(2527)カルロ・アンチェロッティ(2529)ジェシー・マーシュと南野拓実

2019年09月23日

(2528)マッシモ・フィッカデンティ

このたび名古屋グランパスの監督としてチームを指揮する機会をいただいたことは大変光栄なことです。関係者の皆さまに感謝を申し上げます。

攻守一体の攻撃サッカーで、したたかに勝利を追い求め試合の中で起こりうるあらゆる状況に対応できる、そして最後まで戦い抜くスピリットを持ち合わせたチームを作ります。

グランパスサポーターの皆様と多くの勝利を共に喜びあえることを願っています。



ついにこの日がきてしまいましたか

まあここ15試合で1勝しかしてませんし当然かもしれません

去年の最終戦、小西社長の風間監督継続のアナウンスからこうなることは薄々感じながらも3年契約の最終年だし最後までは全うさせると思っていただけに意外でした。
(今年のスローガンが『貫く』ってのがすごい皮肉だけどね)


20190923-1


この交代劇がJ1残留という結果に繋がっていってほしいと願う、名古屋サポです


3年前のJ2降格時に名古屋の監督を引き受けていただいたことには感謝していますが、どうも最後まで好きになれなかったなぁ。

長年グランパスでやっていた選手を次々切って行ったこととか、

試合後のインタビューがぶっきらぼうを通り越して相手を馬鹿にしてんのか?って態度とか?

敗因や勝てない原因を常に選手や審判のせいにしていたから?

そして何より勝てないから・・・

まあいろいろありましたが2年半、お疲れ様でした。


9bd2ed98-s


正直フィッカデンティ監督のことはよく知りません。
ただ言葉の通り「最後まで戦い抜くスピリット」をもった熱い監督であってほしいだけです。



 
jeep_55 at 14:43│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 名古屋グランパス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(2527)カルロ・アンチェロッティ(2529)ジェシー・マーシュと南野拓実