2017年06月21日

(2119)ピーター・クラウチ


Summer for me is about time with family .

ストーク・シティのFWピーター・クラウチが、自身のツイッターで思いもよらぬ家族を紹介し、英各紙で話題を呼んでいる。(Yahoo!ニュース



現在オフを過ごすクラウチがツイッターにメッセージを投稿し、そこには「僕にとっての夏は、家族と過ごすためのものさ」と記されていた。家族思いの一面を垣間見せる心温まるメッセージ……のはずが、添付された写真には、クラウチが2頭のキリンと戯れる姿が。自身の容姿が「キリンに似ている」というジョークを交えたツイートだった。

バイエルン・ミュンヘンのDFマッツ・フンメルスは「君の写真がインターネットを壊している最中だ」と、泣き笑い顔のスタンプをつけてリツイート。クラウチの爆笑ツイートが大量のアクセスを誘発し、サーバーダウンを引き起こすとのジョークで応じた。




名門リバプールやイングランド代表でも、201cmの長身を活かしたプレーで一躍名を馳せたクラウチだが、過去にも自身のゴールパフォーマンスであるロボットダンスの写真を添付し、「このロボット、少し錆び付いているな」と自虐ツイートを投稿するなど、フォロワーを笑わせるユニークな一面を持つようだ。




こういうのは嫌いじゃない


 
jeep_55 at 23:32│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 プレミアリーグ | サッカーの名言で外国語を学ぶ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字