城あるところにシスの暗黒卿あり。
と言うことで、アンリミテッドパワーを求めて旅するダース・インベスター卿である。


今回は、越前国福井藩(今の福井県福井市)の藩庁であった福井城に登城して参った。

織田信長の筆頭家老であった柴田勝家が北ノ庄城を築いた。
しかし、豊臣秀吉との賤ヶ岳の戦いに敗れた際に全焼した。゚(゚´Д`゚)゚。

その後、徳川家康の次男である結城秀康が関ヶ原の戦いの前哨戦となる会津征伐の戦功により、68万石で越前国に入封し、北ノ庄城を築城し、福井藩3代藩主である松平忠昌によって、福井城に改名された。

なお、福井藩16代藩主は幕末の四賢侯の松平春嶽である。
春嶽以外の四賢侯は、土佐藩第15代藩主山内容堂、薩摩藩第11代藩主島津斉彬、宇和島藩第8代藩主伊達宗城である。


本丸西側に位置する御廊下橋を渡り、山里口御門より登城。
IMG_6688



天守台跡。
IMG_6686



天守台から見下ろす山里口御門と御廊下橋。
IMG_6687



天守台跡にある福井の由来となった「福の井」。
IMG_6685



上杉謙信公を祖とする上杉氏の米沢城同様、福井城も越前松平氏が統治していた頃の遺構が、あまり残っておらず残念…