ロシア

2018年06月20日

サッカー名曲集(93)The White Stripes『Seven Nation Army』

サッカー名曲集93曲目はホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」です。ロシアワールドカップで入場のたびにかかるこの曲はサッカーファンの間では有名な曲ですが、なぜ?という疑問があります。というのも「ワールドカップアンセム」という曲があってワールドカップでは強制的にそれを流すものと決まっていると思っていました。実はそうじゃなかった?それとも規約を変えた?なんにせよ、この曲がロシアワールドカップを代表する曲として記憶されていくのでしょうね。


続きを読む

jeep_55 at 22:35|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月28日

(1867)マリア・シャラポワとロシアのサポーター

SHARAPOWA WILL YOU MARRY ME ?
シャラポワ 結婚してくれない?

⇒I missed the goal but I didn't miss this...I have to marry all 4?
ゴールシーンは見逃しちゃったけど、これは見逃せなかったわね。・・・4人全員と結婚しなきゃダメ?

20140628-1

グループH 最終節ロシアvsアルジェリア戦にて4人のロシアサポーターが掲げた「シャラポワ、結婚してくれない?」とのメッセージにシャラポワは「4人全員と結婚しなきゃならない?」とナイスな返し。容姿端麗な彼女はやっぱり地元ロシアでの人気も抜群なんでしょうか。(Qoryより) 続きを読む

jeep_55 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年09月24日

(1377)ロマン・アブラモヴィッチ

「このタイトルを50年も待ったなんて本当に気が遠くなるような話です。

しかしそれだけ長い間支えてくれた人々がいたからこそ今日の喜びがあると感じています。しかし私は二度とそのような思いを味あわせないと皆様にお約束します。まさに今日が私たちの新しい旅立ちの日なのです。私はこのクラブを世界で最も成功したクラブに育てるべくこれからも様々な努力を傾けるつもりです。もちろん金を遣い過ぎだとの意見は私の耳にも再三入ってきました。
 
『ロマン・アブラモヴィッチには所詮金しか頼るものがない』と叩かれもしました。
 
しかし、それはチェルシーをその他のビッグクラブの水準まで一気に引き上げるために必要な措置だったのです。 我々は決して手軽に成功を手にしようとは考えておりませんし、できるとも思っていません。その証拠にいま現在は次世代の才能を育てるアカデミーに最も資本を投下し、その強化にあたっています。 全ては長期的な戦略の一部として展開されているものだと信じてください」


51KogV4yVML2005-06シーズン、50年ぶりにリーグ優勝を果たしたチェルシー。そのオーナーであるアブラモビッチの言葉。

2011年9月24日はスタンドも月まで吹っ飛ぶほどの衝撃のニュースが多かった1日として後世に伝えられるだろう。 続きを読む

jeep_55 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月17日

(1133)本田圭佑

「日本人初とか興味がない。僕が目指しているところは遥か上なんで。

セビリアに勝って終わりじゃない。まだまだ上がいる。だからサッカーは面白い」
CSKAモスクワ

欧州CL - 海外サッカーニュース : nikkansports.com

本田圭佑が、その左足で、欧州CLでの日本選手の歴史を塗り替えた。ピッチ上の派手な活躍と同様、試合後の本田の言葉がまた勇ましい。
続きを読む

jeep_55 at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年02月11日

(1123)本田圭佑

「クラシッチはあの状況で確実に信頼できる。少なくとも、今はおれの個人技より、彼を優先してしまうという自分のしょぼさもむかつく。(中略)クラシッチはやはり速いし、右からスルスルいくのがうまい。でも、失う回数も多いんですけどね。僕もVVVの時、ぎょうさん失ってましたけど、失ってナンボとおれは思っている。失って初めて、今のところで失うんだって分かる。その手前でパスをして、ギリギリのところまでトライしないと、相手のDFが足が出ないなんて分からへん」

スーパーサイヤ人22点目のシーンはCSKAモスクワがカウンターを仕掛け、本田がフリーのドリブルで敵陣に入ろうとしていたが、クラシッチを視界に入れるとすぐにロングパスを蹴った。(スポーツナビ続きを読む

jeep_55 at 00:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月17日

(1117)本田圭佑

「C・ロナウドはマンマークが付いていても突破できる。それを考えたとき、僕の課題はフィジカルだと思った。だからロシアを選びました。フィジカルの部分は、日本人があまりたどり着けない領域だと思うんですよ。そこで僕がいろんなところで先駆者になれれば良いなと思う。

自分の中では次はスペインでやりたい。Rマドリードが好きだから、僕は本気でRマドリードでやりたいと思ってる。バルサもいいけど、みんな好きでしょ。そのために何ができるかですね。」

watasidakekaneCSKAモスクワに移籍し、スペイン合宿に参加中の本田が16日、「モデルチェンジ」に着手した。ポジション別に役割が明確化されていたオランダと違い、フィジカルと個人の特徴を前面に出すのが、ロシア流。ロシア語の習得にも乗り出し、さらにスケールアップする。(スポニチ続きを読む

jeep_55 at 10:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月23日

(1054)ヴァグネル・ラブ

「”気候の寒さ”は何とかなるんだ。耐えられなかったのは、”チームの寒さ”の方さ(笑)」(CSKAモスクワ)

Love-あなたがここへ来たのは2004年。寒さは問題なかったのですか?(footballista#128)続きを読む

jeep_55 at 21:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月18日

(998)アナトリー・ティモシュク

「いつだって向上できるさ。高いレベルになるほど、進歩のスピードは上がるものだ。ガイ・リッチー監督の映画『リボルバー』は、「上達する唯一の方法は強敵との勝負」という言葉で始まる。この言葉は1883年に出版された『チェスの基礎』という本からの引用だ。強くなりたければ、自分より強い相手と戦わなければならない。常に高いところに目標を置き、そのハードルを越えたら、さらに高い目標を目指すんだ。」(FCゼニト・サンクトペテルブルク キャプテン)

TYMOSCHUK-まだ向上できますか?(uefa.com)続きを読む

jeep_55 at 21:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年06月11日

(375)ヴァレリー・カルピン

「僕はスペインで相手からの罵り言葉を聞き慣れているからね。フランス語もスペイン語も似ているから、フランスの選手が僕に何を言ったかよく分かったんだ。ブーイング?大したことないよ。僕とモストヴォイが昔ロシアにいたころ、ピーテル(ペテルブルク)で浴びたブーイングの方がはるかに強烈だった」 ―ヴァレリー・カルピン(ロシア代表)
カルピン

休息の時を迎えるカルピン続きを読む

jeep_55 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加