(2535)小笠原満男(2537)ズラタン・イブラヒモビッチ

2019年12月29日

(2536)朴一圭(パク・イルギュ)とチアゴ・マルチンス

マリノスの守備戦術の名前は『チアゴ・マルチンス』です。

20191229(4)

朴一圭(パク・イルギュ)選手が今年の守備戦術を称して



今シーズンは横浜Fマリノスが15年ぶり4度目のリーグ優勝で幕を閉じた。

その圧倒的な攻撃力に目が行きがちだが、その攻撃力を支えるのは守備。

試合を現地で観た人なら誰もがびっくりするぐらいのハイラインを形成する。そのハイラインの裏を狙う相手チームは多いがこの守備戦術が破綻せずに成り立っているのは、朴一圭(パク・イルギュ)とチアゴ・マルチンスの存在が大きい。


20191229 (2)

朴一圭(パク・イルギュ)選手はJ3のFC琉球でプレーしていた選手だが2019年より横浜Fマリノスに移籍。異例のステップアップを果たした。その広い守備範囲はノイアー以上とも呼ばれる。また足も速い。


20191229 (3)

チアゴ・マルチンス選手はブラジル人CB。足元の上手いCBというのはいまどきのトレンドではあるが、目を引くのはその足の速さ。185cm76kgの体躯にかかわらずとにかく速い。広大なGKとDFの間のスペースに出されたボールをカバーするスピードはFC東京の永井並みに速い。欧州のビッグクラブでも普通に通用するんじゃないかなと思わせるポテンシャルがある。


戦術はロナウド』って有名な名言がありますが、本当にこの選手はいいですね。ブラジルでは出場機会を減らしていたということですがマリノスの守備戦術にドはまりしたって感じです。










 
jeep_55 at 17:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 横浜Fマリノス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(2535)小笠原満男(2537)ズラタン・イブラヒモビッチ