いちゃりばちょーでー

クライマーJのクライミング日記です。 タイトルは沖縄の方言で 「出会えばみな兄弟」という意味です。 クライミングは京都で始めました。 神奈川在住です。 茨城出身です。

ボリビア旅行①

9/23 ラパスにて

宿泊した場所は L lama‘s House というホステル

南米旅行中に滞在したホステルの中でもかなり快適なホステルだった。Wifiは早いし複数バスルームがあって待つこともなく、バスタブもついている。朝食付きで1泊1000円くらい。ケーブルカーの駅にも近い。そしてラパス唯一のクライミングジム(?)La Cuevaにも近い。

スタッフもとてもいい人やった。

昼までひたすら寝たあと、日本食を食べに行く。どうやらラパスの王道らしい。

「ケンちゃん」という店。

IMG_1724
IMG_1725

美味い。普通に美味い。何より3ヶ月ぶりの日本食が沁みる。

そして街散策しつつ、Simカードを手に入れる。携帯会社に行こうかと思ったけど、結局Simカードもプリペイドカードもそこらへんの屋台で買って、全く英語の通じない少女にチャージしてもらった

IMG_1726
IMG_1727
IMG_1728
IMG_1730
IMG_1729
IMG_1731

市場でアルパカの手袋を買ったり

宿で出くわしたエクアドル人にポトシという街のセロ・リコ銀山の炭鉱ツアーがとても素晴らしかったと聞いたので、ポトシに向かうことを決める

夜、La Cuevaへ行くと人の気配を感じず、休業日なのかと思い撤退する。後に実は営業していたことを知る。

翌日、もう一つのグルメスポットBlueberries Cafeでカレーを食べる。

IMG_1733

これも美味い。というかかなり美味い。普通に近所にあったら通いたい。

日本人好みの味付け。米も日本のお米っぽい。

そのあとはケーブルカーで散策。

ラパスはすり鉢状の地形に街が出来ており、居住地から街の中心まで結構な高低差がある。
そして人口増加も相まって渋滞がひどくなり、社会問題となっていた。そこで渋滞解消のためにケーブルカーが出来たとのこと

そんなわけで日本の地下鉄のような感覚でケーブルカーに乗れる。片道50円。


IMG_1739
IMG_1740
IMG_1738
IMG_1736
IMG_1735
IMG_1741

壮観!

IMG_1742

駅前のドーナツ屋で。美味い。

IMG_1745

夕暮れ

IMG_1747

チーズをパイ生地のようなもので包んで焼いたもの。これも美味い。後日リピートした。

夜、バスターミナルへ行き、次の街コチャバンバへ向かう

秘境と呼ばれるトロトロ国立公園へ


KSSKコンペ

情報は早さが命らしい

新鮮さを失った話は興味も引かないうえに、記憶も朧げになる

そういえばラパスで会ったエクアドル人は気付けば顔もよく思い出せず、思い出そうとすれば山田孝之が浮かんできてそれ以降は山田孝之に上書きされた映像しか出てこない。最近では神奈川カップでセッターのトッキーさんを見たときに少しだけエクアドル人のことを思い出した。ヒゲさえ濃ければ誰でもいいのか。

そんな訳で早めの更新を心がける。

あれはジムでたまたまハラカイ君にあったときのこと、関西でコンペをやるとのことで「出てくださいよ」と言われたのがきっかけ

ハラカイ君からしたら何気ない一言だっただろうけど、久しぶりに関西に行きたいと思い早速ハヤCさんに連絡すると、SFTの社長まで来るとのこと

これは行かねばと思い、参加を決意する

また、先に述べておくとこの記事の結論は次の3つである

・関西最高
・和歌山遠い
・クライミングはムーヴ

5/19〜21まで3連休を取ったので、5/18の夜に家を出る
和歌山に行く前に静岡のプロジェクトを触りに行く。土砂降りの中を運転しながら「これは無理だな」と確信し、道の駅で寝ると、ものの見事に晴れている。岩場に着けば、ちょっと水位が高いものの岩の状態は良い。晴れ男やった。

IMG_2941


しかしセット後の疲れと寝不足から、全く登りだす気になれない

雨上がりの澄んだ空と、川のせせらぎ、そして岩、あたりに人気はない。なんと贅沢な時間か。

そんな贅沢な環境の中でひたすらゴールデンカムイを読み続けること2時間、ようやく岩に取り付く

核心と思われるパートをひたすらやるも、解決出来ず。形状多様な岩なので、思い切りムーヴを変えた方が良さそう。

そこからはひたすら和歌山へ。一人運転で高速を使うのは金銭的に厳しいので、限界が来るまで下道を使うことに。

午前2時に奈良へ到着、翌朝寝坊しかけたけど、無事時間内に現地に到着

初のWaboへ。壁のクオリティがメッチャ高い!!キャンパスボードも充実してる。ジム内の雰囲気もいい!アフリカテイストなのかと思いきや、ルチャリブレ的なマスクが飾られていてメキシカンなノリだったり、モニュメントバレーの近くでたくさん見たようなテントが立ってたりと、今までで1番好きな世界観を持ったジムだった

ハヤCさん、⭐️さん、タカCさんたちと再会

⭐️さんは今回のコンペのためにオリジナルTシャツを作ってきたらしい。「KSFK」シャツ。意味は 「関•西•フリクション•完璧」らしい。この強引さ、懐かしい。「ジュンちゃんの分もあるで〜」と嬉しい報告を頂いたが、コンペ価格で1500円とのこと。SFTシリーズかつコンペ限定記念Tシャツであることを考えれば破格だが、直前で支払ったガソリン代によるダメージと俺が着た場合「川崎フリクション完璧」と勘違いされてしまう恐れから、丁重にお断りした。

そしてコンペは5時間ひたすらセッション

そんなに体が持つか不安だったけど、並んでる最中にほどよくレストも出来ていたので、結局5時間登りっぱなしだった

IMG_2959


結果、エキスパートカテゴリーで優勝しました!

IMG_2945
IMG_2950
IMG_2953
IMG_2955

斬新なトロフィー

IMG_2956


SFTパーカーを頂いたので、これから岩場で着ます。もう一つステキなレディースTシャツを頂いたので、これは知り合いが着ます。何故レディース??

ホンマに面白いコンペやった!企画運営お疲れ様です。こんなステキなイベントを開いてくれてありがとう!

コンペ後もエキシビション課題を触ったりと、登り尽くしてからいざ遠山川へ。勿論下道で。

限界を2回ほど迎えながらも、何とかイガグリが仕事へ行く前に到着。朝11時くらい。

IMG_2967

IMG_2970

明鏡止水の初手は全然出来んかった。コンペ後の疲れだと信じたかった。あとシーズン的なものだと。しかし後者は目の前で核心パートをこなすイガグリによって打ち砕かれた。
そして試行錯誤を繰り返すこと2時間、またしてもオリジナルムーヴを見つけた。骸の合流までは十中八九落ちることはなくなった。そんなわけで次回の冬に向けてかなりモチベーションが上がった。

最近「クライミングはムーヴ」を冗談半分で連呼しているが、実際は他の人が出来ているムーヴが出来ないとなると、普通に凹む。イガグリがここまで強くなっているとは。この夏鍛え直さねば。特にトゥーフック。

六道は意味不明だった。明鏡止水のスタート取りは圧倒的なフィジカルをもってすれば出来そう。小山田さんのムーヴはさらに意味不明だった。凄過ぎる。
折角オリジナルムーヴを見つけたのでこちらも頑張りたい、、、この夏鍛え直さねば!

午後2時、イガグリと別れを告げ、いざ帰還。やっぱり限定Tシャツ買えば良かったかも、、そんなことを考えながら帰路に着いたが、帰宅後再び給油したあとに財布に残された僅かなお金と50億ジンバブエドルを見て思った。これでよかったのだと。


ペルー旅行⑥〜ボリビア入国

久しぶりの旅行記

9/20の朝、チチカカ湖沿いの街プーノに到着

南米のバス旅は快適と聞いていたけど、ホンマによく寝れるバスやった

バス会社は王道のCruz Del Surで。英語で言うところのSouthern Cross

夜行なのであまり景色を堪能出来なかったのは少し残念だが、時間&宿代節約出来るのはありがたい

プーノではチチカカ湖の周遊ツアーに参加

1日ゆっくりしてからツアーに参加する予定だったけど、声をかけてきた会社が事前調べよりも安いので、そのまま参加することに

ツアーは葦で出来た島、ウロス島へ行き、そこからタキーレ島というチチカカ湖を見渡せる島へ

メチャクチャ眠くてウロス島の説明が全然頭に入って来んかった

とりあえずこの島の人たちは、陸地から追いやられてしまい仕方なしに葦を編み込んで人工島を作り、そこに住んだらしい

今ではソーラーパネルもついてるけど、超原始的な家で湖の魚を採りながら生活していたらしい

でもチチカカ湖の真ん中で見る星空は最高なんだとか

IMG_1676
IMG_1677
IMG_1678
IMG_1679
IMG_1680
IMG_1681
IMG_1682
IMG_1683
IMG_1684
IMG_1685

ウロス島から再び、葦で出来た船でタキーレ島へ

IMG_1687
IMG_1709
IMG_1707
IMG_1708
IMG_1705
IMG_1702
IMG_1701
IMG_1706
IMG_1699
IMG_1697

タキーレ島は湖の上に浮かぶ小さな島だけど、いきなり200mくらいの高低差を登る

もちろんスタート地点で既に標高は3600mくらい

寝不足がたたって頂上で少し頭痛に苛まれたけど、眼下に広がる青いチチカカ湖が素晴らしい

のんびりした空気がたまらん。何気にペルーお気に入りのスポットの一つだった。

たまたま居合わせたララランドの主演に似たブラジル人と談笑しながら島を歩く

IMG_1695
IMG_1694
IMG_1692
IMG_1691
IMG_1689


夜はマンコ・カパックという宿へ

個室だけど一泊1000円くらいでWi-Fi付き、シャワーのお湯も熱い。
マンコ・カパックはインカ神話におけるクスコ王国の初代国王らしい。意味は「素晴らしい礎」という意味らしい。
カパックは「偉大な」という意味。

ペルーを出る前に、アルパカの串焼き「アンティクーチョ」を最後に堪能してから就寝
メッチャ塩辛かった。。。選んだ店の味付けが濃すぎた。

翌日はのんびり起きて、再びバスターミナルへ。午後発のバスでいよいよ次の国ボリビアへ向かう

チチカカ湖沿いで入国
IMG_1714
IMG_1715
IMG_1716
IMG_1720

このとき大きなミスを犯す。。。これはまた後で。

IMG_1722

ボリビア側の街「コパカバーナ」でバスを乗り換える。このときバスは筏に乗って湖を渡る。

IMG_1721

23時くらいにボリビアの事実上の首都ラパスへ到着する。政治的な首都はラパスじゃないらしい。

英語が全く通じないタクシー運転手と虚しい言い合いをしながら、どうにか宿にたどり着き、就寝。


余談だけども、コパカバーナからいけるチチカカ湖上の島に「太陽の島」と「月の島」というものがあって、インカ文明発祥の地らしい。。行きたかったけど日程的に厳しかったので外してしまった。
記事検索
Twitter
アクセスカウンター

プロフィール

しじゅん

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ