日本共産党区議会議員高柳東彦です

日本共産党墨田区議会議員高柳東彦の議員活動を中心とする活動日誌です。

水防訓練

  
 
2011051811270000 













  昨日は荒川土手で、消防署や区の主催した「水防訓練」がありました。梅雨を前にしたこの時期に毎年開かれており、家屋への浸水対策や、マンホールからの洪水対策などの訓練が行われました。写真は、ハシゴにブルーシートを巻きつけて、土嚢で固定した、ビルの地下等への浸水防止策です。
 
  東日本大震災では、大津波により甚大な被害を被りましたが、東京都と墨田区の防災計画では東京湾で2メートルの津波の発生しか想定していません。したがって、津波対策は取られていないのが実態で、今回の水防訓練でも津波に対する具体的な対策は何もありませんでした。

  また、区の防災計画には、原発事故や放射線への対策もありません。区の防災計画の抜本的な見直しが早急に求められています。
 

5月23日に臨時区議会

   すこしご無沙汰をしてしまいました。  
  さて、5月1日から新議員としての任期がはじまりました。5月2日には、区長や行政委員なども出席して、「初顔合わせ会」が開かれ、バッチの交付や写真撮影がありました。日本共産党は当選した5人の区議で「日本共産党墨田区議会議員団」として会派届を出し、私は引き続き幹事長を務めることになりました。

  5月6日からは適宜、各派代表会と各派協議会を開き、議員控室の割り振りや議会運営の「申し合わせ事項」の確認、常任委員会や特別委員会の設置と構成などを協議しています。5月23日には区議会臨時会を開いて、議長や副議長の選挙、各委員会の正副委員長の選任、副区長の選任などが行われる予定です。

  

当選しました

DSCN2421

  いっせい地方選挙後半戦、区議・区長選挙は4月17日告示、24日投開票で行われました。墨田区では、定数32名に対し43名が立候補、新人が17名もでる多数激戦となりました。

  私は、大震災からの救援・復興にがんばるとともに、福祉と防災のまちづくりに全力をつくすと、約250カ所で街頭演説(写真)。
  『区議選の争点は、ハコモノ・開発優先の区政を進める自民、公明、民主などの「オール与党」を選ぶのか、福祉、暮らし優先の区政にきりかえる日本共産党を選ぶのかです。「オール与党」は、建設費25億円の北斎館建設をすすめる一方で、国保料をさらに値上げする条例をきめていまいました。税金は、ハコモノではなく、暮らしのために使うべきです。地震に強い防災まちづくりと、区民の福祉や暮らしを大事にする区政とは一体のものです』と心をこめて訴えました。

  24日夜の開票速報をドキドキしながら見守りましたが、テレビではなかなか報道してくれません。日付が変わった25日の零時すぎ、区のホームページを開いてみたら、なんと「高柳東彦 2100」と出ていました。ホッとして事務所に向かいました。そして、事務所についた直後に、あとう和之地区委員長から、「5人全員当選しました」と電話が入りました。

  最終的には、2188票で前回より、182票増やして当選することができました。1票、1票の重みをしっかりと受け止めて、公約実現などにがんばっていきたいと思います。ご支援、ご協力をいただいた多くの方々に、心から感謝を申し上げます。

  25日には、8時から事務所でお祝いに駆けつけてくれる人たちと歓談。12時から、西事務所まえで、新区議5人と、区長選で奮闘された牛山れい子さんとで「万歳」を行いました(写真)。
DSCN2450

いよいよです

DSCN2405

  いよいよ17日から区長・区議選がはじまります。墨田区では、区長選も区議選も、多数激戦となりそうです。
  
  日本共産党は、東日本大震災の救援・復興に国民の総力をあげて取り組みながら、国難ともいえる事態を乗り越えて、命とくらしを本当に大事にする「新しい日本」「新しい政治」をつくっていく選挙にしていこうと呼びかけています。

  墨田区でも、北斎館建設などハコモノ、開発優先の区政を続けるのか、福祉・防災を最優先する区政に変えるのかが問われています。
  私も、力のかぎりがんばります。みなさんの大きなご支援を心からお願いいたします。

 

「事務所開き」にぜひお越しください

  4月だというのに、まだまだ寒い日が多いですね。みなさん、お元気でお過ごしですか。 
  さて、私の事務所開きを下記の通り行います。ぜひ、ご来所をいただき、激励や、ご支援を賜れば幸いです。

◆と き  4月12日(火) 午後6時30分より

◆ところ  高柳東彦事務所
          墨田区京島1-9-10 ☎3619-9738
         (東武曳舟駅、京成曳舟駅のどちらからでも、
          徒歩3~5分です)
プロフィール

日本共産党墨田区議会議員 高柳東彦
◆1956年  墨田区生まれ。都立江北高校を経て、働きながら明治大学法学部を卒業。
◆1977年  墨田区役所に入り、国保課、児童課、教育委員会に勤務。この間、都区職員労働組合の役員、民主青年同盟墨田地区常任委員、原水爆禁止墨田協議会事務局長など歴任。
◆1991年  区議会議員に当選。交通対策特別委員会副委員長、行財政等調査特別委員会副委員長、企画総務委員など歴任。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ