2017年07月17日

(2123)磯村亮太

僕にとっては特別な試合でしたし、ものすごく感慨深いものがありました。だけど、グランパスにとってはリーグ戦の1試合に過ぎないので、私情を挟みすぎてはいけないと思いました。

正直しんどい部分は結構ありました。でも監督が最後まで変わらずに接してくれた。だから僕も変わっちゃいけないと思った。

20170717-3

(Yahoo!ニュース)より
続きを読む

jeep_55 at 14:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 名古屋グランパス 

(2122)上西小百合

サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ。

20170417-2


上西議員は15日、浦和が2―3で逆転負けしたドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートし、大半が批判の900件以上のリプライを集め約2500リツイートされた。すると「なんかブーブー言ってる」「調べたら次はヤンマースタジアムだった。埼玉スタジアムならゴール裏行くのに」などとサポーターの怒りに油を注ぐようなツイートを連投。「浦和で街頭演説でもしましょうか」「よし、やろう。今決めた」と続け、前出のツイートにつながった。(Yahoo!ニュース)
続きを読む

jeep_55 at 08:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 浦和レッズ 

2017年07月08日

(2121)ミハイロ・ペトロヴィッチ

新潟戦に勝ち、連勝できなければ、私が一番最初にここから出て行く

201207214

◆明治安田生命J1リーグ 第13節 川崎4―1浦和(5日・等々力陸上競技場)

ACL開催で未消化だった2試合が行われ、浦和は川崎に1―4で大敗した。試合後、約500人のサポーターがチームバスを囲む事態に発展。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)が合計2回、約1時間の話し合いを持ち、9日の新潟戦(埼玉)に勝てなければ辞任すると約束した。(スポーツ報知)続きを読む

jeep_55 at 11:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 浦和レッズ 

2017年06月26日

(2120)鎌田大地

今日は雨の中、多くの方に集まっていただいて、本当に熱い応援をありがとうございました。

試合だったので、言うことを考えておらず、アドリブなんですけど、九州の地に足を運んで、いろいろな出会いがあって、すごくお世話になりました。僕は高校の時、拾ってもらって。サガン鳥栖だけが僕に声を掛けてくれました。

20170626

明治安田生命J1リーグ第16節が25日に行われ、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖と浦和レッズが対戦。試合は2-1で鳥栖が勝利を収めた。試合後、この試合を最後に、フランクフルト(ドイツ)へ移籍する鳥栖MF鎌田大地の移籍セレモニーが行われた。(Yahoo!ニュース)続きを読む

jeep_55 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 サガン鳥栖 

2017年06月21日

(2119)ピーター・クラウチ


Summer for me is about time with family .

ストーク・シティのFWピーター・クラウチが、自身のツイッターで思いもよらぬ家族を紹介し、英各紙で話題を呼んでいる。(Yahoo!ニュース
続きを読む

jeep_55 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 プレミアリーグ | サッカーの名言で外国語を学ぶ

2017年06月16日

(2118)本田圭佑

一番伝えたいこと、一番すごく意識していること。時間は限りあるものだと意識して生きています。『死ぬ』ということに対しての意識が人より強くて、とにかく後悔をしたくない。人はいずれ死ぬ。じゃあ、何のために生きているのか? 考えれば考えるほど、生きている意味はあまりないんだなということに気付きました。

この地球に生まれてきた意味というのは、生物学的にいえば特段意味が無い。ただ、すごくラッキーなことに、僕は人間で、その意味を付け加えることができる。どんな失敗も、幸せな後付け、理由付けができる。これが、唯一後悔しない方法。人生をより豊かにする方法なのではないかと、日々、強く感じながら生きています。


ACミランを退団する日本代表FW本田圭佑(31)が16日、石川・金沢大学で「特別講演」を行い、教壇に立った。

上下白のスーツで登場。約600人の学生が会場の講義室を埋め、入りきれない学生が外に800人も列をつくるほどの盛況ぶり。

「僕が大事にしていることというのをみなさんと共有できたらなと思って、来ました」と静かに話し出した。 

そこには生き抜くヒントが。テーマ別に、ポイントだけ本田の言葉で紹介する。(Yahoo!ニュース
続きを読む

jeep_55 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 本田圭佑 

2017年06月11日

(2117)中村俊輔

そもそもJリーグが走行距離を出しているのはわかるんだけど、あんまりサッカー的じゃないですよね。タッチ数とかボールロスト数とかのほうがサッカー的でしょ。スプリント回数で評価されてもねぇ。それなら俺、CKを蹴りに行くときは毎回ダッシュしますよ。

20150611 (1)

フットボール批評16より続きを読む

jeep_55 at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ジュビロ磐田 

2017年06月09日

(2116)オズワルド・アルディレスと中村俊輔

ナカさん逃げちゃだめだ。ゴールキックでも、もらいに行け。

他の選手もどんどんパスしろ、それでかわせ。
かわしたらバーッと目の前が開くから。

相手の戦術はこれしかないから、それを受け止めちゃいけない。

相手を圧倒しろ、1対1で抜きまくれ、他の選手はナカさんが相手を背負っていてもパスを出せ!


『マラドーナがそうだったぞ』と。

20170609 (4)


マリノスでの若手時代、明神にマンツーマンでマークされた試合があった。中村は自分がマークされる分、他の選手がボールを受ければいいかと考えていた。するとハーフタイムにアルディレス監督は選手たちにマンツーマンでつかれている中村にボールを集めるように指示を出した。

フットボール批評16より
続きを読む

jeep_55 at 20:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 横浜Fマリノス 

(2115)マウリシオ・ポチェッティーノ

それしか知らないからだよ。サッカーには人生が現れる。勇敢な人生を送りたいなら勇敢に戦うしかない。

20170609 (1)

マウリシオ・ポチェッティーノはシーズン途中でエスパニョールに着任。バルセロナ戦までたった2回しかトレーニングをしていなかったが、「後ろには引かない」と宣言した。

実際そのとおりにやって0-0で引き分けた。シャビ、イニエスタ、メッシのグアルディオラ監督が率いる最強のバルサに勇敢に挑んだ理由について

フットボール批評16より
続きを読む

jeep_55 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 リーガ・エスパニョーラ 

2017年06月04日

(2114)小柳ルミ子

サッカーは社会の縮図。一人一人が責任を持たなければゴールという利益は生まれない。

koyanagirumiko


2017/6/4  小柳ルミ子が語るサッカーは人生!増やせ“サカ友”(FOOT×BRAINより)
続きを読む

jeep_55 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本のマスコミ | バルセロナ