2017年11月19日

(2159)ディエゴ・シメオネ

私は最初の30分間のプレーを心に残している。そう、私たちは働いて、働いて、働いて、その次にタレントを生かすチームなんだよ。

2017-11-19 (1)

18日のリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのレアル・マドリー戦をスコアレスドローで終えた。ディエゴ・シメオネ監督は、ドローにもある程度の手応えをつかんだようだ。(Goal.com)
続きを読む

jeep_55 at 23:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 アトレティコ・マドリー | ディエゴ・シメオネ

2017年11月17日

(2158)ジャン・ルイジ・ブッフォンとユベントスサポーター

スーパーマンでさえ時にはクラーク・ケントになることがある。

でも、ジジはいつだって俺たちのスーパーヒーローだ。

20171117- (1)


2016年に代表チームやユヴェントスでの試合でいくつか大きなミスを犯したことで、彼がピークを過ぎたことを揶揄する批判が報道された時には、ユヴェントスのファンはその直後のウディネーゼ戦の前にこのように書かれた横断幕をスタンド広げたのだった。続きを読む

jeep_55 at 22:48|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 ユベントス | パルマ

2017年11月08日

(2157)ジェンナーロ・ガットゥーゾとアンドレア・ピルロ

「彼と一緒にプレーを始めたのはU-15の時。その後すべての年代で一緒にプレーして、U-21ユーロ選手権で優勝した。規格外のプレーをしていて、最強の選手だった。ピルロのプレーを見て、自分も同じようにできるだろうか、職業を変えるべきではないかと考えていた」

20171108-(4)

元イタリア代表のジェンナーロ・ガットゥーゾが、イタリアラジオ『ラディオ24』のインタビューに応じ、現役引退を発表した元同僚アンドレア・ピルロについて語った。(Goal.com)続きを読む

jeep_55 at 18:36|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ACミラン | ジェンナーロ・ガットゥーゾ

2017年10月28日

(2156)川淵三郎

時期尚早と言う人間は、100年経っても時期尚早と言う。
前例がないと言う人間は、200年経っても前例がないと言う。

そもそも時期尚早と言う人間は、やる気がないということなんだ。でも、私にはやる気がありませんとは情けなくて言えないから、時期尚早という言葉でごまかそうとする。

前例がないと言う人間は、私にはアイデアがないということなんだ。でも、私にはアイデアがありませんとは恥ずかしくて言えないから、前例がないという言葉で逃げようとする。

大体仕事のできない者を見てみろ。自らの仕事に誇りと責任を持てない人間を見てみろ。次から次へと、できない理由ばかり探し出してくるだろう。

仕事というものは、できないことにチャレンジをして、できるようにしてみせることを言うんだ。



20171028-

-1990年代に入ってのある会議でのこと続きを読む

jeep_55 at 20:20|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本サッカー協会 

(2155)デットマール・クラマーと川淵三郎

君たちは本当に努力をしたし、そのことは僕が一番よく知っている。人生はサッカーがすべてではないんだ。今日はサッカーのことは忘れよう。でも、こんな時に君たちのところに来てくれるのが、本当の友達なんだよ。

-僕には人生哲学を教えてもらった恩師が二人いる。一人はさっき話をした、吉岡たすく先生。もう一人が、日本初の外国人コーチとなった、デッドマール・クラマー。彼との出会いも大きかったね。
続きを読む

jeep_55 at 20:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本サッカー協会 | デットマール・クラマー

(2154)川淵三郎

僕は、リーダーは絶対逃げちゃいけないと思っている。

こんな経験があります。1976年から2年半、代表監督を務めた二宮寛氏に退任を勧告する役目を僕が任された。いきがっていたこともあって引き受けましたが、二宮監督に「辞めたほうがいい」と伝えてから2週間、胃が痛くて痛くてしかたなかった。神経性胃炎になったんですね。こんなの初めてのこと。言うんじゃなかったって後悔もした。

でも、これも経験。引導を渡される側も、渡す側も同じくらい大変でつらい。でもリーダーとしてとても大切な仕事だってことが この時、自分はわかったんです。それから、嫌なことでも伝えなきゃならないことは、必ず本人を前にして言うことを心がけています。

-リーダーとして心掛けていること
続きを読む

jeep_55 at 20:10|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本サッカー協会 

(2153)川淵三郎

どんな仕事も同じだと思うんだけど、始めたばかりは知らないことばかり。やり始めたら勉強する機会が生まれるから、何でも試しにやってみること。その中で いろんな知識をどんどん吸収していくと、自分なりの意見ができてくる。それが見識となる。見識を実現に移すのが胆識(たんしき=自分が信じた道を何事にも 動じずやり遂げる実行力のこと)。そうやって様々な物事を自分の中で高めていくことが、いろんな可能性につながっていくんです。リーダーシップも、そう やって苦労しながら育まれるのだと思っています。

-見識と胆識

続きを読む

jeep_55 at 20:05|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本サッカー協会 

(2152)川淵三郎

僕は、今も三日坊主を奨励しているん です。普通、飽きっぽい、長続きしないって、悪い意味で使われるんだけど、いい方に考えると好奇心が旺盛で、何かに取り組み始めたということでしょ。その取り組む姿勢こそが大事なのであって、何でもやってみないと自分に適しているかどうかなんてわからない。好き嫌いもわかるし、ほかとの比較もできる。昔はつまんないと思ってたことでも、今ならうまくできると思えるかもしれないしね。

だから、何事も経験してみることが一番大事。やってみて続かないことがあっても悲観なんてしなくていい。たとえば何十回も転職を繰り返して、大成している一流の作家もいるでしょう。僕だっていろいろなことに首を つっこんだからこそ、サッカーと出合えたと思ってるしね。動機はちょっと不純だったかもしれないけど(笑)。

-なんでもやってみる精神
続きを読む

jeep_55 at 20:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本サッカー協会 

2017年10月25日

サッカー名曲集(91)Quincy Jones『It's Caper time(The Self preservation Society)』

サッカー名曲集91曲目はクインシー・ジョーンズの「It's Caper time(The Self preservation Society)」です。ユーロ2004ポルトガル大会のために作られたCMの中で流れていた曲。ジダン、ベッカム、ラウール、カーンなど当時のスター選手(アディダス契約)が勢ぞろいしたとてもコミカルで楽しいCMに仕上がっています。




続きを読む

jeep_55 at 20:11|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 サッカー名曲集 | ポルトガル

2017年10月22日

(2151)ディエゴ・シメオネ

私たちが私たちでなくならない限り心配はない。

20171022- (1)

22日のリーガエスパニョーラ第9節、アトレティコ・マドリーは敵地バライドスでのセルタ戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、チャンピオンズリーグ・グループリーグ敗退の危機が騒がれるなど、不調とされる状況にも落ち着きを貫いている。

スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。(Yahoo!ニュース)
続きを読む

jeep_55 at 14:35|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 アトレティコ・マドリー | ディエゴ・シメオネ