November 20, 2016

Gibson Blues Hawk

IMG_7086

先日のLiveで久々の日の目を見たBlues Hawk、フレットも弦も錆々でしたのでこちらも交換。
随分弾いておりませんでしたが、一番付き合いの長い1本ですので、「何処を弾いても大体分かる」「ヴォリュームもトーンノブも完全にコントロールできる」という事に気づけた良いきっかけでした。

IMG_7090

現在Guildのフルアコもポッド交換中でメンテに出していますがフレット交換も控えておりますのでまだメイン機にはならなそうです。フジゲンのセミアコ含め、エレキは生涯3本で済みそうです。

  
Posted by jemhiro at 23:50Comments(0)楽器関係

1年の感謝を・・・ R&Bell

IMG_7082

3月のウェディングLive以降まったく触れて居なかったラップスティールのお手入れなど。
ポリッシュで軽く拭いて、錆々の弦を変えました。アコギ弦もコーティング弦なので基本は錆びないはずなのですが、演奏中はかなりピッチ取りに集中するのでかなり手汗もかくようです。来年は少し演奏する機会が増えるかな。  
Posted by jemhiro at 23:38Comments(0)楽器関係

ブラックスネークモーン

147185_01

タイトル画を見ると、なんだかなぁ、という感じですが・・・・。

600full-black-snake-moan-screenshot


見終わってみれば今年一番衝撃を受けた映画でした。サミュエル・L・ジャクソンの演技も凄いですが、クリスティーナ・リッチの鬼気迫る演技も最高です。

「妻を弟に寝取られ傷心な農夫(過去はブルースマン)と、セックス依存症で自暴自棄になり、道端に意識を失って捨てられた女の子の出会いと2人の再生」ってのがテーマですが、劇中度々演奏するサミュエル・L・ジャクソンのブルースマンっぷりに驚きます、ブルースは悲しみであるという表現を劇中何度の思い知る事が出来ます。

blacksnakemoan9


サポートする側、される側共に救済は両者に訪れるという心理を痛感しました。

black-snake-moan-14


ああ、クリスティーナ・リッチってそういえば・・と思ったら、バッファロー”66で出て居たややぽっちゃりな女の子でしたね、ちょっと驚きました。かわいいを通り越して神々しいという表現がこの映画では感じました。



  
Posted by jemhiro at 23:32Comments(0)防備録

バッファロー”66

385ad9bd83e9060ffab563db23cdc1a8

ヴィンセント・ギャロの超脂がノリまくった時期の作品です。来日公演も観ましたが、何をやってもあふれ出るギャロ汁の美学を映像でも確認出来ます。公開当時の若い時代に観れたことをラッキーと思いました。誰もが感じる「生きにくさ」も愛があれば超えていけるという真実ですね。大変好き嫌いの分かれる作品だと思います。

  
Posted by jemhiro at 23:22Comments(0)防備録

アサルト13

assalut13-bt1

「マフィアの大ボスを収監中、手薄な警察署が身内に狙われる」という緊迫感のある設定で、主演のイーサン・ホークが熱演です。リアリティ・バイツでのやさぐれ青年のイメージが大きいのですが、すっかりナイスミドルな俳優になっております、設定は良いのに脚本がもうすこし一捻りあればという感じですね。

  
Posted by jemhiro at 23:15Comments(0)防備録

インディペンデンス・デイ

113603_01

今思うと、宇宙人を素手でぶん殴ったり、異文明のホストにアクセスしたりと無茶苦茶な設定もあります。リメイクされましたが、アメリカ1番、平和を愛する国の無茶振りを映画で楽しむことが出来ます。

  
Posted by jemhiro at 23:12Comments(0)防備録

ザ・ウォーカー

153246_01

デンゼル・ワシントン主演、マッドマックスのような近未来の荒廃世界を描いています。文明を捨てた世界で、教義として以上に価値のある、唯一残った聖書を巡っての死闘が繰り広げられます。昔一度観ておりましたが見直して観ても結構見応えがあります。お勧めです。
  
Posted by jemhiro at 23:10Comments(0)防備録

レゴニンジャゴー ゴーストシリーズ

00000003325870_A01

弟君より姉が夢中になっているレゴニンジャゴー。
モローのゴーストシリーズを追っかけでDVDでチェックしTV放映に追いついた!?と思いきや、TV版は結構編集をして数話をまとめて放映しておりました。やはりDVD版でゆっくり見続けるのが吉です(結果自分がハマった)。

  
Posted by jemhiro at 23:07Comments(0)防備録

Ryan Adams - Live at Roskilde Festival 2015


いよいよ来月に迫った来日公演、チケット確保もして準備万全です。
ちなみに保育園のパパ友と一緒に行きます、誰かとLiveに行けるなんて久しぶりです。ちゃんとしたLiveを観に行くのは2014年のFRF以来です、以前は毎月の様に何か観に行っていたような気がしますが年齢相応って事でしょうか。 旧譜を聴きながらステージを楽しみにしています、アラフォーの琴線に触れる美メロに涙です。当日は管理者研修の卒業式も都内であり本当に泣いてしまうかもしれません。最近はアウトプットばかりの日々でしたので、久々良いインプットが出来る事でしょう。




  
Posted by jemhiro at 22:56Comments(0)CD/音源レビュー

November 03, 2016

flying teapot 59 pre amp

flying teapot 59 pre amp

Marshall1959のインプットをエフェクトとしてリデザインした機種です、これは面白い。
しかも往年のチャンネルリンクが可能って事ですから、試してみる価値はありますね。 先日のLiveに至ってはチューナーも繋がず、ルーパー1台のみ挟んでの演奏でした、直結ギタリストになりつつありますので、シンプルなセッティングで良い機材を1個2個程度が理想ですね。

しかしながら、Marshallを使いこなせないまま早20年位経ってます。短い人生、色々経験しておかないと・・・、リハスタで触ってみようかな。

  
Posted by jemhiro at 16:17Comments(0)楽器関係

Guild Jumbo Junior

maple_2-600x600

意欲的に新機種をリリースし続けるWesterly Collectionに気になる新機種が出ておりました。F-30を更にダウンサイジングしてスケールもコンパクトにしています、いわゆるパーラースタイルのGtなんですね。個人的にはジャンボのボディデザインが好きなのでかなり気になります。

maple_3-600x600

しかもアーチバックでサイド&バックがメイプルとマホガニーから選べるってのも面白いですね、しかもPU付きで5万円台だそうです。さすがの中国製ですが、最近は質も上がって居ますし期待できますね。






  
Posted by jemhiro at 16:01Comments(0)楽器関係

October 31, 2016

Blues Hawk×Super Champ XD

IMG_7075

この組み合わせの結果は上々でして、なかなか使用感がよろしい感じです。

・チャンネル1はVolゼロで使用、フットスイッチでチューニング時のバイパスに活用。
・チャンネル2の6を使用(Black Faceの歪だそう)し、浅く歪ませる程度に調整。
・Gt側のVolは6くらいにして、指先でクリーンとクランチを調整、たまにPU切り替えで音色変更。

シールドとフットスイッチを持って行くだけってのもかなり楽なんですね、小型で万能、しかも10埃紂▲ャスターで運んでも苦痛では無いってのが電車移動にはもってこいでしたね。弱点はミドルからローの出がイマイチって点でしょうか、Star Novaに付けて居るエミネンスのスピーカーを載せるってのも一計かなと思った所です。

  
Posted by jemhiro at 00:09Comments(0)楽器関係

October 30, 2016

アップサイドダウン - 重力の恋人

161899_01

相反する重力を持つ2つの惑星(しかも近接している)で繰り広げられるラブストーリーです。
もう、映像美の良さと、奇想天外ながらすんなり感情移入できてしまう話の組み立てに引き込まれます。ああ、こりゃ不思議な世界観だわ、と思いきや主演のジム・スタージェスは「クラウドアトラス」にも出演しておりましたね、私はこういう作風が好きなのかもしれません。キルスティン・ダンストも「ヴァージンスーサイド」の頃に比較すると年を取った感じもありますが、逆に大人の魅力というか年齢に見合った年の取り方をしているのだなぁと思った次第です。



  
Posted by jemhiro at 23:57Comments(0)防備録

Willie Nelson

IMG_6967

ここまで弾かれたギターは幸せでしょうね。

  
Posted by jemhiro at 23:48Comments(0)楽器関係

フライト

photo_001

一見航空モノのサスペンスに見えるのですが、実際は全く違う映画です。
これはアディクション(依存症)を抱えながらも生きていく人々の苦悩の話だと思います。
何が良い結末かは、見た人それぞれの中にある映画かと思いました、お勧めです。



実は音楽が効果的に使われていて、ストーンズだったり、ジョー・コッカーだったり、「ニヤリ」とするシーンで度々良いBGMが鳴って居ます。Amazon Primeで無料視聴が可能です。しかしデンゼル・ワシントンの演技は流石ですね、前半のワルっぷりが大変キレて居ます。



  
Posted by jemhiro at 23:43Comments(0)防備録

Michael Franti & Spearhead - The Sound Of Sunshine

The Sound Of Sunshine

2010年リリースです、方向性としてはHip/Hopやレゲエから、唄モノへ戻ってきた印象です。
Everyone Deserves Music(2003年)の頃を想起させる良トラックが満載と感じました。彼の作る曲はとにかくLiveで聴くのが一番なんですけど、来日何回か見逃してて残念っす。バンドメンバーも随分変わってBassのカール・ヤングさんしか居ないようですね、94年のSpearheadのHomeから22年経ちまして結構な芸歴になりましたね。


  
Posted by jemhiro at 23:34Comments(0)CD/音源レビュー

アンノウン

156271_01

リーアム・ニーソン2連続です。事故後に目覚めれば自分という存在が消されている不思議・・・・。
格好良すぎる中年男子に私もなりたいです、切実にそう思いました。

  
Posted by jemhiro at 23:27Comments(0)防備録

96時間

151688_01

誘拐された娘を救うために、元CIAエージェントの父親が奮闘する訳です。容赦ないくらい犯罪者集団を追い詰める姿の勧善懲悪っぷりに見惚れます。やはり親の愛は凄いもんだ(そして親の心子知らず)。

  
Posted by jemhiro at 23:26Comments(0)防備録

Amp変更 - Fender Super Champ XD

P_20161016_220853

当初持ち出しを検討して居たELKは不調・・・、そしてPrincetonは重く、歪みやトレモロなど別途エフェクトを持ち歩くのも辛い・・・、そしてStar Novaは箱の大きさからして音圧が足りるような足りないような・・・・。その時の用途や好みで購入したAmpがどんどんが溜まる一方です。

「そうだ、そういえば一台適任なのが」
と思いついたのは、職場のギター弾き循環器医師から貰った「モデリング+6V6×2と12AX7の10inスピーカー付き」であるSuper Champ XDの初期型。Vintage愛好家には眉唾なAmpモデリングなど付いておりますが、倍音の出方などはデジタル臭さが無いのでさすがのFenderです。付属のエフェクトもトレモロしか使いませんが、やはりFenderの音なんですよね。リハに持ち出してみると「抜ける」音でありまして、「弾き方変えた?」なんて訊かれましたが、これは機材の選定のお蔭で劇的に演奏が良くなった訳では無かったのです。Dr叩いた接待バンドを2年程やりましたが、良い報酬を貰ったものだと思いました(K先生、ありがとうございます)。楽しく使えそうなので、時間のある時にスピーカー交換などから始めてみようかと思いました。



  
Posted by jemhiro at 23:23Comments(0)楽器関係

Gibson Blues Hawkの復活

b9d9232d

既に事後ですが、今回Live復帰するにあたり機材の見直しなど行いました。
Guild T-100とFender Princeton Reverbの組み合わせはかなり良い線を行くのではと狙って居たのですが・・。アコースティック系のセッションだと音が抜けるのですが、フルバンドで合わせた際には豊かなミドル寄りの音が抜けませんで、高音は目立てど納得の行く音色が決まらずでした。

Lip StickのSTや、フレットを打ち直したFujigenのセミアコもありましたがー。
結成10周年って事で、結成当時に弾いておりレコーディングでも全曲で活躍したBlues Hawkの復活と相成ったのです、T-100から持ち帰るとウクレレ弾いてるような軽さを感じました(つづく)。


  
Posted by jemhiro at 22:49Comments(0)楽器関係

レゴニンジャゴー

20160120053249

男子のアニメかと思いきや、5歳長女がどんハマりです。
米国っぽくてシーズン1-6までちゃんと続いているのですが、1編20分弱ながらかなりストーリーも作り込んであり大人も楽しめます。さすがに女子なのでレゴのおもちゃには興味が無いそうです。
(きっと弟君はおもちゃに興味を示してくれそうと思い、密かに楽しみにしている)

公式がシーズン1-2を無料公開しております。間の3が何故かソフト化もされていない。
(現在TV東京で放映しているのはシーズン6のゴーストシリーズです)


  
Posted by jemhiro at 22:42Comments(0)防備録

ヤングギター10月号

71WxLpiPKFL

ヤングギターって、HR/HM系だと思ったのですが何故か箱モノ特集が。
Guildのセミアコ/フルアコも特集が載って居たので思わず購入してしまいました。雑誌媒体で洋楽/楽器系の雑誌を購入するのは非常に久しぶりです。洋楽系の情報はWebで済むようになりましたが、過去は記事の隅々まで読んでアーティストの情報を得たものですね。

91P6vnEDYVL

自宅にもJazzの教本は何冊かあるのですが、まったく進んでおりません。それっぽいフレーズは弾くんですけど、必要に迫られないとやりませんねぇ・・(教則DVDも付いてましたが観なそうだなぁ)。




  
Posted by jemhiro at 22:37Comments(0)楽器関係

Michael Franti & Spearhead - All Rebel Rockers

61fJqKO7FpL

2000年代の始めはMichael Franti & Spearheadにかなり入れ込んでいて、FRFにも行ったり、来日公演を大阪>恵比寿>朝霧と追っかけたりしておりました。その後かなりレゲエ寄りになったり、反戦姿勢を強めたりとややラジカルな音楽に寄った印象があります(いや元々The Disposable Heroes Of Hiphoprisyの頃はかなり尖がっていたので元に戻ったが正解)。個人的にはその頃Grateful Deadを聴き込んでいく時期でしたので、次第に聴く機会が無かったのが正直な所です。 
GD熱も落ち着き、ギターも再開、耳をオープンにして楽しもうと思った30代最後の年、この度中古盤で2008年辺りからまた聴いて行こうと思った次第です。常に周囲と繋がろうとする姿勢、現状打破に真摯に取り組むスタイルは変わらずでしたね、20代に聴いて居た音楽ってのは血が湧きたつもんだなぁとしみじみ思った秋の夜です。


  
Posted by jemhiro at 22:32Comments(0)CD/音源レビュー

Monsieur Perine - Caja de Musica

61C87BXxeZL

こちらも考えに考えて、2ndを購入しました。最近ハマって居るコロンビアのジプシージャズバンドです。コードの置き方とか拾っていくと面白いのでしょうけど、ただただ聴いてて楽しいのです。音楽は気楽に楽しむと良いのでしょう。1stは余裕があったら是非聴いてみたいものです、なんかこう米国音楽をルーツに持たず西欧〜南米のミックスって斬新なんですね、世界は広いものです。







  
Posted by jemhiro at 22:18Comments(0)CD/音源レビュー

Joe Cocker - Mad Dogs & Englishmen

51inB1uzCwL

何だか最近Joe Cockerを聴く事が心地よく、長年購入を迷っていたMad Dogs & EnglishmenとのLive盤を入手しました(中古盤ですけど)。熱量が高く一緒にGtを弾くとテンションが上がります、この手の音楽は耳コピしやすいですから。全盛期と言っても良いほど声も出ているしバンドの演奏も熱いです、ちゃんと10代とかで聴き込みたかったですね。燃える70年代と、枯れた90年代で大分違いますけど声は本当に男惚れします。




The LetterなんてTedeschi Trucks Band がばっちりカバーしてますね、本家に肉薄する気迫です。



  
Posted by jemhiro at 22:13Comments(0)CD/音源レビュー