ギター弾き語りシンガーソングライター
待良(たいら)
小さめ

◆プロフィール

【ショートバージョン】

ギター弾き語りシンガーソングライター
京都生まれ。
滋賀県の小さな教会で育つ。
5歳からバイオリンを始める。
12歳から京都の音楽家、末松よしみつに師事、ギターを始める。
17歳からプロとしてのステージに上がり始める。
幼稚園、小学校で教鞭を取ったのち退職。
現在はギター弾き語りで生活。
神奈川県川崎市を拠点に、地元関西や東京、静岡、石川、宮城、沖縄をツアーしてまわる。

また海外では、ルーマニア、ハンガリー、チェコなどの学校や、ストリートでのライブも経験。

2016年より、ベース、ドラム、サックスを加えた、「待良BAND」としても活動を開始 。

カラオケJOYSOUND楽曲配信中。
2016年 修善寺桂座音楽賞グランプリ受賞。
2017年10月 3年ぶりのCD「瓦」をリリース。
2018年4月より 毎月第4火曜15時〜FMIS(エフエムイズ)「待良の伊豆の音(たいらのいずのね)」放送中♪


【ロングバージョン】


田舎の小さな教会の、牧師の子どもとして生まれる。

5歳よりバイオリンを始める。

母の影響で、ビートルズ、カーペンターズやジョンデンバーをはじめ、Jポップなどの音楽に目覚める。

憧れだった大津少年少女合唱団に入る。

中学校に進学と同時に、父の影響でバイオリンをギターに持ち替える。

姉が買ってきたヘヴィーメタルのCDに衝撃を受け、早弾きの猛特訓が始まる。
またこの頃、変声期を迎え、これまでのクリスタルボイスが失われ、合唱団をやめる。
中学最後の文化祭で、初めてのバンドを組み演奏する。

15歳で、京都在住の音楽家「末松よしみつ」氏に師事。
最初のレッスンで、それまで4本指で弾いていた「スリーフィンガー」を、「それではフォーフィンガーやんか!」と指摘され、蜜月の日々が始まる。

この頃、ブルースやアイリッシュ、フォークソングなどの音楽に傾倒。

17歳で末松よしみつ氏のグループ「ピースフルウィング」に参加、プロとしての活動が始まる。
5年間教示を受けプレイヤーとして成長するも、自身の音楽活動に集中するために脱退。

まだまだ音楽活動では食べられず、常任講師として幼稚園や小学校で教鞭をとる。

音楽活動を活発化させるため教壇を降り、活動の拠点を関西から関東へ。
2006年11月、ギターを持ち、川崎に移り住む。

2016年、桂座音楽賞グランプリ受賞

音楽活動は、バンド、ユニットでの活動を経て、現在の弾き語りスタイルに落ち着くも、
2016年、バンドスタイルのライブも再開。
育ってきた環境からみた世の中を、オリジナルソングにして歌っている。

現在は、川崎を中心に、東京、静岡、地元の京都、滋賀で活動中。

・月一で自主企画ライブ開催
・都内の有名ライブハウスに、およそ月一で出演。
・東京都調布市にある画廊喫茶『サンマロー』で毎週木曜にフリーミニライブを開催。
・誰でも飛び入り参加できるオープンマイクイベントを川崎、吉祥寺、世田谷、京都で主催。
・楽曲「ナクペンダ」「消しゴム」はカラオケJoysoundで配信中。


◆Discography

・「ナクペンダ」 2009年発売。

ジャケット写真
待良ソロとして1枚目のCD。

【収録曲】
「ナクペンダ」
「It's All Right」
「君の鼓動」
「月の下で」

タイトル曲の「ナクペンダ」は、突如亡くなった元バンドメンバー中西秀支氏へ向けて送った曲。
「ナクペンダ」とはスワヒリ語で「私はあなたを愛しています」という意味がある。
同曲は待良にとって初めてとなるカラオケJoysound配信曲。
ライブの定番曲「It's All Right」も収録。
またジャケットには中西氏から引き継いだ名器「Gibson Country Western」がプリントされている。



・「そこにまた花は咲く」 2012年発売
ジャケット写真
作詞作曲はもちろん、レコーディングに至るまで、ほぼ一人で製作。

【収録曲】
「ニュートラル」
「裏庭の星屑」
「消しゴム」
「実家へ帰ろう」
「そこにまた花は咲く」

音質の荒さと共に表現されているのは、嵐の中にいるのに必死に笑おうとしている姿。
代表曲「消しゴム」が待良にとって2曲目となるカラオケJoysoundに配信される。
それまでの定番曲「ニュートラル」「実家へ帰ろう」など計5曲収録。
ジャケットは2010年頃の写真を使用し、「この頃の方が爽やかでいい!」という評価を受ける。


・「道」 2014年発売
43
3枚目で、初めてのコンセプトCD。

【収録曲】
「道」
「悪魔に祈る」
「頌栄」

レコーディングに京都時代の仲間「K21」を迎える。
これまでの待良の音楽を総括する作品となった「道」をはじめ、自らの殻を打ち破るタイトルを冠した「悪魔に祈る」、初めてのインストゥルメンタル「頌栄」を含む、計3曲を収録。
ジャケットには、自らの人生に大きな影響を与えた父に依頼。


・「10年遅れの青春」 2015年発売
08
ジャケット写真は、2014年のルーマニア音楽修行の旅の道中にて撮影

【収録曲】
「コウモリとカメレオン」
「愛よりお金」
「春の風」
「10年遅れの青春」


・「瓦」 2017年発売
07e19bacc1142497bd43c78a0b73e696

家族をテーマにしたコンセプトアルバム。
2017年10月発売開始
【収録曲】
ニュートラル
乙女ばあさん
おとん、残念です
生まれてきた意味
実家へ帰ろう
タイムマシーン