アメリカ物流ニュース

アメリカで今起きている物流・流通のニュースをお届け

American Truck Association、ATAのチーフエコノミスト、ボブコステロ氏によると、アメリカ国内のトラック輸送の取扱物量は26年前以来最大だと言う。26年前はドライバーの大規模なストライキが起きた年だ。 Truck Tonnage Index(トラックトン数指数)は前月比12.2%減少。 ...

Bloombergの記事より。 シカゴのデポール大学の調査によると、アマゾンはライバルのUPSに対抗すべく、自社のAIR CARGO(貨物用航空機)を、7,8年以内に現在の42機から200機へ増やすのではないか、と伝えている。 このパンデミックで、多くの航空会社が減便している最中、 ...

世界中でアパレルチェーンを展開する米GAP社が、倉庫内のピッキングロボット導入を急いでいる。 今年のはじめの計画では、秋までに従来の3倍の106台まで増やすとしていた。コロナ騒動が本格化するより前である。 ピッキングロボットベンダーは Kindred AI。その直後にコロ ...

FedEx と Microsoft は、Microsoft が提供するクラウドサービス、Azure について、FedEx が複数年利用することで合意したと発表した。Azure はデータを継続的に集積し、アルゴリズムを使ってコンピューターに分析させるAI、機械学習システム。FedEx は、パッケージ配送の遅延 ...

今回のCOVID-19 のパンデミックによって全米の生活が一変した。 企業もかつてないダメージを受けており、サービスの変革を迫られている。   オクラホマ州議会はアルコール販売に関する新たなルールを設けた。 酒類免許を持っている店舗は州内における個人宅への配送とCu ...

消費大国にして自動車大国であるアメリカが生んだドライブスルー。新型コロナの感染拡大が続くなか、採用する店舗ががさらに増えている。 米大手ドラッグストアの WALGREEN は、全米7300店舗でドライブスルーサービスを開始した。対象商品はクリーニングサプライ、ペーパー ...

アメリカで、貨物列車の運行数に変化が起きている。 アメリカレイルロード協会の発表によると、今年4月に運行された Carload は98万535台。1年前の4月と比べ、25.2%減少も減少している。「Carload」とは貨車のこと。貨物はバルクの状態で載っていて、トラックへ積み替える ...

オハイオ州デイトンで倉庫の拡張計画について食料品小売大手MEIJERが発表した。プロジェクト規模は約170億円。35,000㎡の平屋倉庫で、2,000㎡の事務所を含む。MEIJIERの不動産部マネージャー Ashley Mack氏は「市とプロジェクトを進めてきた結果、この都市に新たな投資が ...

アメリカでは大型倉庫のニーズが勢いを増している。AmazonやWalmartのスペースがひっ迫しているためだ。コロナによるパンデミックが失業を助長し経済を圧迫している一方で、巣ごもり消費をビジネスチャンスと捉えているAmazonとWalmart。食料品を含むオンラインショッピング ...

コロナウイルス感染拡大により最も影響を受け、日本以上にステイホームを徹底しているアメリカ。配送業者にとってはクリスマスシーズン並の多忙を極めている。UPSの1月~3月の取り扱い物量は、昨年比8.5%増となった。そのうち BtoB 2%減 に対し、BtoC 19%増。70%が個人宅向 ...

日本では安倍総理をはじめ小池都知事も記者会見や国会や都議会でもマスクをしているのを見る。一番初めに記者会見でマスクをしているのを見たのは北海道知事だっただろうか。中国の習近平国家主席は、武漢で勝利宣言をした際にもマスク姿でテレビに映っていた。韓国の文大統 ...

米中西部で食料品小売などを展開する HEB が、店舗やレストランからの配達を拡大している。 この1年間でテキサス州内の40都市に配達サービスを展開してきたが、 今回の COVID-19 の発生後たった1週間のうちに、サービスエリアをテキサス州内だけで75都市増やした。   ...

米国アマゾンは 3rd party 向けデリバリーサービス、アマゾンシッピングのサービスを一時停止すると発表した。6月から。アマゾンシッピングはアマゾンという名前が付いているものの、アマゾン以外で購入された商品のデリバリーを行っているFedEx や UPS の下請け配送業者で ...

先週アメリカの失業申請が330万件を超えてしまいました。アメリカのコロナ感染スピードのあまりの早さに驚きです。 ニューヨーク証券取引所のとある有名な方も検査の結果コロナ陽性だったそうで。かたや株価は政府の財政政策も影響して持ち直している状況。実社会とマーケッ ...

私は毎年この時期になると、新卒一括採用を通年採用にあらためるべきと言い続けてきている。   このコロナ騒動により、内定取り消しになった多くの学生さんがおられると言う。 一括採用にしているために、これまでの就活が水の泡などと考えてしまったり、 職に就けるの ...

アメリカの新型コロナウイルス感染者数が5万人を超えました。 数日前の発表では1万5000人だったので、2倍になったことになります。   日本は1000人を超えたばかりなので、その50倍です。 マスクに慣れていて綺麗好きの日本人。 初動対応が割と早かったことと、国民健 ...

ようやくアメリカにもコロナウイルスの影響が出始めました。アメリカ国内で120人以上が感染、9人が死亡したそうで、自主的に外出を控える人が出てきました。リアル店舗に出向くことでの感染を恐れ、自宅からアマゾンで買い物をする人が増加。プライムNOWやアマゾンFRESHの加 ...

アメリカ、カナダ、メキシコのいわゆる北アメリカの倉庫需給状況です。今年2020年の予測需要680万坪に対して、供給850万坪。来年2021年の予測需要615万坪に対して、供給760万坪。だそうです。2009年からこの10年、アマゾンの影響もあるが、ずっと需要が供給を上回ってきまし ...

アメリカの変化のスピードが加速化している。 特にここ5年ほどは、ドライブがかかっているような印象を受ける。 その変化の中心にいるのが、アマゾンだ。   アマゾンは常にカスタマーファーストを唱え続けている。 カスタマーファーストと言えば、その源流は日本。 ...

アメリカの2019年の年末商戦セールの総売り上げは、前年比3.4%増で幕を閉じた。 過去5年間の平均は3.7%増。マーケットでは今回も4%前後増加すると予想されていた。 予想を若干下回ったものの、相変わらず底堅いアメリカの好景気を反映しているといえる。   2019年 ...

↑このページのトップヘ