2005年11月01日

『BLOOD+ (ブラッドプラス)』第4話「アブない少年」

BLOOD+(ブラッドプラス)
第4話 「アブない少年」
『BLOOD+ (ブラッドプラス)』第4話:アニ感チャート
作品情報 スタッフ
BLOOD+(ブラッドプラス)
第4話 「アブない少年」
  • 監督:藤咲淳一
  • シリーズ構成:藤咲淳一
  • 脚本:菅正太郎
  • 絵コンテ:弥佐吉
  • 演出:誉田晶子
  • 作画監督:大久保徹
  • 原画:大久保徹、(他15名)、
  • 動画検査:西村潤子
  • 動画:Production I.G(38名)、他
  • 色彩設定補佐:菅原美佳
  • 色指定:田中美穂
  • 仕上:スタジオロード、iseriA
  • 美術:スタジオイースター(10名)
  • 美術設定:成田偉保(KUSANAGI)
  • 美術設定助手:金平和茂(KUSANAGI)
  • 撮影:田中宏侍、(他5名)
  • 3Dアニメーター:稲垣 明、(他7名)
  • 設定制作:後藤みどり
  • 制作協力:フロントライン
  • 製作:
    毎日放送、Aniplex(アニプレックス)、
    Production I.G
(敬称略)
作品情報 キャスト
BLOOD+(ブラッドプラス)
第4話 「アブない少年」
  • 音無小夜:喜多村英梨
  • ハジ:小西克幸
  • 宮城カイ:吉野裕行
  • 宮城リク:矢島晶子
  • デヴィッド:小杉十郎太
  • ジュリア:甲斐田裕子
  • ルイス:長嶝高士
  • ヴァン・アルジャーノ:諏訪部順一
  • 謝花真央:小清水亜美
  • カトウ:坂詰貴之
  • カキモト:白熊寛嗣
  • レイミ:中尾衣里
  • フォレスト:北沢 洋
  • ママ:きのしたゆうこ
  • 遊佐浩二、金子英彦、大林洋平
  • 演技事務:杉山好美(楽音舎)
(敬称略)

 1年間のシリーズともなると、こうまで遅い構成にならざるを得ないのでしょうか。非常に退屈な構成です。どうやらストーリー構成が退屈に感じたのは『BLOOD+ (ブラッドプラス)』第1話だけに限らないようです。じっくりと忍耐強く視聴を続ける人のみが、後半に何か得られる構成なのでしょうか。気の長い話です。本来毎回の魅力で視聴意欲が支えられてしかるべきです。

 今回の『BLOOD+ (ブラッドプラス)』第4話も、何ともよくあるホラー映画のような構成です。それに今時のCGを多用したハリウッド映画のリアルかつパワフルな映像でそれ以上の表現ができるところを、今更ごくありきたりな場面構成のアニメーション表現で見せられても、何も魅力的なことはありません。安っぽいモンスターアニメです。

 単に好みの問題でしょうが、個人的には現在のところ、『BLOOD+ (ブラッドプラス)』のストーリーには全く魅力を感じません。物語の好みによる魅力自体とは別に、各サブタイトルの構成自体も魅力が希薄です。

 決して出来が悪いのではなく、ごく普通の完成度の物語です。悪く言えば新鮮味がなく見所の少ない物語といえるでしょう。アニメーション表現自体は何ら文句はない完成度です。

 それにしても予告編によると、さらわれた父親のその後は行方不明で、しかも今回の第4話で“汚染の可能性”などという伏線があります。要するに父親探して戦い続け、最後に「化け物」化した父親さえ倒す悲しい運命となる、などというごく普通の物語構成なのでしょうか。現在与えられた情報だけで、何とも魅力的な想像が困難な物語です。

 『BLOOD+ (ブラッドプラス)』は、映像の完成度が高いだけに、ストーリーが現在のところ非常に退屈で今後に期待を抱きにくいのは、何とも残念な作品です。

オフィシャルサイト評価:ユーザビリティB、情報性A

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. BLOOD+ 第4話 アブない少年
  [ ☆berry-very ライフ☆ ]   2005年11月02日 17:49
5 マウスが…人を…食べてた、その人がカラカラに干からびてた。 棺桶持ってるやつの名前は、カジってわかった。 ちょっとゾクゾクした。

この記事にコメントする

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: キャラ  作品
 
 
 
ようこそ
 ご訪問ありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎いたします。一言からお気軽にお願いします。

SIDE 6 管理人 ★ジャン

カテゴリー別目次
カテゴライズについて
 単独で分類されている作品については、 原則として50音別分類項目に、仕様上掲載していません。
最近のコメント
月別アーカイブ
アニ感チャート別表
個人的な印象の数値化です。
(最低〜最高点。120点満点。)

印象とはいえ数値で一覧化すると自分でも疑問を感じる整合性のなさです。最高点順であり平均点ではありませんので、一部かなり奇妙な順序になっています。1話の評価しかない作品もあり、一律に序列化すること自体に無理があるのは承知です。並べてみるのもおもしろそうだったので試したまでです。管理人自身の今後の参考用とお考えください。平均点順に順次変更中。
【 2006/1/15 更新 】

  1. WOLF'S RAIN
    ウルフズレイン

     :110点
  2. 攻殻機動隊
    S.A.C. 2nd GIG

     :90〜107点
  3. 攻殻機動隊
    STAND ALONE COMPLEX

     :84〜104点
  4. SAMURAI 7
    サムライセブン

     :103点(シリーズ)
  5. かみちゅ!
     :103点
  6. 創聖の
    アクエリオン

     :103点
  7. 巌窟王
     :95点(シリーズ)
  8. ふたつのスピカ
     :94点
  9. ジパング
     :82点(シリーズ)
  10. バジリスク
    甲賀忍法帖

     :81点(シリーズ)
  11. 劇場版
    機動戦士
    Zガンダム
    星を継ぐ者

     :79点
  12. Rozen Maiden
    ローゼンメイデン

     :77点(シリーズ)
  13. BECK
     :77点(シリーズ)
  14. ぺとぺとさん
     :56〜77点
  15. 英國戀物語エマ
     :54〜73点
  16. 機動戦士
    Vガンダム

     :72点
  17. TIDE-LINE BLUE
    タイドライン・ブルー

     :72点
  18. 撲殺天使
    ドクロちゃん

     :70点
  19. NARUTO ナルト
     :54〜65点
  20. MONSTER
    モンスター

     :51〜64点
  21. ケロロ軍曹
     :57〜61点
  22. ONEPIECE
    ワンピース

     :56点
  23. ガン×ソード
    GUN SWORD

     :30点〜54点
  24. ハチミツと
    クローバー

     :53点
  25. 交響詩篇
    エウレカセブン

     :52点
  26. トリニティ・ブラッド
    Trinity Blood

     :50点
  27. IGPX Immortal Grand Prix
     :49点
  28. ピーチガール
     :48点
  29. SPEED GRAPHER
    スピードグラファー

     :32〜44点
  30. エレメンタル
    ジェレイド

     :39点
  31. SHUFFLE!
    シャッフル!

     :39点
  32. 奥さまは魔法少女
     :35点
  33. おねがい
    マイメロディ

     :33点
  34. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    :32.8点(50話平均)
    22〜55点
  35. こみっくパーティーRevolution
     :26点
  36. 円盤皇女
    ワるきゅーレ

     :25点