今回の話は動詞の活用その2です。

活用そのものの話に入る前に、「活用の種類」と「活用形」の違いについて話しておきましょう。
意外と混同している高校生も多いので、ここできちんと区別しておきます。

活用の種類とは、活用の仕方によってカテゴライズ(分類)したものです。
つまり、動詞、形容詞、形容動詞は様々に活用しますが、活用の仕方の特徴によって分類したもの、それが「活用の種類」です。
一般に「~活用」の形で表されます。

活用形とは、活用した後の単語の形を表す言葉です。
一般に「~形」と表されます。
ここで、活用形の識別の仕方も説明しておきます。
活用形には、未然形/連用形/終止形/連体形/已然形/命令形の6つがありますが、以下に識別の方法をまとめておきます。

未然形:活用語に「ず」をつける。
連用形(用言に繋がる形):活用語に「て」をつける。
終止形(文末に現れる、基本形とも言う):言い切りの形(ウ段)にする。
連体形(体言=名詞に繋がる形):活用語に「時」をつける。
已然形:逆説の接続助詞「ども」をつける。
命令形:大抵の場合已然形と同じ形になる。
※已然形の識別に関して、「ば」をつける、と教えられる場合があると思いますが、これはあまりオススメしません。古典には、「ば」の助詞が接続する形として「未然形+ば」と「已然形+ば」の二つがあり、必ずしも「ば」という助詞が已然形に接続するとは限らないからです。

例も挙げておきましょう。
例:ハ行四段活用「食ふ」の場合。
未然形:食は(食ふ+ず=食はず)
連用形:食ひ(食ふ+て=食ひて)
終止形:食ふ
連体形:食ふ(食ふ+時=食ふ時)
已然形:食へ(食ふ+ども=食へども)
命令形:食へ

例を見ても分かると思いますが、動詞(厳密には形容詞や形容動詞も同様に)には活用する部分と活用しない部分があるのに気づくと思います。
活用しない部分を語幹(「食ふ」の場合、「食」の部分)活用する部分を活用語尾(「食ふ」の場合、「ふ」の部分)といい、活用表を完成させるときには、語幹と活用語尾は区別して表記します。

前置きが長くなりましたが、以上が動詞の活用を押さえる上での基本になります。

では、いよいよ活用の話に入っていきましょう。
動詞の活用は、大きく分けて〈正格活用〉と〈変格活用〉に分かれます。

〈正格活用〉…四段活用/上二段活用/下二段活用/上一段活用/下一段活用
〈変格活用〉…カ行変格活用/サ行変格活用/ナ行変格活用/ラ行変格活用

同じ〈正格活用〉でも、四段活用/上二段活用/下二段活用と上一段活用/下一段活用とは区別しておく必要があります。
上一段活用と下一段活用は、特定の単語しかないからです。(逆に四段活用~下二段活用は数え切れないほどあります)
〈変格活用〉は、やはり特定の単語しかないので暗記してしまいましょう。

-特定の19語-
上一段活用:干る(ハ行)、射る・鋳る(ヤ行)、着る(カ行)、似る・煮る(ナ行)、見る(マ行)、居る・率る(ワ行) ※1 「ひいきにみゐ・る」で覚えましょう。 ※2 「射る・鋳る」はア行ではありません。理由は、一応あるのですが、これを話し始めると日本語の音韻史にどっぷりとはまってしまうのでここではお話しません。
下一段活用:蹴る(カ行)
カ行変格活用:来(く) ※「来る」ではないので要注意
サ行変格活用:す、おはす
ナ行変格活用:死ぬ、往ぬ
ラ行変格活用:あり、をり、はべり、いまそかり(いまそがり)

この特定の19語は、次回お話しする「動詞の活用の識別」において非常に重要な役割を果たします。
必ず頭に叩き込んでおいてください。

さて、以上のことを頭に入れた上で、次回は「動詞の活用の識別」のお話をします。

(関連記事)
古典文法-動詞の活用①
古典文法-動詞の活用③