2011年06月15日

本日のフィリピンの新聞はいつもと違う


本日の新聞一面

06152011



20年前 ピナトゥボ山(ピナツボ山、Mt. Pinatubo)が噴火

フィリピンのルソン島にある火山。1991年に20世紀における最大規模の大噴火を引き起こした。噴火以前に1,745mだった標高は、噴火後に1,486mまで低くなっている。

サンバレス州・バターン州・パンパンガ州の境界上に位置し、マニラから約95km離れている。1991年までは、ひどく浸蝕を受けた目立たない山だった。密林が山を覆い、先住民アエタ族の数千もの人口を支えていた。アエタ族は、1565年にスペインがフィリピンを征服したときに、低地から山へ逃がれた人々である。

1991年6月の噴火はおよそ500年振りに起きたもので、その規模と激しさは20世紀最大級だったが、噴火のピークを予測することに成功して、周辺地域から数万人を避難させ多くの人命が救われた。しかし、周辺地域では火砕流と火山灰に加え、火山堆積物に雨水がしみこんで流動化する火山泥流が発生して、数千戸の家屋が倒壊するなど、多大な被害を出した。火山泥流は噴火後も毎年のように発生し続けている。

噴火の影響は世界中に及んだ。1883年のクラカタウ噴火以来の大量のエアロゾルが成層圏に放出され、全球規模の硫酸エアロゾル層を形成し何か月も残留した。それにより地球の気温が約0.5℃下がり、オゾン層の破壊も著しく進んだ。






翻訳してもらいます





Pinatubo at 20: Rebuilding still unfinished
20のピナツボ:まだ未完成に再建すること
By Tonette Orejas
そばに トネットOrejas
Inquirer Central Luzon
照会者中央ルソン島 3:07 am | Wednesday, June 15th, 2011
午前3時07分 | 2011年6月15日水曜日 5share49
(First of two parts)
(2つのパーツの最初)



Botolan, Zambales


YESTERDAY Photojournalists in their company vehicles race against volcanic fury when burning ash from Mt. Pinatubo threatened to engulf them in Barangay Oguec, Botolan, Zambales, in this photo nervously taken by Boy Cabrido on June 15, 1991. INQUIRER PHOTO
1991 年6月15日にBoy Cabridoによって神経質に撮られるこの写真の中で、ピナツボ山からの燃えている灰がBarangay Oguec、Botolan、Zambalesで彼らをのみ込むと脅迫したとき、彼らの会社車両のYESTERDAY Photojournalistsは火山の激怒と競争します。照会者写真



Bacolor, Pampanga—Twenty years and P50 billion later, some members of the communities devastated by Mt. Pinatubo’s catastrophic eruptions are still trying to rebuild their lives.
Bacolor、Pampanga―Twenty年とP50 10億後で、ピナツボ山の破滅的な噴火によって荒廃するコミュニティの一部のメンバーは、まだ彼らの一生を立て直そうとしています。
For 60-year-old Linda Baking and her husband, recovering from the disaster has hardly begun. Rebuilding—for them and some others—remains an unfinished task.
60才のリンダBakingと彼女の夫にとって、災害から復旧することは、ほとんど始まりませんでした。Rebuilding―forは、彼らと若干のothers―remainsです未完成の仕事。

Already, the government has spent some P50 billion for the rehabilitation of areas in three provinces wrecked by the June 15, 1991, volcanic blasts.
すでに、政府は若干のP50 10億を1991年6月15日(火山の爆発)までに破滅する3つの行政区の地域の再生に費やしました。

Yet to date, the government has not tasked any agency or created any body to take stock of successes or limitations, of lessons learned, or to measure accountability or decide future actions, an Inquirer check showed.
それでも、現在まで、政府は少しの機関にも仕事を課さなかったか、大当りまたは限界(学ばれるレッスンの)をじっくり検討するか、責任を測るか、将来の行動を決定するために少しの体もつくらなかったと、Inquirerチェックは示しました。

The Mount Pinatubo Commission could no longer be counted on. Its extended life ended in 2001.
ピナツボ委員会山は、もはや期待されることができませんでした。その延長した命は、2001年に終わりました。

Based on past documents that tackled disaster-related issues, a government evaluation appears called for.
災害関連の問題に取り組んだ過去の文書に基づいて、政府評価は、要求されて現れます。

No to dependency
いいえ依存にとって

For instance, sociologists have warned against breeding dependency so that the people themselves can participate in long-term development. Agriculturists have stressed the urgency of reviving farms and ponds for food security.
たとえば、人々自身が長期の開発に参加することができるように、社会学者は依存を引き起こすことのないように警告しました。農家は、食糧安全保障のために農場と池を復活させることの緊急性を強調しました。

Agrarian reform advocates favor land distribution. Some institutions have called for genuine integration of disaster management in development planning.
土地の改革は、支持ランド配布を主唱します。若干の制度は、開発計画で災害管理の本物の統合を必要としました。

In the absence of any official assessment by the government, the Inquirer turned to farmers, Aetas and local leaders for answers. It also asked the National Economic and Development Authority and the Department of Public Works and Highways for a report on interventions and their impacts.
政府によるどんな公式評価がない場合でも、Inquirerは農民、Aetasと地元のリーダーに答えを求めました。それも、経済開発庁とPublic WorksとHighways部に干渉と彼らの影響についてのレポートを求めました。

Taking a gamble
ギャンブルをすること

botolanZambales


TODAY The photojournalists who outraced death while covering the eruption of Mt. Pinatubo 20 years ago returned to Barangay Oguec, Botolan, Zambales, on Monday and came upon this bucolic scene of farmers driving their carabao-drawn carts across a shallow expanse of water, the same spot where the photograph above was shot on June 15, 1991. BOY CABRIDO/CONTRIBUTOR
20 年前ピナツボ山の噴火を報道することがBarangay Oguec、Botolan、Zambalesに戻って、月曜日に、水(上の写真が1991年6月15日に撮られた同じ点)の浅い広がりの向こうに彼らの水牛を引かれたカートを運転している農民のこの牧歌的な場面を襲う間、死をoutracedしたTODAY Theフォトジャーナリスト。男の子CABRIDO/一因
The Bakings said they were “barely starting” with recovery.
Bakingsは、彼らが回復で「かろうじて、始まっている」と言いました。

Last year, they moved back to Barangay Talba in Bacolor town to resume farming on a 4-hectare land they obtained through agrarian reform before the 1991 eruptions. They left a house the government had given them at a resettlement site in Madapdap, 40 kilometers from Talba, turning it over to their three children, who work as laborers and pedicab drivers.
昨年、彼らは彼らが1991年の噴火の前に土地の改革から得た4ヘクタールの土地で耕作することを再開するために、Bacolor町にBarangay Talbaへ戻りました。彼らは、Talbaから40キロメートルで、政府がMadapdapで移住サイトで彼らに与えた家をそれを彼らの3人の子供たちに引き渡しているままにしておきました。そして、その人は労働者と輪タク・ドライバーとして働きます。

The Bakings are taking a gamble because rice farming is not suitable on land covered with lahar, or volcanic mudflows.
米栽培がラハーまたは火山の泥流でおおわれている土地で適当でないので、Bakingsはギャンブルをしています。

Lands in Talba are not very fertile, said Alejandro Nuqui.
Talbaの地面はあまり肥沃でないと、アレハンドロNuquiは言いました。

Village at risk
危険にさらされたヴィレッジ

The Bakings and the Nuquis are among the seven families now living in Talba. Some 4,000 other families still live in resettlement sites located in urban areas, Nuqui said.
BakingsとNuquisは、現在Talbaで生きている7つの家族の一つです。約4,000の他の家族はまだ、市街化区域にある移住サイトに住んでいると、Nuquiは言いました。

The village remains at risk. The dike is made only of sand and some 100 meters on its stretch have not been plugged.
村は、危険にさらされているままです。防壁は砂だけでできています、そして、その範囲の上の約100メートルは栓をされませんでした。

“At least we have a land to till. In Madapdap, we hardly got by. We hope life is better here,” Baking said.
「少なくとも、我々は耕すために、土地を持っています。Madapdapに、我々はほとんど通りませんでした。我々は、生命がここでよりよいことを望みます」と、Bakingは言いました。

“We haven’t bounced back. There has been no good source of income,” Nuqui said. “[Rebuilding] isn’t over yet.”
「我々は、立ち直りませんでした。良い収入源がありませんでした」と、Nuquiは言いました。「まだ終わっていません[再建する]。」

Absence of livelihood
生計の欠如

Benigno Tolentino and his wife Clarinda share the same sentiment.
ベニーニョ・トレンティーノと彼の妻Clarindaは、同じ感情を共有します。

Tolentino, 72, believes the rebuilding process for farmers like him has been delayed by the “absence of livelihood and farmlands in resettlement areas and little help from government.”
トレンティーノ(72)は、彼のような農民のための作り直している方法が「移住地域の生計と農地の欠如と政府からのほとんど援助でない」によって遅れたと思っています。

Old-timers at the Department of Agriculture said the government should not be blamed. They said helping farmers in danger zones was like encouraging them to stay there.
農務省の古参者は、政府が非難されてはならないと言いました。彼らは、危険地帯で農民を助けることが彼らがそこにいるのを奨励するようであると言いました。

The Tolentinos left the Bulaon resettlement site and returned to Barangay Duat 10 years ago. By doing so, they moved closer to danger because Duat is near the transverse dike of the FVR Megadike.
TolentinosはBulaon移住サイトを去って、10年前、Barangay Duatに戻りました。そうすることによって、DuatがFVR Megadikeの横の防壁に近いので、彼らは危険に近づきました。

The government built the U-shaped, 56-km dike to trap lahar within the Pasig-Potrero River and prevent this from spilling to the Pampanga capital of San Fernando.
政府は、Pasig-Potrero Riverの中でラハーを罠にかけて、これがサンフェルナンドのPampanga中心地にあふれるのを防ぐために、U型の、56kmの防壁を建設しました。

The dike slows the flow of water and lahar downstream.
防壁は、水と下流のラハーの流れを遅らせます。

Clarinda, 69, likes it in Duat because her family has a steady supply of vegetables to eat and sell. She also maintains a small store there.
彼女の家族が食べて、売るために野菜の安定した供給をするので、Clarinda(69)はDuatでそれに合います。彼女も、小さな店をそこで維持します。

Bacolor situation
Bacolor状況

But Pedro Garcia, 72, could not return to grow rice in Duat. The eruptions stalled agrarian reform in the town, preventing him from owning the 4 ha he had tilled for 30 years.
しかし、ペドロウ・ガルシア(72)は、Duatで米を栽培するために帰ることができませんでした。町で噴火引きとめる土地再分配論者改革、4つを所有することからの彼を防ぎますは、彼は30年の間耕しました。

Most landowners rent out their plots to big-time sugarcane growers.
大部分の地主は、トップクラスのサトウキビ栽培者に彼らの計画に対して賃貸料を課します。

Bacolor has not totally recovered, said former Pampanga Board Member Nilo Caballa.
Bacolorは全く回復しなかったと、前Pampanga取締役Nilo Caballaは言いました。

“Much of the population is still dispersed in resettlements,” Caballa said.
「人口の多くは、再和解でまだ分散します」と、Caballaは言いました。

“We were agricultural-based before so many tenants are unsure of their tenure in big tracts of lands. The big landlords are absent. Many (tenants) don’t have money to grow crops or fish. Many are already old. There are few jobs in the town.”
「それほど多くの入居者が地面の大きい広がりで彼らの保有権で自信がない前に、我々は農業だったベースでした。大きい主人は不在です。多く(入居者)は、収穫または魚を育てる金を持っていません。多くの人々は、すでに年をとっています。ほとんど仕事が、町にありません。」

Caballa is leading campaigns to save Bacolor from being consigned as a catch basin of lahar to save San Fernando, the commercial capital.
Caballaは、サンフェルナンド(商業的な首都)を救うラハーのごみどめとして引き渡されることからBacolorを救うための運動を導いています。

“On a scale of 1 to 10, Bacolor is just 4 insofar as rebuilding is concerned,” he said.
「1〜10のスケールで、再建することが関係する限り、Bacolorはちょうど4です」と、彼は言いました。

Aetas still poor
まだ劣った年代

Living next to sources of opportunities, such as the Clark Freeport and the Clark Special Economic Zone (Sacobia subzone), does not guarantee that a community can return to a normal life or do better, according to Aeta elders.
Aeta年上によると、機会(例えばクラーク・フリーポートとクラークSpecial Economic Zone(Sacobia小一区分))の起点の隣の生活は、コミュニティが通常生活に戻ることができるか、よりうまくやることができることを保証しません。

Juan Tanglao, 70, and Nenita Sibal, 65, said they remained poor although the lands in Clark were within their ancestral domain.
ファンTanglao、70とNenitaシバル(65)は、クラークの地面が彼らの先祖の領域の中にあったが、彼らが貧しいままだったと言いました。

Clark Development Corp. (CDC) gives them little help and is a party to their displacement, they said. The CDC charter allows it to develop the 4,400-ha main zone and the 35,000-ha Sacobia subzone.
クラーク開発社(CDC)は彼らにほとんど援助をしないで、彼らの置換の関係者であると、彼らは言いました。CDC憲章は、それが4,400-ha主な地帯と35,000-ha Sacobia小一区分を開発するのを許します。

CDC officials complain of difficulty in negotiating with Aetas either because they are not united or unable to articulate well what they want.
彼らは団結しないか、彼らが何を望むかについてよく明瞭に表現することができなくないので、CDC当局はAetasとも交渉することの困難について不満を言います。

Ancestral domain
先祖の領域

Aeta elder Juanito Laxamana, 72, said Congress had not settled the issue of whether Clark, a former US military base, was an ancestral domain of the Aetas.
Aeta年上のフアニトLaxamana(72)は、議会がクラーク(前の米国の軍事基地)がAetasの先祖の領域であったかどうかの問題を解決しなかったと言いました。

“While the [National Commission on Indigenous Peoples] gave us a title to over 10,000 ha [in Sacobia], some 70 percent of lots are now titled to lowlanders and the lands are being leased by the CDC to foreign and local investors,” Laxamana said.
「[Indigenous Peoplesの上のナショナル・コミッション]10,000以上へのタイトルを我々に与えましたは、多くの約70パーセントは現在低地の人にタイトルをつけられます[Sacobiaで]、そして、地面はCDCによって外国で地元の投資家に貸されています」と、Laxamanaは言いました。

Aetas who are organized appear to have fared better.
組織される年代は、よりよくいったように見えます。

Mounting the most organized evacuations from Botolan ahead of the 1991 eruptions, the Lubos na Alyansa ng mga Katutubong Ayta sa Sambales (Lakas) has also built consensus on where the tribe must resettle.
1991年の噴火前にBotolanから最も組織化された避難を開始します、ルーボスna Alyansang、mga Katutubong Ayta sa Sambales(ラカス)は、種族が移住しなければならないところの上に、コンセンサスも築き上げました。

From there, they began a campaign to get a certificate of ancestral domain title for 15,998 ha, including the summit of Pinatubo.
そこから、彼らは15,998のために先祖の領域タイトル証明書を得るための運動を開始しましたはピナツボの頂上を含む。

Issued last year, the certificate covers four villages on the upper flanks of Pinatubo in Botolan town and portions of Cabangan, San Felipe and San Marcelino towns. The domain is reserved for 1,302 families or 4,370 Aetas.
昨年出されて、証明書はBotolan町のピナツボの上の側面とCabangan、聖フェリペとサン・マルセリーノ町の部分の上で4つの村をおおいます。領域は、1,302の家族または4,370のAetasのために予約されています。

They have warded off ecotourism projects by Koreans to preserve the lands for younger Aetas, said Lakas chair Carlito Domulot.
彼らはより若いAetasのために地面を保存するために韓国人によって環境志向の観光プロジェクトを防いだと、ラカス椅子Carlito Domulotは言いました。

But the few resources they have make efforts to recover from the 1991 eruptions a “mammoth task,” he said.
しかし、彼らにはある少ない資源は1991年の噴火から「巨大な仕事」を取り戻す努力をすると、彼は言いました。

At mercy of traders
トレーダーの慈悲で

Those in Capas, Tarlac, appear to be using well the resources that Pinatubo’s blast left in its wake.
Capas(Tarlac)のそれらは、上手にピナツボの爆発が跡に残した資源を使用しているように見えます。

Some 500 men and women, many of them Aetas in Barangay Sta. Juliana, work as guides, porters and masseurs to tourists. Others earn a living gathering pumice stones for jeans manufacturers.
約500男性と女性、彼らの多くが、Barangay駅の年代ですジュリアナ、観光客のガイド、ポーターとマッサージ師として働いてください。他は、ジーンズ・メーカーのために軽石を集めている生計を立てます。

Their stay in the Pinatubo forests is uncertain owing to the designation of the place as a military reservation and its reuse as a bombing range by American military forces.
軍の予約と爆破としてのその再利用がアメリカの軍隊によって変動して、ピナツボ森での彼らの滞在は場所の指定のために不確かです。

Many Aetas have left the resettlement areas for the uplands to grow food and cash crops again.
多くのAetasは、再び食物と換金作物を栽培するために、移住域から高地へ向かいました。

“The Aetas, up to now, are so poor. We are still at the mercy of traders who dictate the prices. The ancestral domain is still not ours,” tribal leader Nelson Pangilinan said.
「Aetasは、今まで、とても劣っています。我々は、まだ価格を口述するトレーダーの意のままです。先祖の領域は、まだ我々のものでありません」と、部族指導者ネルソンPangilinanは言いました。

(Thursday: Zambales left out in Pinatubo rehab)
(木曜日:ピナツボ・リハビリにおいて無視されるZambales)



本日のマカティ上空の写真は メイン ブログ フィリピン アンテナにUPします



リンクは速くしないと、切れちゃいますよ

 


ランキングサイトに登録していますが不調です 





にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村





↑ココをクリックして応援下さい








Hanggang sa muli



jazzxpz at 13:50│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔