いちゃりばちょーでー

クライマーJのクライミング日記です。 タイトルは沖縄の方言で 「出会えばみな兄弟」という意味です。 クライミングは京都で始めました。 神奈川在住です。 茨城出身です。

岩探し〜グラビティセット

少し遡って

3/4(土)は最近巷で話題の静岡の岩場へ

With mishtam

噂に聞いてた岩はでかい!アプローチ激近!

しかし風邪が治りきらないおれは二台で爆睡。。

まさかの何一つ登らず、、、

完全にドライブやわ

でも自然の中で寝転んでて、気分はリフレッシュできた

Tamのホットサンド美味すぎ!有難いっす。

岩は一番メインであろう岩のロースタートがなんとなく可能性ありそうだし、これまた行かねば!


そして他の岩にもチョコチョコライン引けそうだけど、掃除が中々大変そう(~_~;)

折角時間あるんだし、この辺もちゃんとやってかないと!

そして

3/5,6はGRAVITY 下北沢でセットさせていただきました

呼んでいただきありがとうございます。

反省点も多いけど、とにかく夢中になってセットさせてもらいました

スタッフも明るいメンバーばかりで、一緒に仕事してても楽しかったっす

しかもリニューアルオープンに向けてのセットということで、真っさらな処女壁にホールド打たしてもらいました

新しい壁のメイン壁は130°の面壁!

メッチャテンションアガる壁でした

真っ向系のホールドもガンガン付いてて、間違いなく強くなる壁やわ

自分は傾斜壁をメインに4級〜初段まで色々作らせてもらったので、楽しんでもらえれば有難いです

(twitterから拝借しました)

しかし最後に現れたGOさんの保持力がやばかった

SOちゃんといいどうなってんねん。。

TNFC 2017と赤城山

3/11、出場してきました

結果は24位で予選敗退

かなりの実力不足を感じた

弱点だらけだった

垂壁、スラブが多めなベーキャンだから仕方ないけど、あいも変わらず体が固くてなにも出来んかった

そして戦略を無視しすぎた

課題の待ち時間が長すぎた

と、いつもならここで岩に切り替えるとか、割と頑張れたと逃げるとこだけど、いかんせん脱サラしたので、真剣に弱点とも向き合おうと思う

とにかく柔軟性の無さは日常生活に支障をきたすレベルなので、毎日の柔軟は心掛けていこうと思う

360の白いボテが連発する課題で、二つ目のボテ取りでまさかの右手首を痛めた

この角度でデッドしただけで痛めるのははっきりいって俺くらいだと思う

薄かぶり壁の一手目はラメント、ハッチに次ぐ可動域の外側にある課題だった

一年後には楽勝になってるはず

課題の並び順はTNFC特有な気がするので、また次回出ることがあれば考えよう

3/26のピナクルコンペでリベンジやな

3/12の準決は色々迷ったものの、mishkaの応援へ

去年のAnonちゃんを見たときもそうだけど、悔しがってる姿に失礼ながら感動した

TNFCっていい大会だなって思った

けどやっぱり俺は岩に行きたいので、前から気になってた赤城山へ

1時間だけ土木 二段をトライ



色々試行錯誤した末に、ギリギリで完登!

面白い課題やった

スタンスはボテっぽかった。

そしてi Movieで編集してみたけど、使いこなせん。。

シーン切り替えの音とかどうやって消すんだ、、、

とりあえず、赤城山は岩がまだまだ転がってそうなので、また行かねば



ROCKCLIMBING

いいニュースといいニュースがある


どちらから話してもいいが、合わせて聞くと微妙なニュースになる


そんな話し





1つ目のニュースは既にSNS上でも告知されてますが、新しいクライミング雑誌が3/1から刊行されます

その名も

ROCKCLIMBING


image


どストレートっすね

勿論内容もどストレート

映画で言ったらエクスペンダブルズくらいどストレート

ひたすら岩を登る人たちの想いが綴られてます

FBで創刊者の想いも語られてますが

岩と雪の169回連載に追いつくような雑誌にしたいと

そして近年メディアで取り沙汰されるクライミングの大会や高グレードの初登、再登に関するニュースではなく

岩を登ること、クライミングの本質に迫る内容をコンセプトとしてつくられてる、と


そして、この度

一、シャチクライマーの自分も執筆依頼をいただきました

まー恐れ多い

こんな恐れ多いことはないっす

他の執筆者を見たらそりゃーもう豪華

トキオさん、草野さん達レジェンドから、最近高難度をバンバン落とす一宮大ちゃんら若手まで

ホント豪華

映画で言ったらエクスペンダブルズくらい豪華

こんな恐れ多いのはOn the Board以来っす

俺以外みんなチャンピオンじゃね?的な焦りがあります

でもやっぱりありがたいことで

自分のためだけにやってることが、他の人にまで影響を及ぼすってのは感動っすね

そろそろグーグルアドセンスやろうかなって思っちゃいますね


で、自分は一足先に読ませてもらってますが、


静の海の完登ストーリーとか、段級方式が作られた背景とか、日本のクライミングの歴史とか、とあるクライマーのコンペシーン以外の意外な一面なんかが綴られてて


外岩を語るなら必携の一冊!って感じ


まぁ別に語らなくても外岩好きならきっと読んだら面白いし、語るの好きな人は大きなアドバンテージになります


読む前はクライミングの本質って何やろ?って気持ちもあったけど、読んで見たら、こういうことか!って気持ちになる


、、と言えばちょい大袈裟かもしれないけど、単なる情報誌じゃなくて、日本のクライミングの軌跡を後世に残す貴重な一冊になってると感じました


10年後、20年後、今よりもさらにクライマーが増え、三段なんて当たり前、静の海なんて小学生が10分で登っちゃうぜ!っていう時代になればなるほど


価値を増していく本だと思います。


肝心の自分はというと

一発目では、「サラリーマンの登攀日記」、と言うことで自分のクライミングへの想いを綴ってます

特に、クライミングを生業としていない中で、自分はどんな気持ちでクライマーと名乗っているのか、そんなことも書いてます

えぇ、ド真面目な内容です。

恥ずかしくなるわ!

とりあえず自分の記事はハンバーグプレートで言えば添え物のコーンの一粒程度でしかないので、どうでもいいのですが


興味ある方は是非手にとって見てください


そして、この素晴らしい雑誌の記念すべき創刊誌に記事を載せていただけましたこと、光栄に思ってます

本当にありがとうございます



そして2つ目のニュース



社畜、辞めます!



壮大な前フリ!!



この素晴らしい雑誌の創刊誌を使った前フリ!!!


3月一杯で今の会社を退職します!


本当にすいません!


まぁ、執筆依頼を受けた時から報告してたので、堂々とは辞められるのですが


一発目で何を語ってるんだっていうね


てな訳で、2回目からは「脱!サラリーマンの登攀日記」になります


そして、今までリーマンクライマーとしての自分を応援してくださったみなさま


期待を裏切ることになってしまい、本当に申し訳ありません


一抜けさせてもらいます


そして、ここ最近のブログの投稿を見て、本気で心配してくださった方々


無事、脱出出来る運びとなりました。ご心配おかけしました。


次なる課題は今までのサービス残業分は取り戻せるのかと、明らかに使い切らせる気のない有給をどこまで獲得出来るか、です。社会の闇に少しでも牙を剥きます。


とりあえず3月一杯まで会社員ですが、そこからは無職です


一応6月くらいから海外飛び回ろうと思ってます。


どこまで有言実行出来るか分からないけど、折角辞めたんだから人生楽しんで来ます


将来メッチャ不安やけど、結構ワクワクしてます


因みに4-6月まで無職なんで、もし仕事があれば是非紹介いただけますと幸いです


セッターじゃないけど、セットの仕事あれば精一杯やります


3月中でも声かけてもらえたら行きます


SNSのメッセージでもブログのコメントでも、声かけてもらえればと思います


とりあえず、グーグルアドセンス始めようかなー
記事検索
Twitter
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ