sate23-2


季節とは関係なく、一番のお悩みといえば薄毛ですよね。
薄毛を改善したい、そんな方におすすめしたいのが湯シャンです。

・シャンプーの危険性は?
シャンプーと言っても、大きく分けるとシリコンとノンシリコンシャンプー。
シリコンシャンプーは、市販で発売されているノンシリコンシャンプーと書かれていないものです。シリコンシャンプーは泡立ちがとても良いですが、泡立ちをよくする為の液が毛穴に入ると詰まり薄毛の原因になりかねません。
ノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーとは異なり、泡立ちをよくする為の液が含まれていませんが泡立ちが悪い為髪自身を傷めることになります。

・湯シャンの仕方
まずは入浴する際に、ブラシで髪をよく梳きます。
フケや小さいゴミを取っておき、浴室で髪を洗いやすいようにします。
髪を濡らす際はまんべんなく濡らし、頭皮までお湯を行き渡らせてください。
続いてかゆいところを指の腹で擦るようにかき、かゆみをお湯で流してしまいます。
耳の裏、もみあげ、襟足、髪の生え際と言える箇所を指の腹でマッサージします。
そして仕上げにヘッドスパとして、指先を使って頭全体を揉み込みます。
最後にまんべんなく髪をすすぎ、終了です。
お風呂から上がったら、髪はすぐにドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーをすることで抜け毛を防ぎます。

いかがでしたか?
夏でも冬でも薄毛を気にしない湯シャン。
一度は試されてはいかがでしょうか。

sate23-3


 湯シャンという言葉が聞かれるようになってきました。これはシャンプーを使わずにお湯だけで髪の毛を洗うことであり、髪の健康に良い効果があると考えられています。

 初めてこの言葉を聞いた時に多くの人が感じるのは、お湯だけできれいになるのかという問題や、シャンプーを使わずに臭いがしっかりと落ちるかどうかを心配する気持ちであると言われていますが、実際に湯シャンを試している人は少なくありません。
 
 結論から言えばこの湯シャンが合わない人は少なからず存在します。自分の臭いが心配になるなど、却って別の問題が生じてしまうケースも少なくなく、良い結果には至らないということも珍しくないのです。

 しかし肌に合うとお湯だけで十分にきれいになる感覚を得ることが出来ます。勿論シャンプーなどを使った場合の様に皮脂が良く落ちるわけではありませんので多少なりとも残ることにはなるでしょう。

 しかしある程度は残っていた方が髪の健康には良いということも分かっています。そのため実際に調整してみて成果を感じる場合にだけ継続するということで良いのかもしれません。

 効果を感じる人の中には、抜け毛が減った様に感じる人は少なくありません。

sate23-1


最近抜け毛が増えてきた、頭皮が透けて見えるようになってきたと感じた時は毎日のシャンプーを見直してみることがおすすめです。

現代人は頭皮を洗いすぎ
昔の人と比べて現代人は手軽にシャワーを使ってシャンプーで快適に洗髪することが出来るため、洗いすぎにより頭皮が乾燥しすぎていることがあります。その場合は湯シャンといってシャワーのお湯だけで念入りに頭皮を洗うことで潤いを守り乾燥肌を改善させる効果が期待できます。

正しい湯シャンのやり方
湯シャンをするまえにブラッシングをして頭皮や髪の毛についた汚れを大まかに取り除いておきます。ブラッシングをするのとしないのとでは汚れを取り除く効果が大きく異なるため、面倒でもしっかりと行います。その後40度くらいのぬるま湯で頭皮についた汚れを優しく指の腹で揉み解しながら落としていきます。耳の後ろや襟足など汚れが溜まりやすい部分を入念に洗い、時間をかけて行います。

一日おきにシャンプーを使う人湯シャンを行う人交互に行っていけば、頭皮の潤いを必要以上取り除くことがなくなって潤いを保つことが出来て、ハゲなどの薄毛予防・改善効果が得られるでしょう。
 

↑このページのトップヘ