2008年01月22日

フィリピン GMAニースへのリンク・・・1月22日・・・エドサ2(EDSA 2)

ピープル・パワー2の記念日です

「農民虐殺記念集会」そして「エドサ2」と首都圏は大騒ぎの予感

警戒レベルは、最高に引き上げられています

Palace says spirit of EDSA 2 lives despite non-celebration
01/21/2008 | 01:13 AM


For the latest Philippine news stories and videos, visit GMANews.TV

Tension grips EDSA 2 celebration
01/21/2008 | 01:12 AM

For the latest Philippine news stories and videos, visit GMANews.TV

No celebration of EDSA2 at Malacañang
01/21/2008 | 06:35 PM
For the latest Philippine news stories and videos, visit GMANews.TV


リンクは速くしないと、切れちゃいますよ

ランキングサイトに登録しました、良い所まで来ました本人少し喜んでいます・・単純ですから・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑ココをクリックして応援下さい


Hanggang sa muli

フィリピン ニュース - livedoor Blog 共通テーマ


エエエ、何の事と言う方は ⇒

YAHOOさんに翻訳してもらいました

EDSA 2 forces, Erap groups unite in anti-Arroyo protest
2が強制するEDSA、グループが反アロヨ抗議において結びつけるErap
01/22/2008 | 01:26 AM
01/22/2008 | 午前1時26分

By ALEXANDER MARTIN REMOLLINO, Bulatlat
アレキサンダーマーティンREMOLLINO(Bulatlat)によって

The seventh anniversary of what is now known as EDSA 2 or People Power 2 uprising was marked by a coming together of political blocs that were not and could not have been seen talking to each other seven years ago: the EDSA 2 forces, on the one hand; and the pro-Estrada forces, on the other.
現在EDSA 2として知られていることの7回目の記念日または高まっている国民の力2は、一緒に7年前互いに向かって話しているのを見られなくて、見られることができなかった政治ブロックの接近によってマークされました:一方、2が強制するEDSA;そして、プロエストラダ軍隊(他の上の)。

Seeing them together was unimaginable seven years ago, because EDSA 2 had for its aim the ouster of then President Joseph Estrada. But on the seventh anniversary of EDSA 2, which was marked January 18 with an indoor activity at La Salle Greenhills and a march to the EDSA Shrine, the two political blocs that had clashed in 2001 were gathered for the common purpose of delivering the statement that: “Seven years is enough! Gloria must go!"
EDSA 2がその狙いのために当時のジョセフエストラダ大統領の追放をしたので、一緒に彼らに会うことは7年前想像も及ばなかったです。しかし、EDSA 2(それは、EDSA神社にラサールGreenhillsと行進で1月18日に屋内の活動という特徴がありました)の7回目の記念日に、2001年に衝突した2つの政治ブロックは、声明を届ける一般の目的のために集められました‖その:「7年で十分です!グロリアは行かなければなりません!」

Estrada has always taken pride in the fact that he won in the 1998 presidential elections by a plurality of 10 million – which is said to be the largest plurality ever to propel a candidate to Malacañang. He assumed the presidency on the basis of a populist “platform" and a professed love for the “Filipino masses."
エストラダは、彼が1000万の大多数によって1998年の大統領選挙で勝ったという事実を、常に誇りにしました – そしてそれはMalaca angに候補を駆り立てるためにこれまでに最大の大多数であると言われます。彼は、人民主義「プラットホーム」と「フィリピンの多数に対する見せかけの愛情に基づいて大統領を引き受けました。」

But early on in his term he had been criticized for his closeness to the Marcoses and their political allies – remnants of a dictatorship that was toppled in 1986, in what is now known as the EDSA I uprising. He would later on be under more fire for graft and corruption – which would constitute one of the grounds for impeachment charges lodged against him in 2000 together with bribery, betrayal of public trust, and culpable violation of the Constitution.
しかし、早くから彼の任期には、彼はMarcosesと彼らの政治的な同盟国への彼の近さの理由で非難されました – 1986年に倒された独裁の残り(現在EDSA I反乱として知られていることの)。彼が、移植片と腐敗のためにより多くの火の下に後ほどいます – それは、贈収賄、一般の信用の裏切りと過失のある憲法違反と共に2000年に彼に対する申し出られる弾劾訴追の基盤の1つを構成します。

The refusal of his Senate allies to allow the opening of the second of two envelopes containing evidence relevant to the impeachment proceedings triggered a walkout by the prosecution panel and the audience, as well as an evening noise barrage, on Jan. 16, 2001 – signaling the start of a four-day popular uprising that would bring down the Estrada regime.
彼の上院に対する拒絶は、2枚の封筒の第2を開くことが2001年1月16日に起訴盤と観衆(夕方雑音集中砲火と同様に)によってストライキを引き起こされる弾劾手続きに関連する証拠を含んでいるのを許すために同盟します – エストラダ政権を倒す4日の民衆の反乱の始まりを合図すること。

All through these, Estrada insisted he was the “real president of the Philippines," pointing out that he had not resigned but merely stepped down.
これら中、エストラダは彼が「フィリピンの本当の大統領」であると主張しました。そして、彼が辞任しなくて、単に退くだけだったと指摘しました。

His arrest in late April 2001 provoked what his supporters called the “EDSA 3 uprising."
2001年4月の後半の彼の逮捕は、彼の支持者が「高まっているEDSA 3」と言ったことを引き起こしました。

Estrada was tried for plunder in a trial that would drag on for more than six years. He would be convicted, but pardoned, in the end.
エストラダは、6年以上の間長引く裁判で、略奪の容疑で裁判にかけられました。彼は有罪判決を下されるが、結局は、特赦されます。

In a statement after his release following the grant of executive clemency, Estrada said: “I believe I can best continue to repay our people the blessings that God has so graciously given me by supporting from hereon the programs of Mrs. Arroyo that are intended to attack generational poverty and hunger. We must now as a nation attend to our people’s continuing clamor for food on their tables, roofs above their heads, and better education and health care for their children."
行政官減刑の補助金の後の彼の解放の後の声明において、エストラダは言いました:「私は、私が最も我々の身内に神がここにミセスのプログラムから世代の貧困と飢えを攻撃することを目的とするアロヨを支えることによって私にとても丁寧に与えた天の恵みを返し続けることができると思っています。我々は現在そうしなければなりません。そして、カ国が彼らのテーブルで食物を求める我々の人々の継続的な叫びに対応して、彼らの頭とより良い教育と健康より上の屋根は彼らの子供たちを気にかけます。」

Seven years of 'deceit'
7年の『偽り』

On the seventh anniversary of the EDSA 2 uprising, Estrada’s supporters and the groups that ousted him in 2001 were together in sending the message that seven years of the Arroyo administration are enough.
EDSAの7回目の記念日に、2001年に彼を追い出した2つの反乱、エストラダの支持者とグループは、アロヨ政権の7年で十分であるというメッセージを送る際に、一緒にありました。

“This government has been deceiving us for seven years," said Bro. Armin Luistro, president of the De La Salle University System, during the indoor activity.
「この政府は、7年の間我々をだましていました」と、兄が言いました。屋内の活動の間のアーミンLuistro、De La Salle University Systemの大統領。

“A government that bases its false claims to victory on an election that has legitimacy problems of its own has no right to govern us," he said.
「独自の合法性問題がある選挙で勝利に対するその間違った要求の基礎を形成する政府には、我々を支配する権利がありません」と、彼が言いました。

Erning Ofracio, an urban poor leader from the Kilusan para sa Makatarungang Lipunan at Gobyerno, told about a text joke he had earlier received, in which a man told his daughter that liars do not grow tall, and get protruding teeth and moles on their faces.
Erning Ofracio(GobyernoのKilusanパラシュートで降下する人sa Makatarungang Lipunanからの都会に住む貧しいリーダー)は彼が以前に受けたテキスト冗談について話しました。そこにおいて、男性はうそつきが背が高くならなくて、彼らの顔に突き出ている歯とほくろを得ると彼の娘に話しました。

“Anak daw po ‘yon ni Presidente Diosdado Macapagal," Ofracio said. “Pero ang batang ‘yon ay Presidente na ng Pilipinas."
「Anakコクマルガラス便器『あそこのni Presidenteディオスダドマカパガル」と、Ofracioが言いました。「Pero ang batang『あそこの賛成Presidente na ng Pilipinas。」

Danilo Ramos, chairman of the Kilusang Magbubukid ng Pilipinas talked about the peasantry’s worsening poverty and hunger under the Arroyo administration, and reminded the audience about the Fertilizer Funds scam of 2004. “Yong pondo para sa abono, iniabono sa kampanya," he said.
ダニーロラモス、Kilusang Magbubukidの議長ng、Pilipinasはアロヨ管理中で農民の悪化している貧困と飢えについて話して、観衆に2004年の Fertilizer Funds詐欺を思い出させました。「ヤンpondoパラシュートで降下する人sa abono、iniabono sa kampanya」と、彼が言いました。

Josie Lichauco, convenor of the Concerned Citizens Group and former Transportation and Communication Secretary, discussed the various corruption scandals under the Arroyo regime.
ジョージLichauco(Concerned Citizens Groupと前TransportationとCommunication秘書の召集する人)は、アロヨ政権の下でいろいろな汚職スキャンダルを議論しました。

Vergel Santos, editor of Business World and a board member of the Center for Media Freedom and Responsibility, talked about the Arroyo regime’s repressive measures: the “Strong Republic" policy, Presidential Proclamation No. 1017, and the Human Security Act.
Vergelサントス(Business WorldのエディタとメディアFreedomとResponsibilityのためのセンターの取締役)は、アロヨ政権の抑圧する処置について話しました:「強い共和国」方針、大統領のProclamation No.1017とHuman Security法。

When Arroyo was sworn in on Jan. 20, 2001, she promised, among other things, “government by example."
アロヨが2001年1月20日に宣誓したとき、彼女は、とりわけ、「例による政府」を約束しました。

But early on in her continuation of Estrada’s term (2001-2004), Arroyo had come under fire from people’s organizations for her government’s refusal to address long-standing economic demands such as a P125 legislated wage increase for private-sector workers; and for inaction amid relentless increases in the prices of basic commodities like water, power, and petroleum products due to the policies of privatization and liberalization imposed by the Bretton Woods Twins. Human rights violations especially extrajudicial killings and enforced disappearances also started to escalate early on.
しかし、早くからエストラダの任期(2001〜2004)の彼女の継続において、アロヨは民間部門労働者のためにP125法律でつくられた賃上げのような長年の経済要求について述べることに対する彼女の政府の拒絶のために、人々の組織から攻撃を受けました;そして、基本的な必需品の価格の厳しい増大の中の怠慢のために、ブレットンウッズ双子座によって強要される民営化と自由化の方針のために、水、力と石油製品が好きにしてください。特に法廷外の殺害と強制的な失踪も起こった人権侵害は、早くから拡大します。

By 2003, Arroyo’s name had been enmeshed in no less than ten large-scale corruption scandals.
2003年までに、アロヨの名前は、10の大規模な汚職スキャンダルにも陥りました。

Having spent only three years continuing her predecessor’s term, Arroyo was constitutionally allowed to run for the 2004 presidential elections – where she won amid allegations of massive fraud.
彼女の前任者の任期を続けることにわずか3年を費やして、アロヨは憲法上2004年の大統領選挙のために走ってもよかったです – 彼女が大規模な不正の申し立ての中で勝ったところ。

Discrepant figures in the election returns and certificates of canvass cast doubts on the credibility of the 2004 presidential elections. In the end, however, she was proclaimed winner by more than 1 million votes against her closest rival, the actor Fernando Poe, Jr. who died without seeing the conclusion of his electoral protest.
開票結果の矛盾した数字と遊説証明書は、2004年の大統領選挙の信憑性に、疑いを投げかけました。結局は、しかし、彼女は彼女の最も親しいライバル(彼の選挙抗議の終結がわかることなく死んだ俳優フェルナンドポー, Jr.)に対する100万票以上による宣言された勝者でした。

In mid-2005, Arroyo faced a major challenge to her government following the surfacing of the so-called “Hello Garci" tapes.
2005年中頃に、アロヨはいわゆるものの表面材の後で彼女の政府への大きな挑戦に直面しました「こんにちは、Garci」テープ。

The “Hello Garci" tapes were a series of wiretapped and recorded conversations in which a voice similar to Arroyo’s is heard instructing an election official – widely believed to be former Comelec Commissioner Virgilio Garcillano – to rig the presidential polls. There is a specific instruction that a victory of “more than 1 M" be ensured for the woman.
「こんにちは、Garci」ことはテープに記録しますアロヨのものに類似した声が選挙に指示しているのを聞かれる一連の盗聴されて記録された会話は公式だった – 広く、前Comelec Commissioner Virgilio Garcillanoであると思われています – 大統領投票を不正に操作すること。特定の指示があります「1M以上」の勝利が、女性のために確実にされる。

Both Arroyo and Garcillano were forced to admit that they talked to each other during the counting period following the 2004 polls. They have, however, denied rigging the elections.
アロヨとGarcillanoは、彼らが2004の投票の後で数えている期間の間に互いに向かって話したと認めることを強制されました。彼らは、しかし、選挙で不正を行うことを否定しました。

The surfacing of the “Hello Garci" tapes triggered widespread demands for Arroyo’s resignation or removal from office. Here the EDSA 2 forces and the pro-Estrada groups found a common cause.
「こんにちは、Garci」表面材は、アロヨの辞任を求める引き起こされる広範囲にわたる要求または職からの除去をテープ記録します。ここでは、EDSA 2軍隊とプロエストラダグループは、一般的な原因を発見しました。

Human rights violations would become rampant from 2004 – underscored by present figures from Karapatan pointing to more than 880 extrajudicial killings and more than 180 enforced disappearances since 2001. Likewise corruption would also worsen – with the latest cases being the National Broadband Network deal between the Philippine government and China’s ZTE Corp., and the distribution of “cash gifts" to congressmen and governors in a Malacañang meeting last October.
人権侵害は、2004年から激烈になります – 2001年以降880以上の法廷外の殺害と180以上の強制的な失踪を示しているKarapatanから、現在の人物によって強調されます。同様に、腐敗も悪化します – 最新のケースで、フィリピン政府と中国の間のナショナルBroadband Network取引であることはZTE社です、そして、議員への「現金贈り物」の配布とMalaca angの知事がこの10月会います。

Arroyo has been the subject of three impeachment complaints citing her for bribery, graft and corrupt practices, betrayal of public trust, and culpable violation of the Constitution – the same charges against Estrada. All impeachment complaints were thrown out through the sheer tyranny of numbers at the House of Representatives.
アロヨは、贈収賄、移植片と悪弊のために彼女を引用している3つの弾劾不満の対象、一般の信用の裏切りと過失のある憲法違反でした – 同じことは、エストラダに対して料金を請求します。すべての弾劾不満は、下院で数の全くの暴威を通して投げ出されました。

Jan. 20, 2008, marks Arroyo’s seventh year in office – making her the longest-serving Philippine President since the late Ferdinand Marcos. - Bulatlat
2008年1月20日、職のマークアロヨの7年め – 彼女にlongest-servingすることを作ることは、故フェルディナンドマルコス以来フィリピンの大統領です。−Bulatlat




リンクは速くしないと、切れちゃいますよ

ランキングサイトに登録しました、良い所まで来ました本人少し喜んでいます・・単純ですから・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑ココをクリックして応援下さい


Hanggang sa muli

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔