2006年09月09日

今週のBLOOD+ 「摩天楼オペラ」

こんばんは、ジェリドと私です。

 さて、あと何回か何故か正確なことが分からないのですが、クライマックス突入のBLOOD+。
 アバンでは、オペラ座にて機を待っているサヤ。
なのですが、やはり体力は既に限界。ここでも意識を失い、あわや倒れそうになっています。
「いよいよなんだね・・・。」
「はい。」
「ハジ・・・。」
「何でしょう?」
「・・・ありがとう。」
ここで礼を言うということは・・・やはりここで刺し違えるつもり、と言うことでしょうか。
 それを考える間も無く、作戦時間が近づいてきたためにその場を離れるサヤ。
ハジも、少しためらったような仕草をしてその後に。

 またも登場の香里。
自宅でテレビを見ているようですが、そこで流れているCMが
「頑張るあなたに、サンクフレシュゴールド!」
と、デカビタもどきの宣伝。
 さらに、そのあとにはディーヴァの歌の全国衛星生中継の特番っぽいのが始まりました。すると・・・香里ももしかすると危険?
 沖縄だけでなく、軍関係の施設、街頭モニター、果ては軍や遊牧民のキャンプ地でも放送を楽しみに待っているらしい人々が。凄い視聴率ですよ。
 
 高い席から会場を見下ろすアンシェルとネイサン。
ネイサンは、アンシェルの計画を「ナンセンス」と批判。
世界とディーヴァはアンシェルの実験のためにあるのではなく、世界中がディーヴァの舞台、というのがネイサンの考え。
 見てきたような事を、と言うアンシェルに、見てきたというネイサン。
サヤとディーヴァの母親のミイラを見てきたそうですが、ネイサンにはここである疑問が。
 サヤとディーヴァの母親にもシュヴァリエがいたとしたら、そのシュヴァリエは一体どうなったのか?と。
確かに、永遠の命を持つはずのシュヴァリエが何故現存していないのか謎です。
 ネイサンは、それ以上追求することなく、いち観客として、ディーヴァの子供の繭とともにアンシェルの計画を見守る、と客席に下りていきました。

 会場的にはメインらしいオペラが終わっても、観客は誰も帰らない。
「1883年、メトロポリタン・オペラはファウストで幕を開けた。そして、今夜メフィストフェレスが持ち出す賭けがどんなものなのか、みんな期待してんのさ。」
 なんかよく分からない説明ですが・・・。
岡村さんはここ最近になって博識キャラになりましたよね。
「1883年・・・奇しくも惨劇の起こった年と同じか・・・。」
「そんなの関係ねえよ。サヤはディーヴァを倒し、沖縄に帰るんだ。」
カイはなんか別人になっています。
こう、何か一瞬ディアッカか何かかと思いましたよ。といってもオールバックなだけですが。
 ディーヴァは本当に来るのか、そういった疑問すらでている所に、
「来ます。ディーヴァは必ず来ます。何をしようとしているのかは分からないけれど、私には聞こえるんです。ディーヴァの歌声が。」
 独自にディーヴァの接近を感じているらしいサヤ。
と、そこでカイはハジを呼び出し、サヤと引き離すと
「おい、何を隠してる?」
「何のことでしょう?」
「サヤのことさ!眠りが近いってことを黙ってただろう。傷の治りだって遅くなってる。なんだかあいつが弱くなってるようで・・・。あれで本当に戦えるのか?」
「サヤは、戦うことを望んでいます。」
「望んでねえ、戦うことなんか!あいつは、サヤはそんなこと望んじゃいねえだろう。あいつの他にディーヴァをを倒せる奴がいねえから、だからあいつは戦うんだろう?俺はサヤを、サヤの笑顔を守りたい。だけどな、ディーヴァやシュヴァリエとの戦いに人間の俺がいたって無力だ。だから、だから・・・サヤを、頼む・・・。
お前だって、本当はサヤを戦わせたくないんだ。サヤを死なせたくないよな?」
 サヤを思うからこそサヤに死んでほしくない、というカイですが、むしろハジは約束のために、サヤを思うがゆえにサヤを死なせなければならないと言う立場。
「あなたに、私の何が分かるというのです?・・・失礼しました。」
と、珍しく強い態度に出て、その場を去ってしまいました。
 その一方で、サヤはカイからもらったピンクの鍵を、カイの上着のポケットに戻してしまいました。
「ありがとう、カイ。・・・さようなら。」
カイの気持ちをよそに、サヤは確実にもう帰らないつもりです。

 一方、外で張っていたルイスとルルゥが、ディーヴァの乗る車を発見。
この2人、前回と言いマジで親子じみて来ましたね。
単にルイスが子供に好かれるタイプなのかも分かりませんが。
 サヤもディーヴァの接近を感知。
「ステージに上がる直前にやるんだ。」
とのジョエルの指示を受け、決戦の場へと向かおうとするサヤをデヴィッドさんが呼び止めました。
「サヤ、君は我々の戦い、翼手との戦いに欠かせない唯一の兵器だ。」
「・・・はい。」
「だが、それ以上に、大切な仲間だ。終わらせよう、今夜、全てを。」
デヴィッドさんのいい男度がさらに増加。
 そうして客席を出たところで、先ほどのカイとハジに鉢合わせ。
目と目が合い、何かを言おうとするのですが、何も言えない。
 そのうちに、カイはデヴィッドさんから出撃のお呼びがかかり、何も言えないまますれ違う2人。
すれ違いざまにサヤはカイの手を掴み、何かを言おうとしますが、やはり何も言わずに振り返り、
「ハジ、行こう。」
「はい。それが、あなたの望みなら。」
結局、特には何の言葉も交わすことなく決戦へと向かってしまいました。

 観客席には満場の観客が開演を待ち、もはや幕が開くのも間もないと言った状況で、舞台裏に潜入するサヤとハジ。
 そこで、SPらしき男達から離れるディーヴァを目撃。
刀を抜いてディーヴァの向かった方に向かうも、ディーヴァの姿は見つからない。
そして迷い込んだステージのすぐそば。
「ステージ?」
「そうだよ。これから素敵なショーが始まるんだ。」
天井近くの梁の上に隠れていたディーヴァ。
 ディーヴァを発見し、いざ攻撃しようとすると再び目眩が。
すぐさま前に出て猛攻をかけるハジですが、攻撃が全く当たらないどころかいつの間にかサヤの前へと移動しています。
「眠そうだね。でも大丈夫、ディーヴァの歌を聞けば目が覚めるさ。」
高速移動を多用し、サヤたちの攻撃はかすりもしない。
 そうしているうちに、ステージの幕が開き、天井からワイヤーに吊られて降りてきたのは悪魔風のディーヴァ。
ちょっと可愛いとか思ってしまったのは秘密なわけで。
 ステージにディーヴァが現れたことで、赤い盾メンバーは前回かけておいた保険、中継基地の破壊を決行することに。

「どうして、あそこに・・・?」
困惑するサヤに、目の前のディーヴァは
「世界の子供たちを目覚めさせるのさ。」
そう言って衣服を脱ぎ去ると、そこにいたのはアンシェル。
 つまり、目の前にいたディーヴァは、アンシェルの擬態だった、と。
よくあのサイズに縮んだものです。
「君も一緒にどうだね?・・・サヤ。」
アンシェルだとわかり、ハジがまたも猛攻をかけますが、アンシェルの放った波動拳だか北斗剛掌波だか分からない攻撃を受け沈黙。
「これからディーヴァの歌が始まる。君には感謝しているよ、ディーヴァを解き放ってくれて。」
「あれは間違いだった。」
「そう、間違いだった。ディーヴァが解き放たれなければ、彼女は永遠に私だけのものだった。」
「あなただけのもの・・・?」
「そう、私だけのディーヴァであってほしかったのだ。だが、運命の扉が開き、彼女は自由に世界を歩み始めた。彼女が本来のあるべき場所を求めてね。彼女が何であるのか、自らがその血を分けられ、近しい者となった今でも求めるものは増えていく。私は知りたい。ディーヴァの全てを。調べつくし、知り尽くす。それこそ、至高の愛。君もそう思わないか?」
 自分が独占し、知り尽くすことが愛・・・とは、随分と危ない感性をしています。
そして、それと同時にディーヴァの歌が始まりました。

 中継基地の爆破へと急ぐ赤い盾メンバー。
その一方で、VIP席っぽいところでディーヴァの歌を見下ろすアメリカ国防の重役。
その傍らにはアルジャーノも。
 人為的に翼手を発生させ、その対抗手段であるコープスコーズを送り込み、実質その国を支配するデルタ計画の門出にはふさわしい歌だ、と賛辞を述べる一方で、ライス国務長官似の人に異変が。何やら暑さを訴えていますが、もしやこの人・・・。
 また、日本でテレビを見ていた香里は、ディーヴァの姿を見て
「あ・・・リク君?」
と。そういえば、彼女も作中では数少ないリクを知る一般の人間なんですよね。
 そして、観客席にも異変が。
「おい、あれ!」
「・・・まさか!」
頭を抱えて苦しんでいる人が。
しかしこのときのジョエルの声はまんまアスランですね。
こういう驚き系で演技はさすがに違いは出せないものでしょうか。
 そんな中、ルイスがエンターキーを押すと、各地のパラボラアンテナが爆発。
真央やジュリアさんの部屋のテレビでも放映が止まり、保険の作戦が成功。
・・・かと思いきや、いつの間にか放送が再開しています。
「デヴィッド、奴ら、軍の衛星に直接発信してる!電波の元から断たないと駄目だ。」
どうやら、軍の衛星を用いれば、大掛かりな中継基地は不要と言うことらしいですね。
 そして、世界中に翼手が発生。
もちろん、会場内も翼手が点在し、逃げ惑う人々。
「どういうことなの?どうしてここで・・・。」
「わ、私は何も・・・。」
ライス国務長官似の女性から追及されるアルジャーノ。
「あなたの責任追及は免れな・・・!」
すると、女性の目が禍々しく赤く光り、体が禍々しく変形し、アルジャーノの目の前で翼手に変貌。
 アルジャーノのすぐ横の部下を食い殺し、次はアルジャーノかと思われたとき、SPらしき人々の銃撃を受け階下に落下。
どうにか命拾いをしたアルジャーノですが、本気でビビっていた様子。
 やはり、アルジャーノにはデルタ計画の影で進められていた計画については何も知らされていなかったようですね。

 阿鼻叫喚の観客席を前に、平然と歌い続けるディーヴァと、寄ってくる翼手を倒しつつ、同じく平然とそれを見るネイサン。
「アンシェルが書いたシナリオにしては刺激的ね・・・。」
 一方、デヴィッドさんたちは会場の外の中継車のほうへ。
中継車の中では、オペレーターらしき人が現場の様子について、上の人から追求を受けています。
 そこにドアを蹴破って入ったデヴィッドさんが、男を銃で脅して追い出しました。
既に外にいた軍人らも全員始末・・・この軽装でどうやって?とも思いましたが、こちらにもルルゥとかがいますしね。
 手当たり次第に計器、アンテナなどを破壊し尽くした一行は、サヤの援護に向かおうとするものの、そのとき物陰から翼手が襲来。
 応戦しようとするものの間に合わず、デヴィッドさんが負傷。
ルイスとルルゥがどうにか退けるものの、さらに数多くの翼手が現れ、すっかり囲まれてしまいました。
会場の中も既に翼手まみれ。まともな人間が全滅するのも時間の問題でしょう。

「翼手で満ちた世界に、ディーヴァの子供が産まれ、育つ。そのときディーヴァがどうするのか、それを見たいのだ。」
 この一大作戦の後のディーヴァの行動が気になって仕方が無いアンシェル。
「そんなことのために、あんな薬で人間を翼手に変えたり、シフのような戦争の道具を作り出したと言うの?」
 いかにも主人公といったサヤの台詞に、
「人間がそれを求めた。戦場で流れるものを君は知っているか?」
「流れるもの・・・?」
「血と汗と涙、そして金だ。」
アンシェルが言うに、人間はそこで流れるもの、金のために愚かな戦争を今でも続けていて、アンシェルはそういった愚かな戦争を利用し、戦争が自分たちに居場所を与えた、と。
「だからって、こんな事していいわけ無い!」
「まだ分からんのか。人間は自ら引き起こした戦争でによって、滅びの道を歩んでいる。その戦争を私が道具としている以上、人間は私の手の中で踊っていることに過ぎん。」
「あなただって、元は人間じゃない!人間はそんなこと望んでいない!」
「純粋なる翼手の女王である君からそんな言葉が出るとは。翼手とはまことに不思議な生き物で、自らのあるべき姿を持たず、人間に寄り添い生きようとする。あろうことが、帰るべきものがそこにあるかのように、それを守ろうとまでする。」
「私たちはこの世界に現れるべきじゃなかった。だから、私たちはあるべき場所に戻るのよ!」
「滅びの世界へと・・・?」
「そうよ。私たちは今日、ここで滅ぶ!」
「その望みがかなうことは無い!」
と、そこへハジが割って入り、
「サヤ、ここは私が防ぎます。」
「まだ抗うか。まったく、主人がそうならシュヴァリエもまた同じか。」
「サヤ、戦って。」
そうして激突するハジとアンシェル。

 サヤは舞台へと向かい、ディーヴァと対面。
ディーヴァもまた剣を手にし、お互い構え。
「いよいよ始まるのね・・・。」
観客席から固唾を呑んでそれを見守るネイサン。
「いらっしゃい、サヤ姉様。」
「ディーヴァ・・・。」
いよいよ決戦開幕か、と言うところでEND。

 全体的な感想としましては、どうもクライマックスなのに盛り上がりに欠けると言いますか・・・。
 終盤のサヤとアンシェルのやり取りが、あまりにも最近のアニメの型にはまりすぎてるような感じで、どうも独創性に欠けてると思います。
 ハジの、「ここは私が防ぎます。」も、ありきたりではあるのですが、やっぱこういうのは好きですね。
 それに、何と言いましてもやはり戦闘が盛り上がりに欠けるような。
序盤は吼えたりやたら血が噴出したりと、いろんな意味で派手な戦闘でしたからね。
しかし最近では会話の傍らで戦闘、と言った感じで。

 次回予告は、
「シュヴァリエはシュヴァリエ同士、私たちは私たちで楽しみましょう。」
と、ディーヴァ。
来週はどうやら戦闘メインの予感ですね。
 しかし、先行きが期待できないんですよね。
まず、ディーヴァVSサヤにしろハジVSアンシェルにしろ、普通に考えてサヤとハジに勝ち目が無いんですよね・・・。
 つまり、まともに戦って決着を迎える、という展開は期待出来ないってことで。
おまけにデヴィッドさんは今更になって先週の死亡フラグが効いたのか、かなりひどいダメージを負って、仲間ともども囲まれています。
 常識的に考えれば、少なくともカイは生き残るんですよ。
そしたら、カイだけを先に脱出させて残りは・・・という事になってしまいます。
すると、あのメンバーは全滅してしまうのでしょうか?
 個人的に注目株のルルゥには死んでほしくないのですが・・・。
ノーマル翼手ぐらいはどうにか蹴散らしてほしいです。
 ところで、ルルゥと言えばモーゼスとカルマンの形見を受け取っているので、私はてっきり、この最終決戦ではそれも持ち出すかと思っていたのですが。
どうもそういう事は無かったようで。

 それにしても、ラスボスの問題ですが、どうもネイサンがラスボスになるんじゃないか?と言う声があちこちで見られますが、私もそれが有力と思いますね。
 仮にディーヴァを倒せた場合、問題はその子供の処理。
しかし、ネイサンは確実に子供をやらせはしないでしょう。
実際にはアンシェルよりも強そうな雰囲気がありますし・・・。
 そのアンシェルはなんか妄執に取り付かれ、小物臭が漂ってきました。
ハジじゃあ無理かもしれませんが、結局は敗北しそうです。

 10月から新番組とのことで、最大であと3話が残されているはずです。
しかし新番組、主人公がネイサンだから困ったものです。
イメージを引きずりそうで心配ですね。

では、今回はこの辺りで。
ジェリドと私でした。
 ところでところで、他所様のブログを拝見していると、ネイサンのあの台詞から
「ネイサンはサヤとディーヴァの母の代からのシュヴァリエ」説が急速浮上しております。
 これにはなるほど、と言った具合ですね。
確かに、そう捉えられないこともありません。
・・・が、そんな大掛かりな話を今更消化できるのか、と言う不安もあります。
単に女王の系譜に芸術を見出しているだけかもしれませんが。

 あとはルルゥも正装を身に纏うべきだ!という意見も多数。
これまた言われてみれば、ですよ。
カイを似合わないオールバックにしてる場合じゃあありませんね。
あの声で少女向け正装なんてされた日には、ストーリーも結末もどうでも良くなってしまいそうです。
Posted by jerid_and_me at 22:54│Comments(0)TrackBack(41)アニメ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/50747885
この記事へのトラックバック
なんかネイサンがラスボスっぽいね。しかしちゃんと終われるのか心配だけどね。 歌うディーバ。なんと趣味的な衣装なんでしょう。っていうかタバサコスプレか? しかし世界中の人たちはそんなにオペラの中継を観たいのかねぇ・・・。 中継施設の破壊くらい先にやっておき....
『BLOOD+』第四十八話【時間の無駄と言わないで】at 2006年09月09日 23:12
あと3回。ぼちぼち最終決戦? 今更ですが、つっこみどころ満載の話でした(苦笑) すんません。今回はつっこみメインで。。。
BLOOD+ 第48話『摩天楼オペラ』感想【奥様はヲタ 〜ミーハーでオタクなコマダムライフ?〜】at 2006年09月09日 23:15
いよいよ決戦。 ディーバの衛星中継阻止は失敗に終わり、会場や街にも翼手が出現。 だいたい、衛星中継阻止するの遅すぎじゃないのか? もう既に歌が始まってたじゃん・・・。 意味ない。 久々登場のアルジャーノさん、目の前で人間が翼手になる様を見てビビリ。 襲....
BLOOD+ 第48話に思ふ。【Sweet Vanilla -deuxieme-】at 2006年09月09日 23:16
いよいよ決戦。 ディーバの衛星中継阻止は失敗に終わり、会場や街にも翼手が出現。 だいたい、衛星中継阻止するの遅すぎじゃないのか? もう既に歌が始まってたじゃん・・・。 意味ない。 久々登場のアルジャーノさん、目の前で人間が翼手になる様を見てビビリ。 襲....
BLOOD+ 第48話に思ふ。【Sweet Vanilla -deuxieme-】at 2006年09月09日 23:17
今日あった出来事を書きたいんですが、これからBLOOD+が始まっちゃうんですよ。僕はBLOOD+の感想を書かないと鏡に閉じ込められてしてしまう呪いを、ミラルゴあたりにかけられているので、先にBLOOD+の感想を書きますね。 ミラルゴが誰だか覚えている人は結構すごいと思う...
BLOOD+ もうすぐ最終回なんだなあ・・・【SLOTH DIARY 】at 2006年09月09日 23:21
ネイサンってサヤ&ディーバの母親のシュバリエだったんですね。
BLOOD+ 48話 摩天楼オペラ【Wonderful Life】at 2006年09月09日 23:23
BLOOD+ 第48話「摩天楼オペラ」 小夜とディーヴァの最終決戦へのつなぎのお話。
BLOOD+ 第48話【Kyan's BLOG III】at 2006年09月09日 23:31
「摩天楼オペラ」 最悪の展開に!! ディーヴァのニューヨーク公演を事前に阻止したかった小夜達でしたが、見事に計画失敗ですね。 公演開始寸前に小夜が斬りかかろうとしたディーヴァはアンシェルが変身した姿で、ディ??l>;??
BLOOD+ 第48話【ラブアニメ。】at 2006年09月09日 23:32
うん。最終回に向かってるってカンジ(今更かよw)・・だって今までのんびりしすぎだったよねぇ???最後駆け足になるんじゃないかと・・・・(;´Д`A ```
BLOOD+ 48話【てぃるみっとのまったり時々毒舌生活】at 2006年09月09日 23:38
V Series Animation - BLOOD+ - 公式HP アニメ・パプリカ 前回、仰々しく見送ったジュリアさんと謝花でしたが、本番の今回は特にお見送り無し。 どう考えても、今回の方が生きて帰ってきてねと願いたいところだと思うのですが…。 まあ、その分二人とも昨夜はお盛....
BLOOD+ 第48話「摩天楼オペラ」【パプリカのアニメ鑑賞よた話】at 2006年09月09日 23:40
ついに最終決戦かと思いきや、それは来週。 今回はなんだかみんな翼手になって大変だ〜あっていう話で終了。いや、小夜とディーヴァが決着をつける戦いを始める直前で終了。 残り2話でどうやって終わらせるのだろうか、というか2話も決着をつけるのに使うのか。 小夜は....
BLOOD+ Episode-48 摩天楼オペラ【なななな駄文】at 2006年09月09日 23:42
ソロモンは死去しましたが小夜の刀で傷ついた瞬間ハジだけは1人気付いた表情だったね {/kaeru_shock1/} 眠りの近い小夜・・・戦えるんでしょうか {/eq_1/} いよいよディーヴァの特別公演当日になってしまいました {/hiyo_shock2/} 眠りの近い小夜は目がかすんでフラフラし...
『 BLOOD+ 』 第48話 「 摩天楼オペラ 」【橘 彌勒の気儘な徒然日誌】at 2006年09月09日 23:50
今回はネイサンの正体が明らかにされるという事で、けっこう期待していたんですが・・・。 「小夜とディーヴァ、2人の母親だったミイラ。彼女にも同じようにシュヴァリエがいたとしたら?」 ・・・と、一言で片付
BLOOD+ 第48話「摩天楼オペラ」【のほほんホビー】at 2006年09月10日 00:10
いよいよディーヴァの公演開始。 小夜とディーヴァの直接対決の行方は・・・といった感じの 今週のBLOOD+ 48話「摩天楼オペラ」早速感想に参ります。
BLOOD+ 48話「摩天楼オペラ」【ミナモノカガミ】at 2006年09月10日 00:17
今日を含めて残り3回。 さすがに作画(途中まで)・演出共に気合を感じました。 お陰で久しぶりに割と楽しく見れた(笑)。 話も少しは進んだような? って、あと3回しかないのに進んだような?じゃまずくない?! 初見の感想をざっくりと、書ける所まで。 書ききれな...
BLOOD+ 48話 「摩天楼オペラ」【H&S Diary】at 2006年09月10日 00:19
残り2話なのに、改めて気付かされてしまった事もある、第48話。ジョエルの登場に\(^O^)/、ハジの新たな台詞にも\(^O^)/。不死身のデヴィットさんは、どうなるのか? TB、いつも多謝!!
BLOOD+ 第四十八話【Dream Dochan tono】at 2006年09月10日 00:35
第48話「摩天楼オペラ」 衛星中継の阻止はやっぱり失敗。 っていうか、今日も結局ディーヴァとの戦いには突入してないし[:あせあせ:] ディーヴァが歌ってる間、小夜はアンシェルと対峙しててまったく歌をやめさせようとしてないし、事前にアンテナに爆弾仕掛けた割には...
BLOOD+ #48【伽瑠磨の屋敷】at 2006年09月10日 00:44
 「いよいよなんだね・・ハジ・・ありがとう・・」 最後の戦いに臨もうとする小夜、その姿を複雑そうに見つめるハジ。そして、やがてオペラの幕は開く。すべてを終わらせるために、あるいは、始めるために・・。 などと真面目に書いてみました今宵のBLOOD+感想、見所はた....
BLOOD+第48話~ラストだヨ!全員正装!~【ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記】at 2006年09月10日 00:46
みんなドレスアップ〜♪ ハジはいつもとあまり変わりませんね^^; (あのー知らない方が2人いるのですが・・・)  ↓  ↓
BLOOD+ #48 「摩天楼オペラ」【マンガに恋する女の ゆるゆるライフ】at 2006年09月10日 00:54
みんなドレスアップ〜♪ ハジはいつもとあまり変わりませんね^^; (あのー知らない方が2人いるのですが・・・)  ↓  ↓
BLOOD+ #48 「摩天楼オペラ」【マンガに恋する女の ゆるゆるライフ】at 2006年09月10日 00:54
主題歌ベストCD集発売だそうですよ。いつもの公式メールに寄ると10/25とか。ごめんなさい・・まだ先週の”ソロモンショック”から立ち直れない私です・・着飾った小夜とハジ。ハジが違う服!!!でもやっぱり黒服。ヒロインを救うタキシード仮面様になれるのか?ハジ。...
BLOOD+#48ハジはやっぱり黒服【帰ってきた二次元に愛をこめて☆】at 2006年09月10日 01:57
「摩天楼オペラ」 劇場へ潜入する小夜。無論、目的はディーバ討伐。「ありがとう」。
BLOOD+・第48話【たこの感想文】at 2006年09月10日 03:02
Episode-48「摩天楼オペラ」世界中が注目する中、ついにその時を迎えたディーヴァのニューヨーク公演。その歌声によるシンクロニシティの影響により世界を翼手で満たそうとするアンシェルの計画を阻止するべく、小夜たちは舞台となるオペラハウスに潜入、最終決戦の時を待...
「BLOOD+」第48話【日々“是”精進!】at 2006年09月10日 05:16
ただでさえディーヴァのシュヴァリエに歯が立たなさそうな小夜。 その上冬眠間近で力も半減してそう。 この調子で本当にディーヴァ達と戦って勝てるのだろうか。 ふと思ったのだが、小夜には冬眠期間があるのに対してデむ
BLOOD+ 第48話 「摩天楼オペラ」【angel notes.】at 2006年09月10日 06:55
ディーヴァの歌声・・それは・・・惨劇の始まり―――・・・・。 Episode-48「摩天楼のオペラ」 何か・・話が衝撃的で・・・絶望で・・・恐くて・・・後半・・訳分からないのですが・・・ボロボロ泣いていました・・・やっと・・・治まりました・・・。 今回...
ブラットプラス48話感想・・・。【あつあつアニメ感想日記】at 2006年09月10日 07:39
「よし、客はあったまっているな…」   「いくぞカイ! 私たちの……初舞台だッ!!」 もう、理解してもらえなくてもいいw
BLOOD+ 第48話【ACGギリギリ雑記】at 2006年09月10日 08:39
「摩天楼オペラ」えっとー、ネイサン最強なのかな?やっぱり…世界を翼手で満たすっていうのはアンシェルの計画で、ネイサンは別にそれに手を貸そうとか思ってないっぽくない?ディーヴァが近くにいると小夜はわかるんじゃないのか?と思ってたら、ニセモノに騙されてるし...
BLOOD+第48話【くろまるブログ】at 2006年09月10日 09:06
ハジの正装にときめいたものの白王子がいないことがこんなに寂しいなんてー!!!ああ、最後に囲まれたデヴィッド達を助けてくれるのはソロモン・・・ということはありえないんですよね・・・。冷静になって・・・彼がああして小夜の目の前で壊れることなく美しいままで逝...
BLOOD+#48「摩天楼オペラ」感想【おぼろ二次元日記】at 2006年09月10日 09:18
Episode-48 【摩天楼オペラ】 ソロモンが居ないとなると…寂しいものです。 ソロモンはどうなっているのか…安否が気になります。 さてと、サクサク感想行きます! もう、どうでも
BLOOD+48話 感想【窓際に佇む青い薔薇】at 2006年09月10日 10:05
ネタバレありなのでご注意〜
BLOOD+ 「摩天楼オペラ」感想【同人と萌えとフィギュア】at 2006年09月10日 10:15
サブタイトル「摩天楼オペラ」   ディーヴァの公演を阻止しようとするサヤ。   だが遂にディーヴァの歌が始まる...
BLOOD+ 第48話【オヤジもハマる☆現代アニメ】at 2006年09月10日 10:33
 BLOOD+第48話「摩天楼オペラ」です。ソロモンは復活しないのでしょうか?そんなことばっかり考えています。怪しげなネイサンの正体も気になるところです。  いよいよディーヴァの公演が始まります。先週カイ達がなにやら画策してたのは上手くいったのかいってないのか・....
BLOOD+ 第48話【つれづれ】at 2006年09月10日 11:08
世界中が注目する中、ついにその時を迎えたディーヴァのニューヨーク公演。その歌声に
BLOOD Episode-48「摩天楼オペラ」【SUGO FACTORY別館】at 2006年09月10日 11:29
再び登場した金城香里。お菓子を食べながらディーバをTVで見ています。こんなにお菓子を食べていると体重計が、怖くなります。
BLOOD+ 「摩天楼オペラ」【ゼロから】at 2006年09月10日 12:21
ディーヴァの子も会場に。 子供達の顔が映ることはあるんだろうか・・・結構気になる。 カイの髪型がオールバックに。 あれは自分でセットしたんだろうか・・・だとしたら少し可愛い。 ステージに登場するディーヴ??.f!
BLOOD+第48話「摩天楼オペラ」:小悪魔コスプレ【知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ】at 2006年09月10日 13:41
ここ2週間ほどブログを書いていなかったのだが唐突に復帰である。それもBLOOD+の記事で再起動ということで、やはりアニメとは切っても切れない関係なのかなと思う今日この頃である。 とまあ、そんなことはどうでもいいわけで、今日の感想スタート。 ランキングにご協力...
Episode-48 摩天楼オペラグラスを用意していなかったアルジャーノ【アホ理系青年の主張〜あれこれ情報収集分析隊・マザーシップ〜】at 2006年09月10日 16:24
普通に盛り上がらなさ過ぎて、今週はムカつくほどのテンションもありません。本当に今日を含めてあと3話なのかと…。 なんかテンション低く文句ばっかり言っててすみません。
BLOOD+第48話 「摩天楼オペラ」【ネコミミアンテナ】at 2006年09月10日 18:31
うとうとしていて、アバン見逃しました…… なんだかねぇ、今日はとても眠いっす。なにか悪いものたべたかなぁ…… そんなときに聞く、石田さんのジョエル声はなんだかもう、α波全開で聞き心地よくて…… ←どうやら本気で寝てたらしい…… あらすじ行きます…… ....
BLOOD+ Epi48【ひねもす のたり のたり かな ver.2】at 2006年09月10日 20:36
BLOOD+(10) あ、あの・・・何だか大変な事になってますが・・・ 結論から言うと、アンシェル達の思惑通りに事が運び、各地にたくさんの翼手を出現させてしまいましたとさ・・・ってこれ、ちょっとヤバくないか!? BLOOD+も残り2話なんですけど、本当にカタがつくのか本...
BLOOD+ 48話 「摩天楼オペラ」【猫耳と少女とメイド服。】at 2006年09月10日 21:25
クライマックスに向けてどんどん盛り上がってきてる、、と本当に思いました。
BLOOD+ Episode-48「摩天楼オペラ」【月の光の降る夜に】at 2006年09月11日 00:05
今ちょっと、ブログの事でイライラしちゃってます_| ̄|○ 自分が悪いんだけど!! それは分かってるんだけどさ!! …しんどくなっちゃうんだよー。゚(゚´Д`゚)゚。 …。 愚痴っちゃってゴメンナサイ。 BLOOD+がまだ????
BLOOD+ Episode-48「摩天楼オペラ」(感想ようやくアップ)【GATES OF HEAVEN】at 2006年09月17日 20:51