2013年07月12日

2.4L用スリーブ

a6a7e473.jpg



ちょっと?真面目な話を・・・

今まで2.2Lで800馬力を高ブーストで常用し続けて来ましたが

今後のことを考えると・・・・・

800馬力では足りません。

更にタイムアップをするためには

1000馬力以上は欲しいです。

しかし現状で目指すとなるとまずは900馬力オーバーが目標かと

そのためにまずはデッカイタービンが必要です。

そしてそのでっかいタービンを今と同じぐらいのフィーリングで使うためには

排気量アップが必要不可欠です。

現在の日本のチューニング技術で

SRエンジンでドラッグ仕様の1000馬力エンジンを作るのは可能かと思います。

でもそれはどっかん仕様(有効回転高回転のみ)になってします。

サーキットタイムアタックでは少なくとも中間域から使えるエンジンでなくてはなりません。

だから今よりもターボサイズを上げる場合その大きいタービンを中間域から回せるように

ボアをアップして排気量を稼ぐ必要があるのです。

ボアをアップしピストンが大きくなればなるほど、スリーブの肉厚は薄くなり

そこに1000馬力もの爆発圧力が加われば、当然スリーブは壊れやすくなります。

おそらく誰も成功した事がない領域だと思います。

おいらの知る限り海外でも2.4Lで1000馬力を(ガソリンで)成功させているところは聞いたことが

ありません。

ナプレックさんといっしょになって2.4Lの1000馬力エンジンをトライしてみたいと思います。

これからのみんな大好きな!?SRエンジン発展のために!?も・・・・



















この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jdm_suzuki/51390347
この記事へのコメント
同じSRとして誇りに思います!!(^^)

駆動系もちますか??


シェイクダウンしたらまた全体のバランスを見直さないといけないですね(笑)

それにしても…
あくまでストローク量は変えずにボアをアップさせるんですか??
現在91个任靴燭茲諭?
それ以上大きいのは聞いたことがありません…。
誰もが不可能と思いそうなことを可能にするアンダーさんは凄いと思います。
Posted by とりっぴー at 2013年07月13日 08:04