Argos蹴球記

サッカーサークル『FC.Argos』のことや 管理人が応援している『ジェフ千葉』のことなどについて書く不定期更新日記です。

フットサル日本代表がウクライナに敗れ、ベスト16で大会を去ることが決まりました。

未だかつてこれほどフットサルという「競技」が注目されたことはなかっただろうし、

多くの人にフットサルの魅力を伝えるには十分すぎる戦いぶりだったと思います。

サッカーよりも素早い状況判断、正確な足元の技術、攻守の切り替えの速さ。

フットサルはまだまだ日本では「サッカーの縮小版」という説明をされがちですが、

僕はフットサルという競技を通じて、その説明は不適切だと感じました。

サッカーのようなダイナミックさはないかもしれません。

それでも、1プレー1プレーに対する集中力の高さは今大会の選手の表情からも感じ取れたように、

サッカーとは異なる緊迫感を生んでいます。

この大会を通じて、フットサルに興味を持った人が一人でも多く、

Fリーグの会場に足を運んでくれることが日本のフットサル界の発展につながると信じています。

僕が初めてFリーグを見たのが1年前。

Jリーグと比較すれば、様々な面でまだ発展途上にあります。

それと当時に、その「のびしろ」に大きな魅力を感じました。

まだFリーグの会場へ足を運んだことのない方へ。

そこにはあなたの知らない迫力、スリル、熱狂が待っています。

ぜひ近くの会場へ「行ってみようかな?」くらいの気持ちで足を運んでもらえたらと思います。

今日はご報告。
何とか就職浪人だけは避けることができました。

未経験分野だけに不安はあるけど、不安なら勉強すればいい話だから。
アパレルのときもそうだった。

親がアパレルのバイトをどう思ったかどうか本当の部分はわからないけど、今回新たに就活するにあたってあの経験は僕の強みになってた。

知識を蓄える努力、広い視野、忙しい中での判断力。
どれも経験できたけど一番の財産は本当に「人対人」の連続を体験できたこと。

常にプレゼンみたいな環境で働いてる時間に落ち込む暇はなかった。

「君が新人だろうとそれを知らないお客さんには関係ない」

これは当たり前だけど強烈だった。
そこから仕事に関しては考え方が変わった気がする。
最終消費者のために何をすべきかを考え、足りないものは自主的に補う。

そういう自分が働く中で肌で感じたことを作らず熱っぽく伝えられたからこの結果につながった気がする。

まだ少し続けるけど、腕はつけられる仕事だと思うし、まずは一年頑張る!!

この携帯のアドレス帳も数年で仕事メインの件数が増えていくんだろうな。

だんだん友達が離れてゆくような...
不思議な感覚。


就活再開後、初の不採用メールが届きました。
多々反省点はあるので次に活かせればそれで良いや。
多少良く見せようとしても素直に面接してればいつか受かるでしょ(虚勢)

「君が転ぶ姿に興味はない。そこから起き上がる姿に興味がある」

そんな偉人の言葉を胸にまだまだ頑張ります☆

まだ転んだうちにも入らないし(笑)

今の友達とは多分生涯の友になる気がするのです。

根拠はないんだけど

数ヶ月後に皆がバラバラになることも頭では分かっていても、正直まだ想像できない。

住む場所さえ近ければきっと卒業しても遊ぶんだろうけど、社会に出て互いにどう変わっていくのか興味深いですo(≧∀≦)o

早く就職したいな。


と思いながらこれからバイトに行ってきます。

遅番の翌日の早番はキツイ
ろくに寝れない。

バイトを辞めることにした。

一月には就活、卒論、新居探しとてんてこ舞い。
二月は引越もあるし。

元々憧れだけで考えすぎずに始めたアルバイト。
楽しいこと。
嫌なこと。
ムカつくこと。
凹むこと。
嬉しいこと。

組織の中で働く難しさも経験できた。

今思うことは勢いでも飛び込んで正解だったということ。
短い経験でも得たものは大きいと思ってるし、これを就活にしっかり活かしていきたいなと思う次第です。

やっぱ周りからは
「フラフラしてる」
って言われるかもしれない。
でも今だから言えるのは、内定もらった人が大学生活をエンジョイしてる間に、人より社会を多く学べたということ。

プロ意識の高い場所だったし。

さらに自分を客観的に見ることが出来た。

服買うとテンション上がりますよね?o(≧∀≦)o
服を買っていくお客さんが
「買った服をウキウキしながら着るんだろうな」
って考えるとこっちも嬉しい!
人のささやかな幸せのお手伝いができたみたいで♪
プレゼントを選びに来たお客さんと一緒に選んでるときも
「もらった人はどんな顔するのかな?喜んでもらえますよーにっ!」
って自然と思ってる。

どんな分野であれ、人の喜びや幸せのアシストが出来る仕事がいいなぁって再認識した半年でした☆
その中でも自分の色を出せたらいいです。
あまり大きい組織は自分に合わないみたい。

やっぱ仕事は出会い。
いつも人は人を求めてると思うし、公私とも人と繋がってる人生でありたいなと思ってます。

最終目標はジェフ絡みの仕事。
これから何年もかけて徐々に近づいていきたいもんです(笑)

今日は卒論書いてました( ̄▽ ̄)
まだ序論だけどね(笑)

ゼミ生は提出しないと単位がもらえないらしいから頑張ってます(ノ><)ノ

ゼミではゼミ生によるプレゼンがメインなんです。
僕はプレゼンとか結構好きなんですよ( ̄▽ ̄)

「好き」...なんです。
「得意」とは違いますorz

やっぱかっこよく発表したいから結構調べたりします。
構成も考えます(・_・;)

そして肝心な...トーク!!!

いくら調べてもトークでカミカミだったりオドオドしちゃうとTHE ALFEE...いえTHE ENDなのです(´Д`)

プレゼンの僕には何かが乗り移っています(怖)
とにかく棒読みになりません!
緩急自在に...みのもんた?クロサギの山下智久?バリのトークです(≧ε≦)

とにかく誰かになりきって話すのが一番いいかなと思います。テンションとかは特に☆

発表後に質疑応答がありますが、調べてきた内容にあえて説明不十分な部分を作り、そこを質問させるように仕向けます。

当然こちらは把握してるわけですから、ハッキリと答えられるのでポイントアップですo(≧∀≦)o

想定外の質問に関してはいかに焦らず冷静に対処できるかですね♪

これが俺のプレゼン必勝法〜(^O^)

でも一番大切なのは難しいことを頑張って自

卒業の進路、「ふりだしに戻る」

そんな状態の管理人です。
いろいろ道を模索してます。
使えるもんはいろいろ使ってます。

履歴書たくさん書いたり。

神奈川に来て四年。
離れてみて千葉の良さを実感することが多いですよ。
就職といえば東京をイメージしてましたが、東京はあんまり好きじゃないです。

炭酸飲料みたいで。
ずっと飲みたくはない。
たまに遊びに行って刺激を受けるくらいで今の僕には十分です。
人生は長いし、「その時が来たら」で。

千葉が好きな理由は多くの友人がいるせいもあるけど、「ジェフ」が大きかったと今更ながら思います。
地元愛を持たせてくれたのはジェフです。

いつの間にか友人が僕を語る上で「ジェフ」って言葉は欠かせないものになっていて、一時期は「『ジェフ』だけの人間になりたくない」って思ってました。
けど、今では僕の良さを理解した上で「ジェフに熱いヤツ」とか「ジェフと人生を共に歩んでる」って言ってくれます。

僕みたいなサポはたくさんいると思うけど、それだけのものを僕に与えてくれたジェフは簡単に人生から引き離せません。

チームは地域を盛り上げ、誇りを与えてくれる。
同じように地元で頑張り、地元を誇る道があってもいいんじゃないかと。

学生から社会人に立場が変わっても、変わらないものがあってもいいんじゃないか?

それが僕にとってスタジアムなんだと思います。

小学生のときも、
中学生になっても、
高校生になっても、
大学生になっても...

周囲の環境が変わり、僕が成長しても変わらなかったもの。
それが臨海であり、フクアリなのです。

「そこまで打ち込めるものがあるのはうらやましい」

そんなことを昔、友人から真剣に言われました。
あの瞬間、誇りになったんだと思います。

95年。初めて父に連れられ、臨海競技場に足を踏み入れた瞬間から何かが変わったんだと思います。

小さい頃の記憶は次第に薄れていきますが、その日の寒さや、日差しの暖かさ、雰囲気は未だに鮮明に覚えています。

大人しかった自分がオープンになったのもスタジアムの空気が大きく影響してるのは僕だけが知ってることかも。
あのままだったら確実に読書家になってました。(そっちの方が良かったかもしれないけど・(笑)

結果は後からついてくると信じて、どんな仕事にしろ今は目の前のことを頑張っていければいいかなと思ってます。
まだ21だし。
続きを読む

いよいよ「降格」の2文字がちらつき始めてきた今日この頃(-.-;)
ただでさえ「梅雨」という憂鬱な季節なのに重ねてこの成績ですから。

週末の横浜戦について。
正直ここまで得点の匂いがしないのはマズいと思いました。

ボールを回していても決定機を迎えられず、危険な位置でカットされてはカウンター。

去年とはメンツが違うわけですから同じようなサッカーをしなくてもいいと個人的には思うわけです。
下村にしろ、新居にしろ特徴があるわけで下村に阿部のようなプレースタイルを要求するのはナンセンス。
新居だってハースとタイプは違います。

しかし、ならば彼らの長所を活かした点の取り方を考えなければいけません。

ゴール前で相手の急所をつく動きであったり、パスが少ないと思うのは僕だけでしょうか?

最終的に「運動量不足」に繋がっていくと思うのですが、フォローの遅さ(昨年阿部や坂本が汗をかいた部分)やエリア内での危険な動きのなさが攻撃を停滞させ、ボールを回しててもフィニッシュに至らず致命傷を負う今のサッカーになっているのだと勝手に思ってます。

もっとチーム全体で汗をかいて「リスクを侵す」姿が見たいです。

新居を活かすなら工藤とセットで使ってほしいです。
まぁ羽生との兼ね合いで難しいとは思うのですが。
巻が起点になれていない今、別の道を模索するべきでは?
彼のハードワークは認めますが、それだけでは勝てないことが結果に表れていると個人的には思っています。

活路が「新居」ならそれを活かす道を考えないと。
新居の特長を引き出すならもってこいの組み合わせだと思ってます。


今の千葉の攻撃は怖くない。

そう思われてしまうことが何より怖いですが、イリアンの復帰など明るい話題も多いので、まずは点を取って何とか勝利という「光」を与えてほしいです。

キリンカップサッカー2007
日本代表0ー0コロンビア代表
@さいたまスタジアム2002

羽生いいっ!!
いいよっ!!羽生♪♪

今更言うのもあれだけど本当に見てて小気味良いよ☆彡

彼がスペースをスルスル走り続けるのが目立っているといかにチームが動けていないかが分かる。

まして自分が相手に奪われたボールは後方まで追いかけて奪い返す。

これって「自分のプレーに責任を持て」ってオシムの教えを体現してるシーンだと思った。

良いときのジェフのサッカーって個々のポジションがあるようでないようなものだからね♪

一時期相当思い悩んでいた羽生が良い流れをチームに与えてくれることを願いつつ、週末の日産スタに乗り込みたいと思います(^o^)



それにしても必死で走るハニさん...かわいい(笑)
「この世のものでない可愛さ」(byやべっち)でした。

「キモカワイい」に対抗して「走るカワイイ」を目指してるみたいですから^^;

お待たせしました☆彡
一年ぶりの更新です('-^*)/

「ネット公開型日記」という定義からすれば既にblogではなくなっていたような気もしなくない「Argos蹴球記」(汗)

周りからも
「もう飽きたのか?」
「やらないなら閉じろ」
などの叱咤激励(?)をいただき、今日から密かに復活です(´∀`)

現在就活生の僕。

面接先でもジェフ魂全開で自分をアピールしてます(^_^)/

先日も某企業の面談で

面接官「キリンカップの代表にジェフからは誰が選ばれたの?」

僕「え〜...巻とぉ」

面接官「今年調子悪いよね〜」

僕「羽生とぉ...」

面接官「あっ!羽生いいよねっ♪」

僕「水野とぉ...」

面接官「右サイドの選手だよね?」

僕「オススメですよ!あとは水本とぉ...」

面接官「五輪のDFでしょ?」

僕「最後に山岸です!」

面接官「ヤマギシ?う〜ん...どんな選手?ちょっと知らないなぁ...」

僕「あぁ...そうですかぁorzこれから耳にする選手だと思いますよ...」


いや〜ジェフの選手もメジャーになったもんですね。

羽生が好きっていうから面接官の好感度が僕の中でぐぅーーんっと上がったのに山岸を知らないなんて...

サトル...おまえが悪いんじゃない。
そこで
「なんで知らねぇんだよ!!(怒)」
と言えなかった僕を許してくれ(>_<)

こっちも人生のかかった大一番だったんだ(笑)

けどその面接官、一番最後に爆弾を。

面接官「実は僕、マリノス応援してるんだけどね」


...?






...orz
簡単に人を信じない方がいいみたいです(-_-;)

巻フィーバーですっかり忘れていた(失礼)けど
ジェフが出場するA3杯の概要が正式発表。

8月に国立で短期決戦。
いや〜夏場に短気で3試合。
拷問かっ?つーのw
うちにはキツいでしょ(*´Д`)=з

けどせっかくアジアの強豪と戦えるチャンスなんだから実のある大会にしてほしいよ(*^o^)乂(^-^*)
いよいよ国王のアジアデビューかw
うっほー楽しみ♪

あとはケガだけには絶対気をつけてほしい!
昨年出場したFマリとか大惨事だったもんね…
リーグもまだ中盤だし荒いチームだと怖いから。

それにしても1週間で国立3試合。
1日2試合分共通チケットなのかは分からないけど確実に日焼け確実な1週間になりそうだ。

あっ♪日焼け止め買わないと♪

このページのトップヘ