2006年07月23日

白金台フレンチ「カンテサンス」

「カンテサンス」はパリの2つ星レストラン「アストランス」でスーシェフを務めた岸田 周三シェフが今年の5月に立ち上げたレストラン。
お料理はランチ7,350円。ディナー15,750円の1コースのみ。
今日はランチで訪れました。

人気blogランキングへ



【本日のお料理】
・ベビーコーンと冷製コーンスープ
・ヤギ乳のヴァヴァロアと百合根
・玉ねぎが主役の一皿 すっぽんを箸休めに
・伊勢えびと新さんま 茶豆といんげんを添えて
・酵素豚にアモンティリャード(シェリー)のソース インカのめざめ、ピーナッツ、グレープフルーツを添えて
・メレンゲのアイス プラムのスライス







全体的に素材の質を活かした繊細な味で、アクセントにお塩を使っているお料理が多かったです。

一番印象的だったのはメインのお皿。
酵素豚を後で調べたら、『エサは良質の穀物を自家配合し、抗生物質・成長ホルモン剤等は一切与えず、消化を助ける酵素をエサに混ぜることで、豚の腸内バランスを整え健康に育てた豚』だそうです。

こんな高価な豚がボリューミーにどーんとお皿にのっています!
メインが来る前に、「次はメインですが、お腹の方は大丈夫ですか?」と聞かれ、もちろん私たちは「大丈夫です!」と答えました。
もしかしたら、余裕の無いお客様には小さめに出してくれるのかもしれません。
とにかく、写真より実物の方が分厚いです。

そして、北海道で越冬したジャガイモ「インカのめざめ」。
今年の春の北海道旅行で初めて食べて、その甘さ・香ばしさに感動したのですが、また再会できるとは!

ワイングラスは「リーデル」。
ナイフとフォークはポルトガルの「Cutipol」。
この「Cutipol」、やや小さめ・軽めでとっても持ちやすくて気に入りました。

泡赤ワイン

【本日のワイン】
・「Diebolt Vallois/ディエボル・ヴァロワ」(シャンパーニュ。グラスで頂きました。)
・「Pommard 1er Cru Jarollieres/ポマール 1er Cru ジャロリエール」

帰る時ににシェフがお見送りしてくれました。
岸田シェフのあまりの若さに思わず年齢を聞いてしまいました。
「32歳」だそうです。
この年齢でパリのレストランを経て白金台にレストランを出すなんてすごいですよね。

最後にひとつ、サービスの方たちはちょっと「ビミョー」でした。
女性の方は感じ良くて、とても良かったです。


ワインセラー

「カンテサンス」
港区白金台5-4-7 バルビゾン25 1F
03-5791-3715
人気blogランキングへ


jenifar at 08:52│Comments(3)TrackBack(0)フレンチ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sumicha   2006年07月26日 16:55
カンテサンス、とっても良さげですね!このブログみて行きたくなって、早速予約しました。シレックス、ずっとキープしておくから気が向いたら連絡下さいネ!
2. Posted by ジェニファー   2006年07月29日 08:38
行かれるんですね。
どのワインを飲むんでしょうか?
ワインリストから選ぶの結構迷いますよ。
3. Posted by sumicha   2006年08月08日 12:48
今週の金曜日にディナー行ってきます。土曜日にお店でリスト見てきました。2人なのでグラス泡〜ボトル白〜グラス赤にするつもり!白はクライデンヴァイスのカステルベルク・リースリング!楽しみです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字