【日本ダウン症協会(JDS)とは】
 公益財団法人「日本ダウン症協会」(JDS)は、東京に事務所を置く全国組織。
 ダウン症のある人、その家族、支援者などからなり、会員は約5600名です。
 全国に53の支部・準支部があります。
    [URL] http://www.jdss.or.jp    [E-mail] info@jdss.or.jp   
    富山支部のHPはこちらhttp://kibounosato.toyama.jp/jds/
【富山支部(つなGO)とは】
 JDSの55番目の支部として、2014年10月1日に設立されました。
 支部会員54家族、特別会員(家族以外のサポート会員)9組が参加しています。
 「ゆるやかな連携」を合言葉に、富山市を中心に活動中です。
【相談活動】
 年に2回程度、「就学相談会」「乳幼児相談会」など、テーマを絞った特別相談会を実施しています。
※この相談会の他に、ご相談にはいつでも対応しますので、電話・FAX・メール等でご連絡ください。
【連絡先】
  TEL  090-7599-1336(上原:かみはら)      ↓pの後のみ数字の1
  FAX   076-482-6624     [E-mail] jds-tym@p1.coralnet.or.jp
   ★@は全角で掲載してありますが、半角の@に直して送信してください。
  住所 〒939-2252 富山市上大久保1585-1 希望の郷ケアタウン内
 

乳幼児相談会

2018年8月5日(日)、つなGOで今年度2回目となる特別相談会を、富山市蜷川にある、市障害者福祉プラザ3階の教養室で開催しました。前回は今年4月、就学に関する相談会でした。→前回の就学相談会の様子はこちら

今回は、乳幼児とその保護者を対象として「赤ちゃん体操」を中心に企画しました。ダウン症のあるお子さん7名のほか参加者は全部で23名でした。

開会にあたり、上原支部長から「息子が生まれたとき、病院からの紹介で赤ちゃん体操を知った。当時はまだ、今のように様々な情報が簡単には入手できない時代。赤ちゃん体操のために兵庫県まで何度か通った。富山に日本ダウン症協会の支部を設けて、ここで赤ちゃん体操の紹介ができて本当にうれしい」と挨拶。
IMG_7878
次に、金沢医科大学病院に勤務される、高瀬悦子講師を紹介。

石川県では15年前、日本ダウン症フォーラムという活動で、石川県内のダウン症児の親や医療や福祉の関係者が集まり、主にインターネットを通じて情報交換や各種の支援活動を進める「ダウン症聞くまっしシステム」を立ち上げました。高瀬講師もそれから、委員の一人として関わっていらっしゃいます。

またその時に、兵庫県立塚口病院の藤田先生とスタッフの方々が「赤ちゃん体操」の実践をして下さったことがきっかけとなり、金沢医科大学病院でも「赤ちゃん体操教室」を診療として開始することになったとの経緯を説明されました。

続いて、富山市恵光学園園長の橋本伸子つなGO顧問が挨拶。
IMG_7898
今回は、つなGOで「リラックス・ヨガ」を指導くださっている塚田由佳先生と、
IMG_7902
会員で看護師の河合さん母子もサポート役として参加しました。
IMG_7904
このほか、以前から防災活動などを通じて学生とダウン症のある人とが交流する「富山コミュニティー論」の講義を設ける富山福祉短期大学 社会福祉学科 介護福祉専攻から宮城和美助教のほかボランティアの学生さん等3名も参加してくださいました。また、新潟大学で看護学を学ぶ大学院生さんが2名、金沢医科大学病院での研修の一環として、わざわざ新潟市から参加してくださいました。
IMG_7908

教室ではまず、高瀬講師から、ダウン症のある子の乳幼児期の成長パターンの特徴と、とかく遅れがちと心配になる健常児との成長の差について、「焦ることはありません」と励ましていただき、「早く力強く歩いたり走ったりするのではなく、きちんと座ったり立ったりすることを学んでほしい」と説明されました。
IMG_7934
赤ちゃん体操とマッサージの指導では、人形を使っての実演説明のほか、
IMG_7973
実際にダウン症のあるお子さんに対する手の添え方のこつ等を説明されました。
IMG_7976
また、個別に、参加のお子さんの成長の様子や日頃の子育ての経過を伺いながら、そのときどきで必要となる具体的なアドバイスをされました。

この実演では、小型の椅子に腰をかけさせ、足の裏の下に薄い板を差し込んでいき、正しい腰かけポーズを習得することを学びました。
IMG_7989
このお子さんは、このあと、両手を引かれて上手に立ち上がって歩きはじめ、会場から拍手が起こりました。日ごろ間近に子と接していても、その子の成長過程において、今どのような段階にあるのかは分かりにくいもの。高瀬講師からは、親としてもなかなか気づきにくい成長ステージの見極めについて教えていただきました。
IMG_7991
この間、保育ボランティアのみなさんと研修の方々が、一緒に参加しているきょうだいの面倒をみることで、参加者は安心して講師の指導を受けることができました。

最後に、上原事務局長が、今後、赤ちゃん体操を会の事業として取り入れていきたいと挨拶し、予定どおり午後4時過ぎに終了しました。

司会進行は窪田副支部長が務め、スタッフ全5名で対応しました。
参加者のみなさんからは「とても勉強になった!」と好評を博しました。
IMG_7864




岩元綾さんの新聞記事

2年が経つ、やまゆり園の事件。

岩元綾さんは鹿児島県にお住まいです。これは、南日本新聞に掲載された、ダウン症のある本人の彼女が、彼女のことばで綴った記事です。
岩元綾_20180804_2
この記事の中で彼女は、出生前診断に対する疑問についても語っています。多くのダウン症のある人は、ダウン症という知的障害のある人たちが優生思想によって排他的に扱われようとしていることを理解できにくいかもしれません。しかし、彼女は明確にそれを理解し、抵抗感を感じ、また、それを健常の人たちに伝えなければならないと、こうして気持ちを文字化してくれました。

ダウン症のある人たちとその家族が、つまり親の会が母体となっている日本ダウン症協会こそが、この感じ方に同調し、これを支援していかねばならないと改めて感じさせられました。

ここにあるような、綾さんの気持ちが詳しく書かれた本があります。ぜひ、お手に取ってご覧になってください。
かもがわ出版
  →くわしくは、こちら

つなGO会員、スペシャルオリンピックスの全国大会に出場

知的障害のある人たちに、日々のトレーニングと競技会を通じて自立と社会参加をサポートする国際的な活動として、スペシャルオリンピックス(SO)があります。富山では体育館で行うアイスホッケーのようなフロアホッケーという競技のほか全12種目のプログラムが設けられています。

SOの大きな競技会には、全国大会のほか、世界大会があります。どちらも、夏季大会と冬季大会があり、それぞれが4年に1度ずつ開催されます。つまり、毎年1回は、国内のどこかで、あるいは世界のどこかの国で、夏季又は冬季の全国大会か世界大会が開催されているのです。

最近では2015年にロサンゼルスで夏季世界大会、2016年に新潟で冬季全国大会、昨年2017年はオーストリアで冬季世界大会が開催されています。2004年に長野で開催された冬季全国大会以降、2005年を除く毎年の全国大会か世界大会に、富山のアスリートかコーチ又はその両方が参加しています。

2018年は愛知県で夏季全国大会が開催されます。富山からは陸上競技・ボウリング・テニス・バスケットボールの5競技に、アスリート15名、コーチや団長など10名の総勢25名の選手団が参加し、つなGOでは、ボウリングで戸田明里さんと上原悠太さん、バスケットボールで大坪岳志さんが参加します。応援をよろしくお願いします。

大会は、今年9月22日(土)~24日(月・祝)までの3日間で実施されます。

その選手団の5名が、2018年7月31日(火)、県庁に前田厚生部長を訪問した記事が、8月1日付けの北日本新聞朝刊に掲載されました。

20180801_SO、県庁訪問

聞くまっしシステムさん、15周年

2018年7月29日(日)、金沢市JR金沢駅横にある石川県立音楽堂地下1階の「交流ホール」で開催された、ダウン症聞くまっしシステム15周年記念講演会・イベントに行ってきました
IMGP0042
主催者を代表して石塚委員長が開催のご挨拶のあと、和太鼓OTOsoundさんにより、大太鼓の演奏が披露されました
IMGP0052
IMGP0050
続いて、木下きよえ先生を中心として石川県でダンス活動に参加の皆さんによるダンス披露のあと、
IMGP0054
LOVEJUXさんによる公開レッスンでした
IMGP0064
レッスンにはダウン症のある本人も参加し、インストラクターの指導で3班に分かれて、順番に得意の踊りを披露しました
kimumashi_dance02
kimumashi_dance03
IMG_1031
約10分間の休憩のあと、今回のメインイベントである特別講演、「ダウン症のイケメンの毎日」。あべけん太さんが登場です。お父様である安部俊秀さんが、けん太さんが生まれ奥様が亡くなられた後、けん太さんと一緒に歩んでこられた毎日を、スライドを使って紹介されました
IMGP0078
最後は、出城太鼓さんによる虫送り太鼓等の披露の後、
IMGP0081
実演を希望した本人がステージに上がり、
IMGP0083
会の方からの指導で、
IMG_20180729_170624
全員が同じリズムを叩いて合わせられるようになりました
IMG_20180729_170934

JDS富山支部からも5家族が参加しました
IMG_20180729_171320
IMG_20180729_171755
聞くまっしシステムさんの以前の会合でも太鼓が披露されたことがあったのですが、今日の説明では、石川県の太鼓は有名だそうで、演奏者も多く、全国大会で1位2位を独占したこともあったとのこと、
IMGP0081
若いメンバーによる演奏のシャープさからは、十分に頷けると思いました

金沢市を中心に発足し、医療や療育などの多方面の専門家が集うダウン症聞くまっしシステムさんは、さすがに長い歴史に裏打ちされた素晴らしい活動を展開しています

8月5日(日) 乳幼児相談会「赤ちゃん体操」のご案内🍀

IMG_8019
☝2017年8月のベビーヨガに続く乳幼児対象の相談会です。

今回は、「赤ちゃん体操の紹介と実技」です。
ダウン症のあるお子さんが、足の裏全体で体を支え膝を使う正しい歩行を獲得することが目的で、
歩き始めていないダウン症のあるお子さんが対象。

「正しい歩行」は、一生の財産になりますので、ぜひご参加ください!

■日時:8月5日(日)13:30~16:00
■場所:富山市障害者福祉プラザ 3階 教養室(和室)
■対象:歩行を獲得していない乳幼児
    ※2~3メートル歩けるようになるまでのお子さん。
■指導:金沢医科大学病院 看護部 外来Ⅱ(ゲノム医療センタ-・健康管理センタ-) 
  高瀬悦子さん  ※富山支部特別会員
■おおまかな予定 ※多少、変更の可能性あり
  支部からの挨拶、高瀬さんの紹介・挨拶で約10分
  赤ちゃん体操の紹介を約30分
  実技として1時間30分
  自己紹介、質疑・応答や相談等で約20分
■申込:、月30日(月)までに 「上原公子  jds-tym@p1.coralnet.or.jp」 へご連絡ください
  *ダウン症のあるお子さんのお名前、月齢・年齢(1歳以上の場合も、月齢も) 
  *当日参加される親御さん、ご家族の方、全員のお名前
   ★きょうだいが参加され、保育補助が必要な場合はその旨をお知らせください。
     月齢・年齢(1歳以上の場合も、月齢も) 
     ★ご質問等は以下まで 090-7599-1336

■参考サイト:日本ダウン症療育研究会
       http://plaza.umin.ac.jp/~JSCRD/



7月15日(日)の リラックスヨガのご案内

こんなに早い梅雨明けも珍しいですが、蒸し暑い日が続きます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
こういう時こそ、ゆったりとした気持ちで深呼吸し、体を伸ばし、気分転換してみませんか。
今月のヨガは7/15です

ダウン症のある本人たちも、気持ちがいいようです~
気持ちが良すぎて、寝てしまっても大丈夫。
今年度は自主活動になったヨガですが、以下の予定が決まりましたので、合わせてお知らせします❗️
年齢等関係なく、どなたでも参加していただけます。
(今後も月1回開催の予定)

●場所:富山市障害者福祉プラザ 3階 教養室
●時間:9:45集合 11:45くらいまで
●日にち:すべて日曜日 <決定した日>7/158/26、9/9、10/7
●参加費:高校生以上 500円

前回の様子👇
IMGP0089
IMGP0098
IMGP0092


 

金沢の「聞くまっしシステム」さん15周年

石川県で活動している「ダウン症聞くまっしシステム」は、精力的に活動を続けてきて、今年、15周年事業を開催します

お時間のある方は参加されてはいかがでしょうか
kiku15
富山での「つなGO」3周年記念会で来県されたダウン症のイケメン あべけん太さん親子の講演やOTOサウンドさんの太鼓演奏、LOVEJUNX公開ダンスレッスン、写真展等が催されます

日時・場所は、
 2018年7月29日(日)、12:00受付開始
 石川県立音楽堂 交流ホール
 参加費は、1家族・1千円

チラシ・申込書はこちら

サンフォルテフェスティバル

2018年6月22日~7月1日まで開催されたサンフォルテフェスティバル
IMGP0087
つなGOは、今年も展示参加しました
IMGP0082
23・24日は、スタッフが交代で会場に詰め、来場者にご案内しました
IMGP0073

IMGP0060
















 

6/24(日) 🍀リラックスヨガのご案内

空梅雨なのか蒸し暑い日が続きます。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ゆったりとした気持ちで深呼吸し、体を伸ばし、気分転換してみませんか。
今月のヨガは6/24です

ダウン症のある本人たちも、気持ちがいいようです~
気持ちが良すぎて、寝てしまっても大丈夫。
今年度は自主活動になったヨガですが、以下の予定が決まりましたので、合わせてお知らせします❗️
年齢等関係なく、どなたでも参加していただけます。
(今後も月1回開催の予定)

●場所:富山市障害者福祉プラザ 3階 教養室
●時間:9:45集合 11:45くらいまで
●日にち:すべて日曜日 <決定した日>6/24 7/15 8/26
●参加費:高校生以上 500円

前回の様子👇
IMGP3771
 

朝日新聞の記事

2018年6月20日付け朝日新聞朝刊(西日本版)に掲載されました。
名畑朝日記事
世界4か国(イギリス、ミャンマー、南アフリカ、日本)でダウン症のある子どもたちを撮影してきた名畑文巨(ふみお)さんは、2018年5月、写真展「ポジティブエナジーズ」をロンドンで開催。これは、彼が主唱して進める「世界の障害のある子どもたちの写真展」プロジェクトの第1回でした。

次回のプロジェクトは、「この子たちの、前向きなエネルギーを伝えたい」として、2020東京オリンピック・パラリンピックに合わせて東京で開催予定。

講演会の新聞記事

講演会が2018年6月10日(日)で翌日は新聞休刊日でした。ということで、以下、2018年6月12日(火)の、上から北陸中日新聞、北日本新聞、富山新聞の記事です。
hokurikuchunichi
kitanihonn
toyama



講演会

2018年6月10日(日)、富山市障害者福祉プラザ1階多目的ホールで、日本ダウン症協会富山支部(つなGO)の総会のあとに開催した講演会「ライフステージに応じた支援を考える」No.3は、副題を、「『はたらく』を支える」として、「はたらく」に向けた態度を育てることについて学びました
司会は窪田副支部長(右)
IMG_8623
中央は冒頭でご挨拶いただいたぜんち共済株式会社の榎本重秋社長、左は同社顧問で全国の障がい者施設の商品を販売する「ありがとうショップ」を経営する砂長美んさん

東京学芸大学教授菅野敦先生の講演では、
IMG_6919
知的障害のある人が就労したあとの職場への適応について、学校教育で目指すことと、職場で目指すことになることの仕分けを説明された後、「働く力」を伸ばすための数々の取り組みを紹介されました

「生きる」「学ぶ」「働く」から「暮らす」という場面ごとの階層に対して、主体性や責任等の概念がどのように関係するかという説明のあと、最終的にはより高度な態度としての「協力」を理解して行動できる力を身に着けていくことの重要性を分かりやすく講義いただきました

会場には150人の参加者があり、多くの県内報道機関からの取材を受けました
IMG_6931
この講演会では、ダウン症のある小さな子をもつ保護者が参加しやすいように託児も行いました
IMG_6951
IMG_6956
いつも「つなGO」のイベントで支援くださるボランティアに、今回は富山福祉短期大学の学生さんが参加くださいました。JDS大分支部では以前から大学との合同の活動を進めてきました。富山でも、いずれは必ず福祉関係の仕事に就くだろう学生さんに、このような形のボランティア活動の場を提供することと、「つなGO」のイベント推進の機動力となる連携で有意義な協働事業になりました
IMG_6957
会場では、関連書籍の展示や販売
IMG_6950
IMG_6942
IMG_6943
IMG_6944
会としての普及啓発事業であるサンシップフェスティバルへの参加時の展示品も掲げました
IMG_6939
菅野先生は、富山ではこれで3回目
IMG_8628
毎回、専門的なお話を分かりやすく説明くださいました
IMG_8632
最後に上原支部長が「富山で菅野先生からの詳しいお話をお聞きできたことは幸せ」と挨拶し、2時間半の充実した講演会を終了しました
IMG_6994










定時総会

2018年6月10日(日)、富山市障害者福祉プラザ1階の多目的ホールにて、午前11時50分から、日本ダウン症協会富山支部(つなGO)の定時総会を開催しました。司会は佐藤副支部長
IMG_6895
中山会長が挨拶の後、議事に移り、
IMG_8595
平成29年度分として、上原支部長から事業報告が、
IMG_8596
上原事務局長から収支報告が説明され、
IMG_8597
藤井監事が監査結果を報告しました
IMG_8606
その後、平成30年度事業計画、収支予算案の審議、役員の選任等が滞りなく進められました
総会に先立ち、午前9時から、会場を設営し、
IMG_6882
スタッフミーティングを開催して今一度担当を確認
IMG_6890
IMG_8586
今回は、富山福祉短期大学から教員2人、学生8人がボランティア参加してくださいました
IMG_8607
会場では、書籍も販売
IMG_8585
IMG_8584
IMG_8583

また、本日の北陸中日新聞朝刊に、窪田副支部長の息子の清人さんを取材した記事が掲載されました。清人さんは地元のパン工房で働いており、会計時の電卓も担うことなど、記事は知的障害者の就労を扱っています。記事には、午後からの講演会も取り上げられていました。講演会は「はたらくを支える」。記事のお陰もあり、講演会には飛び入りの参加者も多くみられました
北陸




6月10日講演会のPR

2018年6月4日(月)、午後1時40分~50分。小林淳子アナウンサー担当のKNBラジオ「でるでるファイター」に事務局長が出演し
IMGP0017
6月10日の講演会をPRしてきました
IMGP0021
支部の活動や、父親としてこれまで息子と接してきたことなど、なかなか、いきなり答えるのは難しいものです
image1
それにしても踏ん反り返ってますね・・・ 反省反省っ


6月10日、講演会。13:30から

6月10日(日)午後1時30分から、
富山市障害者福祉プラザ1階多目的ホールで開催する講演会
「ライフステージに応じた支援を考える」No.3 「はたらく」を支える
―「はたらく」に向けた態度を育てる― 
を開催します。

fe87acad
一般の方の方、500円(資料代)
当日、まだ、ご参加いただけます

総会準備と講演会資料袋詰め

つなGOでは、年間数回のスタッフミーティングを開催しています。今日は11人の出席でした。スタッフは全員がボランティア。ミーティングは、総会や相談会、啓発活動等の準備作業と併せて開催することで少しでも負担を減らそうとしています。まず、6月10日に予定の総会と講演会について分担や準備状況を確認し
IMGP0008
講演会で配布する資料の整理と袋詰め
IMGP0012
菅野先生のプレゼン資料は、A3裏表の資料をたたんでホッチキスし、アンケート用紙を挟み込みました
IMG_7326
6月23日(土)・24日(日)に開催のサンフォルテフェスティバルのチラシ、つなGOを支援くださっている施設や団体等のパンフレットを順番に取り上げて効率的に整理
IMGP0014
たくさんの資料があります。なかなか骨の折れる作業ですっ!
IMG_6853
講演会の事前予約は締め切りましたが予約なしでも参加できます。
一般の方は資料代として500円が必要です。富山市障害者福祉プラザで6月10日(日)、13:30~16:00。お待ちしています!!

KNBラジオでPRしました

2018年5月31日、午前10時45分くらいから11時近くまで、支部長がKNBラジオに生出演
IMGP0004
番組名は「とれたてワイド朝生!」。中央はアナウンサーの陸田陽子さん
IMG_0867
IMG_0870
支部長が出版した「編集をおえて」のPRと
編集をおえて
6月10日(日)午後1時30分から、富山市障害者福祉プラザ1階多目的ホールで開催する講演会、「ライフステージに応じた支援を考える」No.3 「はたらく」を支える ―「はたらく」に向けた態度を育てる―  について案内しました
fe87acad

IMGP0003
ラジオでのイベント告知でいつもお世話になっている柴田明夫報道制作部次長(左)と、沼田知里ディレクター(右)と、上原支部長

打ち合わせもそこそこに、結構“ぶっつけ本番”のような感じでしたが、講演会に大勢の方々が来てくださることを祈りながら、何とか無事に終了することができました

支部長が新聞に掲載されました

平成30年5月29日の北日本新聞朝刊に支部長が自費出版した「編集をおえて」の記事が掲載されました。日本ダウン症協会の理事で広報出版委員長だった時代に、協会が毎月発行する会報の編集長を務め、毎号に掲載した「編集後記」を集めて加筆したものです。

県内では、呉羽にある富山県立図書館の他、富山市立図書館(キラリ)・同市大沢野、黒部市立、舟橋村立、射水市立中央、高岡市立中央の7図書館に置いてあります。6月10日の支部総会の日にも持っていきますので、手に取ってご覧いただけると思います。

さて、家族として支部長を見ると、

毎月、向こう数ヶ月分の会報の構成を計画し、毎号の概要案を富山から東京本部に諮り台割を作成し、取材相手に連絡して取材し、原稿を依頼して催促し、写真を選んで見出しとキャプションを付け、受け取った原稿を整理しレイアウトして入稿し、校正し・・・、

「会費で成り立つ会は会報こそが命」と肝に銘じ、読者に満足いただける内容にするため常にアンテナを張り、JDSとして発信する内容が偏向しないよう配慮し、社会情勢の変化とダウン症のある子をもつ親としての受け止め方に折り合いを付けながら・・・
北日本20180529
家族として見ていて、ほんとうに「お疲れ様」だったと思います。

編集長は変ってもJDSには引き続き、会員や社会のニーズに応える会報を発信していってもらいたいと期待しています。
                              事務局長


リラックスヨガ2回目

5月27日(日)、富山市障害者福祉プラザ3階教養室にて、リラックスヨガの2回目を開催しました。参加者は、講師の塚田先生を含めて14人
IMGP3765
先日の富山新聞の記事をご覧になってお問い合わせを頂いた方があり、親子1組が参加してくださいました。
こんなポーズもできました。
IMGP3770
次回は、同じく富山市障害者福祉プラザで6月24日(日)、午前9時45分からです。
IMGP3771


講演会「[はたらく]を支える」の申込は5月31日まで

いろいろな年代の方々に、ぜひ聞いていただきたいお話です!!
chirashi_2018_Kanno
6月10日(日)13:30 から 、富山市障害者福祉プラザ 1階 多目的ホールにて、菅野敦先生(東京学芸大学教授) による就労に関するテーマの講演会を開催します。
今回は、一般の方のみ資料代として500円  となっています。
ダウン症のある方々のご家族や施設の支援者の方々、特別支援学校や特別支援学級の先生方など、多くの関係者の皆様のご参加をお待ちしています。

★申込締切は、5月31日(木)までに延長
ネット上の「こくちーず」からのお申込みはこちらです。 
  http://www.kokuchpro.com/event/jdst03/

FAXでのお申込みはこちらです。
moushikomi_2018_Kanno