デットマール・クラマー

2017年10月28日

(2155)デットマール・クラマーと川淵三郎

君たちは本当に努力をしたし、そのことは僕が一番よく知っている。人生はサッカーがすべてではないんだ。今日はサッカーのことは忘れよう。でも、こんな時に君たちのところに来てくれるのが、本当の友達なんだよ。

-僕には人生哲学を教えてもらった恩師が二人いる。一人はさっき話をした、吉岡たすく先生。もう一人が、日本初の外国人コーチとなった、デッドマール・クラマー。彼との出会いも大きかったね。
続きを読む

jeep_55 at 20:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月19日

(1992)デットマール・クラマーと川淵三郎

サッカーだけでなく、人生そのものを教えてくださった恩師で、今の僕があるのもクラマーさんのおかげです。当時、日本のサッカーは弱かったですが、選手を一人前の紳士として扱ってくれ、すべてをかけてサッカーと人生哲学を伝えようとした指導者を僕はクラマーさん以外に知りません。これまでも何か気付くと、アドバイスの電話をくださり、そのたびに勇気付けられました。クラマーさん、心から感謝しています。安らかにお眠りください。
 
20150919(9)

サッカー日本代表の強化の礎を築き、「日本サッカーの父」と呼ばれたドイツ人のデットマール・クラマーさんが17日、亡くなりました。90歳でした。これはドイツサッカー連盟が18日、発表しました。(NHKニュース 日本サッカー協会 川淵三郎最高顧問の話より)


続きを読む

jeep_55 at 14:22|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

(1991)デットマール・クラマーと大仁邦彌

サッカーの基本を日本にたたき込んでくれた。またJリーグの前身となる全国リーグの立ち上げに動いた方で、今の日本サッカーがあるのは、クラマーさんのおかげで、感謝している。

本当に厳しい方だったが、基本のインサイドキックを徹底して教え込まれた。年齢を重ねてもサッカーの話が尽きず、熱意は変わらなかった。



サッカー日本代表の強化の礎を築き、「日本サッカーの父」と呼ばれたドイツ人のデットマール・クラマーさんが17日、亡くなりました。90歳でした。これはドイツサッカー連盟が18日、発表しました。(NHKニュース 日本サッカー協会 大仁邦彌会長の話より)

続きを読む

jeep_55 at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年11月08日

(758)デットマール・クラマー

「私はサッカーを好きなのではない。心から愛している。なぜならば、サッカーは少年を大人に育て、大人を紳士に育て上げるスポーツだからだ」(日本サッカーの父)

サッカーに技術のみならず、人間性や、人生哲学を込めたデットマール・クラマー。かつて日本代表の選手たちに伝えた言葉です。(NHKその時歴史は動いた「メキシコ五輪 奇跡の銅メダル」〜日本サッカー・勝てる組織作り〜)続きを読む

jeep_55 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年11月07日

(757)デットマール・クラマー

「選手一人一人の個性を知らずして、どうしてよい指導ができるんだ。コーチは常に選手と共にあるべきだ」

クラマーが代表選手たちが合宿している宿舎に行こうとした時のエピソード
(NHKその時歴史は動いた「メキシコ五輪 奇跡の銅メダル」〜日本サッカー・勝てる組織作り〜)続きを読む

jeep_55 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年08月14日

(714)デットマール・クラマー

「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である」

クラマーが東京五輪後、代表選手たちに語った言葉『日本サッカーのあゆみ』より続きを読む

jeep_55 at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年08月13日

(713)デットマール・クラマー

「試合で勝った者には友人が集まってくる。新しい友人もできる。本当に友人が必要なのは、敗れたときであり敗れたほうである。私は敗れた者を訪れよう」

そう言い残して、アルゼンチンのロッカーへ向かった。見送りながら長沼は、改めて凄い人だな、と感心した。続きを読む

jeep_55 at 00:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年08月12日

(712)デットマール・クラマー

「ドイツ人にゲルマン魂があるように、君たちにも大和魂がある」

モチベーションを高めるのも巧みだった。時には54年スイスW杯で西ドイツが当時無敵のハンガリーを奇跡的に下し優勝を飾った話を持ち出し、力説した。続きを読む

jeep_55 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年08月11日

(711)デットマール・クラマー

「人間は暗い気持ちの時は耳を塞いでしまう。そんな時には、どんな名言も届かない。しかし心を開いている時なら、苦言でも受け入れることが出来る」

「卓越した心理学者」(長沼)でもあり、敗戦後はほとんどミーティングを行わず、勝った試合の後ほど、厳しく詳細にミスを指摘した。続きを読む

jeep_55 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年08月10日

(710)デットマール・クラマー

  Es ist der Geist, der sieht. 物を見るのは精神であり
  Es ist der Geist, der hort.  物を聞くのは精神である
  Das Auge an sich ist blind. 眼そのものは盲目であり
  Das Ohr an sich ist taub.  耳それ自体は聞こえない

                                  続きを読む

jeep_55 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加