2015年04月05日

遊び疲れた 飲み会の帰り

これで本会議も終ったかなと つぶやいて

秘書さんの肩をながめながら

議員も終わりかな思ったら 泣けてきた

大阪(羽曳野)で生まれた女やさかい

大阪の街 よう捨てん

大阪で生まれた女やさかい

国会へは ようついていかん

怒られっ放しの会見の帰り

巻き舌の秘書に しがみついた夜

小百合センセー橋下さん。そんなに苛めんといて。もしかしてナンか嫉妬しているんちゃう?

あんたがえらい後押ししてくれた「浪速のエリカ様」やで。お前はオレについてくれば良いって言ってくれたやん。

今更クビやなんてあんまりにも酷やんか。

もう…また泣けてきたで。あたし。

D08139002009無所属になった衆議院議員の

上西小百合氏。この30日で32歳になられる。

我々の血税で活動されているこの国の大先生なれど、そこはそれ、エリカ様に例えられるほどの美人であり花の独身。勿論、女盛りのピーク。

しかも周囲のおじさん議員や秘書さんまでが何某かの下心、いや、思いを押さえながら接するとあれば、そりゃ何かあったら許さねぇの事態になることは必至。

美人薄命という言葉になぞれば差し詰め「美人酷命」なのだろう。

今回の騒動を外野席から眺めていると、なんだか叩かれる方も叩かれる要因は多々あるものの、叩いている側もそれぞれが百鬼夜行の類に見えるから世間を沸かせているのだろう。

見方によれば子どもの頃の「いじめ」によく似ていてクスリと笑える。

ま、いずれにせよ、こうした「かぐや姫」に一票を投じた彼の地の選挙区民の甘さと橋下大阪市長の「緩さ」が生んだ結果。

しかし、本会議の欠席はまさしく別次元の話だ。

もう辞めていただくしか手は無いだろう。

大阪都が実現するにはまだまだ乗越えなければならないハードルがあることが、これで多少の証明になったのでは(笑)。


飲酒楽堂ブログの本日のテーマはICUにご入学の秋篠宮佳子さまの周辺に、「佳子さま見守り隊」が発足する動きがあるとの情報。これを書こうかと思っていたが、でも、あまりにも普段の生活からかけ離れた世界の話題だけに、上西議員さまの話題が優先した(笑)。





飲酒楽堂 (インシュラクドウ)jeao at 07:10│