(2208)田嶋幸三(2210)西野朗

2018年07月05日

(2209)長谷部誠

大会前にはあまり期待されていなかったと思うが、無関心というのが一番怖いと思っている。このW杯でまた関心を集められたと思うので、引き続き日本の皆様には代表だけではなく、Jリーグや女子などさまざまなカテゴリーで日本サッカーに関心を持っていただき、時には暖かく、時には厳しくサポートをお願いしたいと思います。

20180705 (3)

帰国記者会見より(Yahoo!ニュースより)

「ブラジルで多くの選手が味わった悔しさ、サポーターの失望感。それを乗り越えるために、そしてさらに上に行くために4年間やってきた。悔しさがチームを引っ張っていったのかなと思う。ブラジルが終わった当初は、ロシアのピッチに立っている自分は想像できなかったが、今振り返ってみればあっという間だった。今回の悔しさを踏まえて、カタールではさらに上に行ってほしい」

20180705

自らの代表引退にあたり涙を流した選手もいたことについては

「チームメートは普段は僕のことをうっとうしく思っていたと思う。僕は若い選手にもいろいろと言うので。でも涙してくれる選手とか、さまざまなうれしい言葉をかけてくれる選手がいたというのは、言葉にできない喜び。改めていい仲間を持ったなという気持ち」

dhjucifxkaai8gx_webnewsdetailed_jpg

大会関係者によってツイッターに投稿された画像では、ゴミ一つ落ちていないロッカールームのテーブルの上に「スパシーバ」とロシア語で「ありがとう」を意味する単語を書き込んだカードと、青い紙で折った折り鶴のようなものも置かれていた。

「日本代表のスタッフは毎試合、ロッカールームをすべてきれいに片づけて、そして帰る」

「選手として誇りに思いますし、それだけでなく日本代表のサポーターの方々がスタジアムで試合が終わった後にゴミ拾いをしてくださったりとか、僕は普段、海外に住んでいるので、日本代表でもいろいろな国に行く機会がありますが、日本ほど町がきれいな国はないんじゃないかと思うくらい、日本という場所、人は素晴らしい精神を持っていると思うので、選手としてだけでなく、一人の日本人として誇りに思っています」

Qu01IzJYIEpTifLOdxBjcw



 
jeep_55 at 21:50│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 日本代表 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(2208)田嶋幸三(2210)西野朗