大御所・徳川家康公の6男・松平忠輝が天下普請により築城した越後国の高田城(現在の新潟県上越市)。
なお、縄張りを担ったのは忠輝の舅であった仙台藩62万石の大大名の仙台城主・伊達政宗公であった。

なお、忠輝が高田藩改易後は、酒井、越前福井藩系松平、稲葉、戸田、松平と変わり、徳川四天王・榊原家の時代に明治を迎えた。


三重櫓(復元)
FullSizeRender