At The Village Vanguard / The Vanguard Jazz Orchestra [Planet Arts Recordings]

Best Latin Jazz Album
Song for Chico / Arturo O'Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra [Zoho]

Best New Age Album
Peace Time / Jack DeJohnette [Golden Beams/Kindred Rhythm]


総合部門では下記の通りです。Robert Plant & Alison Krauss が6部門受賞です。

Record Of The Year
Please Read The Letter / Robert Plant & Alison Krauss
Raising Sand / Robert Plant & Alison Krauss[Rounder]

Album Of The Year
Raising Sand / Robert Plant & Alison Krauss [Rounder]

Song Of The Year
Viva La Vida / Cold Play[Capitol Records; Publishers: Universal Music-MGB Songs]

Best New Artist
Adele (公式ホームページ、アルバム19)

あと、気になったところでは、来日していたベルナルド・ハイティンク指揮シカゴ交響楽団。

Best Orchestral Performance
Bernard Haitink, conductor (Chicago Symphony Orchestra)
Shostakovich: Symphony No. 4 [CSO Resound]

レイジング・サンド 美しき生命 【通常盤】 19 Shostakovich: Symphony No. 4 [Includes DVD]  
Posted by jazzworld at 00:41Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月06日

[TV] 2/6 NHK交響楽団 ホルスト/惑星

ホルスト:惑星 惑星 満月

「惑星」じゃなくて「衛星」ですけど。普通のデジカメ(ズームは強いけど)をなんとなく月に向けたら、結構よく撮れました。その後、狙って撮ったらぜんぜんだめで、まぐれだったようです。というわけで、シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団の惑星が放送されます。

N響アワー
冬の夜空の「惑星」
2009年2月8日(日)
21:00-22:00

グスタフ・ホルスト 組曲「惑星」op.32
シャルル・デュトワ指揮 NHK交響楽団 
二期会合唱団
2008年12月12日 NHKホールで収録

Gustav Holst
The Planets Op. 32

Mars, the Bringer of War
Venus, the Bringer of Peace
Mercury, the Winged Messenger
Jupiter, the Bringer of Jollity
Saturn, the Bringer of Old Age
Uranus, the Magician
Neptune, the Mystic

以下、自分用のメモ的ですが。

今年は、ガリレオ望遠鏡から400年だそうで、「惑星」は宇宙を想起させるクラシック作品として演奏される機会も多そうです。惑星は、1914-16に作曲されて、初演は第一次大戦中の1918年のイギリスでした。

シャルル・デュトワさんの録音ではモントリオール交響楽団とのホルスト:惑星があります。

個人的には、原曲より先に、富田勲/惑星で聴きました。当時かなり非力だったと思われるアナログシンセサイザーでこの世界を作ったのはすごいですね。  
Posted by jazzworld at 00:06Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月02日

[TV] 2/3, 7 ラプソディ・イン・ブルー〜小曽根真/大植英次/大阪フィル

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー Virtuosi

名曲探偵 アマデウス
起死回生のホームラン
ジョージ・ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」
再放送 
2009年2月3日(火) 08:00〜08:44 NHK-BShi
2009年2月7日(土) 13:00〜13:44 NHK-BShi

小曽根真&大植英次さん 大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏も聴ける番組の再放送です。

あと、おまけで、ハービー・ハンコック&ラン・ランの「ラプソディ・イン・ブルー」の映像があります。
こちらから、「Commercial」→「Heart」→「Star Allign in United's 'Heart' Commercial」です。  
Posted by jazzworld at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月01日

LFJ2009 クラシック・ソムリエ・サロン〜ルネ・マルタンさんからプログラム発表

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009「Bach is Back」プレイベント
第1回クラシックソムリエ・サロン
2009年2月12日(木)
19時00分〜20時30分
東京国際フォーラム  ホールD7
ナビゲーター:田中 泰(LFJクラシックソムリエ)
第1回ゲスト:ルネ・マルタン(LFJアーティスティック・ディレクター)

詳細と応募はこちらから。締切りは2月4日19:00です。

当日、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009「Bach is Back」の公演プログラムが発表になります。ディレクターのルネ・マルタンさんから今年の聴きどころ、いちおしのミュージシャン、ナントのレポートなどを聴けるそうです。  
Posted by jazzworld at 01:49Comments(3)TrackBack(0)

2009年01月29日

[Radio/TV] La Folle Journee de Nantes



現在、フランスのナントで、元祖ラ・フォル・ジュルネ開催中です。

全体のプログラム(PDF 86ページもありますので、必要な方だけどうぞ)

小曽根さんも出演です。

2009年1月30日 14:00 ザール・ライプチヒ
小曽根真 バッハの主題による変奏曲と即興演奏

小曽根さんのコンサート会場で配布される解説(PDF)

さて、ラ・フォル・ジュルネは、インターネットで放送されていないんだろうか。。と探してみたら、Radio Franceのホームページで聴くことができました。生放送ではなく、一日遅れで編集して流しているようです。時差は8時間。番組表の時間に8時間を足すと日本時間です。ナントの会場の空気とつながっていると思うとちょっと嬉しい気がしました。

Radio France - Radio Musique
の左サイドバーの、「ecouter le direct」から聴けます。

なんとっ、テレビでも見れるます。カメラのボタンを押してください。

5月のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが楽しみです!2月12日にはルネ・マルタンさんが来日してイベントがあります。

あ、そうそう、3月4日発売の塩谷哲さんの初ソロアルバムsolo piano = solo saltでも、バッハを演奏されているそうです。  
Posted by jazzworld at 00:32Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月12日

[TV] 8/16 エンプラ 小曽根真&パキート・デリヴェラ 

フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン Funk Tango Virtuosi Live at Montreux 2002

エンプラ
2008年8月16日(土)
 深夜26:10-40 TBS系
【LIVE】モーツァルト・ミーツ・ジャズ 
小曽根真パキート・デリヴェラ
9月26日(金) 東京オペラシティ コンサートホール
>小曽根さんにコンサートへの意気込みを語っていただきました!

8月23日(土)にもあるようですね。。。
  
Posted by jazzworld at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月09日

[TV] 8/15 ラ・フォル・ジュルネ 2008

芸術劇場
ラ・フォル・ジュルネ『熱狂の日』の魅力

2008年8月15日(金) 22:30-24:45 NHK教育

放送曲目はこちらをご覧下さい。
  
Posted by jazzworld at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月07日

[TV] 8/15, 22 山中千尋、江口 玲、原田知世

94628871.jpg アビス

山中千尋さんのラヴェルとサティーの演奏をNHKで見ることができます。8月7日は、ローマでボサノバ50周年記念のBrazillusionに出演していますね。

BS クラシック倶楽部
2008年8月15日(金) 06:00〜06:55 NHK-BShi 
2008年8月22日(金) 13:00〜13:55 NHK-BShi
2008年9月23日(火) 10:55〜11:50 NHK-BS2

1. プーランク 音楽物語「ぞうのババール」
2. ラヴェル 組曲「マ・メール・ロア」
3. サティー「風変わりな美女」 から
 グランド・リトルネルロ
 ワルツ「目の中の神秘的なキス」
 カンカン「社交界のおえら方」

朗読: 原田 知世 (1, 2曲目)
ピアノ: 江口 玲 (1, 2, 3曲目)
ピアノ: 山中 千尋 (2, 3曲目)
  
Posted by jazzworld at 00:28Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月14日

[TV] La Folle Journee au Japon 2008

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2008の一部が放送されます。NHKホームページより引用して紹介させて頂きます。

BS2 クラシック倶楽部
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2008


2008年7月14日(月) 10:55〜11:50 NHK-BS2
ソプラノ : バーバラ・ヘンドリックス
ピアノ : ルーヴェ・デルヴィンイェル
収録: 2008年5月5日, 東京国際フォーラム Cホール

1. ズライカ I D.720
2. ズライカ II D.717
3. 愛らしい星 D.861
4. 夜と夢 D.827
5. 若い尼 D.828
6. きみはわがいこい D.776
7. さすらい人の夜の歌 D.768
8. ミューズの子 D.764
9. トゥーレの王 D.367
10. 糸を紡ぐグレートヒェン D.118
11. ます D.138
12. アヴェ・マリア D.839
( 以上 シューベルト作曲 )


2008年7月15日(火) 10:55〜11:50 NHK-BS2
管弦楽 : フランス国立ロアール管弦楽団
指揮 : ペーテル・チャバ
「ロザムンデ」 序曲

管弦楽 : ローザンヌ室内管弦楽団
指揮 : クリスティアン・ツァハリアス
ドイツ舞曲 D.820 (ウェーベルン編曲)
交響曲 第2番 変ロ長調 D.125

収録: 2008年5月5日, 東京国際フォーラム Cホール


2008年 7月16日(水) 10:55〜11:50 NHK-BS2
1. ミサ曲 第5番 変イ長調 D.678
ソプラノ : ユッタ・ベーネルト
メゾ・ソプラノ : マルグリート・ファン・ライゼン
テノール : トマス・ウォーカー
バス : デーヴィッド・ウィルソン・ジョンソン
合 唱 : カペラ・アムステルダム
管弦楽 : ヴュルテンベルク室内管弦楽団
指揮 : ダニエル・ロイス

2. ロザムンデ D.797 ロマンス「満月は輝き」
3. ロザムンデ D.797 から 「狩人の合唱」
メゾ・ソプラノ : 林 美智子
合 唱 : 晋友会合唱団
合唱指揮 : 清水 敬一
管弦楽 : フランス国立ロアール管弦楽団
指 揮 : ペーテル・チャバ

以上 収録: 2008年5月5日, 東京国際フォーラム Cホール  
Posted by jazzworld at 05:22Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月19日

のだめカンタービレ in ヨーロッパ

のだめカンタービレ in ヨーロッパ パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!!のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップ のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組) のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)

二ノ宮知子さん原作、フジテレビでドラマ化されたのだめカンタービレ。お正月に放送された特別編、のだめカンタービレ in ヨーロッパがDVDボックスで発売になりました。ロケ地はプラハとパリで、そのメーキング映像とともにロケ地をまわるDVDのだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップも発売になっています。

漫画の方も、ここに来て急展開する、、、かなあ、、な雰囲気が見えてきました。あ、でもしないかも。ちょっと前には、ラヴェルのピアノ協奏曲を取り上げていましたが、ジャズ的なコミュニケーションを意識していました。

ちなみに、二ノ宮知子さんをもっと知りたい方には、平成よっぱらい研究所―完全版もありますが、音楽とはあまり関係ありません、はい。怖いものを見たくない人は見ないことをお勧めします。  
Posted by jazzworld at 00:06Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月17日

[TV] 5/17 小沼ようすけ〜ジョージ・ベンソン

Beautiful Day 3,2&1 ブリージン メローなロスの週末(ライヴ)

ミューズの晩餐 My song,My life
ジャズギタリスト 小沼ようすけ

2008年5月17日(土) 22:55〜23:20 テレビ東京系

「My song, My life」は、小沼ようすけ(g)の原点となったジョージ・ベンソンBreezin'からAffirmation。番組司会の川井郁子(vn)との共演で送ります。

最新CD、Beautiful Dayの中でも唯一のカヴァー曲として演奏されていて、しかもロサンゼルスで、Breezin'を録音したスタジオとエンジニアで録音したそうです。
小沼ようすけ (Electric Guitar, Acoustic Guitar, Gut Guitar, Electric Sitar)
リンカーン・ゴーインズ (Electric Bass, Acoustic Bass)
スティーヴ・フェローン (Drums) アル・シュミット (Record engineer)
「生活の一部であるサーフィンを通じて、自然との対話から生みだした映像感溢れるナチュラルな音のメッセージ。 」だそうです。

The Violin Muse~The Best of Ikuko Kawai(初回限定盤)(DVD付) ラ・ジャポネーズ(La Japonaise)  
Posted by jazzworld at 00:31Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月09日

小曽根真さんのクラシック関連CD/DVD

Virtuosi Live at Montreux 2002 E

今年のラ・フォル・ジュルネでも、小曽根真さんが、ソロ、3台のピアノのための協奏曲、ワークショップと大活躍されていました。ルネ・マルタンさんからの発表によると、来年のテーマは「バッハとヨーロッパ」で、小曽根さんが「フーガの技法」または「ゴールドベルク変奏曲」を演奏するのではないかとのことでした。小曽根さんのクラシック関連のCDは?というのがFAQでありますので、まとめてみました。

Gary Burton & Makoto Ozone / Virtuosi
(輸入盤 Concord CCD 2105-2)
Gary Burton(vib) 小曽根真(p)

Ravel: Le Tombeau De Couperin 1
Barber: Excursions I Op.20
Rachmaninoff: Prelude 8
Cardosa: Milonga
Gershwin: Prelude 2
Scarlatti: Sonata K20
Confrey: Impromptu - from Three Little Oddities
Girshwin Piano Concerto in F - Movement 3
Lakme Medley: Berceuse / Duettino
Brahms: Capriccio 2
Ozone: Something Borrowed, Something Blue

ヴィブラフォンのGary Burtonさんとのデュオで、2002年グラミー賞Best Classical Crossover Albumにもノミネートされたアルバムです。タイトルは文字通り「二人の巨匠!」ですね。クラシックの名曲をモチーフにしながら、すばらしいアレンジで、緻密さと自由さを兼ね備えて、ときには美しく、ときには熱いインタープレイが楽しめます。ぜひ国内盤の再発をお願いしたいです。こちらから試聴できます。今もアメリカやヨーロッパで継続的にコンサートの機会があって、今後も来日公演のチャンスもあるかもしれません。

このCDからの曲を多数取り上げた、スイスのジャズフェスティバルでのライブDVDも発売されています。

Gary Burton & Makoto Ozone
Live at Montreux 2002

ビデオアーツミュージック VABG-1223
2006年12月20日発売 4,935円
Gary Burton(vib), 小曽根真(p)

1. Afro Blue (Mongo Santamaria)
2. Bags Groove (Milt Jackson)
3. Hole in the Wall (Red Norvo?)
4. Opus Half
5. Le Tombeau De Couperin I-Prelude (M. Ravel)
6. Sonata K20 (Scarlatti)
7. Excursions I, Opus 20 (Barber)
8. Prelude VIII, Opus 32 (Rachmaninoff)
9. Milonga (Cardosa)
10.Piano Concerto In F, Movement III (Gershwin)
11.Bienvenidos al Mundo (Makoto Ozone)

このデュオ関連のCDとしては、他にFace to FaceFor Hamp, Red, Bags, and Cal
それから、最近の
中川英二郎さん(tb)のアルバムの中で、バッハなども演奏されていて、とてもすばらしいです。特に「G線上のアリア」が大好きです。

中川英二郎 / E
中川 英二郎(tb)、小曽根 真(p)
J.S.Bach:G線上のアリア(管弦楽組曲第3番ニ長調より)BWV1068
V. Monti: チャルダッシュ

おまけですが、渡辺香津美さんとのデュオ、渡辺香津美 / Dandysism with 小曽根真の1曲目、Chick Coreaの「Spain」の出だしは、ちょっとだけ、ロドリーゴ「アランフェス協奏曲 第2楽章」の一部になってると思います(手元になくて未確認ですみません)。そのためだけに買って、、、とまでは言いませんけど。

さらにおまけですが、来年、小曽根さんが演奏するかもしれないバッハのゴールドベルク変奏曲、フーガの技法のCDとして、グレン・グールドのゴールドベルク変奏曲バッハ:フーガの技法とキース・ジャレットのGoldberg Variations
をあげておきます。

ダンディズム バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) バッハ:フーガの技法 Bach: Goldberg Variations / Keith Jarrett  
Posted by jazzworld at 23:24Comments(10)TrackBack(0)

2008年05月07日

[TV] こだわり人物伝〜グレン・グールド

c5ab2373.jpg グレン・グールド論 バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲 Bach: Goldberg Variations / Keith Jarrett

J.S.バッハ「ゴールトベルグ変奏曲」で有名なカナダ出身のピアニスト、グレン・グールドの生涯を取り上げた番組です。来年のラ・フォル・ジュルネはバッハだとか。ピアノでバッハを弾くということにおおきな影響を与えたグレン・グールドを映像資料を含めて知るよい機会です。

NHK 知るを楽しむ こだわり人物伝
グレン・グールド〜鍵盤のエクスタシー

宮澤淳一
2008年5月6日〜6月3日 NHK教育

第1回 伝説の誕生
5月6日 午後10:25〜10:50
5月13日 午前5:05〜5:30
第2回 爛灰鵐機璽箸六爐鵑性
5月13日 午後10:25〜10:50
5月20日 午前5:05〜5:30
第3回 逆説のロマンティスト
5月20日 午後10:25〜10:50
5月27日 午前5:05〜5:30
第4回 最後のゴールドベルク
5月27日 午後10:25〜10:50
6月3日 午前5:05〜5:30

  
Posted by jazzworld at 00:12Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月06日

5/6 ラ・フォル・ジュルネ終了

ラ・フォル・ジュルネが過ぎて、初夏という感じになってきました。

今日は、

井上道義
オーケストラアンサンブル金沢
シューベルト 序曲D590,D591
シューベルト 交響曲第6番 D589

小山実雅恵(p)
クワメ・ライアン(指揮)
フランス国立バルドー・アキテーヌ管弦楽団
ウェーバー オイリアンテ 序曲
ベートーベン ピアノ協奏曲第4番

ミシェル・コルボ
ローザンヌ声楽アンサンブル
シンフォニア・ヴァルソヴィア
モーツァルト「レクイエム」

映画「未完成交響曲」

に行ってきました。

来年はバッハらしいです。。。。


  
Posted by jazzworld at 19:40Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月05日

[FM] 5/5 今日は一日「ラ・フォル・ジュルネ」三昧

ゴールデンウィークに東京国際フォーラムで開催中の「ラ・フォル・ジュルネ〜シューベルトとウィーン」から生中継です。

今日は一日「ラ・フォル・ジュルネ」三昧
2008年5月5日(月・祝) 13:00-22:45 NHK-FM
  
Posted by jazzworld at 00:05Comments(0)TrackBack(0)

2008年05月03日

5/3 LFJ 小曽根真ピアノソロ

8141fbc1.jpgフォーリング・イン・ラヴ・アゲイン ヴァーチュオーシ

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでの、小曽根真さんのピアノソロ行ってきました。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
公演No.247
シューベルトの歌曲と即興曲をもとに即興演奏
小曽根真 ピアノ

2008年5月3日(土) 20:15
東京国際フォーラム ホールC

野ばら D257
Heidenroslein D257 (J.W. von Goethe)
ます D550
Die Forelle D550 (C.F.D. Schubart)
アヴェマリア (エレンの歌3) D.839
Ave Maria D839
菩提樹 D911 (冬の旅 Winterreiseより)
Der Lindenbaum D911
4つの即興曲 より
Vier Impromptus Op.142 D935
4番 f-moll

アンコール
子守歌 D498
Wiegenlied D498

公式レポート
小曽根ワールド炸裂!ジャズ of シューベルト

即興曲の番号、Halumiさんから教えていただきました。コメントの方にVerdiさんもありがとうございました。あ、そうそう、どういうことかというと、小曽根さんが「楽譜を近所のファミリーマートでA3コピーしてきたのですが、番号のところをコピーし忘れたので、番号がわかりません!!」と謎を残して去ってしまったもので。。。

シューベルト歌曲集のCDはたくさんあるのですが、取り上げられた5曲がすべて入っているものは意外に珍しく、よくわからないですが、菩提樹/シューベルト歌曲名曲集を取り上げておきます。

シューベルト:4つの即興曲 シューベルト:即興曲集 菩提樹/シューベルト歌曲名曲集  
Posted by jazzworld at 23:59Comments(4)TrackBack(1)

2008年05月01日

5/5 LFJ 小曽根真ワークショップ

315.5/5 LFJワークショップ

ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン
小曽根真 ワークショップ2008年5月5日(祝・月) 20:30-21:30
地下二階展示ホール「トラウト」
東京国際フォーラム (有楽町駅、東京駅、日比谷駅)

*有料コンサートのチケットまたは半券で入れます。

  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月06日

[TV] 4/9 モーツァルト 音楽の市民革命

そのとき歴史が動いた
音楽の市民革命
〜神童モーツァルトの苦悩〜
2008年4月9日(水)
22:00-22:43 NHK総合
小宮 正安さん(横浜国立大学准教授)

18世紀後半まで王、貴族、教会などに独占されていた音楽を、市民革命の時代の中で、モーツァルトがオペラ「魔笛」の制作によって、市民のための音楽へと取り戻したというストーリーです。

ちなみに、裏番組が、国府弘子さんのジャズピアニスト講座です。

モーツァルト 歌劇《魔笛》全曲

  
Posted by jazzworld at 11:54Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月29日

[TV] 3/30 大阪フィルハーモニー

オーケストラの森
クラシックのすそ野を広げたい 
2008年3月30日(日) 21:00-22:00 NHK教育

大阪フィルハーモニー交響楽団 指揮 大植英次                
ラヴェル「道化師の朝の歌」
ベルリオーズ「幻想交響曲 作品14から 第1、2、4、5楽章」  
2008年2月14日 大阪・ザ・シンフォニーホールで録画

このコンサートで、小曽根真さんのガーシュウィン「ラプソデイ・イン・ブルー」も演奏されました。残念ながら今回放送にはなりませんでしたが、コンサートの雰囲気を味わって下さい。   
Posted by jazzworld at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月25日

[TV] 山田耕筰

ふと、テレビをつけたら、山田耕筰先生が話していました。1965年に亡くなっているので、本人の映像を見ることができるんですね。

NHK映像ファイル
あの人に会いたい
山田耕筰 (やまだ こうさく) 1886〜1965作曲家
童謡から交響曲やオペラにいたるまであらゆる分野の音楽を作曲し、指揮者や教育家としても活躍した。代表作「あかとんぼ」「からたちの花」「この道」ほか多数。大正末期に日本初の交響楽団を立ち上げたエピソードを語る山田耕筰のインタビューなど貴重な映像を紹介する。(初回放送日2007.02.11)

以下の言葉に感銘を受けました。。。
「私の時代は素人の時代ですよ。どうか山田耕筰という素人が消えて、立派な立派な音楽家が生まれることを希望。。。
自分が死んで新しい芽を育てる。これが人間の生活でいちばん美しいところじゃないでしょうかね。」

そうですね、、音楽家はいつか必ず死ぬけど、そこから新しい芽が育っていくんですね。今年、偉大なジャズミュージシャンがたくさん亡くなりましたけど、何かひとつ納得できたような気がしました。  
Posted by jazzworld at 00:04Comments(1)TrackBack(0)

2007年11月26日

Beethoven The Violin Sonatas / I.. Perlman and V. Ashkenazy

Beethoven: The Violin Sonatas Beethoven: Violin Sonatas

なぜか、クラシックのCDを19枚買ってきました〜(含むお手頃BOX)。その中でもあたりだったもの。

Ludwigs von Beethoven:
The Violin Sonatas / Samtliche Violinsonaten

Itzhak Perlman (vn)
Vladimir Ashkenazy (pf)
Recording: 1973-1975 at Kingsway Hall, London
DECCA

4枚組みですが、まずは、なんだかんだベートーベンのピアノソナタでは最もメジャーな、
第9番 イ長調 op.47 Kreutzer
第5番 へ長調 op.24 Spring

が、収められたCD3から聴いてみました。

躍動感と伸びのある演奏で、心の深いところに響いてくる音の連続に圧倒されました。いうまでもない名手2人ですが、そのなかでも最高の作品のひとつなのではないかと思います。残り3枚も楽しみです。

CD3だけでも発売されています。国内盤がないのが、ちょっと不思議です。  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月01日

[TV] 9/4 LFJ2007 フォーレ「レクイエム」 スメタナ「わが祖国」 チャイコフスキー他

Fauré: Requiem, etc. Gabriel Fauré: Requiem; Elegie; Messe Basse

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007の放送があります。

2007年9月3日(月) 10:55〜11:50 BS2
BS2 クラシック倶楽部
ドボルザーク チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 チェロ : アレクサンドル・クニャーゼフ
管弦楽 : ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
指 揮 : ドミートリ・リス

2007年9月4日(火) 10:55〜11:50 BS2
Bモード・ステレオ
ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2007 (2)

スメタナ作曲
わが祖国 から 交響詩「ブラニーク」
東京都交響楽団  指揮 小泉 和裕

フォーレ : レクイエム 作品48 (フランス)
Faure: Requiem, op.48 (France)


アナ・キンタンシュ(ソプラノ)
Ana Quintans soprano
ピーター・ハーヴィー(バリトン)
Peter Harvey baryton
ローザンヌ声楽アンサンブル
Lausanne Vocal Ensemble
シンフォニア・ヴァルソヴィア
Sinfonia Varsovia
ミシェル・コルボ(指揮)
Michel Corboz direction

[ 収録: 2007年5月4日, 東京国際フォーラム ]

9月5日(水)
チャイコフスキー 組曲「くるみ割り人形」 作品71a から
   小さい序曲, こんぺい糖の踊り, トレパーク,
   アラビアの踊り, 中国の踊り,
   あし笛の踊り, 花のワルツ
管弦楽 : ビルバオ交響楽団
指 揮 : 飯森 泰次郎

チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23ピアノ : ボリス・ベレゾフスキー
管弦楽 : ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
指 揮 : ドミートリ・リス


9月6日
チャイコフスキー バイオリン協奏曲 ニ長調 作品35

バイオリン : 庄司 紗矢香
管弦楽 : ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
指 揮 : ドミートリ・リス

わが祖国 から 交響詩「モルダウ」       ( スメタナ作曲 )
管弦楽 : 東京都交響楽団
指 揮 : 小泉 和裕

[ 収録: 2007年5月4日, 東京国際フォーラム ]  
Posted by jazzworld at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月30日

6/3 小曽根真&Paul Gulda at Kremsmunster, Austria

ヨーロッパから、jazzworld.infoをご覧になっている方へお知らせ(そんな人いるんかい!?いたら返事して下さいね)。今週末、オーストリアのKremsmunsterで、Paul Guldaとの2台のピアノのコンサートがあります。

Paul Gulda und Ozone Makoto
コンサート名:Musica Kremsmunster
会場:Schloss Kremsegg (Kremsegg城)
日時:2007年6月3日(日)
 20:00
Im Rahmen der "Guldatage07" phantasieren und improvisieren der japanische Jazzpianist Ozone Makoto und Paul Gulda an zwei Klavieren.

ミュンヘンとウィーンの間、リンツやザルツブルグに割と近いみたいです。

以下は、Paul Guldaホームページより。

Kremsmünster Schloss Kremsegg
GULDA-TAGE 07 "Fun-Tasten"

Paul Gulda and the Japanese jazz pianist Makoto Ozone fantasise and improvise on two pianos.

Makoto lived and worked for years in the New York jazz scene. He has played with ‘Greats’ such as Chick Corea, Gary Burton and many others.
Although he only recently turned to classical music, his Mozart swings and is so stylistically confident as to make many other pianists envious – and his improvised cadences come on top of this! More bridge building, wholly in the spirit of Friedrich Gulda.

Music by: W.A.Mozart, M.Ozone, P.Gulda, F.Gulda

モーツァルトは、たぶん「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448」かな。のだめカンタービレで、千秋とのだめが初めて演奏する曲〜たった2小節で間違えるな!ぎゃぼーーん〜ですね。この小曽根さん&塩谷さん版も聴いてみたいところです。

デュエット塩谷哲&小曽根真【デュエット】 のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤) 「のだめオーケストラ」LIVE!  
Posted by jazzworld at 00:08Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月12日

5/12 宮崎国際音楽祭 小曽根真さんの室内楽

ヴァーチュオーシ

こんにちは。かんの@宮崎です。とてもよい天気で、気持ちがいいです。
塩谷哲トリオの大阪ブルーノートを経て、伊丹空港から朝早く着きすぎて、チェックインもできないし、とほほですが、そろそろ動いてみようっと。

そんなわけで、本日のプログラムを紹介しておきます。

宮崎国際音楽祭 2007
2007年5月5〜20日
テーマ:「スペイン」

指揮/芸術監督:シャルル・デュトワ
総合プロデューサー:徳永二男

プログラムはこちらから。

「演奏会2」
2007年5月12日(土) 15:45プレトーク 16:00開演
宮崎県立芸術劇場アイザックスターンホール

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 op.11「街の歌」
 ピアノ:小曽根 真 ヴァイオリン:徳永 二男 チェロ:古川 展生

モーツァルト フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285
 フルート:高木 綾子 ヴァイオリン:漆原 朝子
 ヴィオラ:川崎 和憲 チェロ:古川 展生

モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478
 ピアノ:小曽根 真 ヴァイオリン:漆原 朝子
 ヴィオラ:川崎 雅夫 チェロ:上村 昇

  
Posted by jazzworld at 11:33Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月08日

LFJ2007 5/1 牛山玲名 澁谷一丁目カルテット at 丸ビル

lfj-shibuya1

牛山玲名さんの澁谷1丁目カルテットの丸ビルでミニコンサートに行ってきました。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
丸ビル 1階 MARUCUBE
ミニコンサート

5月1日(火)
13:30〜14:00 澁谷1丁目カルテット (街角に音楽を)
14:30〜15:00 澁谷1丁目カルテット (街角に音楽を)
 牛山玲名、志摩かなえ(vn) 山本法子(vla) 久保公人(vc)

Bobby Troup Route 66
W. A. Mozart
 Piano Sonate No. 11 in A K. 331 "Rondo Alla Turca" (トルコ行進曲)
牛山玲名 Something Warm
牛山玲名 Young Leaves Tea
牛山玲名 Safari

Oscar Hammerstein II & Richard Rodgers
 My Favorite Things
Maurice Ravel
 Pavane pour une infante Defunte (亡き王女のためのパヴァーヌ)
牛山玲名 Safari
牛山玲名 Young Leaves Tea
Bela Bartok Roumanian Folk Dances

All of Me

今年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」。実は、最初に聴いたコンサートは、「澁谷1丁目カルテット」の丸ビルでのミニコンサートでした。クラシックをベースにしつつ、「民族のハーモニー」にあわせての選曲もあり、牛山玲名さんの素敵なオリジナルもあり、はじめてカルテットを聴きましたがとても楽しめました。

あらためて思ったのは、「All of Me」「My Favorite Things」なんかで聴ける、牛山玲名さんの抜群のスウィング感です。もうオリジナルの音は持っていますけど、ジャズとクラシックを結ぶ部分で、新しい音を生んでくれるのではと、これからに期待しています。  
Posted by jazzworld at 23:08Comments(1)TrackBack(0)

2007年05月07日

LFJ2007 Michel Corboz / Faure Requiem

Fauré: Requiem, etc. Gabriel Fauré: Requiem; Elegie; Messe Basse

2007年5月6日(日)14:30
フォーレ : レクイエム 作品48 (フランス)
Fauré : Requiem, op.48 (France)


アナ・キンタンシュ(ソプラノ)
Ana Quintans soprano
ピーター・ハーヴィー(バリトン)
Peter Harvey baryton
ローザンヌ声楽アンサンブル
Lausanne Vocal Ensemble
シンフォニア・ヴァルソヴィア
Sinfonia Varsovia
ミシェル・コルボ(指揮)
Michel Corboz direction


最終日、唯一聴けた公演ですが、本当に素晴らしいレクイエムでした。

公式レポートはこちら

  
Posted by jazzworld at 00:07Comments(1)TrackBack(0)

LFJ2007 5/3, 5 小曽根真、井上道義指揮 都響 ガーシュウィン

ガーシュウィン:作品集 ヴァーチュオーシ のだめカンタービレ ラ・フォル・ジュルネ セレクション

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2007「民族のハーモニー」、終了。終わっちゃうと、さびしいですね。最終日5月6日(日)は、フォーレの「レクイエム」を見ました。本当は、ラヴェルの「マメール・ロア」「クープランの墓」、バルトークなど見たかったのですが売り切れでした。ともあれ、ジャズ側から、最も期待の公演は、昨年に続き小曽根さん。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2007
民族のハーモニー
2007年5月3日(木) 5月5日(土) 14:30
小曽根 真(ピアノ)
井上道義(指揮)東京都交響楽団


George Gershwin:
Piano Concerto in F

1. Allegro
2. Adagio - Andante con moto
3. Allegro agitato

George Gershwin:
Rhapsody in Blue


公式レポートはこちら

小曽根さんによる、ガーシュウィンのピアノ協奏曲、ラプソディ・イン・ブルーは今までにも何度か公演があったのですが、はじめて聴くことができました。

5月3日はS席最前方左端、5月5日はA席2階席後方中央でした。5日はとてもピアノとオーケストラのバランスよく楽しめました。3日はピアノ協奏曲ではピアノが聴こえてこない状態でかなり困難がありました。ラプソディ・イン・ブルーの方がまだなんとかなりましたけど。これをS席とするのは無理があると思いました。

もちろん、自由なカデンツァが繰り広げられるわけですけど、いきなり小曽根さんワールドに行ってしまうのではなくて、原曲の雰囲気とフレーズを十分に尊重しつつ、連続的にイメージを拡張していくという形で、それだけにガーシュウィンの世界をさらに深く楽しめる感じでした。井上道義さんの指揮もそれに絶妙にレスポンスしながらオーケストラに指示を出していました。

定員2公演で10,008人が早い段階で売り切れ。昨年以来、小曽根さんの名前が広い層に浸透していることと、「のだめカンタービレ」関連で今回のLFJの中では代表曲であったことがあるかと思います。ぜひ、放送などされる機会があるといいなと思います。

デュエット塩谷哲&小曽根真【デュエット】  
Posted by jazzworld at 00:00Comments(2)TrackBack(0)