いちゃりばちょーでー

クライマーJのクライミング日記です。 タイトルは沖縄の方言で 「出会えばみな兄弟」という意味です。 クライミングは京都で始めました。 神奈川在住です。 茨城出身です。

最近2

3/19はフクベの下流エリアへ

残念ながら心眼は捉えられなかった

何となくムーヴは決まってきていたが、今となっては朧げな記憶しかない


Hさんの左サイドをとってから右手サイドガバに寄せる動きは出来ず、左手でガバをギャスで取るムーヴが良さげだった、気がする

そして一手目はオガッチ共々出来ずに終わった


H、恐るべし


そこからmishkaがシンバを登ったとの報告を受け、迎えに行き

再び下流エリアへ戻り、不知火 三段をトライ

これは昨年のGWに、左肩の肉離れにより泣く泣く敗退した課題


思い切って一手目を止めに行ったらスタンガンに打たれたような衝撃が左肩に走ったのを覚えてる


昨年にほぼほぼムーヴはバレていたので、真剣に一撃を狙う


が、あえなく落ちた


どうにか次のトライで完登


フクベでもトップクラスにカッコイイ三段やわ



因みに"ほぼほぼ"とは"実質"という意味であると正統派ブログの著者も述べている


使い所としては、核心以外のムーヴで一部確認してないとき、「まぁあそこはやれば出来るやろ」的な感覚があるときに使う


または怪我をしてて力を込めることは出来ないけども「距離は出せるし掴めばいいだけだから、ムーヴはバラせたも同然」という気持ちがあるときか


そして単純に「敗退した」よりも「ムーヴバラせた」と言いたいときである


あとは"ほぼほぼ"も"実質"の使い訳はブログがオフィシャルな文章かどうか


当たり前とでも言うようにオガッチも登り、無事男子勢は全完、ラメントへ移動する


「一生無理」宣言をしたこの課題、取り付いたときは正直ノリ気じゃなかった


しかしトライするたびに左手の指がしっかりとガバに入るようになり


時折Kenshinに肩甲骨を押してもらいながらトライを続ける


ふとしたとき、遂に4本の指がガバに入った


ムーヴがほぼほぼバレたことでスイッチが入り


さらに繋げトライでも核心を突破する

完登は目前となる


が、この日はまさかの上部落ちを犯した


上も結構悪いやんけ


ほぼほぼという言葉の危うさを身をもって痛感しつつも、確かな手応えとともに最終日に狙いを定め、帰宅


夜は岩盤浴でしっかり疲労を抜きつつ


3/20

フクベ最終日、まずはオガッチのメインガトライを応援

自分は同じく「一生無理」宣言をしたハッチをトライ


ひたすら一手目に費やした結果、一度だけカチを通り過ぎ、可動域圏内にホールドが入ったことを確認するも、結局一手目は止まらず


メインガ上部落ちで惜しくも敗退したオガッチと合流し、ラメントへ


上部を確認したあと、ひたすらスタートからのトライ


4本の指がしっかりと入ることは中々なく、焦りを感じ始めたころ、遂に4本でガバを捉え


足を上げきってからは得意な領域、そこからは最後まで振り絞り


上部も気合で乗り越え







完登!


本気で嬉しかった


登れると思ってなかった


瓢ヶ岳のどの四段よりも嬉しかった


しかし残念なことがある

これは現在執筆中の話だが

この嬉しさをしっかり書こうと思うと原稿用紙がビブラムソールの厚さくらいになるところ

それを必死に要約し、どうにか2mmくらいまでに薄めた文章が




消えた




もうライブドアブログ何やねん



スーファミくらい信じられへんわ



世界滅んだ直後にデータ飛んだFF6がフラッシュバックした



なんかもう



アドセンスも付けられへんし 


極め付けにYouTubeの動画を貼り付けても反映されなくなってるし


引っ越しの時期か、、、



とりあえず、「どの四段よりも嬉しかった」ことと「ツアーメンバーのおかげで登れた」ってことを伝えたかった気がする


ありがとうオガッチ、Kenshin,mishtam


そして

現在WCで活躍中のオガッチとツアーして


つくづく「俺ってクライミングセンスないんだな」と思ったことを書いていた


これは2017ジャパンカップで解説に現れたNobuさんによるエピソードで


世界ランク2位のココロくんが、オガッチの登りを見て「俺ってクライミングセンスないわ」と呟いたエピソードからも有名であり


世界ランク2位ですらそう感じるのだから、今更俺が呟いたところで「そんなん知ってるわ」と思う人が殆どだろうし


もはやオガッチをしてクライミングセンスを計ることが烏滸がましい行為かもしれない



とはいえ自分もクライミング歴10年目に突入し、それなりにクライミングに打ち込んで来た経歴もある上に、応援してくれてるメーカーもあるので「クライミングセンスないんです」なんて言ったところで何もメリットはない


しかし、最近ハマっているブログが、この心境を物の見事に浮き彫りにした

そのブログが


「真顔日記」なるブログである(勝手に引用してます)

このブログの中の

B'zの稲葉と同居しても自分は歌がうまいと思えるか?

という記事である



まさにこれ

というか、表現が秀逸過ぎる


Dog Woodをホームジムとした時から、オガッチがスタッフに入ったときから、もはや「ピンチが得意」など言えないのである


いたいけな少女の手を握るように130度壁のファッティファットピンチを握るオガッチ。そのさりげない動作一つで「俺のピンチ好き」の自負心は崩壊する


どう考えても俺にあのピンチをあそこまで優しく扱うことは出来ない


岩場であった人に「どんだけ持ててるんすかー」と言われる度に、オガッチが脳裏を過ぎり、心の中で泣きながら「握るしか出来ないんでー」と答えるオレ



、、、とかそんなことを書いていた


とりあえず伝えたかったことは、mikipediaといい「Ueda」という名前の人は面白いブログ書くなーってことと。「クライミングが好きっていう気持ちが何よりも大事なんだ。うまいへたの以前にね。君はクライミングが好きなんだろう? それならいいじゃないか」ってことかな。

最近

最近というか、最早2017上半期ダイジェストくらいのノリ

BWC盛り上がりましたね!

ってちゃんと見てないけど

予選は飯田市のコメダコーヒーで観戦

本当はツアーの準備をする予定やったのに中継を見たりしてたらダラダラと時間が過ぎてしまった

準決、決勝は瑞牆で岩を登りながらもチョコチョコリザルトだけチェック

日本人が強いのはもちろんだけど、個人的には若手でガンガン活躍してる選手より、自分より年上だけどまだまだ現役で戦ってる選手を応援してしまう


ガジマルさん、中野さん惜しかった!


アッコさんの完登にもテンション上がった!


自分はといえば生活倦怠期に入って、世界一周に向けての準備や健康保険申請などの生活に必要な諸手続きすらろくに進んでなかった


反省やわ


とりあえずグダグダとして書いてなかったクライミングの記録をまとめておきたい


多分2/18,19のトヨタくらいから書いてないと思うけど、最早記憶にすらない
覚えてるのは奇抜なメガネかけたイケメンがいたことくらいか



とりあえずシャンバラには敗退した

ランジすら止まらなくなり、まさかの後退

ドツボに嵌ってるわー

そこから梟城址へ行った気がする


梟城址にまだまだ色んな岩も未登ラインもあってまた行きたくなる場所やった

王道のインペリアル



10個くらい動画上がってる

Bose 二段のラインがよく分からず、しかもトポの写真のスタートで頑張ってた気がする

2/25,26もトヨタへ

前回書いた通り

黄泉がえり G 初登

人柱や屍も登った

この辺も名作だらけ

3/4,5は岩探しだったり、グラビティのセットだったり

で、翌週がTNFC+赤城山

そして3/18-20はDWメンバーでフクベへ

まともなコンディションでフクベ来るのホンマにいつぶりか分からん!

初日の3/18は世界睡眠デー

何故この日かは知らないけど、世界睡眠学会が定めた日らしい

そしてWCで絶賛活躍中のオガッチがフクベで無双する日でもある

余談だが睡眠デーは年に2回、春と秋にあって、秋の睡眠デーは9/3である

9(グッ) 3(スリ)の語呂合わせらしい

余談である

オガッチが夜陰四段をサックリ登るところから一日は始まる

ブラインドヒールフックにかなりハマったけど、勢いをもらって自分も完登

修士二回のときにムーヴバラしてから三年半越しの完登で、かなり嬉しかった



あとはKenshinとオガッチのメインガのトライを見学して、夕方イコンへ

ここだけ別風景や

極寒やった

1時間だけのトライと決め、敗退色濃厚だったラスト10分でいきなりオガッチがコツを掴み完登

オガッチ曰く持ち方一つで劇的に変わると

いや、コツものなのかこれ??


またここもいつか来なくては


疲れたのでこの辺で

モディオダール

まさかの下書きを書き始めてから一年越しの更新

,,,存在を忘れかけてた


2016年3月くらい、特発性過眠症について書いたら、思いの外色んな人からご心配のメッセージいただきまして

http://blog.livedoor.jp/jclimbing/archives/2016-03.html

とてもありがたいことです


寝落ちを単なる怠惰、油断と捉えない社会になって欲しい


、、、と、思う反面、サラリーマンのときを振り返れば、週末早起きしてがっつり岩登って夜帰ってきて、月曜朝から会議じゃそら眠いわ! 

って突っ込まれたら何も言い返せないところで

以前の記事は、自分が寝落ちすることの言い訳じゃなくて、「こんな病気があるよ」っていう単なるご紹介程度に捉えてもらえるとありがたいです。


で、今更ながら前回記事の続編的なところで、次の3点について書いていこうかと


俺もそうなんじゃね?って話もたくさん聞いたんで、参考にでも。



1、検査入院について

2、診断書作成の話

3、特発性過眠症を抑える薬について


まず検査入院についてだけど、睡眠専門の病院に行って、面談して、検査入院の日を決めて、あとは前回書いた通り、身体中に沢山計測器を付けて就寝します。

自分の場合はだいたい19:30に病院に行って、途中シャワー浴びたり、検査の説明受けたり

そして、21:00くらいに就寝


なんだけど、ここで一番言いたいのは


検査費が高い!!


自分が受けたところで35,000円。
内訳見たら、11,000円くらいは宿泊費

ま、結構アメニティ揃ってたし、都内ならそんなもんなのか、、と思ってしまうけと

とにかく、35000円もかかるのか、と何か馬鹿馬鹿しく感じてくる

とはいえ「寝てる間も給料発生してるんだよ!」といった指摘も多々受けたので、その金を返す気持ちで受けました


「みんな寝てる間に働いてても給料発生してなかったよ!」って言い返してやりたかったけど。。。


「寝てる間も〜」のロジックには釈然としないところが多かったけど、ひとまず置いといて



測定器は座った状態で頭周りに色々つけていく。木工ボンドみたいなものでどんどんつけていく。

そのあと、寝っ転がって喉周りなど、測定器をつけていきます。睡眠時無呼吸の傾向を測るのだとか

あと腰回りも何かつけてたけど、喉周りに測定器つけたあたりで寝落ちしたんで、あまり覚えてない。

一瞬意識も戻って、部屋から出て行く看護師さんの後姿を見たのが最後の記憶やった

6:30頃起床

シャワー浴びて、ボンドみたいな接着剤を頑張って落とす

7:00くらいに初期診断を受けて終了

初期診断はとれたての生データを見ながら話す。詳細な解析結果が二週間後くらいに出てくる。

しかしながら、睡眠潜時0秒なので、この時点で病気だろうと内定をいただく


そんな感じで検査入院は終了します


何だかんだ貴重な体験だった


2.診断書作成の話

診断書書きますか?と言われて、俺としては証拠書類になると思ったので、迷うことなく作成をお願いしました

ここでも作成費に5000円くらいかかるとか。つら。

と、ここで睡眠時無呼吸症候群についてはどうしますか?と確認が入る

というのも、自分は軽度の睡眠時無呼吸症候群なのだが

この症状は1分間に何回呼吸が止まるのか、ということで判断するらしく

正常な人が1〜15回、30回を越えると所謂睡眠時無呼吸症候群

で、俺は22回

診断書に書くかどうか選べるとのこと

ここで俺は、「この際病気なんだから」、と思って書いてもらったけど、これがホントに浅はかだった

処世術がなってなかったですね。大人とはこうするのかと

後日、上司に報告した際に、なにやら理解が怪しい方向に動いていく

「まずは睡眠時無呼吸症候群を治していかないとね」と、、、


いやいやいやいや!!


関係ないのだけど、、、


いや、関係あるかもしれんけど。睡眠時無呼吸症候群とか、過労とか、色んなものが最終的に「特発性過眠症」という結果に結びついているのかもしれないけも、


もっとちゃんと言えば「睡眠潜時 0秒」という結果に結びついているのかもしれないけど


「特発性」というの医学的には「原因不明」という意味だと伝えたものの、何か勢いに負けて理解が怪しいまま話は進む


とりあえず、「寝落ち」が不可抗力であり、平均と比べて耐性が弱いことも伝えられた気はするけども


純粋に「特発性過眠症」のせいだと報告するには睡眠時無呼吸症候群のことは診断書から省くべきだった

医者も関係ないって言ってたし

蛇足とはよく言ったもんやわ

ま、今となればどうでもいいし、自分としては勉強になったからいいか



ただ1,2を通して言いたいのは、「特発生過眠症」という診断書を獲得するのに、金銭的にも結構負担がかかってるということ

さらに会社に報告することはリスクもあって、会社側も営業車の運転をさせれなかっただろうし、


もしまた企業就職するとして、「何か病気患ってますか?」って聞かれてダンマリも出来ない


または黙っておいて、仕事中に寝落ちして、あとからバレるリスクもある


他にも調べれば、睡眠障害を認めると生活に色んな支障が出てくるんだけど、



代わりに手に入るのは診断書と内服薬



特発生過眠症の記事を書いたときによく「俺もそうなんだよね!病気だったのか〜」という発言を聞いたのだけど


同意を得られたのはかなり嬉しい反面、この「勝訴」にも似た結果を手にいれるのははっきり言って結構大変だった上に、認めたことで色々とハンデを背負ったわけで


本当に日常生活に支障をきたすレベルでない限りは「疑いがある」程度に考えておいた方がいいな〜、って感じです。

眠気を抑える薬が欲しいか、「やる気ない訳じゃない」って反論する必要がない限りは、確認する必要のない病気ですしね


自分が困ってるか、周りに困ってる人がいるか、周りに寝落ちしている人にキレてる人がいたらこの病気の可能性を教えて、睡眠専門の病院へ行くことを進めてあげて欲しいです


逆に「自分睡眠障害なので」って主張する人がいたら、必要に応じてだけど、ちゃんと診察受けたかどうか確認しておいた方がいいかも


そういう人が現れたら困るけど、個人的にはそういう人が現れるくらい過眠症が認知されて欲しい


3、特発性過眠症を抑える薬について 

これがこの記事のタイトルにもなっている薬「モディオダール」


脱サラして良かったことの一つに、仕事中にこの薬を飲まなくて済むようになった、というのがある

正直、これはかなり大きい

詳細は下記URLによく書かれているのですが



着目していただきたいのは最後の副作用の項目


大抵の薬に見られる


頭痛、動悸、めまい、喉の渇き、に続き


幻覚妄想、、、




幻覚!



妄想!!



もう怖いわ



実際飲んでて、自分が幻覚や妄想が増えたかは分からんけど


ただ、明らかに出ていたのが頭痛


朝飲んで、昼間は軽い動悸や口の渇きを感じるくらいだけど、夕方薬が切れてきたなって頃に結構な頭痛がやってくる


ここからさらに一踏ん張りしなくちゃならんくて、これは本当に嫌だった


頭痛するなら帰れよって話だけど、本当に仕事は追いつかなかったし、今サラリーマンに戻っても同じことしてると思う


定時で帰れる職場ならそれも問題ないのに。

そして振り返ってみても良くなかったのは、たまにだけど寝不足なのにこの薬を飲んでいたこと


無理やり起き続けるための薬じゃないので、睡眠時間をしっかりとった上で服用してください、とのことだった


実際、絶対寝てはいけないイベントがあるときしか飲まないようにしてたけど、どうしてもってときには睡眠時間4時間の日にこれ飲んでたり


因みに薬を飲んだときのイメージとしては、確かに目は覚める、けど徹夜した翌朝のやたらハイなときみたいになる


そんで動悸というか、何となくハイになってる気がして、確かに寝なくて済むんだけど、その感覚がやっぱ嫌でした


一回二錠ってなってたけどビビって一錠だけにしておいたり


あと正直なとこ、飲んでても講演会とかで寝落ちしたことがある



マイナーな薬すぎて、中々飲む気にならない薬でしたね


以上で過眠症エピソードは終わりですが



最後に、ふたつほど

一つが特発生過眠症であることを公にして思ったことで、人より眠気が強いんです、と言っても結局「疲れてるから」、とか「ちゃんと寝てないから」、って周りで感じてる人も結構いた気がする



鬱とか高所恐怖症とか、どんな病気でも「そんなの気のせいでしょ」って思う人がいるのは分かってたけど、当事者になると中々切なくなるわー


で、もう一つがあくまで「眠気を感じるときの眠気が人より強い」ということ、逆に普通の人が眠気を感じない場面では俺も感じない


ランニングしたり、登ってる最中には眠気は感じないです



セットしてていきなり脚立の上で寝落ちしたりとかはしないので、、、


念のため



記事検索
Twitter
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ