イビチャ・オシム

2016年01月15日

(2016)イビチャ・オシム

なぜ自信を失う必要があるのか。日本はすでに大きな進歩を遂げた。問題なのは、あなた方、日本人が目の前の結果ばかりにこだわりすぎていて、少し内向的になっていることだ。日本人の資質を活かしきっていない。もう少し自分たちに自信を持つべきだ。何かを行なうことに恐れを抱いているのではないか?

『恐れることを、恐れるな。進め。』

そう私は言いたい。



20160114-1

 <独占インタビュー> イビチャ・オシムから日本へのメッセージ。〜Rewrite the Rule〜より
 続きを読む

jeep_55 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月23日

(1776)イビチャ・オシム

ボスニア・ヘルツェゴビナという複雑で小さな国が、サッカーで1つにまとまり輝かしい未来を示した。悲しい歴史を持つ我々がワールドカップ出場によって大きな自信と誇りそして幸せを取り戻すことができた。選手たちに感謝している。

20131022-1

独立後、初めてワールドカップに出場が決まって  続きを読む

jeep_55 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月06日

(1216)イビチャ・オシム

「それは自分のことをやっぱり信じていなかったんだろう? それが問題なんだ。謙虚は美徳でもあるが、ときに夢を観る前に諦めてしまう。日本人はサッカーについてもっと野心を持っていい。それを実現できるだけの力はもう持っている」

20101006―2003年までは本当に、まさか自分が海外移籍するなんていうことは想像したことも無かったと彼は言っていましたね。「もっと上を目指せ、いい野心を持て」と監督に言われたことが大きかったと。(スポルティーバ公式サイト
続きを読む

jeep_55 at 22:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年06月20日

(1171)イビチャ・オシム

「日本に欠けていたのは殺し屋の本能、チャンスがあったら絶対にそれをものにするという気迫。それがないから勝てなかった。」

イビチャ・オシム氏がオランダ戦を回顧 - 2010 FIFA ワールドカップ - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ 
続きを読む

jeep_55 at 13:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月05日

(1106)イビチャ・オシム

「日本サッカーの中で欠けているもの、それは真実だ」

2010年南アフリカW杯抽選会をうけて「夢を見すぎることはよくない」(スポーツナビ続きを読む

jeep_55 at 20:36|PermalinkComments(2)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月06日

(974)イビチャ・オシム

「日本人がサッカー選手として成功しないのはハングリーさが足りないからではない。頭が良いからだ」

これが最後の「オシム語録」だ。前日本代表監督のイビチャ・オシム氏(67)が4日、自宅のあるオーストリアに帰国した。成田空港にはかつて指揮を執った千葉のサポーターら約300人が集結し別れを惜しんだ。そんなオシム氏は指揮官だった1年半の間、日本サッカー界に多くの教訓を伝授したが、最後の最後に「日本人が大成しない理由」を本紙に明かした。(東スポ)続きを読む

jeep_55 at 01:44|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

(973)イビチャ・オシム

「今まで私は自問自答してきました。私自身、日本で何事かを成し遂げたのだろうかと。 その答えはいまだに出ていませんが、今日この時この場に私を見送りにきてくれたたくさんの人々がいることで、そんなことは考える必要がないと思い直しました。 何かを成し遂げたかを自問するより、私が日本の人々から受け取ったものを感謝し大切にしてゆくことの方がはるかに重要だということです。 私は人生の中で数えるほどしか泣きませんが、きょうはそのうちの1つ。 感情をコントロールするのが難しい。とてもうれしい。 東京オリンピックの時から積み重ねた日本への想い、皆さんの支えに 心から御礼を言いたい。ありがとう。」 空港には約300人のファンが駆けつけ、帰国を惜しんだ。オシム氏は握手攻めで貧血を起こし座り込む場面もあったが、「早まって私が死んだという報道がないように」と切り返し。にこやかに機内へ乗り込んだ。(産経ニュース)続きを読む

jeep_55 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

(972)イビチャ・オシム

「昨シーズンは奇跡的な結果で終了したが、ミラクルは一度限りで、二度はおこらない。これは私だけの思いでなく、ファン・サポーターの声を代表している。ジェフの選手、クラブ関係者は肝に銘じて欲しい。私の体のためにも、一度だけにして欲しい(笑)」

帰国にあたり、イビチャ・オシム元監督からのジェフユナイテッド市原・千葉のファン・サポーター、クラブ関係者へのコメント(ジェフ千葉公式HP)続きを読む

jeep_55 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月14日

(960)イビチャ・オシム

「日本にいるのは私にとって気持ちがいいことだが、私がいることでだれかの負担になりたくはありません」(日本サッカー協会アドバイザー)

昨年11月に脳梗塞(こうそく)で倒れて代表監督を退任し、6月から同職についていたが、12月31日で任期満了。日本協会は体調面を考慮して契約を更新せず、この日の理事会で承認された。(ディリースポーツ)続きを読む

jeep_55 at 18:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月06日

(932)イビチャ・オシム

「南アフリカでは日本と同じ組になってほしい。それが私の希望。つまり、日本がW杯予選を突破してほしいということ。対戦したら(浦和の鈴木)啓太をマラドーナのマークにつける。相手ベンチに座らせて、マンツーマンでマークさせる」

アルゼンチン代表監督にマラドーナ氏が正式就任したことを受け、オシム氏はスーパースターに絡めて日本代表の奮起を促した。さらにオシム流の戦術?も明かした。(スポニチ) 

jeep_55 at 21:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加