ようこそ 日本ダウン症協会富山支部「つなGO」ブログへ

富山支部「つなGO」が、活動の報告や関連情報を掲載しています。

【日本ダウン症協会(JDS)とは】
 公益財団法人「日本ダウン症協会」(JDS)は、東京に事務所を置く全国組織。
 ダウン症のある人、その家族、支援者などからなり、会員は約5800名です。
 全国に55の支部・準支部があります。
    [URL] http://www.jdss.or.jp    [E-mail] info@jdss.or.jp   
【富山支部(つなGO)とは】
 JDSの55番目の支部として、2014年10月1日に設立されました。
 支部会員44家族、特別会員(家族以外のサポート会員)6組が参加しています。
 「ゆるやかな連携」を合言葉に富山市南部(旧 大沢野町)を拠点に活動中です。
【相談室】
 毎月第一月曜日に相談室「つなGO」を開設中。気軽に遊びに来てください!!
【連絡先】
  TEL  090-7599-1336(上原:かみはら)     ↓pの後のみ数字の1
  FAX   076-461-5523     [E-mail] jds-tym@p1.coralnet.or.jp
   ★@は全角で掲載してありますが、半角の@に直して送信してください。
  住所 〒939-2252 富山市上大久保1585-1 希望の郷ケアタウン内

富山支部のポスター完成

A3サイズの富山支部のポスター完成!
image

3月に作成したチラシを一部分のみ変更して、A3サイズのポスターを50枚作りました。

6月25日(土)26日(日)にサンフォルテで開催される「サンフォルテフェスティバル」等でお目見えします。
富山支部は、展示と26日13時からのハンディキャップヨガのワークショップでこのフェスに参加予定です。

富山福祉短大へ出来立てほやほやのポスターを持参しました

4月22日(金)前日に納品された富山支部のポスター(A3サイズ)を持って、富山福祉短大に上原支部長がお邪魔しました。

11月20日にサンフォルテで開催する全国巡回セミナーについても、ご説明しました。 

image
企画推進部の喜多憲治部長と、社会福祉学科の村田泰弘先生にお会いしました。
8月30日(木)には「親子で楽しむ音楽会」、2,017年2月21日(火)には村田先生による「行動問題を示す知的障がい児者の“思い”を“形”にするための支援」などがあります。

image

富山福祉短大では、今年度も公開講座を予定されています。

image
image

http://www.t-fukushi.urayama.ac.jp/ 
詳しくはこちらをご覧ください 

ファミリーパークにて…

上原支部長より
image
ファミリーパークのフェンスを見に行きました。
先日のガラスのイベント作品がズラリ
お日様に照らされて、とてもガラス作品の色がきれいでステキでした!(思っていた以上に素晴らしい‼︎)
「一見の価値あり」です❣️

image
アメリカンホーム医療・損害保険株式会社さまの御厚意の事業に感謝致します

image
こちらは第1回作品です

4月8日(金)のTV番組紹介です‼️(チューリップテレビ)

image
↓ 龍円愛梨さんのオフィシャルブログより引用
http://ameblo.jp/airi-ryuen/

JDS「2016年世界ダウン症の日 キックオフ集会」で司会を務めてくださった
龍円愛梨(りゅうえん・あいり)さんが、お子さんのニコ君とともに、以下の番組に出演します。

4月8日(金)午後7時~7時55分 「爆報!THEフライデー」(TBS系列)
龍円さんは2011年にテレビ朝日を退職され、米カリフォルニア州に移住。
2013年にニコ君を出産されました。
ブログ「Sunny Life with Nico」で米国の
療育情報を発信、ダウン症のあるお子さんのいる両親と情報共有する場「DS Smile Class」を主催しています。

JDS「キックオフ集会」司会の龍円さんが北日本新聞に

image
3月18日付の北日本新聞に、ダウン症のあるお子さんをもつ龍円愛梨さんが登場。
龍円さんはフリーアナウンサー(元TBS)で、2月20日(土)の東京でのJDS主催「キックオフ集会」の司会を担当してくださった方です。
 image
 

啓発活動を行いましたっ!

3月21日は「世界ダウン症の日」。JDS富山支部では県内3か所のショッピングセンターの出入り口でノボリを立てて、合わせて3千近いチラシ等を配布しました。

チラシと一緒に配ったのは、県や市の福祉窓口などから提供いただいた関係グッズ、企業・団体からいただいた景品などです。午前11時から午後1時ころまで、本人も元気よく手渡ししました。

■ファボーレ富山
image1 (1)
11時からお母さんパワー全開のファボーレシネマ口!青年2人も頑張りました。

image
image1_1
今年は正面玄関に布陣。広いスペースで四方八方からの通行人に小学生チーム頑張りました。
応援に来てくれた虹の会からのお友達ファミリー!配布のお手伝いもしてくれました。

image
学校で配布された告知チラシをご覧になって駆け付けて下さった保護者の方より、善意のご寄付をいただきました。感謝です。

image1
途中から1歳7カ月の最年少参加者も含め、延べ22名が団結しました。皆んな笑顔で決めポーズです。

■イオンモール高岡店
IMG_6967
新高岡入口です。
IMG_6979
机の置き場所を変えました。
IMG_6986
正面入り口です。
IMG_7006
皆さん、チラシを見てくださっていました。
IMG_7017
いろんな方々から募金をいただきました。
IMG_7055
みんな頑張って、おなかが空きました。

■魚津アピタ店
②ドキドキ緊張
ドキドキ緊張しながら頑張りました。
③頑張ってね
『頑張ってね』温かい言葉をかけていただきました。
④募金
たくさんの募金ありがとうございました。
①集合写真
ハーティちゃんが応援に来てくれました。

入口でチラシを配っていると、買い物や用事を済ませて戻ってこられたときに募金をしてくださる方が大勢いらっしゃいました。「頑張ってくださいね」と声を掛けられると熱いものがこみ上げてきます。募金箱には多額の寄付が入っていて、お一人お一人にきちんとお礼を言えなかったことが残念です。皆様、ほんとうにありがとうございました。

パシフィコ横浜

NPO法人勇気の翼インクルージョンが開催した「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2016 ゆうきのつばさアート展」に応募した上原悠太さんの作品「嵐」が展示されました。3月19日&20日だけでしたが、同時にハロプロのコンサートもあり、大盛況だったようです。
P14s

image

12476798_849051485221556_1547872635_o

 

北陸中日新聞に掲載されましたっ!

先日、3月19日の北陸中日新聞に上原支部長のインタビュー記事が掲載されました
image
3月21日のショッピングセンターでの啓発イベントにも触れていただいてます

 

3月21日「世界ダウン症の日」啓発活動について

「世界ダウン症の日」啓発活動の応援チラシが出来ました
みなさん、お友達やお知り合いにチラシを渡したり、インターネットで送ったりしてくださ~い

当日、ショッピングセンターに、たくさんの方に応援に来ていただきたいのですが、それは無理でも、3月21日が国際デーの一つ「世界ダウン症の日」だということ、また、日本ダウン症協会富山支部「つなGO」が、こんな啓発活動をしていることを知っていただくだけでもいいかなと思います。

3月21日「世界ダウン症の日」啓発活動の応援をよろしくお願いします

【応援チラシのPDFデータはこちらから→http://ovation2005.tyabo.com/321/


3月7日(月)「つなGO」相談室に 2組が来室

3月7日(月)、定期相談室「つなGO」を開室しました。
午前中に、5歳の男の子とご両親、月齢4カ月の女の子とママの2組が相談に来られました
 image
ママのお膝でポチャポチャの女の子が座る癒されキャラでした。

午後からは、事務局ミーティングを兼ねて新年度からの相談室の運営等を話し合いました。

3月21日啓発イベントの準備

3月21日(月・振替休日)、国連の国際デーの一つ「世界ダウン症の日」に、今年も県内3カ所のショッピングセンターで啓発活動を行います。
ダウン症の人たちへの理解を深めていただこうと、富山支部チラシ・JDSリーフレットに、先日各関係機関より提供していただいたいろいろなグッズを添えてショッピングセンターで配布活動をします。
11頃から始めますので、皆様、ご支援&応援&遊びに来てくださ~い。お待ちしていま~す
 ★富山市:フューチャーシティ・ファボーレ
 ★高岡市:イオンモール高岡
 ★魚津市:アピタ魚津店

紙風船、ノート、ティッシュ、シール、ピンバッジ、キズバンetc. の提供、本当にありがとうございました!!
image

スタッフや会員さん、ボランティアの方々で朝から真剣に袋詰め作業をしました。
約3000セットは相当なボリュームで、なかなか終わりません…
image

窪田副支部長がポン菓子を差し入れてくれました
午後からも、各自時間が許すまでギリギリがんばって17時前に終わらせました
お疲れ様でした。
image



 

学齢期のダウン症miniブック 発行されました!

『先生だいすき! 友だちだいすき! ―学齢期の子どもと関わる方々のために―』
sennseidaisuki
学齢期の子どもの指導・支援のヒントや具体的方法を、東京学芸大学の菅野敦教授・同 橋本創一教授・宮城県立光明支援学校の佐藤功一教諭が、分かりやすく解説。
困ったときのQ&Aや本人紹介の書き込み頁もあります。子どもに関わる方々と保護者とのコミュニケーションツールとしてもぜひご活用ください!
<A5サイズ・本文32ページ・送料込み400円>

★【目次】【購入方法】はJDSのサイトから
http://www.jdss.or.jp/info/index.html#info148
 

YKK訪問

昨年3月、富山支部が啓発活動を初めて実施したときから協力していただいている企業、YKK株式会社様 。今年は、ピカピカのノートをたくさん提供していただきました
image
ファスナーのゆるキャラ!?「ちゃっくん」のノートは可愛すぎます
image
YKKの担当者の方に、緊張しながらお礼のご挨拶をした、窪田清人さん(右:18歳)と中陳朝登さん(左:15歳)。
image
image

ふたりは、それぞれの会場で、3月21日の世界ダウン症の日に啓発活動のビラ巻きや募金活動に仲間と参加します。 
★みなさ~ん、3月21日(月・振替休日)に県内3カ所のショッピングセンターに
  遊びに来てくださ~い!
 *富山市:フューチャーシティ・ファボーレ
 *高岡市:イオンモール高岡
 *魚津市:アピタ魚津店
    

金澤翔子さんの番組!

金澤翔子さんの番組のお知らせです
 image

2月20日(土)23時よりNHKにて放送
 image
翔子さんを支え続けてきたのは、一緒に暮らす母・泰子さん(72歳)。書を教えたのも泰子さんだった。これまで二人三脚で歩んできた母と娘。翔子さんが30歳を迎えた去年、強い絆で結ばれた二人に大きな転機が訪れる。
image
ダウン症の書家・金澤翔子さん(30歳)。その全身からは、自由でのびのびとした「書」が生み出される。いきいきとエネルギッシュに躍動する筆。その書は、多くの人々に希望と力を与え続けている。去年3月には、ニューヨーク国連本部で3月21日「世界ダウン症の日」日本代表としてスピーチをした。いまや翔子さんの名はワールドワイドである。
image
翔子さんは、書家としての才能を伸ばそうと一人暮らしを宣言。母・泰子さんも自分の残りの人生を意識し、娘に独り立ちしてもらおうと、懸命に部屋探し。さらに娘を新たな書の師匠に預けた。翔子さんは、墨をつけると重さ25キロになる大筆を初めて本格的に運び、懸命に大作に挑んだ。そこで生まれた書とは・・・。

書家・金澤翔子さんと母・泰子さん、親子の新たなる旅立ちの1年を追ったドキュメント


グロリアスディ2016

今年もアメリカンホームファミリー様主催のグロリアスディ企画に参加させていただきました
2月7日は3日目の最後の回でした。晴れて良かったです
image
まずは、お馬や羊と触れ合い体験〜
image

image
企画から全般の指揮をとられるのは今年も株式会社COZYの尾崎さま。
撮影係も兼務されてます

image
前回同様に直前の触れ合い体験参考に各自イラストを描きました
image
参加賞はクリアファイルやノート等の文具満載でした
ありがとうございます
完成が楽しみです

2016つなGOのチラシできました

2016年のつなGOのチラシできました!
写真のメンバーも交代しました。ご提供ありがとうございます

 image
来年度(平成28年4月)からの相談室は、毎月第1月曜日から第3日曜日に変更します。
時間も、10時~16時が、13時~16時に変更となります。
場所は変更なく、希望の郷(旧 大沢野町)です。

その他の曜日も、今までと同じく事前予約で対応していますので
遠慮なくご連絡ください。

2016年版 ダウン症啓発ポスターができました

2016年のダウン症啓発ポスターが完成しました!
(公益財団法人 日本ダウン症協会 が8,000枚制作)
今年のモデルは、仕事に、趣味に、ハツラツとした笑顔で取り組む
広島県の女性です。

3月21日「世界ダウン症の日」、3月「ダウン症啓発月間」のこの時期、
2月から3月にかけて、富山県内に配布・掲示していただきます(約300枚)。

image

 

3月21日『世界ダウン症の日』関連でご挨拶に

3月21日『世界ダウン症の日』啓発イベント協力やポスター配布・掲示依頼のため、ご挨拶に伺ってきました
imageimage
富山県薬業組合連合会様に前年同様、紙風船を提供していただきました。ありがとうございます!!
富山駅にいた売薬さんのブロンズ像を事務所入り口で発見!

image
県庁の健康課、障害福祉課の担当の方々です

image
一般開放されてる県庁屋上の庭園は 冬季閉鎖中でした

image
NHK富山のキャスター、鈴木佑実さんにもお願いしてきました
笑顔のステキな方です

image
富山県社会福祉協議会にも広報をお願いしてきました
ハーティちゃんにも当日の応援をお願いしてきましたよ!?

「ハンディキャップヨガ」、自主グループ活動開始

2016年1月24日(日)、10時半から約1時間半、富山市障害者福祉プラザで、JDS富山支部初の「自主グループ活動」として、「ハンディキャップヨガ」を行いました。
TS3R0445
講師は、塚田由佳先生です。
TS3R0443
このヨガは、昨年8月と12月の特別相談会のときに体験会を開いたものです。とても好評でしたので上原支部長が塚田先生に呼びかけ、二人が中心になって自主グループを立ち上げました。
TS3R0440
親子でリラックスしてみませんか!?
どなたでも参加していただける形で、月1回、実施していく予定です。

●1回:500円 ※参加・体験は有料。見学のみは無料
●対象:ダウン症等がある中学生以上(親など成人の方もOK)
    ※きょうだいの方などの年齢についてはご相談に応じます。
●場所:富山市障害者福祉プラザ 3階「教養室」(畳の部屋)
    ・動きやすい服装で
    ・必要な方は飲み物・タオルを持参
    ・ヨガマット(持っている方のみ。貸し出しあり)
●問合せ・申込み:上原(かみはら) 090-7599-1336


  ■「自主グループ活動」とは
   正式な支部活動ではありませんが
   スタッフの発案で支部が協力しながら着実な活動として
   育てていこうとしているものです
 

DeNAラミレス監督のこと

自身の息子にダウン症があることを説明したうえで、「凄くストロングな名前(剣侍(けんじ))だろ。生後8カ月になるが元気に育っている。彼が笑いかけてくれることが自分のエネルギー源」と語ったそうです。

いいお話ですよね。でも、願わくば、そんなことがいちいちニュースに取り上げられない普通のことになるような世界になればいいですね。

http://news.biglobe.ne.jp/sports/0105/spn_160105_4192933544.html
 
http://news.livedoor.com/article/detail/11028523/