2007年01月13日

若者の社会意識

現在、日本の若者の社会問題に対する意識の低さが懸念されている。
決して良いとは言えない景気の中、若者の意識は主に就職などに集中され、政治や福祉などといった公の社会問題にまで意識が回る人は少ないようだ。
国民にとって豊かな社会を築く、その機能の中心にいるのは行政だが、行政が最大限に機能していくには、これからの日本の中心となる若者の協力が不可欠だと思う。公の利益や社会全体の正義の実現(政治など)を通して得る個人の幸福を達成する社会、またそのような社会への意識を若者に持たせるためには、行政を中心にど
のような改革が必要となってくるのか考えたい。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by シュピーゲル   2007年01月13日 23:39
そもそもここで言う”若者”とはなんぞや?
どういう場面で”若者”の意識の低下を感じるのかな?

最近では小学校で福祉活動の体験を行ったりと,子供が社会問題に関心を持てるような取り組みが進められているようです.

それにしても豊かな社会を築く中心は行政かな?
むしろ行政を動かす地域社会(自治会レベルも含めて)での取り組みが重要なのではないかと思う.
2. Posted by クララ   2007年01月14日 22:38
「18歳から24歳までの人を対象とした、各国の意識」
という調査の結果をみて感じたことを書いたんですが、、若者っていうか”青年”の方が合ってますか?
分かりにくい表現になってしまってすみません。。
その調査は「自国で社会問題になっていると感じるものを選びなさい」というもので、「性別や学歴によって差がある」「社会福祉が十分でない」などの14項目あるうち、日本は「就職が難しく、失業も多い」という項目以外の反応が本当に低かったんです。
政治や環境問題などを真剣に考えてる”青年?”って、今の日本ではほんとに一部の人だけで、やはり無関心な人がほとんどなんだってことを、この調査結果を見て改めて感じて書いてみました。


3. Posted by クララ(もう1つ)   2007年01月14日 22:42
うーん。。
たしかに、地域社会での取り組みももちろん重要なんですけど、行政がリードして、地域社会がそれを補って協力していってほしいです。やっぱり、いくら民間団体が熱心に頑張っても、行政が無関心や協力しないと、難しいことも多いんじゃないかな。。
4. Posted by シュピーゲル   2007年01月17日 23:42
なるほどね,高校生から大学生のあたりだ.

少し話がずれるかもしれないけど,社会問題への関心が希薄という以前に他人への関心が低くなってるのかなとも思う.
携帯音楽プレーヤーが普及して,街中でよくヘッドホンを掛けてる人がいるけど,お店の中でも付けたままの人をよく見かけます.そこまでして自分の世界に浸りたいのか・・・?と思ってしまう.

行政の機能は確かに重要.言いたかったのは,行政が現実にそぐわないことをしないように市民が声を大にして必要なことを訴えていくことが大事なんじゃないかなってことです.
行政を動かすのは僕らだ!というスタンスでありたいと思うからね.

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)