(2094)反町康治と京都サンガ(2096)ジョゼ・モウリーニョとズラタン・イブラヒモビッチ

2017年04月25日

(2095)ズラタン・イブラヒモビッチ

最初に、サポートと愛情に感謝する。知っての通り、けがをしたのでしばらくサッカーから離れる。

他のことと同じようにこのけがも乗り越え、さらに強くなって帰ってくるつもりだ。前に片脚でプレーしたこともあるし、何も問題はない。

一つはっきりしているのは、やめるときを決めるのは俺自身で、それ以外はありえないということだ。諦めるという選択肢はない。またすぐに会おう。

20170425-1


20日のヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2016-17)準々決勝で膝の大けがをした、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が23日、片脚でプレーしたこともあると話し、引退のうわさを力強く否定した。(AFP=時事より)





かっけーな。噂にあがっているアメリカ行きはやっぱりデマなんだろうか?

サッカーでは何が起こるかわからないからな。

201703210400506f5

関係ないけど「青春兵器ナンバーワン」って始まったときは、絶対に10週で打ち切りと思っていたのに、しっかり残っていてほんとに今のジャンプは何が残るかかわからん。 
 

 
jeep_55 at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 マンチェスター・ユナイテッド | ズラタン・イブラヒモビッチ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(2094)反町康治と京都サンガ(2096)ジョゼ・モウリーニョとズラタン・イブラヒモビッチ