2017年08月

すでに投入済みのこの子は枝打ち個体で土台無しのエダイボサンゴ。私感ではとても丈夫です。

ライブロックとの接着部分とカットされた部分の成長が楽しみです。


フラグ活着スターポリプは砂に挿しています。毎日マガキ貝がぶつかって倒していきます。やめれ(笑)
フラグの横に巻いてきてかわいい新芽も咲いてます。


キイロタカラ貝はバリア引っ込めてるときは美しいね。
あまり役に立たないけど^ ^


どうやって降りるの?
まあ解りきってるよ。


ふっ(笑)


ミドリイシの再投入は10月の予定。
今月はアクアに使える資金はないので
変化があれば更新するかも。
徘徊&コメントはして回りますのでよろしくお願いします。

こんにちはNMGのSAMですウィッシュ!

昨日に続きまして今回のテーマはSPS初心者がベルリンシステムで低栄養塩環境を作るです。
SPSの飼育では最低限この低栄養塩の水が必要になります。
私が行なった方法を順に記していきましょう。

レッドシーの人工海水の素で海水を用意する。
早く嫌気バクテリアが湧くように水槽の底にバクテリア剤を入れる(海水を注入すると浮遊して意味が無いかもしれません)
カリブシーのライブアラゴナイトサンドSPグレードを厚めに敷く。
リン酸吸着材をウールマットの上にセットする。
用意した海水を満たして水槽を回す。
CPファームのライブロック、プランクトンパックとゴカイを入れる。
水流ポンプで底砂が適度に動くように水流を当てる。同時に水槽内で水の淀みが無いようにする。
アンモニア水を一日置きに数滴垂らす(1週間程度で打切り)
時折レッドシーの硝酸塩プロテストキットで水質検査する。

たったこれだけです簡単です。
3週間で硝酸塩が消えました。底砂を厚めに敷くのがベルリンシステムの特徴ですが、砂の面積が狭いのでなるべく厚くなるよう意識して9kgを使ったところ厚さ8cmになりました。
5cmあれば嫌気バクテリアは繁殖するみたいですが、アラゴナイトサンドはミネラルが溶けやすく減っていくらしいのでそれを考慮した結果でもあります。



硝酸塩が消えたらSPSの部類でもミドリイシより若干、飼育難易度が低いコモンサンゴを入れて飼えるかどうかテストしましょう。コモンサンゴが元気に飼えたらミドリイシへステップアップです。
私は今の水槽でミドリイシは失敗しています(//∇//)

CPファームに確認したところ、ゴカイの寿命は1年くらいだそうです。
水量と何匹必要かを考慮して1年後に追加しましょう。海道には3匹入れました。
プランクトンパックや生きている天然海水もたまには使いましょう。ベルリンシステムの濾過サイクルがだいぶ維持し易くなるはずです。

ここまでどうでしょう?解り難いところはありませんでしたか?
間違いに気づいたら随時訂正していきますね。ベテランキーパーさんからの訂正やツッコミ大歓迎です。

私のブログを読んでSPSへチャレンジしてくれたら嬉しいです。マリンアクアリウム人口が増えたらいいなあと思っています。

こんばんはNMGのSAMです。
小型水槽でSPSを年単位で飼育するのが目標です。
今回のブログ内容はあくまでも私のようなSPS初心者の方、ベルリンシステムを用いて少ない資金で運用したい方に向けた情報発信ですので、ベテランアクアリストさんはこれからも引き続きアドバイお願い致します。

SPSの飼育はオーバーフロー水槽で100L以上が定説になっているはずです。
ご存知のように魚メインでも水量が多いほうが良しとされています。
特にSPSの飼育に於いて最も重要なのは、水質の安定だとアドバイされたことがあります。この水質の安定を小型水槽で維持するのは難しいとのこと。
これについては繰り返しの質問をしていないので、水質の安定というのがイマイチ理解できていません。
おそらくSPSが成長する為に求めるKH、Mg、Caのパラメータを一定にすることだろうと捉えています。だとすれば水換えの頻度を増やせばこの三項目のパラメータだけは一定にできるでしょう(人工海水の銘柄に注意)




ミニミニさんのZENI-NAIYOと被りますがお金をあまり使わないでSPSを楽しみたい人を応援したいです。

過去にこの本を参考に勉強しようと思って買いました。この内容では謎解きでしかありません。ベテランで金持ちの趣味だと痛感しました。


私が立ち上げまでに要した経費とタンクデータを公開します。

水槽 35,000円
カミハタ海道システム、背面オーバーフロー、プロテインスキマー内蔵、ライトスタンド付属、水量36L

水流ポンプ 40,000円
ボーテックMP10、エーハイムコンパクトポンプ300

メイン照明 35,000円
カミハタ メタルハライドランプ、ファンネルラッキー70W、20000K(本体廃盤)
この照明でコモンとエダイボは飼育できています。ミドリイシには光不足かもしれません。これの交換球はまだまだ買えますがメタハラなら150Wのスーパークールかシエロが安心でしょう。

夜間照明 6000円
MMC ルミネス7ブルーLED7W

クーラー 30,000円
ゼンスイ ZC100

CPファーム プレミアムライブロックLサイズ、同社プランクトンパック、ベントスパック(ヤドカリと二枚貝は省いて貰いました)カリブシー ライブアラゴナイトサンドSPグレード9kg 25,300円(送料込)

バクテリア 1,500円
GEXサイクル、シーケム スタビリティ

人工海水レッドシー、美ら海熱帯魚の天然海水 4,900円

まえまえから持っていた物と新たに購入した物もありますが立ち上げまでに必要な資金は私の場合177,000円でした。
添加剤の数種類は敢えて省いてます。
シーケムのリン酸、ケイ酸吸着材の価格は忘れたので記載しませんm(_ _)m
機材等はオークションで安く済ませるのもコツですね。水槽はオーバーフロー30cmハイタイプが良いと思います。
工作が得意な方は自作も良いでしょう。
小型で一緒に楽しみませんか?^ ^

おっと!またカニを発見!
ライブロックの上部からユラユラと降りてきたよ。
この子よりもっと大きい子を見たので最低でもカニは3匹暮らしてます。どうやら夜行性で草食性が強いみたいです。


ゴカイは砂の中の通水を確保したりデトリタスを嫌気バクテリアへバトンタッチする役割をしてくれます。ベルリンシステムでは重要な存在でしょう。


タカラ貝もタンクメイトに追加


こちらシュリンプの生きている天然海水と同等でしょう。沖縄県から宮城県へ翌日の午前中に届きました(20L)
ライブロックの活性化には必要だと思っています。


ミドリイシ入れてみました。3日間まったくポリプ出してくれない。白化しなかったけどアノ匂いがしたので退場です。
ごめんよ。


コモン系は調子良いですよ。




インスタで海道程度の水量でSPSの飼育してる人を見つけた。光量大丈夫か?




マリンアクアリウムはお金を使いますよね。SPSを飼育しようものならもっとお金が必要です。
SPSは敷居が高くお金持ちの趣味です。詳しい飼育法が公開されることはまずありません。
国内でも小型水槽でチャレンジした方々のブログを見てきましたが更新が止まったままです。
知識豊富で初心者に優しいショップが近隣に無い人の為に、今後タンクデータや経費を公開しますから、マリンアクアリウムにあまりお金を使えないけれど、どうしてもSPSの飼育をやりたいんだという人を応援します。
一緒にやりましょう^ ^

宮城県をPRする動画に批判が殺到しているらしいので早速チェックした。



妄想が膨らむ画だよね。

亀の頭をなでなで。

これは完全にアウトだ。制作過程で誰もヤバイと感じなかったのかい?
亀の頭(笑)がフルボッキしとる(笑)

壇蜜さんは秋田県民なのにどうして起用したんだろう。オレの親戚、富田麻帆にオファーしてやり直し!

↑このページのトップヘ