2005年11月05日

今週のBLOOD+ 「暗い森の向こうへ」

こんばんは、ジェリドと私です。

なんか惰性で書いている気がしないでもないBLOOD+の感想と参りましょう。
 冒頭、どこかの医療施設風の場所。
医療施設のように見えますが、天上には監視カメラが回っており、
何人もいる患者風の人に処置を施している人間は防護服のようなものを着込んでいます。
そして、そこにいる人々の中にお父さんが。
どうやら大量の輸血を受けているようです。
 とすると、ここは軍の施設・・・?

 OPをはさんで、ここで初めてお父さんが連れ去られたことを知るカイ、リク、
そしてサヤ。
「なんで黙って見ていたんだ!親父のことはどうでもいいって言うのか!?」
と、迫るカイに対し、
「ジョージのことは最善を尽くす。」
と、冷たいデヴィッドさん。
 冷たく見えますが、この間「情に動かされる」という言葉があったし、
古い知り合いらしいお父さんのことが心配でしょうけど、
任務はこなさなければならないし、そこでデヴィッドさんが浮き足立っていては
それこそ全滅の可能性すらあります。
大変なポジションですね。

 場所を那覇大学に移します。
この間、ガソリンスタンドに現れた人と同じと思われる記者の人が、
そこの教授に話を聞きにきたようです。
 話の内容というのは、もちろんその翼手関連。
といっても彼らにはまだ翼手という言葉は知れておらず、
「最近の連続通り魔殺人事件について。」という切り口。
「つかまった米軍の兵士が吸血鬼だってんならまだ面白いんですがねぇ。」
意外と分かってることに驚きです。
って言うかこの人近いうちに始末されそうな予感です。
 この教授も、この通り魔の被害者の解剖を依頼されていましたが、
横から入ってきた米軍に解剖道具もろとも持っていかれてしまったんだそうです。
で、腹が立ったからそいつらの写真を撮ってやったと。
 「見るな」みたいなことを言いますが、「コーヒーでいいかね?」
なんていって席を立ってしまいます。
つまり見ろってことですね。
写っているのは防護服を着た人々のように見えます。
 教授は、「われわれの声はフェンスの中には届かんよ・・・
昔からまったく変わってはいない。これが沖縄の現状だ。」
この作品を通して沖縄問題を伝えんとする製作サイドのメッセージが伝わってきますね。毎度のことですし。

 病院の屋上、ぼんやりしているカイとリク。
2人でお父さんを助けに行こうと提案するリクに、
すっかり上の空のカイ。
「サヤ姉ちゃんもいっしょに・・・」
と提案するリクですが、
「あいつは俺とは違う。」
と一蹴するカイ。
 しかし、サヤは物陰からそれを聞いていて・・・。

 お父さんの消息を追い続けるデヴィッドさんとジュリアさん。
そのうちに、「ヤンバル自然環境保護センター」
という米軍の施設の存在を突き止めます。
 そこは、定期的な見学会も行っており、他には簡単な研究所があるだけという
規模としてはたいしたことの無い施設。
しかし、そんなところに、遺伝子を調査する機械が納入されているというのです。
 2人はそれが翼手のためのものだと判断します。
そして、デヴィッドさんに「赤い盾」の上部からの連絡が。
サヤは使い物になるかどうかについて話しているようです。
「ベトナムの再現もありませんし、問題ありません。」
ベトナムの再現・・・というのは、あの翼手を倒した後
民間人も始末したってアレでしょうか。
 また、ヤンバルへの突入にあたって増援の要請もしているようですが、
それは期待できないとの事。ずいぶんと扱いが厳しいのか
それとも組織の規模の問題か・・・。

 そんな2人の部屋のすぐ外にいたカイ。
「あの二人は置いていく。」というようなデヴィッドさんの言葉を聞いて、
ドアを勢いよくあけて飛び込むカイ。
「自分の親父を助けに行って何が悪い!?」
と怒るカイに対して、
「足手まといになってはいけないからな。」
と、冷たくあしらうデヴィッドさん。
それでも引っ込まないカイは、ついにデヴィッドさんと勝負のような形に。
 ですが、勝負といってもカイが向かって行っては
デヴィッドさんに軽くいなされ、反撃をくらい、
そしてまた立ち上がり向かっていくという無限ループ。
最終的には、カイは膝蹴りの連打を受け、立ち上がることができません。
「これが我々のいる世界だ。」
と、一般人のカイの踏み込むべき領域ではないことを身をもって示します。
うーむ、憎まれ役を買って出るというのも大変ですね・・・
 出撃を命じられたサヤは、止めるカイに対して
「足手まといになるから付いてこないで。」
と、同行を拒否。
 その後、リクは
「サヤ姉ちゃんは、カイ兄ちゃんを危ない目に合わせたくないんだよ。」
と慰めますが、
「そんなことはわかってる!だからこそ、何もできないことが痛いんじゃないか・・・!!」
何もできない、守られっぱなしってのは歯がゆいものですね。

 そして、サヤにハジを呼ぶように命じて、
いよいよその晩作戦決行。
 車に乗り、林道を抜けて、ヤンバルへと向かう一行。
そもそも「ヤンバル」ってどこなんでしょうねぇ?
ヤンバルクイナとか言いますけど・・・
 現地では、時々出てくる小太りの黒人男性と合流。
なるほど、この人が「ルイス」ですね。赤い盾のメンバーらしいです。
しかしこの人、映画の吹き替えそのものの声ですね。

 デヴィッドさんは、軍用ショットガン、スパス12を受け取り、
「これだけでいいのか?」と問うルイスに、
「翼手を狩るのは俺じゃない。」といってサヤたちを指差します。
そしてサヤに準備するように命じると、
ハジは車のトランクを開け、その中のチェロのケースの2段底?を開き、
サヤに刀を手渡します。
 ここでサヤは、チェロのケースの向こうになにやら包みを見つけます。
ハジのほうを向いても、心当たりが無いというそぶり。
 手にとって見ると、そこには
「ガンバレ  カイ リク」
と書かれた大きなおにぎりが。
・・・泣かせる兄弟愛ですねぇ。

 一方、米軍サイド。ここでは、また例のアルジャーノが
「ヤンバルは昨日を停止している・・・放置しておいて困るのはあなた方でしょう?」
「デルタ67を開発したのは貴様らだろうが!」
「それを使ったのはあなた方でしょう・・・
第一、ラベルには用法についての注意が書いてあったと、思いまふけど?」
会話の途中でキャンディーを口に含んだりと、もう面白すぎです。
「貴様・・・!」
と怒りをあらわにする米軍関係者に対し、
「そう怒らないで、キャンディーでも食べます?」
とキャンディーを差し出す始末。
どこまで面白いんでしょう。
そして、「オプションD」の発動を推奨して去っていきます。
彼は一体どこの人間なんでしょうか?
研究機関か、あるいは軍需産業の人か。

 そして、そのヤンバルでは、鋼鉄の扉の向こうで
獣のような咆哮と、扉を激しく叩く音。
そして最終的には扉がへこんで・・・

 今回のポイントは、
・サヤにはどこにでもついていくハジ。
・カイのヘタレ化がさらに進行。
・リクが微妙にかわいい。
・お父さんがついに一言もしゃべっていない。
・キャンディー大好きアルジャーノ。
・がんばれデヴィッドさん。
といったところでしょうか。
予告では、次回のタイトルが「お父さんの手」となっていますが、
これを見たときにピンと
「お父さん死にそうだ!」
って思ったのは私だけでしょうか。

では、今回はこの辺りで。
ジェリドと私でした。
あぁ、明日ヒビキさん休みだ・・・
一体何を書けばいいんだろう・・・?

Posted by jerid_and_me at 23:02│Comments(0)TrackBack(26)アニメ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/50224500
この記事へのトラックバック
ちと用事で家を開けていたのでビデオ録画予約してたんだけど・・・ ・ ・ ・ 1秒たりとも撮れてNEEEEEE!!! ちょwwwっをまwwwうぇwwwwっうぇwwww 友達の間に録
BLOOD+  Episode-5「暗い森の向こうへ」感想【筍のさいころがころり〜究極のダメな日記〜】at 2005年11月06日 00:05
感想:今週は「ジョージ救出作戦(前編)?・・・・あの、話が全然進んでないんですけど・・・・・」な第5話。それでは早速適当感想にいってみます。
BLOOD+ 第05話 「暗い森の向こうへ」【スターフィールド・ザ・ワールド(時は止まる)】at 2005年11月06日 01:32
では、さっそく「BLOOD+」第5話「暗い森の向こうへ」の感想を始めたいと思います! ていうか、実際まだ暗い森の向こうへは行かなかったんですけどね(笑)
「BLOOD+」第5話「暗い森の向こうへ」【廃人が叫ぶ!ゲームとか・アニメとか・・・】at 2005年11月06日 01:37
今回は小夜達がヤンバルへと乗り込む回でした。 〜あらすじ〜 米軍の手により連れ去られてしまったジョージを追うデヴィッド達は、ヤンバルにある施設の地下に秘密施設があることを掴む。 デヴィッド達はヤンバルへと乗り込もうとするが…。 ジョージは謎の組織に....
第754回 アニメ BLOOD+Episode-5「暗い森のむこうへ」【ran rabbit junk's blog】at 2005年11月06日 01:43
カイが受くさいっ!!! ハジカイでデヴィカイでリクカイでお願いします。 今回のメインは デヴィット×カイきゅんだ思われ…。 ってなわけで、 今回は腐女子的感想につき注意。 (文字化けしたため書き直し。微妙に文違います)
『暗い森の向こうへ』【-pd-blog-】at 2005年11月06日 01:52
ジョージは輸血を行われてます、が行ってる研究員の人が警戒しまくり・・・ やはり、翼手は血などでうつるんでしょうか ジョージは米軍基地に丸々3日とらわれているそうです デヴィットは上司っぽい人と電話で話してますが、 「サヤは正常です、ベトナムの再現はなさ
BLOOD+ 第5話【海の蒼、空の青】at 2005年11月06日 04:20
「暗い森の向こうへ」 カイが小夜達と一緒にヤンバルに行かないで良かった。 無理やり付いて行ったらどうしようかと思いましたよ。 そんなわけで、今回のBLOOD+。 次回への繋ぎ的話でしたね。
BLOOD+ 第5話【ラブアニメ。】at 2005年11月06日 04:42
はいはい。キャプは明日にアップ致します。 OP前 ジョージ改造計画が進行中。米軍に拉致られて実験材料にでもされているのだろうか。ジョージが翼手として小夜の前に出現とかいう鬱展開は勘弁。 Aパート 今度はハジが消えないでちゃんと小夜のところに居る。 時間は....
BLOOD+ 第05話 「暗い森の向こうへ」【Anime Watch】at 2005年11月06日 07:33
Episode-5「暗い森の向こうへ」連れ去られたジョージが”ヤンバル”という施設にいることが判明。デヴィッド、小夜、ハジの3人はそこに向かう・・・。今回は、またしても、戦闘シーンはナッシング!緩急付けるのは良いんだと思うけど、やはりちょっと退屈するのも事実。...
「BLOOD+」第5話【日々“是”精進!】at 2005年11月06日 08:22
今回はBLOOD+ 第5話 「暗い森のむこうへ」 (キャプ感想)の感想を書きます。 今回の
BLOOD+ 第5話 「暗い森のむこうへ」 (キャプ感想)【萌えと燃えの日記。】at 2005年11月06日 08:30
今回は結構ゆっくり進みましたね〜まあ、飛ばしすぎても後々疲れるだけですし、まあ良いでしょう。総集編とかじゃないですし…。ハジ普通に車に乗ってるよ(爆)な今週、感想へ。。。
BLOOD+ Episode:5 暗い森のムコウヘ【木下クラブlog】at 2005年11月06日 09:14
トラックバック失礼します。BLOOD+第5話『暗い森のむこうへ』、カイのヘタレっぷりに爆笑しつつ感想を書かせていただきます。
BLOOD+#05【ピーサード様がみてる】at 2005年11月06日 10:03
ジョージ、どこへ連れていかれたんだよ。 怪しすぎる施設だよ。 でゎ、今週の妄想感想いきます。
BLOOD+(11/5)【オイラの妄想感想日記】at 2005年11月06日 10:47
ハイサイ!(>_<)!さて、ジョージの行方の気になる第五話の感想やら何やら書いていきますか??・前フリどこかの実験室? 研究室?からスタートジョージのほかにもいくつか運び込まれた人たちがいる様子D67+と書かれた点滴を受けさせられているジョージたち・・・点滴
Episode5 暗い森のむこうへ【南の島からガンダムを作れ!】at 2005年11月06日 11:21
足手まとい、役立たず・・・・。つらい言葉だな・・・・。 とりあえずキャンディでも食べながら感想でも・・・・・。
BLOOD+第5話の感想【はきだめ日記】at 2005年11月06日 17:11
ザックリやられた上に,米軍基地に連れ去られた ジョージ パパ. キャメラで監視された 部屋で 治療中?実験中?な感じです. 周りで寝ている 人も感染者なのでしょうか.
BLOOD+ 第05話「暗い森の向こうへ」【EL CLASICO】at 2005年11月06日 17:18
ジョージは米軍に連れ去られてしまい、それを救いにいくまでの準備過程が今回の主軸。それにしても、力がある者と力の無い者の区別がダイレク
BLOOD+ #05 「暗い森のむこうへ」【師匠の不定期日記】at 2005年11月07日 00:59
今回はストーリー的な進展はありませんでした。物語の世界観を補強するかのように、物語のなかで実在している証としての施設やコードネームなどの提示に止まりな内容でした。
TBS「BLOOD+(ブラッドプラス)」第5話:暗い森の向こうへ【伊達でございます!】at 2005年11月07日 08:38
BLOOD+(1) 通常版サブタイトル「暗い森の向こうへ」 父の行方を追って新たな局面へ。さらに新たな翼手が登場? 以下詳細***********
BLOOD+ 第5話【オヤジもハマる☆現代アニメ】at 2005年11月07日 17:17
デヴィッド「一緒に来い・・・お前にしかできないことだ」 小夜「・・・・・わかりました」 ジョージの居所をつかんだデヴィッドは彼を救うのに必要な戦力として 小夜の同行を求め、父・ジョージを救いたいと願う一心から 小夜はこれを承諾する。 小夜「私が...
BLOOD+ Episode-5:暗い森の向こうへ【Selfish!-owe what I am to subculture-】at 2005年11月07日 17:30
   卒論とかレポートでいっぱいいっぱいの中、だいぶ遅れましたがBLOOD+の感想を。 翼手化したフォレストを無事倒した小夜。 だが、入院中の父・ジョージが米軍に連れ去
BLOOD+ 第5話「暗い森の向こうへ」【K-DIARY】at 2005年11月07日 20:07
ああ〜、せっかく書いていた感想がミスで全部消えてしまいました。めちゃくショック〜!まあ、自分が悪いとは分かっていながらもなんかとてつもなく腹が立ってしまいました。やれやれ・・・ということで今回の感想は簡単に・・・。 ええ〜何とかジョージの死は免れたとい....
(アニメ感想) BLOOD+ 第5話 「暗い森の向こうへ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2005年11月08日 02:27
小夜たちは、これからジョージの所へ。 というのを30分かけて、やってました。 ……もーちょっと展開早い方が良いと思いました。 15分くらいで……。 発言者:<IMG SRC=\"/v2_wr
BLOOD+ Episode-4 暗い森の向こうへ【kasumidokiの日記】at 2005年11月08日 05:12
とりあえずハジが今回からストーカーから小夜の付き人に昇格しましたね、おめでとう。 カイは今回も五月蝿いだけでした。 マスコミ関係者らしき方は今回も登場してましたね、何か重要な役回りがあるのでしょうか?せめて狂言回しになってこの作品の解説役になって欲しいも....
BLOOD+ 暗い森の向こうへ【永遠の理念】at 2005年11月08日 09:04
獣神ギルファス 空間移動宇宙人ターラ星人登場。
「ウルトラマンマックス」第19話「扉より来たる者」【あしたはきっとやってくるさ!】at 2005年11月09日 17:04
おお、ハジが屋内に!そんな驚きで始まりましたよね(そうか?)、今週のBLOOD+略して血+☆ 感想をキャラVer.でいってみよーやってみよー! ●ハジさん 何で、主人公と一緒にいるのにセリフが少ないのですか?(泣)がびん。でもさ、今日は車に乗ってたりして、いつもなら....
BLOOD+ 第5話「暗い森の向こうへ」【 はちみつ水。】at 2005年11月10日 03:14