2010年09月24日

フィリピン 超高級住宅地は危険

ハハハ ヒガミですけどね


本気の超高級住宅地 アヤラ アラバン


本気の高級住宅地ですから 各家にプールや池が・・・・

で・・・蚊ですよ蚊

デング熱のウイルスを持って来る蚊のオコチャマが増殖中


お金持ち お留守の家や使っていない家が・・・・










翻訳してもらいます



Ayala Alabang pools eyed as dengue source
デング熱源として見られるアヤラAlabangプール


By Miko Morelos
ミコ・モレロスによって
Philippine Daily Inquirer
フィリピンの毎日の照会者
First Posted 05:38:00 09/24/2010
最初は、05:38:00の09/24/2010を郵送しました




MANILA, Philippines?A rise in dengue cases had been recorded in the posh Ayala Alabang Village, and officials suspect that swimming pools and fishponds left unattended by homeowners could be the culprit.
MANILAに、デング熱症例のPhilippines―A増加は豪華なアヤラAlabangヴィレッジで記録されました、そして、当局は住宅所有者を伴わないままにされるプールと養魚池が罪人でありえたと思います。

Although the dengue incidence in Muntinlupa plummeted by 77 percent from last year, the number of confirmed cases in the upscale, gated community almost doubled from 28 in 2009 to 53 as of Sept. 20 this year, according to Dodie Matanguihan, secretary of Barangay Ayala Alabang.
Muntinlupa のデング熱発生率が昨年から77パーセント急落したが、ドディーMatanguihan(BarangayアヤラAlabangの秘書)によれば、高級な、ゲートで制御されたコミュニティの確立されたケースの数は今年9月20日現在、2009〜53でほとんど28から二倍になりました。

“Our barangay is very expansive and there are houses which have swimming pools and fishponds that may have been unattended by owners,” he told the Inquirer.
「我々のbarangayは非常に開放的です、そして、プールを持つ家と所有者を伴わない場合があった養魚池があります」と、彼はInquirerに話しました。

“Our measures against dengue won’t matter if these pools are not (properly) maintained,” he added.
「これらのプールが維持されない(きちんと)ならば、デング熱に対する我々の処置は重要でありません」と、彼は付け加えました。

Neglected by owners
所有者によって怠られます

He added that some of the pools might have been left unattended by their owners who could have been out of town or overseas.
彼は、プールのいくつかが町の外に、または、海外にいることができた彼らの所有者を伴わないままにされたかもしれないと付け加えました。

Compared to the eight other barangays in the city, Ayala Alabang has the highest number of cases, prompting the city’s top health official to launch an inquiry. The well-off village is about 699 hectares big.
都市の8つの他のbarangaysと比較して、アヤラAlabangはケースの最も高い数を持ちます。そして、都市の最高の防疫官に質問を開始することを促します。富裕な村は、およそ699ヘクタール大きいです。

“For us, the increase in dengue incidence is already alarming,” Matanguihan said. “But we cannot just barge into those houses which have unattended pools because we fear we could be sued for trespassing.”
「我々(発生率がすでに警報を伝えているデング熱の増加)のために」と、Matanguihanは言いました。「しかし、我々はちょうど我々が我々が不法侵入することで訴えられることができたのを恐れるので、伴わないプールを持つそれらの家に乱入することができません。」

But he said the barangay can invoke emergency powers to justify entry into houses with pools or ponds filled with stagnant water.
しかし、彼はbarangayがプールまたは池を淀んだ水で満たして家への入場を正当化するために非常大権に訴えることができると言いました。

In a separate interview, city health chief Dr. Edilinda Patac said she immediately formed an investigation team to look into the matter.
別々のインタビューにおいて、Edilinda Patac都市健康チーフ博士は、彼女が問題を調べるためにすぐに調査チームをつくると言いました。

She confirmed having heard about reports on the unattended pools which could have been a breeding ground for dengue-carrying mosquitoes.
彼女は、デング熱をもたらしている蚊の繁殖地でありえた伴わないプールについてのレポートについて聞かされたことを確かめました。

Abandoned houses
捨てられた家

“As our standard practice, we have dispatched teams of investigators not only (in Ayala Alabang Village), but also in the other barangays to verify the incidence of dengue in their areas,” Patac said.
「我々の一般の慣例のように、彼らの地域でデング熱の発病率を確かめる他のbarangaysでも以外、我々が調査者のチームを送りました(アヤラAlabangヴィレッジで)」と、Patacは言いました。

Ayala Alabang Village manager Ramon Fernandez confirmed that there were indeed houses with pools in Ayala Alabang which have been abandoned for various reasons.
アヤラAlabangヴィレッジ・マネージャ・ラモン・フェルナンデスは、家が本当に、いろいろな理由のために捨てられたアヤラAlabangでプールであることを確認しました。

But he pointed out that these select pieces of property?some foreclosed by banks or abandoned by heirs of deceased owners?are being monitored and taken care of.
しかし、彼はproperty―someのこれらの選ばれた部分が銀行によって抵当流れにするか、死亡者のowners―areの後継者によってモニターされて、面倒を見られることを捨てると指摘しました。

In a phone interview, Fernandez said he did not know about the story of unattended pools possibly now serving as breeding ground of mosquitoes, but pointed out that the village homeowners association had been aggressive in its campaign against the disease.
電話インタビューにおいて、フェルナンデスは彼がその時おそらく、蚊の温床として用いられて伴わないプールの物語を知らないで、村住宅所有者協会が病気に反対するその運動において積極的だったと指摘したと言いました。

“I don’t have any information on that,” he said over the phone. “But there are houses with no owners which are now being identified by the organization through an inventory.”
「私には、それに関する少しの情報もありません」と、彼は電話で言いました。「しかし、家が現在目録を通して組織によって特定されている所有者なしです。」

Confirmed cases
確立されたケース

The city health office has recorded 230 confirmed dengue cases in Muntinlupa from January to Sept. 20.
都市健康事務所は、1月から9月20日までMuntinlupaで230の確立されたデング熱ケースを記録しました。

What puzzled Patac was the sudden jump in the number of cases this month from the 94 incidents tallied by the end of August.
Patacを当惑させたことは、8月末までには計算される94の事件から、今月、ケースの数の突然の上昇でした。

According to data from the city health office, Ayala Alabang continued to post double-digit number of confirmed cases in the third quarter of the year, while incidence of the dengue in other barangays have started to drop this month.
都市健康事務所からのデータによると、barangaysが持つ他のデング熱の発病率が今月下がり始める間、アヤラAlabangはその年の第3四半期に二桁の数の確立されたケースを掲示し続けました。

Of the nine barangays, Ayala Alabang is situated in an elevated area, compared to others which have creeks or waterways where mosquitoes thrive.
9つのbarangaysのうち、小川を持っている他または蚊が育つ水路と比較して、アヤラAlabangは、高い地域に位置しています。

Overall, Muntinlupa continues to be the least affected among cities in Metro Manila, Patac explained, crediting this to the efforts of the city government to keep their locality as clean as possible.
全体として、Muntinlupaはメトロ・マニラの都市の間で最も少なく影響を受け続けます。そして、Patacが説明されます。そして、彼らの場所をできるだけきれいにしておく市役所の努力にこれを信用します。




本日のマカティ上空の写真は メイン ブログ フィリピン アンテナにUPします

 


ランキングサイトに登録しました、少し不調です


 








↑ココをクリックして応援下さい








Hanggang sa muli

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔