日本共産党墨田区議はらつとむ(原努)のblog はらブロ

墨田区政のことはもちろん、就職難を始めとする青年の悩みなどについて、私の個人の体験をまじえて書いていきたいと思います。

日本共産党と阿藤和之をよろしくお願いします

IMG_6371あとう和之衆議院東京14区候補といっしょに駆け回っているうちに、あっという間に投票日が迫ってきました。このブログもかなり長く更新していませんでしたが、選挙についてお願いを書いておきます。

集団的自衛権の行使は認められない、秘密保護法はダメ、原発はなくしたい、再稼働は認められない、消費税の増税は困る、これらの一つでもそうだ、そのとおりという方は、比例では「日本共産党」、小選挙区では「あとう和之」とお書きください・

比例では、政党名以外、たとえば候補者名を書くと無効になってしまいます。

日本共産党は、議席数も少なく、力がないのでは、とお考えの方がいらっしゃるようですが、日本共産党の10数議席は、ほかの党の数十議席よりも上回る、破壊力が違う、と週刊誌にも書かれました。その通りです。都議会でも、昨年躍進させていただいて、さっそく認可保育所の建設、特養ホームの建設などで都知事を動かし、予算化をかちとりました。安倍政権の国民無視、国民いじめの暴走にストップをかけるのなら、日本共産党以外にありません。国民を裏切ったことがない、そしてこれからも裏切らないブレない党、日本共産党に託してください。

あらためてお願いします。比例は「日本共産党」、小選挙区は「あとう和之」とお書きください。よろしくお願いします。
(はら事務所スタッフ) 

議員研修会

 昨日ですが、墨田区議会・議員研修会が開かれ、陸前高田市の戸羽太市長が講演をしてくれました。震災からまもなく3年になりますが、国の縦割り行政の弊害や、地方自治体としてやっておきたいことなどを語りました。

この研修会には、全議員と幹部職員の9割が出席、所々話を聞きなが涙ぐむ議員や職員もいました。

 

 戸羽市長の奥さんも、津波でなくなられています。

復興については、何で進まないのかとよく言われます。しかし土の下にはまだ見つかっていないかもしれない人がいるので、土を手作業で分別しながら捜索しているとのこと。海岸沿いなどは、復興が全然進んでいないように見えますが、土地をかさ上げする必要もあり、そう簡単ではありません。

また土地についても権利者が全国に散らばっていて、かさ上げの承諾をとるのが大変だとのことです。

また農地を商店街にしようとすると、農林水産省が反対する。農地を商店街にするなどとんでもないと。ガソリンを自衛隊に配ってもらおうとすると、ガソリン提供元の経済産業省が反対をする。など縦割りについても問題にされていました。

 銀研修 016その上で災害時には、国の持っている権限は県に。県が持っている権限は市に、一時的に委譲してほしいと話されていました。国は予算は出しても、復興計画には口を挟まず現地に任せた方がよいと思います。

 

 まだまだ書きたいことはたくさんありますが、現地はいま建築資材の高騰で公共事業の予算をつけても、執行の段階では建築資材が値上がりして赤字になるそうです。

2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。

メインスタジアムの工事は、大手ゼネコンにはかなりの宣伝になります。みんなやりたがっており、東北の復興が遅れないか心配をされていました。

私個人としては、東京でオリンピックを開くことは無理があり、これまで墨田区議会の招致決議にも反対をしてきました。しかし決まった以上は最大限コンパクトにし、被災地にも納得してもらうオリンピックにする必要があります。宇都宮さん勝利で、そうしたいです。

車いすの無料貸し出し

 先日、「短期間だけ車いすを利用したい」とのご相談をいただきました。

 墨田区社会福祉協議会では、介護保険制度を利用していない区民の方に、車いすの無料貸し出しを行っています。短期間での利用が条件ですので、最長で6か月までの貸し出しとなります。
 
 お問い合わせは、墨田社会福祉協議会3614-3900までお願いします。東向島のボランティアセンター(東向島2-17-14)、もしくは亀沢の分館(亀沢3-20-11関根ビル4階 電話 5608-8102)での引き渡しになります。

都営住宅の募集

2014010513560000

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
我が家で飼っている猫も17歳になりました。


さて、

都営住宅の事故住宅の募集が、1月・7月・10月に行われます。

今回墨田区は立花1丁目団地(2人以上)が1戸募集されます。(他の区も募集あり)下記の日時で会場に行き、申し込む必要があります。参考にしていただければ幸いです。

事前に必要な書類等を電話で確認したうえで、希望される方はお申込みください。(100円分の切手とボールペン、所得の分かる書類は必要です)

 

※問合せ先東京都住宅供給公社都営住宅募集センター03-3498-8894

※今回の募集

立花1丁目団地 5階3DK(42,29平米)

2人以上

孤立死のあった部屋

家賃 19100円から28400円の間

 

※申込受付

■都庁 第2本庁舎1階ホール

新宿区西新宿2-8-2

1月16日(木)午前9時半から午後4時まで

■東京都住宅供給公社都営住宅募集センター

渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山3階

1月18日(土)午前9時半から正午まで

2月4日に抽選が行われ、結果は葉書で通知されます。

虐待予防と地域の関わり

 
育成委員会・生活相談 005
 












 昨日ですが、錦糸中学校地区育成委員会の学習会に参加しました。テーマは、「児童虐待予防について」。墨田区の子育て支援総合センターの館長と、保健士の方が報告してくれました。


 児童虐待は早期発見と、親へのフォロー、児童の保護、相談体制の拡充が大事だと痛感。地域での見守りも早期発見に繋がります。

 虐待は子どもの脳を萎縮させたり、発達を阻害させ、虐待の連鎖に繋がります。

墨田区では、子育て支援総合センターを作り、問題のあるケースには職員が訪問。重度の場合は児童相談所と対応を分けています。

 
 対応件数が増えているのは、それだけ児童虐待への理解が高まり通報が増えていることもありますが、対応事例が増えさらにきめ細かい対応が求められているのは事実。相談体制の強化(専門の職員を増やすなど)は待ったなしです。
区議団としても改めて現場の実態も調査し、取り上げたいと思います。

プロフィール

日本共産党墨田区議会議員 
はらつとむ
■1981年、本所3丁目で生れる。外手小、本所中、向島商業高を卒。
■文房具の卸商などで働いた後、01年から日本共産党墨田地区委員会に勤務。「しんぶん赤旗」出張所長、党地区常任委員、機関紙部長などを歴任。
■現在、党地区青年対策委員。家族は、父母、弟。趣味は、読書とスポーツ。太平1丁目在住。
■2007年、区議初当選。現在2期目。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ