2005年09月29日

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第48話「PHASE-47 ミーア」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第48話「PHASE-47 ミーア」
アニ感チャート
作品情報 スタッフ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第48話「PHASE-47 ミーア」
  • エグゼクティブプロデューサー:
    竹田靑滋(毎日放送)、宮河恭夫(サンライズ)
  • プロデューサー:
    諸冨洋史(毎日放送)、丸山博雄(毎日放送)、
    佐藤弘幸(サンライズ)
  • 監督:福田己津央
  • シリーズ構成:両澤千晶
  • 脚本:両澤千晶
  • 絵コンテ:西澤 晋、高田昌宏、福田己津央
  • 演出:西山明樹彦
  • 作画監督:森下博光
  • 原画:
    山本 豊、菅原 東、西川憲二、斎藤新明、
    森下博光、
    スタジオムー、中村プロダクション、アニメアール
  • 動画:赤井方尚、他
  • 背景:GREEN、風動画設計制作有限公司
  • 製作:毎日放送、サンライズ
物語の展開メモ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第48話「PHASE-47 ミーア」
  • ミーア・キャンベルの回想の体裁による、田中理恵さん演じるミーアの歌う挿入歌のセールスプロモーション。
  • ミーアの日記。
  • 在りし日のミーア。
  • ミーア・キャンベル(声:田中理恵)挿入歌
  • デュランダル議長、「デスティニープランの導入、実行」の宣言。
■良かった点
  • 主に10歳前後の子供には、スーパーロボットアニメとして、また和風なドラマの好きな方々には、ホームドラマとして、適度に楽しめるかもしれない作品ではないでしょうか。
  • ミーア・キャンベルは、ラクス・クラインではなかったが、純粋にラクス・クラインであろうと努めた。そこが感動的。
  • ミーアの日記のモノローグと、ラクスの影武者を務めた在りし日のミーアに、テーマを絞った映像によって構成されています。そのため他の本編休止総集編回と異なり、モノローグ・映像・楽曲との親和性や整合性が高いものに感じます。省力化ばかりを目的とする印象の強い他の総集編に比べると、はるかにましな出来栄えに感じます。田中理恵さん歌う楽曲のセールスプロモーションとして、適切な完成度といったところです。
  • ミーア・キャンベルを演じる田中理恵さんの演技に、非常に好感が持てます。今回の演技は、「ラクスを演じるミーア」ではなく、「ミーア本人」としての演技です。その役作りの姿勢や演技の相違を顕著に感じることができ、あらためて声優さんの演技の幅に驚かされます。
■その他
  • 中盤までのミーアの追悼の構成は、今回のお話単体としてみると悪くありません。
  • 今回、ギルバート・デュランダル議長の戦略発表が本編最期にあります。ロゴス討伐まで巧妙かつ慎重だったギルバート・デュランダル議長の戦略にしては、あまりにもその慎重さに落差がありすぎて不自然です。やはりシリーズ構成に重大な問題ありと感じます。まるでここから終わりにするからと、とって付けたような「デスティニープラン」戦略の発表です。
  • 議長が怪しいと睨んでいた登場人物たちは、最初から議長が悪だとシナリオ上、脚本家が決めていたことを理由としてのみそのような姿勢が表現され、最初に彼らが議長に疑念を抱く際の理由構成が希薄だったように感じます。
  • 宮崎 駿氏原作の『風の谷のナウシカ』にもあるようなテーマを、モチーフにした構成に感じます。
  • 「デスティニープランの導入、実行」の宣言。そもそもその前に地球レベルで国家統合等、プラントが政治的・軍事的に世界を完全に支配した後の戦略ならまだ理解できますが、さすがにこんな本作品の次元の中でさえ苦笑してしまうほど、お粗末な構成に感じざるを得ません。

 セールスプロモーションとしては適度な完成度ですが、本編放送回数が残りわずかな状態で、まるまる1話を消費するほど、登場人物ミーアの重要性が高いとは考えにくいでしょう。

 残り放送回数が7〜10話以上あるのならば、今回のプロモーションにまるごと1話割いても、物語の構成上の問題点は少ないかもしれません。しかしこれまでの放送で、既に4回もの省力化放送で放送回数を浪費し、本編に費やせる放送回数は、もはや非常に残り少ない状態のはずです。

 このような状況で、作り手は楽曲のセールスプロモーションにまるまる1話を費やしているのです。これはつまり本作品において広告塔としての要素が、物語構成品質自体よりも重要度が高いことを結果として示しています。

 元々スポンサー主導の性質の強い作品でしょうし、広告塔としての性質が強い作品ですから、仕方の無いことだとは思います。しかし物語構成品質とのバランスを著しく欠くような、露骨な広告塔重視の制作姿勢を露呈するのは、広告としての効果を十分発揮できない、イメージダウンを生んでしまうことにもなりかねないのではないでしょうか。

 物語構成を軽視した、止むを得ない何らかの要求のためか、広告塔と物語構成を両立するために必要な、作り手の計画性や構成センスや能力のためか、また視聴者を軽視した制作意識のためか、理由はわかりません。しかしいずれにせよ今回の放送内容に、唖然とさせられた視聴者の方々は、少なくないのではないでしょうか。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 釣吉丸   2005年10月06日 19:39
初めまして!
「人気UPランキング」管理人の釣吉丸といいます。
ランキングに登録して訪問者を増やしませんか?
全て無料で登録が出来てアクセスアップも期待が出来ます。

詳細はこちら↓↓
http://rental-ranking.com/index.cgi?r=0755

*登録をされましたら、テキストリンクか画像リンクをHPにお貼り下さい。

突然の書き込みお許し下さい。こういう形でしかお誘いできません。
しかし、良質のランキングサイトを目指しておりますので、
良質のサイト様しか、お願いしていません。

皆様からの登録をお待ちしております。

この記事にコメントする

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: キャラ  作品
 
 
 
ようこそ
 ご訪問ありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎いたします。一言からお気軽にお願いします。

SIDE 6 管理人 ★ジャン

カテゴリー別目次
カテゴライズについて
 単独で分類されている作品については、 原則として50音別分類項目に、仕様上掲載していません。
最近のコメント
月別アーカイブ
アニ感チャート別表
個人的な印象の数値化です。
(最低〜最高点。120点満点。)

印象とはいえ数値で一覧化すると自分でも疑問を感じる整合性のなさです。最高点順であり平均点ではありませんので、一部かなり奇妙な順序になっています。1話の評価しかない作品もあり、一律に序列化すること自体に無理があるのは承知です。並べてみるのもおもしろそうだったので試したまでです。管理人自身の今後の参考用とお考えください。平均点順に順次変更中。
【 2006/1/15 更新 】

  1. WOLF'S RAIN
    ウルフズレイン

     :110点
  2. 攻殻機動隊
    S.A.C. 2nd GIG

     :90〜107点
  3. 攻殻機動隊
    STAND ALONE COMPLEX

     :84〜104点
  4. SAMURAI 7
    サムライセブン

     :103点(シリーズ)
  5. かみちゅ!
     :103点
  6. 創聖の
    アクエリオン

     :103点
  7. 巌窟王
     :95点(シリーズ)
  8. ふたつのスピカ
     :94点
  9. ジパング
     :82点(シリーズ)
  10. バジリスク
    甲賀忍法帖

     :81点(シリーズ)
  11. 劇場版
    機動戦士
    Zガンダム
    星を継ぐ者

     :79点
  12. Rozen Maiden
    ローゼンメイデン

     :77点(シリーズ)
  13. BECK
     :77点(シリーズ)
  14. ぺとぺとさん
     :56〜77点
  15. 英國戀物語エマ
     :54〜73点
  16. 機動戦士
    Vガンダム

     :72点
  17. TIDE-LINE BLUE
    タイドライン・ブルー

     :72点
  18. 撲殺天使
    ドクロちゃん

     :70点
  19. NARUTO ナルト
     :54〜65点
  20. MONSTER
    モンスター

     :51〜64点
  21. ケロロ軍曹
     :57〜61点
  22. ONEPIECE
    ワンピース

     :56点
  23. ガン×ソード
    GUN SWORD

     :30点〜54点
  24. ハチミツと
    クローバー

     :53点
  25. 交響詩篇
    エウレカセブン

     :52点
  26. トリニティ・ブラッド
    Trinity Blood

     :50点
  27. IGPX Immortal Grand Prix
     :49点
  28. ピーチガール
     :48点
  29. SPEED GRAPHER
    スピードグラファー

     :32〜44点
  30. エレメンタル
    ジェレイド

     :39点
  31. SHUFFLE!
    シャッフル!

     :39点
  32. 奥さまは魔法少女
     :35点
  33. おねがい
    マイメロディ

     :33点
  34. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    :32.8点(50話平均)
    22〜55点
  35. こみっくパーティーRevolution
     :26点
  36. 円盤皇女
    ワるきゅーレ

     :25点