June 24, 2016

Guild T-100D - スタジオ2回目

IMG_6901

藤沢、太陽ぬ荘の深夜スタジオに独り
AmpはJCを使用しましたが、なぜか当日はハウリングの嵐
Bigsbyを装着して音(鳴り)が変わったのでしょうか、なんというかモチベーションも上がらず時間を余らせて帰宅 疲れていると余り盛り上がらないもんだなぁ

  
Posted by jemhiro at 17:38Comments(0)楽器関係

Orville SG-65

IMG_6887


まったく触れることなく部屋の片隅で埃を被ったままのOrville SG
剥がれたインレイ2個のうち、1個のみ手元にありますが接着する手間も面倒・・・
ほったらかしにしてはネックも動かず流石と思います
少し時間が出来たら復活してあげたいと思いますが、いつになるやら


  
Posted by jemhiro at 16:50Comments(0)楽器関係

ジャズ大名



91kP2ekDnML__SL1500_


凄いアバンギャルドな映画を発見、これ1986年上映だそうです
「黒人奴隷が幕末の小藩に漂流し、藩主を巻き込んでジャム・セッションをする騒動」
ってことで、内容は無く、他の方のレビューでも書かれていましたが長尺なミュージックビデオを見て居るような錯覚に陥ります Jazzってこんな感じで楽しい音楽だと良いですね

監督は鬼才、岡本喜八氏
原作は筒井康隆氏で音楽はなんと山下洋輔氏です、最後のJamセッションはまるで「渋さ知らズ」状態かと思いました ご興味ある方は是非、昔NHKで収録されたラジオドラマもかなり面白いですよ







  
Posted by jemhiro at 16:43Comments(0)防備録

アルティメット/フルスロットル


911TBAAh5HL__SL1500_

フランスのアクション映画です ダヴィッド・ベル(パルクールのスペシャリスト)の身体能力の高さと、単純ながら後半に「あっと驚く」エンディングがあったりと爽快感のある作品だと思います 続編は酷評されていますが、時間があればチャレンジしてみたいと思います

164274_01


そして、ハリウッドリメイクされたのが、事故死したポール・ウォーカーの遺作となる本作です
ダヴィッド・ベルは全く同じ配役で出演して居ます、より洗練されたのが本作の方でしょうか






  
Posted by jemhiro at 12:02Comments(0)防備録

Get Him To The Greek

get_him_to_the_greek_unrated_2010_ws_r1-front-www_getcovers_net_

バカバカしい内容ですが、個人的には面白く鑑賞しました
ヒット曲に恵まれず、妻には逃げられた停滞気味の英ロックセレブと、彼をGreek Theaterまで呼び復活コンサートで一山当てようとするレコード会社社員の「すっちゃかめっちゃか」な数日を描いた作品です 妻の相手役にメタリカのラーズが出演して居たり、レコード会社の重役にパフ・ダディなんて感じで、細かい部分もぬかりなく描かれています 主役のラッセル・ブランド(ケイティ・ペリーの元夫だそうです)も、現実生活そのままかというくらいの荒れっぷりでかなり迫真の演技ではないかと思いました パロディながら使われている楽曲の完成度も高くて、やはり英米のこういう映画ってちゃんとしているなぁ、と感想を持った次第です




  
Posted by jemhiro at 11:54Comments(0)防備録

電車の博物館 - 東急電鉄

IMG_6914

「ママ、パパ」以前に覚えた唯一の言葉が「でんしゃ」の息子1歳半
併せて、彼の趣味である「機関車トーマス」に触発され、電車とお姫様系にはまる姉4歳

兄弟共に出かけて楽しい場所を探し行きついたのが、宮崎台の電車博物館です
東急電鉄直轄の博物館にて、入場料大人200円、子供100円と良心的な施設であります
Nゲージの展示・操作場から始まり、バス・電車のシュミレーターが多く、おまけに付属施設にはプラレールスペースもあり、1日遊んでいても飽きない内容です 
2回目、熱望の元再び子連れで行ってきました(ちなみにいつも母親は不在)

IMG_6940

あらかじめ、PCで作成(色塗り)した電車をCG上で走らせるシュミレーターがかなり楽しい様です、最後にはプリントアウトしてペーパークラフトのお土産も貰い、ご満悦で帰宅 

埼玉の鉄道博物館に行くよりは気軽でよろしいのではないでしょうか
(片道電車で50分、3人で出かけても苦労しない距離です)


電車とバスの博物館  
Posted by jemhiro at 11:42Comments(0)防備録

June 03, 2016

Guild T-100D - Bigsby使用感

P_20160529_202113_DF

数日装着してみておりますが、意外とチューニングが安定して居ます

元々の構造上、半音どころか1/4音の柔らかいヴィブラート位がちょうどよいのですが、Up-Downでも大きく音がずれるって事はなし やはりTune-O-Maticでは無くて、ハカランダの木製ブリッジとの相性が良いのか滑らかに接地面が稼働している印象です 「まぁ、こんなもんでしょうか・・」って具合にサドル位置をざっくり置いてイントネーションも合いました このまま使用してみようかと思う次第です

しかしですね、テンションバーが無い分、ブリッジとサドルに殆ど角度がありません
12フレットで6弦2.5伉度の弦高なんですけど、もっとサドル上げた方がリッチな音がするんでしょうね(フラット弦を張って、本来のフルアコの目的通りに使えば)



  
Posted by jemhiro at 10:44Comments(0)CD/音源レビュー

Robert Glasper & Marsha Ambrosius ♫ NPR Music Tiny Desk Concert



フジロックにRobert Glasperが来ますけれども、家庭的にはFRFに行っている場合では無いかなぁ・・という雰囲気 休暇希望は出せて居ないのですが、万が一日〜月で休みなら強行軍で観に行きたいとも思います そしてですね、Summer SonicにはMusiqとmoe.が来るのです、こっちのほうが観に行けるロケーションですね


  
Posted by jemhiro at 10:39Comments(0)CD/音源レビュー

May 31, 2016

遊星からの物体X

the-thing-original

1982年公開のSFホラー作品です

CGはおろか、VFXも無し
当時のアナログ造形=SFXで凄まじい戦慄の場面が描写されます
初期エイリアン同様、80年代の良作低予算映画ですね






  
Posted by jemhiro at 22:19Comments(0)防備録

May 26, 2016

Steve Kimock - NPR Tiny Desktop Live


新体制での演奏です、百戦錬磨のメンバーが年々抜けていく中でも若手の力を取り入れ(成長させるってのあるんでしょうけど)奮闘されている事が判ります Tongue N Grooveは珍しくキーがAです(普段はC)、シンプルな編成でも聴かせますね、来日熱望です ジュン君から良い知らせが来ることを待ちながら・・・・


  
Posted by jemhiro at 10:56Comments(0)CD/音源レビュー

May 25, 2016

ターミネーター:新起動/ジェニシス

Terminator_Genisys-Arnold_Schwarzenegger-Emilia_Clarke-Poster

なんというか、ネタが切れて再びサラコナーの時代に戻るというのもアレですが
世代的にはもう見れずに通過できず、やはり観てしまいました 星★×4つ

  
Posted by jemhiro at 18:00Comments(0)防備録

なんだかおかしな物語

its-kind-of-a-funny-story_17034

DVD化もされず、配信のみで埋もれておりますが良作だと思います
10代の葛藤から逃れようと自ら精神科病棟に入院した主人公が遭遇する不思議な大人たちとの交流を描いています 怪優ザック・ガリフィアナキスも患者さん役で出て居ますが珍しくシリアスな演技もこなしています 酒飲んだり、憂さ晴らしたり、危機的な環境から逃げられるってのも大人の知恵ですが、若いと悩みに埋没してしまう感じを何だか懐かしく思い出しました

  
Posted by jemhiro at 17:51Comments(0)防備録

Bigsby装着感

IMG_6876

じゃん、装着するとこんな感じです

IMG_6874

テンションバーが無い分、やはりテンションは弱くなりました
生音で弾くと、重くなった以上にタイトな音から広がりのあるアコースティックな鳴りに変わった印象です 特に巻き弦は軽くなって居ます

IMG_6872

弦長も長くなって居ます

IMG_6870

非常にストレスフルな弦交換も、1本毎にカポで押さえながら行うとストレスフリーです

IMG_6873

ハカランダブリッジの溝も良く滑ってくれるのか、雰囲気程度のビブラートではチューニングも特に影響を受けません、Tune-O-Maticに替えるとそうはいかなそうな印象ですね

  
Posted by jemhiro at 16:56Comments(0)

Guild T-100×Bigsby

IMG_6869

落札後、24時間で到着しました 出品者様どうもです
狙い通り、ばっちり装着出来ました 

IMG_6868

ボディエンド側にある3つのビス穴も位置は同じでした しかし・・・
エンドピンのセンターが合っておらず、若干浮きます、弦アース部に触れて居ないのでAmpに刺した場合はどんな感じになるかは想像の通りだと思います この辺は大量生産と違って完全手工業でやっていた60年製のご愛敬って感じでしょうか、この辺もリペアショップでお任せしたいと思います


  
Posted by jemhiro at 16:50Comments(0)楽器関係

Guild T-100 ピックガードビス紛失

IMG_6862

自然に抜け落ちたとは考えにくく、あれ最初からビスあったのだっけと疑問

IMG_6863

思い切ってBigsbyも注文したので、テイルピースも外して磨いてみました
(e-Bayで狙っていたけど、ラッキーにもヤフオクで出物を入手)

IMG_6865

おお、エンドピン穴から弦アースが出て居たとは


  
Posted by jemhiro at 16:46Comments(0)楽器関係

Anthony Hamilton: NPR Music Tiny Desk Concert


数年前にCDなど購入した記憶もありますが、アンソニー・ハミルトン良い感じです
ルーファス・トーマスに声質が似ていると感じるのは私だけでしょうか


  
Posted by jemhiro at 16:42Comments(0)CD/音源レビュー

指板・フレットの限界

IMG_6860

Guild T-100ですが、オリジナルで付いて居たと思われるフレットも限界まで使用され販売時には擦り合わせ不能な程弦溝が残って居ます 前の持ち主はローフレット多様だったのでしょうか、A・E・D辺りで激しい指板の痛みもあります 元々低いフレットが打ってあるのは分かるのですが、ジャンボフレットに慣れている身としては近々の交換をしたいと思います

  
Posted by jemhiro at 16:41Comments(0)楽器関係

Brushy One String


ジャマイカの1本弦アーティストです ジャンルは判別不能な程、Hip HopやSoul、Funkもごちゃ混ぜ たった1本しか張って居ないギターから物凄い熱量の演奏/唄が飛び出してきます 私は6本も弦を張って何をしてるのかと思った限りです   
Posted by jemhiro at 16:31Comments(0)CD/音源レビュー

Guild T-100D メンテナンスの検討

IMG_6857

先日スタジオで使用した感じでは、VolはAカーブであると思われ手元で歪の調整が大変だったなぁという印象でありました リペアに出す都合あれば両PUのカーブはBカーブに交換して貰おうかと思います その他、フレット・指板周りの補修は急務です 本年中で出来るかな・・・

  
Posted by jemhiro at 16:28Comments(0)楽器関係

HDMI



IMG_6855

PCからケーブル1本でTV出力なり
過去、HDMIケーブルは購入したことがありますが、2歳前後だった長女の餌食になり見事に破壊された記憶も懐かしいものです そんな長女も長男も1人掛けソファに仲良く座ってドラえもんを食入るように見ておりほほえましい限りです



たまに驚くような面子を出してくるNPRのオフィスLive
4月に見逃したTedeschi Trucks Bandを高画質で確認出来ます
うう、やはり観に行けば良かったか・・・・



  
Posted by jemhiro at 16:05Comments(0)防備録

Eva Cassidy - Songbird

Songbird

素晴らしいSSWの紹介です
ワシントンDCで活躍したローカルの方だそうです 知名度が上がる前に皮膚がんで33歳の人生を閉じたとのことですが、亡くなって以降イギリスで火が付いて逆輸入という形で全米ヒットとなったそうです 



アコースティックギターの制作・リペアで、非常に秀逸かつ人柄を感じさせる文章を書かれる"奥村健治"氏のブログで知った次第です 透き通る様な声と、時にパワフルな声量でPOPからジャズスタンダードまで歌い切る実力は流石と思います ローカルに埋もれて居たシンガーだとしたら凄い事ですね 何気にご自身で弾かれるアコギも大変綺麗なフレーズ選びですね Songbirdという歌を歌われておりますが、GuildのF4CE(通称Songbird)を引かれているのもなる程という感じです

  
Posted by jemhiro at 15:59Comments(0)CD/音源レビュー

Ben Harper & The Innocent Criminals - Call It What It Is


71RRJ31uFQL__SL1400_

そういえば、満を期して再始動したBen Harper & The Innocent Criminalsの新譜を購入しておりました 出音は先発の音源やYutubeで確認しておりましたが、かなり良いです Relentless7でロック寄りに傾いて数年経過しておりましたが、グルーヴに余裕があるというか落ち着いた音像で過去リリースしたLife Line(2007)にも通じる穏やかさを感じます、数年間を空けてメンバーシップも復活という感じでしょうか ワイゼンボーンからエレクトリックのスライドも弾いているので、個人的にも嬉しい内容です そして今夏のFRF2016にも出演ですね、2003年の霧に霞むWhite Stageで観たステージを今でも鮮明に覚えて居ます、きっときっと今回も良いステージだろうな ロバート・グラスパーと枠が被りそうですが観に行きたいですね・・・行けるかなぁ






  
Posted by jemhiro at 15:42Comments(0)CD/音源レビュー

Guild T-100 Bigsby化の検討

guild-ce100d-tail-630-80

現在オリジナルのハープテイルピースが装着されているのですが、無加工でBigsbyが取り付けられることが可能です Guild純正タイプだとボディエンドのビス穴も同じはずなので、入手さえ可能であれば容易であるのです 以前、SGに無加工タイプのVIBRAMATEを介して装着したことがあるのですが、プレートを1枚挟む事でテンションが緩く成ったり、スタッドを上方向に引っ張ってしまうのでスタッド抜けのトラブルがある等、いまいちな印象でした(その後、ヤフオクで売ってしまった) 見た目のインパクトもそうですが、出音が変わったりと装着時には結構な変化があるので博打であるのはそうなのですが・・・

  
Posted by jemhiro at 15:33Comments(0)楽器関係

May 15, 2016

GW:長野

P_20160501_123210_HDR

GW2日間だけあった連休で嫁さん実家の飯山に顔を出してきました 
婿さんはひたすら寝るだけで、行き帰りは独り新幹線で移動、子供と散歩したり親戚の方のウッドベースをポロンポロンしたりであっという間の2日間でした

P_20160501_120106_HDR

菜の花がこれまた素晴らしくきれいでした

P_20160501_115917_HDR

近影

P_20160430_153105_HDR

長男君は大型機械に興奮
介護問題もあり、おすそ分けで頂く野菜も貰えなくなってしまうのは悲しいかな仕方が無い事ですね

  
Posted by jemhiro at 09:49Comments(0)防備録

映画:MIB(~掘

onesheet

こちらもAmazon Primeで視聴 
気楽なSFコメディです、子供でもこれは分かり易いかも

  
Posted by jemhiro at 09:34Comments(0)防備録