(2522)モハメド・サラーとダビド・ルイス(2524)ディエゴ・マラドーナ

2019年09月13日

(2523)エリック・カントナ

我々は神に不当を働く虫けらのようにして、彼らは彼らのスポーツのために我々を殺すだろう。科学は我々の老化を遅らせるだけでなく、科学はすぐに我々の細胞を修復して、その命を永遠のものとする。あらゆる事故や犯罪、そして戦争だけが我々を殺すが、残念なことに、犯罪と戦争は増え続けている。フットボールが大好きだ。ありがとう。

20190830

現地時間8月29日、モナコのグリマルディ・フォーラムで、2019-20シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)グループステージの組み合わせ抽選会と各個人賞の表彰が行なわれた。

リバプールのフィルジル・ファン・ダイクがリオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドを差し置いて、DFで史上初めて「UEFA年間最優秀選手賞」を手にするなど、大いに活気づいたセレモニーで“異才”を放ったのは、元フランス代表FWのエリック・カントナだった。

式典の冒頭で、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長から、傑出したキャリアとチャリティー支援などを称える『UEFA会長賞』を受賞したカントナは、司会者に呼び込まれてステージに登壇。そこでマイクを手渡され、感想を求められると、少し考え込んでから次の言葉を発したのだ。



20190913



 
jeep_55 at 16:53│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 欧州 | 番外編

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(2522)モハメド・サラーとダビド・ルイス(2524)ディエゴ・マラドーナ