2014年04月30日

4/30 International Jazz Day - Makoto Ozone


(ずっと無音ですが、31分頃から始まります)
International Jazz Day - Global Concert
Osaka Castle Park on 19:00-21:00, April 30, 2014


4月30日はThelonius Monk Institute of Jazz が提唱し、UNESCOが定めるインターナショナル・ジャズ・ディ。第3回目の今年は、メインイベントとなるグローバルコンサートが、大阪城公演特設ステージで開催されました。
大阪イベントの開催詳細はこちらをご覧下さいグローバルウェブサイトはこちらをご覧下さい。
196カ国がインターナショナル・ジャズ・ディに参加していますので、もう196年に1回しか日本に回ってこないかもしれない!?ワールドカップやオリンピックよりも貴重なイベントです。巷の「オールスター」という看板が色褪せてしまうような、本当の「オールスター」イベントでした。この顔ぶれから生まれるグルーヴが凄過ぎです。告知が1ヵ月も切っていたために当日券が買える状況でしたが、ここに居合わせることができた方は、一生の思い出になる素晴らしい瞬間になったと思います。

日本からは小曽根真さん、龝吉 敏子さん、日野皓正さん、黒田卓也さんが出演されました。
できるだけ、先入観なしで、YouTubeで見ていただきたいです。
取り急ぎ。この記事の下〜〜の方に小曽根真さん出演曲のセットリストとメンバーを入れておきましたので、ご参照ください。関心のある方はスクロールしてください。


















取り急ぎ、小曽根真さん関連セットリストです。

International Jazz Day
Global Concert

1. Saint Vitus Dance
Dee Dee Bridgewater (vo), Makoto Ozone (p), Esperanza Spalding (b), TS Monk (ds), Troy Roberts (sax) Roy Hargrove (tp)

7. Round Midnight
Roberta Gambarini (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b) TS Monk (ds) Steve Turre (tb), Earl Klugh (g)

9. Bye Bye Blackbird
Dionne Warwick (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b), TS Monk (ds), Courtney Pine (sax), Takuya Kuroda (tp)

いまのところ、ネタバレ防止のため演奏への詳細なコメントは差し控えますが、スーパー過ぎるヴォーカリストたちの歌伴を3曲も任されたということの重みがポイントかと思います。The Trioファンなら、ジェームス・ジーナスさんとの共演をじっくり聴けたというのも大きい。上から目線ではない言葉がなくてすみませんが、これだけのメンツの中で小曽根さんが世界スタンダードのレベルにあるということを実感しました。本当に幸せになれるコンサートでした。ぜひYouTubeで楽しんでください!!
Herbie_Wayne_Ozone_9887sm
  

Posted by jazzworld at 23:55Comments(0)TrackBack(0)