2005年09月23日

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第36話「PHASE-35 混沌の先に」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第36話 「PHASE-35 混沌の先に」
アニ感チャート
作品情報 スタッフ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第36話 「PHASE-35 混沌の先に」
  • エグゼクティブプロデューサー:
    竹田靑滋(毎日放送)、宮河恭夫(サンライズ)
  • プロデューサー:
    諸冨洋史(毎日放送)、丸山博雄(毎日放送)、
    佐藤弘幸(サンライズ)
  • 監督:福田己津央
  • シリーズ構成:両澤千晶
  • 脚本:高橋ナツコ、両澤千晶
  • 絵コンテ:鳥羽 聡、米たにヨシトモ
  • 演出:鳥羽 聡
  • キャラクター作画監督:大貫健一
  • メカニック作画監督:西井正典
  • 背景:GREEN、風動画設計制作有限公司
  • 製作:毎日放送、サンライズ
物語の展開メモ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第36話 「PHASE-35 混沌の先に」
  • 核爆発のような規模の表現の爆発でも、死なずに五体満足なキラ・ヤマト。
  • 間一髪で難を逃れることに成功するアークエンジェル。
  • シンとアスランの亀裂は決定的に。
  • ミネルバ、ザフト軍ジブラルタル基地へ寄港。
  • 再び地球へ降りるデュランダル議長。
  • 新型機、デスティニーとレジェンドの公開。
■良かった点
  • 主に10歳前後の子供には、スーパーロボットアニメとして、また和風なドラマの好きな方々には、ホームドラマとして、適度に楽しめるかもしれない作品ではないでしょうか。
  • レイ・ザ・バレルが、アスランを諭す台詞。
  • 影でゲームのように、戦争を達観していた軍需産業関連のロゴスの人間が、粛清されていく痛快さ。
  • ロゴスのロード・ジブリールもピンチに。
■その他
  • キラ・ヤマト生存は、あまりにも酷すぎる「狼少年」的ご都合主義。
  • 極端な表現によって視聴者の心情に訴えることを多用する、稚拙な物語構成。いわゆる「狼少年」に通じるものがあるようにも感じられる制作姿勢。
  • 意図はわかるがあまりにも無茶苦茶に感じる、捕虜のネオとキラの相部屋設定。
  • シンへの対応は理解できるが、アスランへの対応は不可解なデュランダル議長の表現。
  • 今回の本編にてキラ・ヤマトが、核反応炉緊急停止措置を施した場面を挿入。核爆発ではなかったことを作り手の中では設定しているようです。しかし、本作品の主要視聴者層が子供であることは、作り手のスタンスからも、また本作品の過去の表現からも明らかであり、この説明場面の挿入は、子供向け作品として効果的とも適切とも思いがたい、主に弁明の性質の強い後付け設定表現の場面といえるのではないでしょうか。
  • 戦争をテーマとして扱っているような体裁の、子供向け番組であるにもかかわらず、あたかも核爆発のような戦争における爆発の脅威を平然と軽視する、矛盾極まりない無責任な表現とも思えます。
  • 物語が盛り上がるなら何をやっても良い」という姿勢は、「番組がおもしろければ何をやっても良い」として捏造等の問題を起こす一部のTV番組の制作倫理や、「利益のためなら何をやっても良い」という忌むべき企業倫理や、「正義のためなら何をやっても良い」という本作品中にても問題として提示されている価値観と、同じものではないでしょうか。戦争や倫理について触れようと、高らかにお題目を掲げる本作品の制作者の制作倫理が、実はとても誉められたものとは言い難い、矛盾した無責任なものである可能性を自ら露呈した、皮肉な物語構成となったのではないでしょうか。

この記事へのトラックバックURL

この記事にコメントする

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: キャラ  作品
 
 
 
ようこそ
 ご訪問ありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎いたします。一言からお気軽にお願いします。

SIDE 6 管理人 ★ジャン

カテゴリー別目次
カテゴライズについて
 単独で分類されている作品については、 原則として50音別分類項目に、仕様上掲載していません。
最近のコメント
月別アーカイブ
アニ感チャート別表
個人的な印象の数値化です。
(最低〜最高点。120点満点。)

印象とはいえ数値で一覧化すると自分でも疑問を感じる整合性のなさです。最高点順であり平均点ではありませんので、一部かなり奇妙な順序になっています。1話の評価しかない作品もあり、一律に序列化すること自体に無理があるのは承知です。並べてみるのもおもしろそうだったので試したまでです。管理人自身の今後の参考用とお考えください。平均点順に順次変更中。
【 2006/1/15 更新 】

  1. WOLF'S RAIN
    ウルフズレイン

     :110点
  2. 攻殻機動隊
    S.A.C. 2nd GIG

     :90〜107点
  3. 攻殻機動隊
    STAND ALONE COMPLEX

     :84〜104点
  4. SAMURAI 7
    サムライセブン

     :103点(シリーズ)
  5. かみちゅ!
     :103点
  6. 創聖の
    アクエリオン

     :103点
  7. 巌窟王
     :95点(シリーズ)
  8. ふたつのスピカ
     :94点
  9. ジパング
     :82点(シリーズ)
  10. バジリスク
    甲賀忍法帖

     :81点(シリーズ)
  11. 劇場版
    機動戦士
    Zガンダム
    星を継ぐ者

     :79点
  12. Rozen Maiden
    ローゼンメイデン

     :77点(シリーズ)
  13. BECK
     :77点(シリーズ)
  14. ぺとぺとさん
     :56〜77点
  15. 英國戀物語エマ
     :54〜73点
  16. 機動戦士
    Vガンダム

     :72点
  17. TIDE-LINE BLUE
    タイドライン・ブルー

     :72点
  18. 撲殺天使
    ドクロちゃん

     :70点
  19. NARUTO ナルト
     :54〜65点
  20. MONSTER
    モンスター

     :51〜64点
  21. ケロロ軍曹
     :57〜61点
  22. ONEPIECE
    ワンピース

     :56点
  23. ガン×ソード
    GUN SWORD

     :30点〜54点
  24. ハチミツと
    クローバー

     :53点
  25. 交響詩篇
    エウレカセブン

     :52点
  26. トリニティ・ブラッド
    Trinity Blood

     :50点
  27. IGPX Immortal Grand Prix
     :49点
  28. ピーチガール
     :48点
  29. SPEED GRAPHER
    スピードグラファー

     :32〜44点
  30. エレメンタル
    ジェレイド

     :39点
  31. SHUFFLE!
    シャッフル!

     :39点
  32. 奥さまは魔法少女
     :35点
  33. おねがい
    マイメロディ

     :33点
  34. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    :32.8点(50話平均)
    22〜55点
  35. こみっくパーティーRevolution
     :26点
  36. 円盤皇女
    ワるきゅーレ

     :25点