2005年09月26日

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第41話「PHASE-40 黄金の意志」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第41話 「PHASE-40 黄金の意志」
アニ感チャート
作品情報 スタッフ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第41話 「PHASE-40 黄金の意志」
  • エグゼクティブプロデューサー:
    竹田靑滋(毎日放送)、宮河恭夫(サンライズ)
  • プロデューサー:
    諸冨洋史(毎日放送)、丸山博雄(毎日放送)、
    佐藤弘幸(サンライズ)
  • 監督:福田己津央
  • シリーズ構成:両澤千晶
  • 脚本:野村祐一、両澤千晶
  • 絵コンテ:西澤 晋、高田昌宏
  • 演出:いとがしんたろー 糸賀慎太郎
  • キャラクター作画監督:森下博光
  • メカニック作画監督:吉田 徹
  • 原画:有澤 寛、重田 智、他
  • 背景:スタジオロフト
  • 製作:毎日放送、サンライズ
物語の展開メモ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第41話 「PHASE-40 黄金の意志」
  • 叙勲されるシン、フェイスに任命されるレイとシン。
  • ジブリールの潜伏先がオーブであることが、ザフトに知れる。
  • ジブリールの存在を否定するオーブのユウナ。
  • オーブに進攻するザフト軍。
  • 新型機「暁」でオーブへ帰還するカガリ。
  • オーブ軍の指揮権を掌握して反撃するカガリ。
■良かった点
  • 主に10歳前後の子供には、スーパーロボットアニメとして、また和風なドラマの好きな方々には、ホームドラマとして、適度に楽しめるかもしれない作品ではないでしょうか。
  • 美しい金色の表現。
■その他
  • 「ロゴスと戦うとは、ロゴスのメンバーに軍を差し向けるものではない」と言う趣旨の発言を、最初の演説でデュランダル議長に言わしめた脚本にも関わらず、その後のデュランダル議長の発言や行動が脚本上矛盾しているように思えてしまいます。
  • ジブリール引き渡しの問題は、単にカガリが代表として、オーブに帰還して処理すれば済むだけの話。
  • 相変わらず「ええっ!?」から始まるミネルバ副長アーサーの台詞の陳腐さ。
  • 要するに物語では、デュランダル議長率いるザフト軍を、アメリカ合衆国の外交政策や軍事戦略に例えて批判したいようですが、その動向はオーブの外交が関係している以上、カガリ代表の存在を考慮するとあまりにも不自然な構成。
  • カガリのオーブ代表としての行動が無いことにするのは、物語の状況からしても、またカガリのキャラクターからしても、あまりにも無理のある不自然な構成。
  • 連絡手段さえ皆無らしき、あまりにもおかしいカガリ関連の表現。
  • わざわざ状況悪化を待ちながら、挙げ句の果てに「待ってなどいられない」と吐き、行動する、あまりにも脚本家勝手な奇妙なカガリの表現。
  • 「百式」のコンセプトを真似た新型機「暁」。
  • 本作品を制作する上層部は、主な視聴対象年齢層への表現レベルの適切さという次元とは別に、物語構成として自己矛盾なく表現する能力や意図が、著しく乏しいのではないかという疑念を、あらためて強く抱かざるを得ません。
  • ユウナ逮捕の構成のための、あからさまに奇妙に誇張されたご都合主義のユウナの表現。

この記事へのトラックバックURL

この記事にコメントする

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: キャラ  作品
 
 
 
ようこそ
 ご訪問ありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎いたします。一言からお気軽にお願いします。

SIDE 6 管理人 ★ジャン

カテゴリー別目次
カテゴライズについて
 単独で分類されている作品については、 原則として50音別分類項目に、仕様上掲載していません。
最近のコメント
月別アーカイブ
アニ感チャート別表
個人的な印象の数値化です。
(最低〜最高点。120点満点。)

印象とはいえ数値で一覧化すると自分でも疑問を感じる整合性のなさです。最高点順であり平均点ではありませんので、一部かなり奇妙な順序になっています。1話の評価しかない作品もあり、一律に序列化すること自体に無理があるのは承知です。並べてみるのもおもしろそうだったので試したまでです。管理人自身の今後の参考用とお考えください。平均点順に順次変更中。
【 2006/1/15 更新 】

  1. WOLF'S RAIN
    ウルフズレイン

     :110点
  2. 攻殻機動隊
    S.A.C. 2nd GIG

     :90〜107点
  3. 攻殻機動隊
    STAND ALONE COMPLEX

     :84〜104点
  4. SAMURAI 7
    サムライセブン

     :103点(シリーズ)
  5. かみちゅ!
     :103点
  6. 創聖の
    アクエリオン

     :103点
  7. 巌窟王
     :95点(シリーズ)
  8. ふたつのスピカ
     :94点
  9. ジパング
     :82点(シリーズ)
  10. バジリスク
    甲賀忍法帖

     :81点(シリーズ)
  11. 劇場版
    機動戦士
    Zガンダム
    星を継ぐ者

     :79点
  12. Rozen Maiden
    ローゼンメイデン

     :77点(シリーズ)
  13. BECK
     :77点(シリーズ)
  14. ぺとぺとさん
     :56〜77点
  15. 英國戀物語エマ
     :54〜73点
  16. 機動戦士
    Vガンダム

     :72点
  17. TIDE-LINE BLUE
    タイドライン・ブルー

     :72点
  18. 撲殺天使
    ドクロちゃん

     :70点
  19. NARUTO ナルト
     :54〜65点
  20. MONSTER
    モンスター

     :51〜64点
  21. ケロロ軍曹
     :57〜61点
  22. ONEPIECE
    ワンピース

     :56点
  23. ガン×ソード
    GUN SWORD

     :30点〜54点
  24. ハチミツと
    クローバー

     :53点
  25. 交響詩篇
    エウレカセブン

     :52点
  26. トリニティ・ブラッド
    Trinity Blood

     :50点
  27. IGPX Immortal Grand Prix
     :49点
  28. ピーチガール
     :48点
  29. SPEED GRAPHER
    スピードグラファー

     :32〜44点
  30. エレメンタル
    ジェレイド

     :39点
  31. SHUFFLE!
    シャッフル!

     :39点
  32. 奥さまは魔法少女
     :35点
  33. おねがい
    マイメロディ

     :33点
  34. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    :32.8点(50話平均)
    22〜55点
  35. こみっくパーティーRevolution
     :26点
  36. 円盤皇女
    ワるきゅーレ

     :25点