2005年06月30日

電波バキューン

こんばんは、アクセス減少中のジェリドと私です。
大ピンチです。

まず、コメントの返答&お礼から参りましょう。
moneetさん
コメントありがとうございまーす。
神聖童貞モダーンですな。

ロサ・フェティダさん
毎度コメントありがとうございまーす。
1つ!非道なイケメンを憎み!
2つ!不潔なオーラを纏い!
3つ!未来の科学(2ch)で現実逃避!
4つ!良からぬDQNの悪を!
5つ!一気にスピード逃避!
6つ!無職がなんかイイ!
特喪変態!モオトコレンジャー!

('A`)ノシさん
毎度コメントありがとうございまーす。
うを、ブルー枠を奪われてしまった・・・
そんなあなたのキメ台詞は
「童貞って言うな!」です。

では、今日は久々にニュースのお話です。
書くことが無いってのもあるんですが、TVで見たときにそのインパクトに度肝を抜かれたもんですから・・・
で、そのニュースと言いますのが
17歳、同級生をナイフで刺す
なんですよ。今のところ新聞社のサイトでもそれほど情報は載ってないんですけど、夜のニュースでは結構詳しく取り上げられてたんですよ。
 何でも、サイトを運営していて、その日記ってのが凄いんですよ。
なんか、グッチャグチャの絵だとか、プロフは発見したんですけども。
あと、ニュー速+から日記のアーカイブも拝借して来ました。
・・・なんというか、これ、自分に酔っているんではないかと思うんですよね。ナルシストとかそんな感じで。よくある自虐電波ポエムみたいな感じで。
ともかく、一目みてコイツはヤバいと思いました。
サイコとか、グロ系の漫画を好むようですし、後はエヴァとか。
うーむ、確かに言い回しがエヴァっぽい気も・・・ 
この加害少年の動機ですが、やっぱり背後にはいじめのようなものがちらついていますね。またもや。
 学校は、こういった場合の決まり文句「いじめなどの実態については知らなかった。」と、これで無意味な時間稼ぎに入っていますね。
いじめの実態については、時間がこれをいぶり出してくれるでしょう。

 具体的な手法についてですが、まず目にスプレーを吹くってあたりから、計画性が伺えますね。学校にナイフ持っていくって時点で計画的でしょうか?
しかし、例の爆破男のように周りに危害が及ばなかっただけマシといえばマシでしょうね。
 しかし、今回も相手が死に至っていないのは、この少年にとって幸か不幸か・・・この被害者は、いじめの加害者として責められるということなく、
一転被害者として振舞う事ができるんですからね。
 また、加害少年については、これもやはり成績優秀、さらに写真部で腕もよかったそうです。
 こうなると、また真面目君の凶行か、とか、世間では思われるんでしょうね。無関係な、日々真面目にがんばっている人々に向けられる目がまたよくないものになっていくんでしょうか・・・
 この事件の動機がいじめにあったなら、いじめるタイプの人間には都合がいいですよね。どこかでいじめられる側が凶行に走ってくれれば、いじめに対する悪いイメージより、いじめられる側へのそれが先行しれくれるんですから。
 どうも今の情勢ってのはいじめる側に都合がいいですね。教育関係の役人様や教育者側ももっとこういったことの改善に力を入れて欲しいもんです。

なんか先入観を持って書いてしまった感が否めませんね。
なんにせよ、続報が気になるところです。

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。  

Posted by jerid_and_me at 23:16Comments(0)TrackBack(0) ニュースなお話 

2005年06月29日

これが1つの結論か

こんばんは、ジェリドと私です。
雨が降ったら降ったで湿っぽくてイヤになりますね。

では、まずはコメントの返答&お礼から参りましょう。
ロサ・フェティダさん
毎度コメントありがとうございまーす。
あまり曲を入れないとなるとやっぱシリコン系がいいでしょうね。
最近どんどん安くなってますし、単体でUSBメモリになりますし、
機種によっては乾電池で駆動しますからね。

('A`)ノシさん
シャッフルは、安くてブランドなのはいいんですが、液晶が無いので素人にはお勧めできないそうです。MP3プレイヤーの使用履歴があるならいいと思いますが。
商品の選択につきましては、いろんなところのレビューとか、ランキングとか参考にするといいと思います。2ch、アマゾン、価格コム等々・・・

ではでは、本題の方に入っていこうと思いますが、
 今日も今日とてロサ・フェティダさんとこを参考にしちゃったんですが、
それと言うのは「非モテ差別」とかそういったものについて、以前から結構思うところがあったので今に至った次第です。

 で、私がこれをどのように考えているかと言いますと、
この「非モテ差別」と原因というのは、聞いたことのある方もいらっしゃると思いますが、「恋愛信仰」というものにあるのではないかと思います。
 早い話が、恋愛信仰者にとってみれば、非モテ人というのは、
現実の恋愛を否定する「背教者」あるいは、恋愛をする上で、非常に不利な条件下にある、あるいは恋愛対象にならない「被差別階級」であり、
それを差別、排除することは「恋愛教」の教えである「恋愛至上主義」に合致しており、悪ではない。とでも喩えることが出来ると思います。

 こういった単語は理解されていないでしょうが、非モテ人を差別するような人間の頭の中ってのは、知ってか知らずかこう言う構造になっているのではないかと思うんですよ。現に彼らは非モテ差別を悪いとは思っていませんし、
ここまで悪意無しに差別が出来るっていうのはそれこそ宗教的ではありませんか。まあそこまで考えるほど頭の回ってる非モテ差別者も少ないと思いますが。

 ですがここで強調しておきたいのは、私は恋愛信仰者じゃないつもりですし、非モテ差別するような人間は嫌いです。クソ喰らえって感じです。
 第一、恋愛信仰者がその基準に基づいて非モテ人を差別するって言うのは、
そもそも価値観の押し付けじゃないですか。こっちにしてみれば差別されるような憶えはないんですよ。
 あんたらの基準で差別に値しようと、私らの知ったこっちゃありませんよ。だまれだまれ。
 差別上等な恋愛信仰なんてクソ喰らえですよ(2回目)。
自分と恋人の半径5メートルが平和ならそれでいいだなんて、その思考回路が理解不能ですよ。

 うーむ、なんだか熱くなってしまったうえによく分からなくてまとまりの無い文章になってしまいましたね。文才の無さを露呈してしまいました。いかんいかん。

 あ、あと、私はモテ系ブログ、サイト等は覗いた事はありませんし、これからもそういう気はありません。書きたくなって書いただけで、そういう人らへの挑戦状とかそういうんではないんで、喧嘩売ってると思って買わないでくださいね。非売品です。

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。  
Posted by jerid_and_me at 21:45Comments(3)TrackBack(0) フツーな日記 

2005年06月28日

私の愛馬は凶暴です

こんばんは、ジェリドと私です。

まずは、毎度おなじみのコメントの返答&お礼から参りましょう。
ロサ・フェティダさん
毎度コメントありがとうございまーす。
カッコいいですよねえ、アクセルベント。効果もさることながら、カードのデザインがまたカッコよくて。エンジンの図柄でしたね。他のカードもカッコいいなあ。
そもそも、擬似ライダーのオルタナが普通のライダーよりも高スペックとは、香川教授の天才っぷりが伺われますね。

では、今日はそのロサ・フェティダさんとこでMP3プレイヤーについて書かれてまして、私も少々コメントなどさせていただいたワケですが、今日はその愛用のMP3プレイヤーについて書かせていただきたいと思います。

NW-HD3
 私が今使っているのは、SONYのNW-HD3ってヤツです。
色はシルバーです。

 で、使っててどうか?って話なんですけども、正直、失敗したって思うことが多いですね。
 まず第一に、買ってすぐ、+2000円ぐらいで新機種が出たことですね。
これには「やられた!」って思いましたね。ホントに。

 第2に、このHDD容量は20Gなんですけど、使ってるのはせいぜい4Gってところで、正直5Gの安いヤツでもよかったってことですね。
 なまじ金があるとつい調子に乗ってしまいました。買ったのが春休みで、入学祝をもらった時だったんですよね。他メーカーの5Gタイプと比べて、値段の差はおよそ一万円。機種にもよりますが。

 第3には、これも下調べの不足によって生じたって言う要素が強いんですけど、大抵、皆さんはHDDプレイヤーは、ポータブルHDDとして使えるって考えてると思うんですよ。私もそう考えてたんですけども、このプレイヤー、
ポータブルHDDとして使おうと思うと、USBケーブルは勿論、専用のACアダプタ、それらとプレイヤーをつなぐ専用の変換アダプタがないと、読み書きが出来ないんですよ。
 つまり、ポータブルHDDとして使おうと思うと、同時にUSBケーブル、ACアダプタ、変換アダプタを持ち歩けと言うのですよ。結構馬鹿らしい話だと思いません?一般のポータブルHDDでもACアダプタは必要なのかも知れませんが・・・
USB充電も出来るのに、ねえ?

 あとは、細かい事ですが、普通に使ってたら明らかにカタログスペックほど電池が持たない、SONY製品には共通ですが、転送ソフト「SonicStage」が凄く重たいってこと、HDDプレイヤー一般に共通しますが、重たいんですよ。
サイズとしては、MDよりちょっと大きいって所ですが、重さはMDよりも結構重たいです。

 こう言うと悪いところばっかりみたいですが、いや、そんな事は無いんですよ。SONY好きの方、あるいはSONYの方など万一見てらしたら、気を悪くしないでくださいね。

 私は、この前はMP3-CDプレイヤーを使ってたんですけど、それはこれ以上に不具合が多くて、それ以前にCDにいちいち焼いてそれを入れ替えるってのは
結構面倒だったんですよ。けど、今のはまだまだ入りますからね。入れ替えの手間が無いってのはいいですね。シリコンタイプも入れ替えは必要ですし。
 後は、そうですね。ここでは逆に重さがプラスになって、質感が非常にいいですね。金属感があって実にいいです。


 あとは、今日の日記めいた事も一応書いときましょうか。
いよいよ、私の居留地もいよいよ梅雨入りしたみたいです。
 水不足の心配がなくなったのはいいんですが、今日、大学に行く時もやっぱりどしゃ降りで、ロングのレインコートを着込んでいったにもかかわらず、
やっぱりそれなりに濡れました。原付だと風圧で隙間から入り込んできたりします。やっぱり上下組のやつじゃないと駄目なんですかねえ?
濡れてるとエアコンの風が辛いです。暑い時はつけないクセに・・・
 しかも帰りもまたどしゃ降りですよ。
しかし、帰りはあまり気になりませんね。むしろ、どしゃ降りの中だと妙にテンションが上がってしまいます。水たまりに突っ込んだりなんかしちゃうと
なおさらです。危ないなあ自分。
 明日はそんなどしゃ降りにはならないようです。よかったよかった。
しかしどしゃ降りというと新潟の人たちが心配ですねえ・・・。

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。  
Posted by jerid_and_me at 22:22Comments(3)TrackBack(0) フツーな日記 

2005年06月27日

仮面ライダー龍騎 第10巻

こんばんは、アクエリアスって目に入ったらめっちゃ痛いんですよ。知ってました?ジェリドと私です。

では、コメントの返答&お礼から参りましょう。
XXXX−GX99さん
コメントありがとうございまーす。
まあ確かに、合体ってのは考えにくいですねえ(笑)。さしずめ合体攻撃とでもいったところでしょうか?

('A`)ノシさん
毎度コメントありがとうございまーす。あんなにオホッって感じで鼻の下伸ばしちゃって・・・そりゃバレますよねえ(笑)。しかし、明日夢ちょっと感じ変わりましたよねえ。髪切った?

それでは、龍騎の感想のほうに。
 今巻では、新しく現れたライダー、タイガと、ライダーとは似て非なるもの、オルタナティブの正体が明らかになります。
 それにしても、タイガって、獰猛そうに見えるんですけど両手にトラ爪つけてトラミミライダーですからね。デフォルメすると可愛くなりそうです。しかし、デストクローつけたらカード使えないんじゃ・・・

 前回、優衣が鏡の中に引きずり込まれたところで終わりましたが、優衣を引きずり込んだのは擬似ライダー、オルタナティブでした。
 このオルタナティブ、龍騎の中で一番ライダーらしい見てくれですね。擬似ライダーなのに。
 オルタナティブは、神崎士郎が開いたミラーワールドを閉じるために、香川教授が開発した擬似ライダーです。ライダー同様、ベルトにはデッキが装填されており、カードを引き抜き、腕部のカードリーダーにカードをスラッシュすると、カードが青い炎を放って燃えるとともに、その効果が発現します。
しかし、このときのシステム音声が何故か女性の声です。香川研究室は男だけ名ハズですが・・・一体誰が吹き込みを?
 本編に戻ると、隙を突いて脱出する真司と優衣。普通は生身でミラーワールドに入るとダメージを受けるようですが、今のところ優衣にはそういったことはありません。変身を解除させられたライダーはみんな塵と消えていったものですが・・・
 また、前巻で優衣を車の前に突き出した奴と、このオルタナティブの関連性が当然のように示唆されます。
 そして、真司の脳裏に浮かび上がる手塚の最後の言葉。
「神崎優衣から目を離すな・・・。」
やはり手塚は、神崎優衣とミラーワールドの関係をつかんでいたのでしょうか?最後に伝えようとしていたのはそれでしょうか・・・
 
 ここで舞台を恵理が入院している病院へ移すと、医師から不吉な宣告が。
優衣は昏睡の原因も、また目覚めた理由もわかっておらず、何時また昏睡状態に逆戻りするかは分からないとのこと。それを受けた蓮は再び思いつめたような表情に・・・やはり戦うしかないのでしょうか。

 さらに場面を移すと、令子さんは護送車のガラスの覆いは北岡の指示によるものだと知ると、北岡は一連の不可解な事件について、知っているのではの考え、コンタクトをとります。鋭いなー令子さん。
 そして、令子さんのためなら何でもすると言う北岡に対し、浅倉との面会の約束を取り付ける。安請け合いしすぎですね。北岡さん(笑)。

 また、戦いも佳境に入ってきたところで、令子さん同様、他の人も徐々に異変が起こっていると感じ始めています。
 今回気づいたのは、編集長でした。最近、仕事もよくサボるし、考え事ばかりしている真司が、何かしているのではないかと考えたのです。
 答えられない真司に対し、「もう少しだけ我慢してやる。」と編集長。
良き理解者です編集長。いい話だ・・・

 真司は、再び清明院大学香川研究室へと向かい、ミラーワールドを閉じる方法を聞きに行きます。しつこい奴だと罵られつつも粘っていると、1つのヒントを与えられます。それは、「多くを助けるために、1つを犠牲にすること」という勇気。これを示せば、方法を教えると香川教授。

 ここで、恵理は蓮の秘密を探るために体力も戻らぬ体で病院から抜け出します。それを狙うモンスター。そこに、ダークウィングが妨害に入ります。
さらに、恵理に飛び掛ろうとするダークウィング。 
 それを見た恵理の脳裏に、一年前の事件がよみがえります。あの時出現したモンスターと同じ・・・
 そこに、蓮が現れ、ダークウィングを制止し、恵理の目の前であるにもかかわらず変身、ミラーワールドに突入し、3体のモンスターを撃破。
 現実世界に帰還しますが、恵理に何も語らない蓮。自分のせいかと問う恵理にも、「俺が決めたんだ。」としか答えません。

 この頃、みんな出てばっかりで人手不足の花鶏では、アルバイト募集の貼り紙を。すると、仮面ライダータイガの正体、東條悟が。
 当然ながら、帰ってきた真司と揉めますが、礼儀正しく仕事のできる悟の味方。
 優衣は、再び恵理の見舞いに行きますが、その途中、またオルタナティブが。真司は優衣を逃がすと、またオルタナティブと戦闘を。
 オルタナティブの正体を知らない真司は、これが悟だと思い込んでいます。
しかしここでオルタナティブは退場。
 そして、悟に優衣を狙う理由を問い詰めますが、悟は
「ライダー同士の戦いを止めるため。」
と、答えます。悟が言うには、優衣がいなくなるとライダー同士の戦いは無効になり、モンスターも人を襲わないとのこと。
 英雄を目指す悟にとっては、優衣一人の命は小さな犠牲でしかありません。
 そして、ミラーワールドを閉じる方法を始めて知った真司は愕然とします。

 蓮は、また恵理の見舞いに行ったと思うと、何と恵理を連れ出してバイクで海に向かいます。そこは、かつて2人で訪れた場所でした。
 恵理は、蓮に自分のために生きて欲しいと言い残し、再び眠りに落ちました。

 その頃龍騎は、再びオルタナティブと格闘。一度は追い詰めますが、その非道な戦術により、情けをかけた龍騎の背中に一撃。ファイナルベントを装填し、トドメの体勢に移りますが、そこにタイガがファイナルベント、クリスタルブレイクを発動し、オルタナティブを逆に仕留めます。
 そこで変身が解除されたオルタナティブの姿は、なんと悟と同じく香川研究室所属の中村でした。それにしても、影薄い上に扱い悪いですね、中村
 自分で殺しておいて涙する悟。何なんだこいつは

 ここで、浅倉の面接に行こうとする北岡と令子さんですが、何と浅倉の弁護士が代わっています。北岡曰く、「自分が百点とすると一点」の森本弁護士。
浅倉の事をよくわかっていません。私物を持ってこさせようとする浅倉に素直に応じてしまいます。

 優衣とミラーワールドの関連性に注目した真司と蓮は、それぞれ旧神埼邸と香川研究室に向かいます。
 香川研究室では、モンスターが鏡の中から姿をのぞかせています。これがオルタナティブの契約モンスターのようです。
 しかし、ふっと姿を消してしまいます。その理由とは、蓮の入室です。
「犠牲は少ない方がいいんですが・・・」とつぶやきつつ、両者デッキを構えますが、中止。
 と言いますのも、香川教授の家族が研究室に入ってきたからです。そう、香川教授は既婚の子持ちです。研究者ってのは忙しいもんじゃないんでしょうか?
 家族の外食をキャンセルした香川教授は、蓮と並んで変身。なんでオルタナティブデッキを投げ上げる必要が?
 しかし、オッサンライダーってのはやっぱいいです。一人ぐらいいてくれないと。

 そのころ、真司と悟は途中令子さんに遭遇して怪しまれつつ、神埼邸へ向かおうとしますが、モンスターの気配が。
 現れたのはこれまでも登場したことのある○○ゼール種の鹿とかのモンスター。すばやい動きで両者を翻弄しますが、龍騎はサバイブに変身、ファイナルベントで、タイガもファイナルベントでトドメ。しかし、何時見ても龍騎サバイブのファイナルベントはムチャクチャですね。

 ほっと一息、かと思いきやタイガの不意打ちで龍騎は倒れます。後一歩でトドメと言うところで悟は香川教授のオルタナティブ・ゼロに制止されます。
 助かった真司ですが、大怪我です。生身でミラーワールドにいるとやはりダメージを受けるようです。

 しかし、ミラーワールドの別の場所では、優衣が。やはり粒子を放散する様子もありません。
 そしてその目の前には、サイコローグが迫っています。
そこに、士郎の使役する鳳凰タイプのモンスターが助けに現れます。
 同時に現れた士郎。いつもどおり「お前は心配する事は無い。」と。

 病院のベッドでは真司が横たわっています。
真司は、もはや自分が介入する必要はなく、いずれかの方法でライダー同士の戦いは終わるし、それぞれが自分の正義のもとに行動しています。

 その頃、森本弁護士がデッキを持って現れるのを心待ちにしている浅倉ですが、現れたのは北岡。北岡曰く、
「森本弁護士は食中毒で、俺が代理で来た。吾郎ちゃんの料理は完璧なはずなんだけどなあ・・・。」
北岡、一服盛りましたね

 その頃、OREジャーナル編集部では、島田さんのイグアナの写真の後ろのガラスに移りこんでいるモンスターの話題で盛り上がっています。
 編集長が専門家に鑑定を依頼したところ、ここに写っているものは紛れも無く「ガラスの中に」存在しているとのこと。
 いよいよ、OREジャーナルの面々は、連続失踪事件の核心に迫りつつあります。

 優衣は、かつて自分がモンスターを描いたスケッチブックを眺めながら、皆のためではなく、兄、士郎のために戦いを止めることを決意します。
 その理由は、士郎が幸せに見えないからというもの。美しき兄妹愛。

 港で対峙する士郎と香川教授。士郎は、教授の家族にモンスターをつけていると、教授を脅します。外道だ!
 「英雄」として、家族を見捨てるか、葛藤する香川教授ですが、英雄である事を選びます。これには、蓮も驚きます。
 ミラーワールドへと突入する教授と蓮。遅れて悟。

 そのころ、関東拘置所では、浅倉がついに脱走を。森本弁護士と入れ替わり、「浅倉に火をつけられた森本の真似」をして脱出。
やってくれますね、浅倉!
 そこに士郎が現れ、朝倉にデッキを渡し、浅倉も戦場へ。
そして、「ここか・・・祭りの場所は。」
名台詞キター!
 悟に借りを返すべく、立ち向かっていきます。

 そして、ゾルダも現れ、遠くからファイナルベントでまとめて始末しようとしますが、また現れた○○ゼールに突き飛ばされます。
最近、うまく行ってませんね。北岡。

 いつもと違い、大軍で現れる○○ゼール。みんな翻弄されています。
するとそこへ、龍騎サバイブがあのメチャクチャなファイナルベントを繰り出しつつ登場。

 龍騎曰く、教授の家族は無事とのこと。と言うか、龍騎が助けました。
黙ってみている事など出来ないから、だそうです。

 6者入り乱れての戦いが繰り広げられる中、新たなライダー、インペラーの姿が・・・

 全体的な感想としては、やっぱり悟は嫌なヤツでしたね。あと、オルタナティブシリーズはカッコよすぎです。バイクも一番まともだと思います
 あと、久々に王蛇が出てくれました。再び捕まってからろくに出番ありませんでしたからねえ・・・

 では、今回はこのあたりで。ジェリドと私でした。  
Posted by jerid_and_me at 23:14Comments(1)TrackBack(2) 特撮ネタ 

2005年06月26日

今週の仮面ライダー響鬼 二十一之巻 「引き合う魔物」

おはようございます、ジェリドと私です。

まずは、恒例のコメントの返答&お礼から参りましょう。
('A`)ノシさん
毎度コメントありがとうございまーす。
ドラグーンシステムっていうのは、一言で言うとファンネルもどきです。
種ではクルーゼが使ってました。

ロサ・フェティダさん
毎度コメントありがとうございまーす。
確かに、今回はシンやアスランの行動理念がはっきりと分かりやすくていいですね。キラたちがどうしようと思っているのかは前作同様よく分かりませんが。

では、響鬼の感想に移ります。
 「我ら、ウブメをこの短い期間で大きく育てる事が出来ました。我らの兄弟に落ち合うのが楽しみです。」と、童子&姫。
目の前にいるのは例の黒マント。誰なんでしょう?

 その頃、たちばなに場面を移すと、なにやらみんなして資料をひっくり返して調査中。ここのところ異常事態が続いていましたからねえ・・・
 で、対策を、と言うワケなんですが、思いつく対策と言えば鬼がまた鍛えると言う事のみ。あとはみどりさんら銀の方々が新兵器を開発するってくらいですか?いろんな意味で鍛えると言いますが・・・ヒビキさんは勉強中の模様。何を勉強するんでしょうか?データ方面?
 そこに電話が。何と相手はダンキさんですよ。中の人初登場!
なんか荒っぽいですねえ。そして明日夢がバイトに入っていることに驚いている様子。やっぱ一般人が入るってのは普通じゃないんですね。

 ここで舞台をイブキさんサイドに移すと、イブキとあきらは姫&童子、そして成長したウブメを発見。するとそこには黒マントも。黒マントは2人に黒い霧のようなものを吹き付けると、二人を宙に浮かせて、湖にふっ飛ばします。反撃を試みるイブキさんですが、そこに黒マントの姿はなく、代わりに怪童子&妖姫が襲い掛かります。
 しかし、姫&童子&ウブメは、イブキさんたちをそれ以上攻撃せず、どこかへ飛び去ってしまいます。

 さらに、舞台をトドロキサイドに移すと、トドロキはヤマアラシに遭遇。姫&童子も現れ、攻撃を仕掛けてきます。トドロキも変身して迎え撃ちます。川での姫とトドロキの組み合い。エロいな〜
仕込み針や、ヤマアラシの針飛ばしで、手傷を負った上、逃げられてしまいます。
「鬼は外だ。もうついてくるなよ。」
ここでザンキさん登場。おやっさんと連絡をとり、近い範囲で2体同時に現れたということ、2対は同じく浅間山を目指しているらしいと言う事を話しています。これも普通のことではないようですね。

 ヒビキさんサイドに場面が移ると、ヒビキさんと明日夢はお得意様の茶道の先生のところに団子を持っていく事に。途中二人で踏み切りで待っていると、巨乳のお姉さんが!
最初「ウホッ!」って感じで見て、その後も引き続きチラ見。もっちーがどうとか話しますが、ヒビキさんの話も届きません。エロいぞ明日夢!
 しかもその後、「何見てたの?」とヒビキさん。バレてるよ明日夢!
 踏切が開き、向こうからもっちーが!っていうかもっちーって読んでるのヒビキさんだけじゃないですか!もっちーに絶体絶命のピンチを救われます。
 もっちーも合流して、3人でお茶の師匠のもとに向かいます。
到着し、玄関から師匠を呼んでも反応がありません。もしかして、と思ったヒビキさんは、庭の方から回ってみると、その師匠らしいおばあさんが胸を押さえて苦しんでいるじゃありませんか!
 これは一大事と、ヒビキさんは師匠を明日夢ともっちーに任せ、
自分は医者の先生を呼びに走ります。走りまくります。・・・ちょっと走りすぎじゃないですか?
 明日夢ともっちーは、なすすべもなく見守るしかありません。
うわー、歯痒いだろうなあ・・・
 ヒビキさんは、川で釣りをしているお医者さん@オフをつかまえ、急いでつれて帰ります。

 イブキ組とトドロキ組、おのおの魔化魍を追いますが、おのおの姫&童子に押されているうちに、2組は鉢合わせしてしまいます。
 そして、崖の上には逆光に彩られた2組の姫&童子が。
・・・カッコよすぎる!位置関係で言えばどっちが敵だか分かりません
 イブキ&トドロキも並んで変身。そういえば、この2人が面と向かうのって初めてな気がします。おたがい敬語ですね。
 そして戦闘開始。あー、やっぱこのときの曲いいですわー。サントラ欲しい・・・
 しかし、4体の怪童子&妖姫は本気で戦うそぶりを見せません。
いわば、時間稼ぎのような・・・

 そのころ、浅間山では、ウブメとヤマアラシが激しく激突しています。
ウブメは威嚇するかのごとくヤマアラシの周りを飛び回り、
ヤマアラシはウブメに針を射出しています。

 ここで終了。ま〜る〜で〜

 次回予告、何と、ウブメとヤマアラシがユナイトベントを!!
ウブメはウブメは既に羽があるので、ベノスネーカー+エビルダイバーと考え、
ヤマアラシをメタルゲラスと考えると・・・ジェノサイダーに!

 また、テレ朝公式サイトの次回予告では、
「そして、威吹鬼らの状況を知らされたヒビキも現場へ急行。ついに3人の鬼が合体する!」
・・・あれ、合体?な、なんだってー!目には目をと言うわけですか!
多分、弾鬼さん、斬鬼さんも交えて、泣くようぐいすの、ロボキング合体みたいになるんですよ。
・・・大変です!みんな死んでしまいます!

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。
  
Posted by jerid_and_me at 09:20Comments(2)TrackBack(9) 特撮ネタ 

2005年06月25日

今週のガンダムSEED運命 「アスラン脱走」

こんばんは、ジェリドと私です。
さあ、始まりましたよ。アスラン逃走
あ、間違えました。アスラン脱走ですね。

 やっぱり、議長はレジェンドにはアスランを乗せるつもりだったみたいですね。このレジェンドに搭載されているドラグーンシステムは、
誰でも使えるように出来ているとの事で。やっぱりニュータイプ専用武装だったんでしょうか?
 また、デスティニーの方はシンの戦闘データを考慮した味付けになっており、特にスピードが強化されているようです。つまり、事実上のシン専用機と言ったところですね。
 前回に引き続き大喜びのシンですが、アスランは不服のあまり食って掛かります。ロゴスを討つという目的から、果てはアークエンジェル撃破の命令にまでさかのぼって。
「キラたちは戦況を混乱させこそしましたが、目的は同じです。」
と、こういった感じのアスランに対して、議長は
「ならば何故我らのもとに来なかったのだ?グラディス艦長も戦闘の前に呼びかけをしているが、それには応じなかっただろう。」みたいな。
 アスランは、その理由は目の前でミーアにラクスを演じさせるような真似をして、本物を抹殺しようとしているからだと思っているのでしょうが、目の前のラクスがミーアだと言う事実を知らないシンがいる以上、ここでそれについて言及する事は出来ません。第一、キラと接触していると言う事実は、
公にしてはならないものであり、情報源がキラである以上この話を切り出す事は出来ません。

 その後、今度はレイが個別に呼び出されます。しかしその部屋には、ミーアがなぜか潜伏しています。潜伏と言っても、議長らは出たと思っていましたが実は出ていなくて、結果こういう風になったんでしょうね。
 そこでミーア、1枚の写真が落ちているのを発見し、拾い上げます。
ミーアの見たものは・・・?しかし、スゲエ顔です。キャプができないのが残念。
 アスランが部屋で物思いにふけっていると、突然ミーアが現われます。
なにやら焦っている様子。
 と言いますのも、ミーアの耳にした議長とレイの会話と言うのが、
「アスランはもう駄目かも知れないな・・・。」
最初これを聞いたとき、戦力的なことかと思いました
かと思ったら、「キラ=ヤマトに思い入れが強すぎる。」とのことで。
 そう、ミーアが目にした写真に写っていたものは、キラと密談するアスランたち。いつぞやルナマリアが盗撮していた奴ですね。
「キラ=ヤマトを殺さない限りどうにもならない。」と議長、それに対しレイは「いえ、キラ=ヤマトは生きています。彼の心の中に。」
そうですよね。キラが死んだところでアスランからその影響が抜ける事はないでしょうね。
 そんなわけで、ミーアは焦っているのです。シンは今も新しい機体をずっと見ている。アスランもそうやって駄目ではないところを見せないと・・・と。
 しかしそこに、議長の送り込んだ刺客が。アスランは、窓を割って脱出、
屋根の上に潜んで、追ってきた3人の刺客をアスランキックアスラン裏拳アスランひざ蹴りで倒し、ミーアをつれて逃走を図ります。しかし、ミーアはそれを拒否します。アスランは、人々に役を当てはめて、人形のように利用する議長のやり方にはついていけない。
しかし、ミーアはそれでもいい。自分はラクス=クラインでいたい。と、現状の維持を望みます。せっかく手に入れた国民的アイドルと言う地位、手放せるものではないでしょうね。
 仕方なく単身逃走するアスラン。今度はメイリンの部屋を通過しようとします。しかし、ここにも議長の刺客が。メイリンに疑いがかからぬよう
銃で脅された事にしろ、と命じるアスラン。しかしメイリンは、アスランをシャワールームに連れ込むと、おもむろに脱ぎます。これにはアスランもビックリ。これまた凄い顔です。そして、メイリンはさっとシャワーを浴びると、バスタオル一枚で玄関先に。刺客もこれには驚きです。
 しかもそこに偶然ルナマリアが通りかかって、メイリンの格好について追求します。「シャワーを浴びていたらドアをドンドン叩くから・・・」
 刺客をにらみつけるルナ。刺客といえど緑服、やはり赤服にはかないません。
 部屋に戻ると、へたりと崩れ落ちるメイリン。何故こんなことには自分でも分からないとメイリン。いやいや、あんたアスランに気があるだろう。
その後、ハッキングでニセの警報を発令させ、その隙に格納庫へと向かいます。
 しかし、メイリンの車が急いでどこかへ行くのを、レイはしっかりと目撃しています。疑いの目で。
 格納庫に到着し、新型機の量産型グフを奪おうとするアスラン。
しかし、レイが銃をかまえて現われます。
 メイリンがいると言うのに、一切の遠慮も無しに撃ってきます。
ギルのためなら同僚の命ぐらい屁でもないみたいですね。このホモ野郎
 アスランも応戦、転がってレイの銃撃をかわしつつレイの銃を弾きます。
やっぱ、アスランは生身でなら結構いけるみたいですね。MSに乗るとどうしてああもヘタレ化してしまうんでしょうか?
 その隙に、グフに乗り込むアスラン。もはやメイリンも巻き込んでしまったのでいっしょに連れて行きます。アークエンジェルを探すと言いますが、
神出鬼没のアークエンジェルを、どうやって見つけるって言うんでしょうか?
追っ手がガンダムじゃああっという間に追いつかれてしまうでしょうに。

 シンにはデスティニーで、レイにはレジェンドでの追撃命令が下ります。
追撃目標がアスランだと聞かされて、動揺を隠せないシン。
こないだまでさんざ馬鹿にしてたクセに!
 それに対して、レイには全く迷いがありません。完全に議長の人形ですね。

 さて次回予告、アスランはグフでガンダム2体を相手にするようです。
いや、どう考えても圧倒的不利ですから!まあ、相手がガンダムじゃどっちにしろ追いつかれてしまうんでしょうけど・・・

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。  
Posted by jerid_and_me at 18:39Comments(2)TrackBack(34) ガンダム 

今週のウルトラマンネクサス 「絆−ネクサス」

おはようございます、ジェリドと私です。
さあ、いよいよネクサスも最終回ですよ。

 18年前、石掘隊員とまったく同じ人相をした人間が赤い光を受けます。
そして、顔には赤い模様が・・・
 現代、西条副隊長はストーンフリューゲルに触れ、そこから光が放たれるイメージを見て、はっと我に帰ります。その手にはエボルトラスターが・・・
 
 そのころ、石掘隊員は、モニターを見てニヤリと笑みを浮かべます。
それを指摘する平木隊員。そしてそれにディバイドシューターを向ける石掘。
本気にしない平木隊員に対して射撃し、次は弧門に狙いをつけますが、隊長が
負傷しつつこれを回避させます。トドメを刺そうとする石掘ですが、
副隊長の銃撃で銃を弾かれます。その副隊長の手にはブラストショットが。
 裏切り者は石掘だったのか、問い詰める一同。それに対し、
「18年前から、凪に光が渡ることを予想していた。」
と石掘。そして、18年前、凪の親を殺した事も明らかにします。
そして、正体を名乗る石掘。「俺は・・・ダークザギ!」
 怒りをあらわにし、変身しようとする副隊長。
それを「ここで変身してはいけない!」と制止しようとするイラストレイターですが、副隊長は止まりません。
このときの副隊長、気合抜群な上に似合ってますねー。
 ネクサスでのパンチで石掘を叩き潰そうとする副隊長ですが、攻撃が石掘に届きません。その手にはレーテから発せられている触手のようなエネルギーが
絡み付いています。
 「レーテの恐怖が、お前の憎しみとシンクロした。その結果、光は闇に変換される。」と石掘。ネクサスのエナジーコアからどんどんエネルギーが吸い取られ、レーテの赤い発光部分が暗青色に変化していきます。
 そこから闇のエネルギーを吸収し、ザギに変身する石掘。
新宿を破壊して回ります。
 隊長は、単身チェスターδで出撃。出撃カタパルト(?)で、他に誰もいない射出装置を感慨深げに見る隊長。裏切り者がいたということに心を痛めているようです。
 鬼気迫る勢いでザギに迫る隊長ですが、チェスターの攻撃は一向にザギには通用しません。

 その頃、副隊長ネクサスを取り囲む闇のエネルギーの中に突入する弧門。
「副隊長!闇に飲み込まれちゃ駄目だ!あなたの厳しさが俺を今まで支えてくれた!
あなたのやさしさが、俺に勇気をくれた!闇は乗り越えられる!副隊長・・・
あきらめるな!」のような感じで、副隊長の手をとり、そこから光が発せられ、レーテを崩壊させつつどうにか街中へ脱出します。そこには、ダークザギと、被弾したチェスターδの姿が。
 そして、弧門の手の中にはエボルトラスターが。すぐさま変身する弧門。
ここも凄く気合入りまくりでカッコいいです。姫矢さんに負けず劣らず。

 ザギと対峙し、戦闘を開始する弧門アンファンスですが、一撃で吹っ飛ばされてしまいます・・・
 その時、弧門の脳裏に姫矢さんの姿が・・・
「弧門、お前は何度も絶望を乗り越えた。だから俺もあそこまで戦えた。」
そして、ネクサスは赤いジュネッスに変身。ここですっごく燃えましたね。オーバーレイシュトロームを放ちます。しかし、ザギには通用せず、再び押される弧門。
 そこへ今度は、脳裏に憐の姿が。
「負けるな弧門!お前がいたから、俺は最後まで戦えたんだ。ウルトラマンとして!」
今度はジュネッスブルーに変身し、イズマエルを倒した時と同じ、
オーバーアローレイシュトロームを放ちます。
しかし、これもザギには通用しません。

 これを見ていた人々が、過去に、ネクストに救われた事を思い出します。
「ウルトラマン!」口々に叫ぶ人々。
「がんばれ、ウルトラマン!」という少年の声、
これを受けたネクサスは、ジュネッスでも、ジュネッスブルーでもない、
新たな姿へと変身します。ゴツいなこれ!
 強力なパンチと光線の複合技で、ザギを宇宙に放り出し、
手を交差させ、光線を放ちます。ザギも、同様に光線を放ち、
ぶつかり合う光線。渾身の力を込め、ザギに光線を到達させ、
これを撃破します。

 これより1年後、レーテの崩壊のためビーストは都市部にも現われるようになり、TLTの存在も広く一般に知れ渡っています。
 このとき、姫矢さんっぽい人がチラッと出てきましたが、アレは姫矢さんなんでしょうか?生きてたんでしょうか?
 ビーストに追われ、つまづいて絶体絶命と思われたところに割って入って
ディバイドランチャーでビーストを撃破する弧門。
少年を見て、「あきらめるな!」と言って、エンディング。
 おおっ!エンディング「英雄」じゃないですか!感動・・・
最後に、「NEXUS それは絆」というテロップで終了。

いやー、打ち切りと聞いたときはどうなるものかと思いましたが、
しっかり燃やして感動させてくれましたよ。
ライダーもいいですが、やっぱウルトラマンもいいですねえ。

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。
・・・マックスはどうなるんだろうなあ。  
Posted by jerid_and_me at 08:46Comments(2)TrackBack(3) 特撮ネタ 

2005年06月24日

仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS

こんばんは、ジェリドと私です。
しっかし暑いですねえ。今日はまだ序の口で週末はこれ以上だそうで。
恐ろしい・・・

まず、毎度おなじみコメントの返答&お礼から参りましょう。
実際問題さん
ロサ・フェティダさん
毎度コメントありがとうございまーす。
自分はリアルだとZOのみでした。ライダーのほかはエクシードラフト、ジャンパーソン等あの頃はメタルヒーローの方が充実してましたね。
バイオライダーは液化するってくらいしか知りません。
そんな理不尽だったんですか?
 あと、今のは今ので・・・平成と昭和は方向性が変わってしまいましたからね。面白いからいいんですが。

ライダーさん
コメントありがとうございまーす。
バトルホッパーの最期は感動ものでしたね。ホントに。
シャドームーンもカッコよくて。
ジェリドは私もお気に入りです。

 今日は、龍騎のTVスペシャル版を観賞しました。これは、平日の夜7時と、普段とは違う時間帯に放送され、しかも今回は結末を視聴者の投票によって決めるという移植のものでした。
ストーリーも、通常のストーリーの一部ではなく、新たな1つの始まりとして、基本的には似通っていますがまったくのパラレルストーリーです。

 まず、冒頭は蓮が真司に、
「仲間なんだろ?俺たち・・・戦ってくれ・・・俺の・・・代わりに・・・」と、恋人、恵理を守るという志半ばで倒れ、真司に遺志を継がせようとし、
真司がナイトサバイブに変身、ダークレイダー・バイクモードに乗りつつ、ミラーワールドの核であるコアミラーの前で、
これを破壊してミラーワールドを閉ざし、ライダー同士の戦いを終わらせるか、蓮のために戦いを続けるか、葛藤するシーンから始まります。

 真司は、連続失踪事件の取材のために、とある場所に向かいます。
そこで、鏡の中からクモの糸が伸び、真司をミラーワールドへと引きずり込んでしまいます。このまま食われてしまうのか、と思われたその時、
龍騎に変身した榊原が現れます。榊原は、モンスターを押してはいましたが、
コアミラーにある優衣のモンスターの絵がモンスターとなって現れ、不意打ちを受けて苦戦しつつも1体を撃破。しかし、力尽き、真司にカードデッキと他のライダーの情報の書かれた紙を手渡して消滅してしまいます。
わけも分からぬままベルトにデッキを装填し、変身、もう一体を撃破してミラーワールドを脱出すると、そこには蓮と優衣の姿が。
 真司からデッキを取り上げ、戦いに巻き込ませまいとする蓮。それに対して真司は、ライダー同士の戦いを止めなければならないのでデッキは渡せないと拒否。蓮は
「お前がライダーになるなら、お前も俺の敵ということになるな。」と、
敵対心をむき出しに。

 真司は、他のライダーに次々と当たって、賛同者を募りますが、
ことごとく相手にされません。初登場の仮面ライダーベルデ、高見沢には
「ライダーの戦いと世の中はいっしょだ。ライダー同士の戦いは終わらない。
人類はみんなライダーなんだよ。」と追い返され、
仮面ライダーガイ芝浦淳には、本編同様さんざ遊ばれた挙句相手にされません。
仮面ライダー王蛇浅倉威にいたっては、拘留中のところを面会しますが、会話が成り立たない上に、自分のヘルメットを鏡にしてベノスネーカーを呼び出され、脱獄されてしまいます。
 この頃、ナイト蓮とライア手塚は、お互いに戦いを続ける意思を確認しあいます。
今回の設定では、手塚は過去に恵理の恋人であり、蓮の友人ということになっています。
そして手塚は、ライダー同士の戦いに疑問を感じています。
そこへモンスター襲来、変身して戦闘開始です。
 しかし、そこにベルデが現れ、コピーベントで蓮に化け、ライアに不意打ちをした上に、ファイナルベント、デスパニッシュでトドメ。
しかしこの技、まるでプロレス技です。しかもベルデのコピーベントはライアのと違って姿形すべてをコピーできるようです。
って言うか、手塚の扱いがひどすぎます・・・いくらストーリーの都合邪魔だからって・・・

 その後、警視庁の刑事、仮面ライダーシザース須藤に呼び出されます。
久々に見ましたよ、シザース。
 須藤から、賛同する旨を伝えられ、いっしょにモンスターを倒しますが、
そこにゾルダの砲撃が。そして次々と他のライダーも現れます。
どうやら他のライダーはみんな結託して真司を排除しようとしているようです。
そこに乱入する王蛇。いきなりベノクラッシュでシザースを始末します。
こいつも扱い悪いですねえ・・・
 龍騎を痛めつけたあと、ガイがトドメを刺そうとしますが、ベルデが制止。ナイトにトドメを刺させようとします。
 しかし、蓮にはまだ迷いがあり、トドメを刺す事ができません。
始末されようとしたナイトを龍騎が庇い、2人で逃走。

 恵理を救う事が出来ないなら死んだ方がよかったと蓮。しかし、仲間を見殺しにはできないと真司。
 再びそこへ他のライダーたちが襲来。蓮も戦いを続けようとします。
ライダーたちの中には、タイガや未出のインペラー、映画のファムにリュウガまで現われ、まさに13人(シザース、ライアは退場済み)が勢揃いします。
 しかし、ベルデがナイトに対してファイナルベントを発動、それを受けたナイトは渾身の力でファイナルベントを発動。相打ちに。

 ここで、冒頭のシーンとつながり、投票結果によるストーリー分岐に入ります。選択肢は、真司が戦いを続けるか、戦いを止めるかというものです。
いわば、蓮の遺志を継ぐか、榊原の遺志を継ぐかの選択です。
 TV放送時は、戦いを続けるという選択肢が採用されました。
 ここまでの過程で、ガイもまたディスパイダーに食われています。
TVで死んだ奴はみんな死んでます。

 ダークレイダー・バイクモードでディスパイダーを撃破、コアミラーの直前で踏みとどまります。「蓮、お前の代わりに俺が戦う!」
 周りを取り囲むライダーすべてがファイナルベントを発動、真司の変身するナイトサバイブが剣を抜き向かっていくというところで終了です。
 しかし、みんなでファイナルベントって、あきらかに他のライダーを巻き込むものも多数あります。ゾルダとか、ファムとか。
・・・あ、他のライダーも始末できればそれはそれで好都合なんですね。

 DVDでは、TVで不採用だった「戦いを止める」というストーリーのものも収録されています。そりゃあ両方用意されていたワケですからね。
 ダークレイダー・バイクモードでディスパイダーを撃破し、
「蓮、許せ!」
そのままコアミラーに突撃、破壊します。
 すると、迫ってきたライダーがことごとく消滅、平凡な日々を取り戻したかに見えました。
 しかし、街を歩く真司が目にしたものは、鏡に映るオーディンやその他のライダー、そして以前と変わらぬミラーワールドの気配。
 絶叫する真司。ここで完結。

 ・・・結局、どちらもハッピーエンドとはとても言いがたいものでした。
全体的な感想としては、まずは「子供ウケしそうだ」と思いましたね。
そんなに長くないし、戦闘シーンも多い。何よりライダーがいっぱい。
 また、高見沢の「世の中とライダーの戦いは同じ。人類は皆ライダーなんだよ。」って言う台詞がすごく心に残ります。
製作サイドの意思が伝わって来るような感じです。

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。
  
Posted by jerid_and_me at 23:16Comments(3)TrackBack(2) 特撮ネタ 

2005年06月23日

これがすべての始まりだった

こんばんは、ジェリドと私です。
今回は、またまた2ch喪男板ブログスレで発表されたお題で書くことにします。今更ですが・・・
で、そのお題と言いますのが、
839 名前:('A`) 投稿日:2005/06/21(火) 21:41:14
というわけで、今日のテーマは、
「思えばコレが○○の始まりだった…」

とのことで、まあ、問題は○○の中身なんですけどね。いくつか書いてみることにします。
 とりあえず、まずは「思えばコレが喪男人生の始まりだった」というのは、
この世に生を受けたこと、のみで決着してしまいますね・・・
 ジェリドとカミーユの関係の始まりは、「カミーユ?・・・何だ、男か。」
ですし、
私が2chと出会ったきっかけって言うのもひどく曖昧で、
よく憶えていません。yahooなんかで検索かけると、2chのスレが引っかかったり、そういったきっかけで嵌っていったんだと記憶しています。

 あとは、そうですねえ・・・私がガンダムヲタになったきっかけは・・・
あれは小学生の頃、たしかリアルタイムではウィングがやってた頃でしたか、
私の従兄がガンダム好きで、とはいっても普通にイケメンで今じゃ彼女持ちで
私よりいい大学行ってます。同じ血統でこの違いですからねえ・・・イヤになりますね。
それはおいといて、私は当時ミニ4駆に嵌っていたのですが、その影響でガンプラを作るようになり、ガンダムに嵌るようになって行ったのです。
 そのうちに、安いからという理由で中古のスパロボを買ったりしてる内に、
このザマです。

 あと何か、そうですねえ・・・
特ヲタになったきっかけは・・・最近だと、仮面ライダー剣を、俗に言うオンドゥル語の影響で見始めたんですが、もともとは、子供の頃から好きだったのが
これまでずっと抜けてなくてそれをきっかけに再燃した、ってのが正しい気がします。

 あとは、まだ何か・・・
あ、アレですね。「思えばコレが『コテハン生活』の始まりだった・・・」
喪男板の、「さすがゴッグだ、なんともないぜ!」ってスレで、
これは私のブログのタイトルの由来にもなっているのですが、
現在は、Part6まで進んでいますね。これの初スレに、確か去年の3月ぐらいだったと記憶しております。なにぶん面白いスレだったので、何を思ったか、いきなりこのコテつけて乱入したのがきっかけです。あんときはまだトリップのつけ方も知らなかったんですよね。それからしばらくしてトリップ付けて、
細々と活動しつつ今に至るワケですね。あれからもう1年以上たっていますが、いまだに知名度がそれほどではないのは、まあアレですね。
職務怠慢ってことで。

では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。  
Posted by jerid_and_me at 21:35Comments(3)TrackBack(0) 2ch関連 

2005年06月22日

題名がない。ただの日記のようだ。

こんばんは、ジェリドと私です。
梅雨だって言うのに全く雨が降りません。どうなってんでしょうかねえ?

まず、コメントの返答&お礼から参りましょう。
ロサ・フェティダさん
毎度コメントありがとうございまーす。
私は実家住まいだったりします・・・仕送りとかも期待できないんで、
一人暮らしするとかなり辛い生活になりそうでしたし・・・
めだか、いいですねえ。熱帯魚とか飼ってみたいですね。
初心者向けの丈夫なのもあるみたいですし。

('A`)ノシさん
毎度コメントありがとうございまーす。
あー、そうですね。プラスチックだと曲がらないから顔でかいと辛そうですねえ・・・
そういえばいつからか眼鏡って凄く安くなりましたよね。本当に。

狐さん
コメントありがとうございまーす。
セルフレームってのはプラスチックのフレームの奴です。
なんでセルなんていうのか分かりません。笑えよベジータ(セル違い)。
縁なしだと厚いの目立ちそうですねえ・・・

(^〜^;)さん
コメントありがとうございまーす。
ご、5万円!?ブランド物ですか?
イケメンになれるんですか・・・それは凄い眼鏡ですね。
眼鏡で変身って言うとウルトラセブン以外のものが思い浮かびません。

ではでは、今日は久々に日記中心で行きましょう。
もう一個お題があるんですが、それは明日にでも書くつもりです。
 今日、水曜の1限目はドイツ語で、前にも書きましたがその先生は
結構お年をめされた先生で、いつも多少脱線する人なんですけど、
今日はその脱線っぷりがすさまじかったんですよ。
 結果から申し上げますと、1時間半の授業で、まともに授業したのは
15分くらい、しかも15分ほど遅刻して来られたので、
だいたい1時間ほど脱線してたんですよ。勿論テキストはほとんど進んでいません。
 この先生は、今回ドイツと日本の公共マナーの違いなんかについて話されたんですけど、授業ほったらかしで。
 高校の地理の先生も外国の話とかよくしてくださいましたね。
英語の先生なんかも留学の時の話とかよくして下さいますよね。
内容は結構「なるほど」って思うところが多かったんですよ。
 たとえば、その先生が日本のマナー関連で駄目だと思っていらっしゃるのは、例えば、障害者の方用の駐車場で、「ここは障害者の方専用の駐車場です云々」を、大音量のエンドレスで流しているショッピングセンターがあって、
ドイツではこんな馬鹿げた事はありえない。ってことだったんですよ。
その理由って言いますのが、視覚障害のある方が一人で車を運転してくるって事はありえないってことと、ドイツではこんなところに止めるようなマナーのなってない人間はいない。ってことだったんですよ。
 ドイツでは、障害のある方を見ればみんなして助けるし、障害者の方も自分から助けを求めるという事をするらしいんですよ。ですから、日本のようなものが出来た時は、抗議されて廃止された事もあるそうです。
 ドイツ人のモラルはともかく、無駄だって言うのはは分かりやすいですね。日本って言うのは、上から指示があればどんなに変なことでも黙ってやってしまう。
って言うような事を、さまざまな例を挙げて熱く語ってくださいました。
 他にそういったことの例としては、工事現場に大量にぶら下がっている白熱灯ですとか、エスカレーターのエンドレスの注意アナウンスなどなど、
日本は本当にこう言うのが多くていけない。というような事でした。
 とまあ、この先生は本当にドイツに思いいれがあるようで、
ドイツのいいところなんかをよく話してくださいます。
 また、この先生はこういったことに対して、市などに対してとてつもない回数の抗議をしたらしく、この行動力と根気には尊敬すら覚えました。

 この話を聞いていて思い出したのが、作家の椎名誠氏のことなんです。
私は氏の本が好きで、結構な数を読んでいるんですが、この方も
外国の辺境などいろんな所に旅しているのですが、日本に帰ってくると
便利な生活に安心する反面ガッカリする事の方が多いようです。
どうも外国などに行くと、日本の幼稚っぷりが強く感じられるようになるらしいですね。

 外国に行くと、価値観が変わるっていうのを何かで聞いたことがあるんですが、それがつまりこういうことなんでしょうね。
なんか一回行って見たいような気になります。
・・・けど、ヨーロッパに行こうと思うと馬鹿みたいな額のお金がかかるって言いますから、きっと無理でしょうねえ・・・

なんかまとまりのない分になってしまいましたね。
では、今回はこのあたりで。
ジェリドと私でした。
あー、明日中間テストだー。勉強せな・・・  
Posted by jerid_and_me at 20:27Comments(0)TrackBack(1) フツーな日記