JE3PRM のblog

通常のWebの http://www3.kcn.ne.jp/~takishin/je3prm/jpn.html で私のシステムを紹介してきましたが、日々の変更などを反映するのに手間がかかるので、Blogの中でいろいろ発信して行きます。 上記のWeb(最終作成 2016/11/22)をベースにしますので、参照ください。

7MHzのコンデションが不安定で、3.5MHz帯にQSYする方が増えているが、残念ながら我が家では、充分なスペースがなく、ままならない。 今まで何度か垂直系のアンテナをトライしてきたが、グランドへの対応が充分できなく、作ったは良いが飛ばず、あきらめてきた。 Ant_80m_base

しかし最近モービルホイップでも案外使えるとの話を聞き、試す事にした。 問題はグランドであるが、CQオーム社から簡易ラジアルケーブルという商品が出ており、これを参考に、線材だけあれば良いので、自作してみた。 Ant_80m
 
左図のような8角形のアルミ板を作り8ケ所からラジアル線(今回5m)を放射状に置くというものである。  これを屋根に上げ、8本の5mの線(1.25mm)を屋根にばらまいた。(右図) SWRを確認すると、3.55MHzでSWR=1に近くまで下がった。 受信はノイズが多いが、ほぼ予想の範囲で充分に実用になる感触であった。 またこのノイズはHPSDRのPowerSDRのS/Wのノイズ除去機能でかなり軽減できた。 SWR<2の範囲はほぼ30KHzであり、案外使えるかなと期待した。 

そこで送信テストを行ったのだが、伏兵が待っていた。 回り込みである。 20Wでも起きた。 この対策のため同相フィルタ等色々試したが、50W程度までにしか改善できず、一旦休憩とした。 2つ使ってダイポールとし非接地アンテナのアイデアもあるが、今回使用したモービル用アンテナはダイヤモンドHF80CLで基台がマッチング部となっており800pFもの容量を持っており、単純ではない。 このグランドに関するメーカのプレゼン資料がメーカから送られてきたので紹介する。presen_daiichi


DSCN1542TS690Sのシステムが完成したのだが、一杯一杯の我シャックのラックや机にはこれを置くスペースがない。 そこで苦肉の策で、写真のように床上にちょっとした台を作って置いた。 写真に私の足が映っている。
 
普通ならトランシーバをそのようなところに置いて使うのは無理である。 しかしこのRedpiyataを使ったHPSDRなら操作は全てPCからなので、問題ない。 ただ残念なのはTS690の電源ON,OFFがCATでサポートされていない。 最近のリグは電源のCATコントロールが可能であり、リグを手の届かないところに置いても良い。 ただし、うまく改造が可能かは不明であり、あらかじめ確認しにくいし、新しいリグだと改造にためらいが生まれるかな。 中古TS690Sはその点、最適のチョイスだったと思う。 またTS690のオートアンテナチュナーを取り外し、ここにRedpitayaを入れるとスマートにまとまる。 これはJA1NPCさんが実現されている。 (JA1NPCさんのブログ

Input_originalこのカテゴリーの記事も終わりかと思ったかと思ったのだが、ちょっと伏兵がいた。 No8で少し触れたRedpitayaの受信感度向上のため、Input1のジャンパー部分の改造をして6dBアップさせた部分で、トラブルが発生した。 Redpitayaの入力部は右図のようになっており、LV(1Vフルスケール)とHV(20V)をジャンパーで切り替える。 工場出荷時はLVとなっている。右図だと見えにくい(オリジナルの分解能が悪い)ので、多少簡略化した下図で説明する。
Input_mod
そのまま使うと入力は2本の499kΩで分圧され、6dBのレベル低下となる。 そこで最初図の左のようにLVの回路をスルーさせ、入力をコンデンサを介して直接初段のアンプに行くようにした。 結果は6dBアップし期待通りと思った。 しばらくそれで使っていたが、前回のブログで書いたように最後のまとめをし、プリアンプの調整を再度しようと、SG(別のRedpitayaを使用)を使って調整をし始めたら、なんと受信のレベルが徐々に下がり、遂に全く入力無し(ノイズもなし)になってしまった。 

故障かと思ったが、念のため次の日に再度確認したら、正常に戻っていた。 しかし何気に入力に手で触ってしまった時、いきなり同じ現象が起きた。 数時間経っても回復しなかった。 しかし1日置くと正常にもどった。 内部回路などの情報がないのでよくわからないが、入力アンプのインピーダンスが高く、このような使い方は、不適当であったと思われる。 一種のラッチアップかな? そこで図の右のようにGndに落とす499kはそのままとなるように変更した。 今のところ異常は起きていない。


このページのトップヘ