2006年11月24日

   

    ようこそここに と来てみれば 

      どこにも居ない 「青い鳥」オウム

       クッククック クッククックと

       お騒がせクジャク

 と、まあ、14年ぶりにスーパー・アイドル(当時)桜田淳子

さんのお名前が出てきたので、何事かと思ったら、集英社

から「アイスルジュンバン」(ジャパンじゃないっス)なる著作

を出版されるとか。本日より書店売り(宣伝しちゃったょ

だそうです。

 

 しかし、相変わらずのイキナリで、そう言えば統一教会の

合同結婚式もイキナリだったなあ。ご結婚後はどうされ

ているのやら「あの人は今」なんて特番にも登場されないか

ら、こりゃ永遠に百恵ちゃんと同じ「一般人」に納まってしま

ったかと思いましたよ。

 この業界(芸能界)でももう久しく周囲の人の間で「淳ペイ」

を語る事も無くなったため、一様に「シンジラレナ〜イ」状態。

何のために、どんな目的があって自伝(のような)出版なんぞ

をされたのか。どうも、その意図がイマイチ解らないのです。

 

 本は読んでいないので定かではないが、何でも一番愛する

人がダンナさんだとか、自然分娩についての体験談もあり、

これからママになられる方に、少しでもお役にたてれば…み

いな内容なんだとか。自然分娩かぁ〜

 は、良いんだけど、なぜ、アイドルを捨てていきなり合同結

婚をされたのか、ま、その後の統一教会の広告塔的な役割

といい、ファンならずともそこが一番知りたいのに、まったく

触れていないというのはどうなのかな。ファンに支えられて

きたという自覚があるなら、普通の感覚では多少の説明が

あって当然だと思うが…そう思うのは私だけだろうか。

 

 しかも、この時期。そんなつもりは毛頭無いとおっしゃるの

だろうが、これを機に芸能界復帰を考えているのではないか。

なにせ、中三トリオの森昌子が離婚して本格復帰しただけに

そう勘ぐられても不思議はないのでは。

 ウワサでは関西から東京に越してきて、いわゆるセレブな

方たちがお住まいの超豪華マンションにおられるとの事。ダ

ンナ様がどんなお仕事の方なのかは存じ上げないが、相当

な年収でなければ住めない住居なんだとか。

 さすれば、中一の息子さんはじめ3人も子どもを育てておら

れる淳子さんは、お金が幾らあっても良いわけで……ハハハ

いつの間にか、そんな詮索までしている私は情けない。

 

 でも、良く解らないが、この自然分娩にまつわる内容を、こ

れからママになるお母さん達に関心をもって読んでもらう事

  が目的という、そこに、ナンか勘違いしちゃいませんかの疑

問がわいてくる。出産適齢期の25,6のママさんたちって正

直な話、桜田淳子そのものを知っているのかね?

 これをプロデュースした集英社のKくんとは旧知だが、これ

を売るには大冒険だと思う。余計なお世話だが。

 しかし、売れれば売れるほど淳子さんに入るお金が協会に

吸い上げられるのではないかと、これもかなり余計な心配の

「飲酒楽堂」主人でした。

敬礼(オウル)ハイ!失礼しました。







飲酒楽堂 (インシュラクドウ)jeao at 15:45│日記 | 日記