日本共産党区議会議員高柳東彦です

日本共産党墨田区議会議員高柳東彦の議員活動を中心とする活動日誌です。

7期目スタート

みなさまのご支援で7期目のスタートをきることができました。

今回の選挙戦から、墨田区議団は、若手3人が加わり、7期目を務める私が、議員団長兼幹事長を務めることになりました。

6月10日からはじまった第2回定例会では、私が代表質問をおこないました。

まずは、4月の選挙戦でも大きな反響が寄せられた「北斎美術館より、くらし応援へ」の転換を求強くめ ました。今の時点であれば建設の見直しや、転用も可能です。建設を一時凍結して抜本的見直しを求めました。

区が6月11日、国保料の通知書を発送したことにより、区民の講義や苦情が殺到しています。値上げの原因である国の負担を元に 戻させるのは当然として、区としても一般財源を投入して国保料を引き下げるべきです。

介護保険料、後期高齢者医療保険料についても同じことがいえます。区民に重い負担を強いているこれらの施策に反対し、負担軽減を求めました。

区は、来年から保育料の約20%の引き上げを決め、実施しようとしています。少子化対策、子育て支援が求められている中、値上げの撤回を強く求めました。

このほか、子供の貧困対策、防災対策の抜本的強化などについて質問し、不燃化助成の拡充や感振ブレーカーの普及などについて具体的提案もおこないました。

最後に新しく区長となった山本氏の政治姿勢を問い、東京大空襲の被害地である墨田区として、現政権のすすめる戦争法案に反対し、憲法を守る立場を表明することを求めましたが、山本区長は、「国防は、国家主権に属する部分で、国の重要な権限であることから、一自治体の首長が認識を述べることは慎むべきものと考える」というきわめて消極的な答弁でした。

今回の議会では、新人議員も含めて5人の議員が、本会議や委員会でそれぞれ区民の声を反映した質疑にたち、議員としての役割をりっぱにはたしました。これからも5人が協力して公約実現に全力をあげていきます。
 

選挙事務所開きをおこないました

4日、私の選挙事務所開きをおこないました。おおぜいお集まりいただいてありがとうございました。西区長候補と共に区民のくらしのための区政実現へ全力でがんばります。
IMG_7360a
IMG_7362

第1回区議会定例会で代表質問

takayanagi(692*900)2月9日開催された墨田区議会本会議で、日本共産党区議団を代表して質問にたちました。

●私はまず、安倍政権が進めている、社会保障は切り捨て、大企業には減税ばらまきという国の予算について認識を質しました。

アベノミクスで潤っているのは大企業と資産家だけ。国民の暮らしや中小企業の営業はかえって悪化しているのが現状です。国の予算には3つの問題があります。
①「社会保障のため」といって消費税大増税を強行しながら、介護、年金、医療、生活保護などの切り捨てを強めようとしている。
②「財政再建」といいながら、285兆円もの内部留保をかかえている大企業に大減税をばらまこうとしている。
③3年連続で軍事予算を増額し、史上最大の約5兆円を計上していること。
こうした点を指摘したうえで区長の認識を質しました。

●墨田区の2015年度予算においては、区民の強い批判があるにもかかわらず強行されている北斎美術館の建設予算が計上されていることです。

区民からは「暮らしがこんなに大変な時に、なんで北斎美術館なのか」など多くの声が寄せられています。しかも、建設関係費は年々膨らんできており、今後の管理運営費や修繕費を含めると150億円をこえる財政負担となる見込みです。着工したといってもまだ基礎工事の段階である今、建設を凍結し、計画を抜本的に見直すべきです。

●高すぎる国保料・後期高齢者医療保険料・介護保険料の3つの引き下げを

墨田区では、この10年間に国保料が37%も引き上げられています。区民の暮らしを破壊するような過酷な負担増は容認できません。介護保険料においても、年金が削減される中、「これでは生活できない」との声が広がっています。後期高齢者医療保険料は、低所得者への軽減措置の廃止が打ち出されており、このままでは大幅値上げが避けられません。区の独自施策を盛り込むことでこれら3つの保険料の値下げを求めました。

●保育料値上げ計画は撤回を

墨田区は、新年度からスタートする保育新制度の導入を機に、保育料の値上げをしようとしています。「子育て支援」を掲げながら、子育て世帯に新たな負担増を強いることは容認できません。保育料の値上げ計画は撤回し、第2子の保育料を無料にするなど、負担軽減に努めるべきです。

●戦後70年、平和施策の推進を

今年は戦後70年の節目の年です。安倍政権は、戦後政治の原点である憲法を踏みにじって「戦争する国づくり」をすすめています。東京大空襲で悲惨な体験をした墨田区こそ解釈改憲に反対する先頭に立つべきです。

東京大空襲では、仮埋葬の場となった禁止公園や緑町公園、多くの区民が亡くなった北十間川などに、慰霊碑の建立や説明看板の設置を行うべきです。

また、郷土資料館の年間企画を充実・発展させ、常設の東京大空襲資料館を整備することを提案しました。





 

必勝新春のつどい

IMG_6660いよいよ区議選の年になりました。あと3ヶ月です。そんな中、今日は私の必勝のための新春のつどいを四つ木橋、八広、京島の各後援会が連合で開いてくれました。

昨年の総選挙での共産党の躍進を受けてみなさんから暖かい激励をいただきました。私も今度で7期目への挑戦になります。ご支援どうぞよろしくお願いいたします。

石橋墨田区後援会長も強調されていましたし、私もお話させていただきましたが、国会選挙と区議会の選挙はかなりというか、まったく違うもので、総選挙で共産党に投じられた比例票がそのままでるものではありません。油断すれば負け、というのが地方議員選挙です。 緊張感をもって全力でたたかっていきたいと思います。

IMG_6671つどいに参加いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。 

新婦人内後援会のみなさん、フラダンスありがとうございました。

IMG_6685
 

日本共産党とあとう和之をよろしくお願いします。

IMG_5846upあとう和之衆議院東京14区候補といっしょに駆け回っているうちに、あっという間に投票日が迫ってきました。このブログもそんなわけでなかなか更新できていませんでしたが、ここであらためて、選挙についてお願いです。

集団的自衛権の行使は認められない、秘密保護法はダメ、原発はなくしたい、再稼働は認められない、消費税の増税は困る、これらの一つでもそうだ、そのとおりという方は、比例では「日本共産党」、小選挙区では「あとう和之」とお書きください・

比例では、政党名以外、たとえば候補者名を書くと無効になってしまいます。

日本共産党は、議席数も少なく、力がないのでは、とお考えの方がいらっしゃるようですが、日本共産党の10数議席は、ほかの党の数十議席よりも上回る、破壊力が違う、と週刊誌にも書かれました。その通りです。都議会でも、昨年躍進させていただいて、さっそく認可保育所の建設、特養ホームの建設などで都知事を動かし、予算化をかちとりました。安倍政権の国民無視、国民いじめの暴走にストップをかけるのなら、日本共産党以外にありません。国民を裏切ったことがない、そしてこれからも裏切らないブレない党、日本共産党に託してください。

あらためてお願いします。比例は「日本共産党」、小選挙区は「あとう和之」とお書きください。よろしくお願いします。
(高柳事務所スタッフ) 
プロフィール

日本共産党墨田区議会議員 高柳東彦
◆1956年  墨田区生まれ。都立江北高校を経て、働きながら明治大学法学部を卒業。
◆1977年  墨田区役所に入り、国保課、児童課、教育委員会に勤務。この間、都区職員労働組合の役員、民主青年同盟墨田地区常任委員、原水爆禁止墨田協議会事務局長など歴任。
◆1991年  区議会議員に当選。交通対策特別委員会副委員長、行財政等調査特別委員会副委員長、企画総務委員など歴任。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ