2008年09月09日

今週のマクロスF「第22話 ノーザン・クロス」

 まさしくクライマックスといったところのマクロスF。
そしてフロンティアの寿命もクライマックス。
度重なる戦闘の被害により、根本的な改善がなされなければ、フロンティアはあと3ヶ月しか活動できない、というバジュラに勝っても負けても絶望的といった状況に。
 しかしレオン杉田はまだ余裕があるといった様子。
そうした状況さえも打開できるような策を持っているようですが・・・。
 そのための策の1つが、SMSの新統合軍への編入のようで。
やはりバジュラとの戦闘を乗り切る、ってのが根本にある様子。
 で、そんなレオンを踏み台にしようとしているとしか思えないグレイス。
不信を覚えたレオンによって暗殺されるものの、毎度のごとくボディを換えて生還。
レオンはその辺の事を知らないのでしょうか?
 そのグレイスは、ランカとブレラが到着したバジュラ母星っぽい天体を指して、
「真の女王の住まう星、私たちの宝島。」
と称しています。
 見るからに地球型惑星のようですが、何かえぐれているような・・・。
しかし地球型惑星とすれば、移民船団の最も大きな目標。
なるほど確かに宝島ですが、何かそれ以上の意味合いがあるように思えてなりません。
もっとバジュラそのものに目的があるような。
 SMSオーナーのビルラーの目的は、フォールド技術を向上させて宇宙を狭く、人類のものにしようというもの。
そこから考えると、バジュラは生きたフォールド技術ですからね。
フォールド波で通信し、移動も基本フォールド。
 そうなると、その生態系の根幹に迫る母星はまさしく「宝島」ってのも分からなくはない所です。

 現場の人間・・・アルトやルカをはじめとする兵員は、目の前のバジュラを倒す事しか頭にありません。
そりゃあ、まあわずかでも生き延びるか死ぬかの瀬戸際ですし、未だ目を覚まさないナナセが目覚めたときに不幸な現実を知らせなくても良いように、という思いもありますし。
 しかしこの徹底抗戦ムード、これが続いているうちはフロンティアの命運は風前の灯火って気がしてなりません。
武力によるぶつかり合いならば、悪くて全滅、良くても共倒れでしょう。
高い技術力を誇るギャラクシーが全滅したという前例もありますし、やはり奇跡の歌が不可欠かと。

 SMSは新統合軍との編入の命令がレオンの謀略であると気づき、なんと海賊へと鞍替え。己の目で真実を見るため、だそうですが・・・全く思い切った人たちですね。
 館長がパイプを吹かしているときは「ブリッジは禁煙です」というお約束のツッコミがあるかと思ったのですが・・・ありませんでした、残念。
 しかしアルトとルカは上からの命令どおり新統合軍へ。
一丸となってバジュラを倒して当たり前、という、いかにも戦時中の若者って言う感じのメンタリティです。
 ルカはちょっと勝ちを焦っているような印象、アルトは・・・やっぱオズマの言うように、流されているって言う印象があります。
 そのほかは大体SMSに残ったようですが、クランは結局SMSを離れた、って解釈で良いのでしょうか。
 そして、両者は当然のごとく激突。
アルトinVF-171EX対オズマinVF-25、まさしく大人と子供のぶつかり合い。
「それが大人の言う事かよ!?」
って台詞にはどこかカミーユとかジュドーっぽさが感じられます。
 確かにアルトはここまで、かなり流されているところがありますね。成り行きと言うか。
2度目にVF-25に乗ろうとしたときに「ノリでほざいてんじゃねえ!」と殴られた頃からあまり成長が見られませんね・・・。

 今回、もっとも大きな動きとして、どうやらアルトとシェリルが一線を越えてしまったらしい、と言う事が挙げられますが、これにしたって色々とたまたまソレっぽい状況に陥ってしまい興奮して、そんな流れに乗ってついやってしまった、という感じがしますからね。
 確かに、アルトはようやくシェリルのことをちゃんと気遣えるようになったと思いますし、シェリルもようやく自分の弱いところをアルトにさらけ出せるようになったとは思いますが、それが原動力と言うのには弱いかと。
これが若さか・・・。
 しかしながら、そうなるとV型感染症は体液・血液感染と言う事で・・・もしやアルトも?もっとも、初期なら血清でどうにでもなるって言われてましたけどね。
 自分に過去形で告白していったランカのことなんてすっかり頭から抜けてしまったのか、なんていう気さえします。

 そのランカは、自らの意思で宇宙に出て、結果として次回いよいよクイーンに祭り上げられると言う格好になるのでしょうか。
となると、ブレラが何かに抵抗していると言うのにも納得が行きます。
 流されまくりのアルトに対して、ブレラはランカ一筋と言うところでまるで流れませんからね・・・今のままでは勝ち目なし。
 アルトは果たしてどうするのか・・・次回、もういい加減尺が無いはずですが、真の始まりと言う事で。

 と言うか、他所様のブログを見て回ってみるとどうもアレはそのものズバリ地球のようですね。そういう説がかなり多いです。
なんか輪っかっぽいのがあるから違うんじゃないかと思っていましたよ。
・・・すると、バジュラも地球産でランカも地球生まれ?
いや母親がバジュラっぽい描写もありましたし・・・気になる。

Posted by jerid_and_me at 22:29│Comments(0)TrackBack(11)アニメ系 | マクロスF

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/51516673
この記事へのトラックバック
それぞれの選択。シェリルの決意。SMSの旅立ち。そしてアルトの進む道は-----------!?  前回のランカの旅立ちにはイマイチ感情がついていかなかった「マクロスF」所詮私はシェリルファンなので、彼女の今置かれている立場が不憫でしかたないっていうのが一番...
マクロスF(フロンティア)第22話「ノーザン・クロス」【◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆】at 2008年09月09日 23:00
 ランカがいなくなったので、ようやくシェリルのターンかなと思っていたのですが・・・。表舞台に出てきてもこれではかわいそうすぎますね。
マクロスFRONTIER 第22話 ノーザン・クロス【つれづれ】at 2008年09月09日 23:16
「ノーザン・クロス」前回はランカが唐突とも思える旅立ちをしたわけでしたが、理由はランカの記憶が戻ってきた事によって11年前の真実を確かめに行くということだったんですね。もっと単純に兵器扱いに歌わされている事から自由を求めての逃避なのかと思っていました。...
今日のマクロスF 第22話【地下室で手記】at 2008年09月09日 23:38
これって、皆さんはどう思ってるのかなーと色々ブログさん 渡り歩いて、あやっぱ、私もほぼ色々と同感だな…みたいな感じで。 流されまくってるよ…アルト姫。汗 ちょっともう、グラハムカラーと同じフォント使うのも 「相応しくない男」になってきたから、刹那カラ...
マクロスF第22話「ノーザン・クロス」【空想野郎の孤独語り】at 2008年09月10日 03:37
  #22「ノーザン・クロス」フロンティアの人々のバジュラへの憎しみが一気に燃え上がる。アルトやルカも自らの憎しみを抑えきれず、新型兵器を使用しバジュラを全滅させることのみを考えていた。しかし、三島の陰謀を探るオズマは、真の敵は何かに気づき始める。そして...
「マクロスFRONTIER」第22話【日々“是”精進!】at 2008年09月10日 06:24
「ノーザン・クロス」 シェリル完全復活!! 念願の大統領になったレオンでしたが、ランカが去ったこともあって、3か月以内に結果を出さ...
マクロスFRONTIER 第22話【ラブアニメ。】at 2008年09月10日 08:02
「ノーザン・クロス」 バジュラを守るために、ランカがフロンティアを去って数日。アルト、ルカは、その衝撃に流されたまま。レオンとグレ??.
マクロスF・第22話【新・たこの感想文】at 2008年09月10日 08:19
ランカがいなくなった事でレオンとグレイスの間に亀裂が?まあ、元々 お互い利用しあってただけなので、訣別のきっかけになったというだけ ??.
マクロスFRONTIER 22話『ノーザン・クロス』【Girlish Flower】at 2008年09月10日 11:08
ランカは行ってしまった。自分の道・・・アルトの自由の翼はどこに?「ノーザン・クロス」あらすじは公式からです。フロンティアの人々のバジュラへの憎しみが一気に燃え上がる。アルトやルカも自らの憎しみを抑えきれず、新型兵器を使用しバジュラを全滅させることのみを...
マクロスF#22「ノーザン・クロス」感想【おぼろ二次元日記】at 2008年09月10日 13:21
邪魔だからよ、単に。う・・・; (゚A゚;)ゴクリこの人殺せんのかねぇ?不死身っぽいんだもん。ついに自ら動き出すぞ。 スーツに着替えたしね。宝島には何があるのかしら〜♪   ♯22 ノーザン・クロス  お前の最期の瞬間まで        ___俺はお前...
マクロスFをみました。【烏飛兎走】at 2008年09月10日 14:34
 バジュラの攻撃による環境被害は深刻で、三ヶ月以内に何らかの手を打たないとフロンティアは滅亡してしまう? 有効な手段とは、人類が移住可能な星を見つけるってコトですよね。大統領となったレオンは三ヶ月もあれば充分と言ってましたが何かアテでもあるのでしょうか?...
マクロスFRONTIER #22「ノーザン・クロス」【たらればブログ】at 2008年09月11日 00:48